1: 人間七七四年 2010/11/27(土) 23:35:44 ID:RVJuSpcr
家康も増長しなかったろうし、5大老になって秀吉死後権力を振るいまくり。
北条幕府を開けたかもしれないのですがどうでしょう。
IFにつきあってください
お願いします!
no title

2: 人間七七四年 2010/11/27(土) 23:42:05 ID:tE13QuhJ
×即効
○速攻

漢字の勉強からやり直せ

6: 人間七七四年 2010/11/28(日) 10:48:56 ID:yWasqKfi
どの時点でかにもよるけどね。
即行というのがどの時点かわからんからなんとも言えない。
沼尻以前だと二百万石を超えないからオススメ、
同盟者の家康と一緒に降るもよし、秀吉と一緒に家康を包囲するもよし、実に美味い。
それ以後だと氏規上洛あたり、最後のタイミングであるかな。
家康の尽力もあって概ね好意的、いちゃもんつけられて北関東諸将への領土の返還くらいはあるかも。
ただし乗っ取りに注意な、秀秋がこっちを見てる。

>>2
×即効 すぐに効き目が現れること
×速攻 素早く攻撃すること
◯即行 すぐに行うこと

漢字の勉強、ね。
沼尻の合戦とは北条家と佐竹宇都宮連合軍との戦い

38: 人間七七四年 2010/12/07(火) 16:41:14 ID:/Au5jC6x
>>6
当時男子のいなかった毛利や小早川はともかく(小早川家には養子はいたけど)
れっきとした跡継ぎのいる家にさすがに養子乗っ取りは出来ないかと

3: 人間七七四年 2010/11/27(土) 23:50:26 ID:RVJuSpcr
ごめんなさーい
でもいくらググってもでてこなかったんですよ(泣
勉強します。なので許してください
氏直様が二代目将軍?
気になります!

4: 人間七七四年 2010/11/27(土) 23:52:18 ID:ToJv/I4v
難癖をつけて長宗我部や島津みたいに相模一国に減封され、政権運営にはノータッチ。
跡地には徳川が入って、史実とそんな変わらんだろうな。

5: 人間七七四年 2010/11/28(日) 10:09:15 ID:X+Zn6rrg
ま、秀吉は徳川と合わせて400万石になる様な巨大勢力を、丸ごと残すような愚は犯さないだろう。
名胡桃のような事件は必ず起こり、それに対して猪俣斬首・氏邦切腹など徹底した恭順姿勢をみせても
大幅な領土の割譲は避けれない。
上野は没収され、岩付・松山は太田に返還、威信の下落した北条旗下の大名は独立し、国人は元の鞘に納まり、
気がつくと60万石前後の大名におちぶれた氏直のもとに黒田官兵衛がやってきていわく
「ぜひとも殿下に秀俊様を養子にと御望みなされ。さすれば北条家は安泰ですぞ」

名胡桃城事件
北条家の猪俣邦憲が名胡桃城を攻め落としたこと
小田原攻めの直接的な原因

38: 人間七七四年 2010/12/07(火) 16:41:14 ID:/Au5jC6x
>>5
当時男子のいなかった毛利や小早川はともかく(小早川家には養子はいたけど)
れっきとした跡継ぎのいる家にさすがに養子乗っ取りは出来ないかと

7: 人間七七四年 2010/11/28(日) 12:10:20 ID:wjm9bN9w
相模・伊豆と、武蔵下総数郡てとこでしょ
で、関ヶ原で旧領回復に乗り出して改易
後に大坂城に入るも真田と敵対しさしたる働きもせず退転
幕軍に内部情報をばらし役後河内狭山一万一千石を与えられそのまま維新を迎える

9: 人間七七四年 2010/11/28(日) 13:29:06 ID:m8OT2VrS
毛利だって二百万石はあったんじゃなかったっけ?
秀吉は関東に全然興味なかったしやりようによっては十分生き残れたと思うけど

10: 人間七七四年 2010/11/28(日) 15:36:27 ID:yWasqKfi
一門とか与力大名とか含めると、二百超えるかもな。
ただ小早川とか安国寺とか半ば独立した状態にされてるけどね。

11: 人間七七四年 2010/11/28(日) 15:47:36 ID:xgfLA9/p
綱成が小田原攻めまで生きてればね
北条 綱成(ほうじょう つなしげ/つななり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。後北条氏の家臣。

12: 人間七七四年 2010/11/28(日) 15:59:52 ID:ZPzmYnmf
島津みたいに氏邦と氏規は独立大名として分割されるだろうな
で、氏邦あたりに豊臣姓与えて抱き込み、氏邦は家康と一緒に東北に飛ばす

13: 人間七七四年 2010/11/28(日) 19:04:46 ID:3+HhDtRl
北条が生き残るためには小牧で家康が秀吉と戦っている時に速攻で家康に加勢して秀吉を倒すくらいしかない
機を逸した時点で北条の運命は終わっていた

14: 人間七七四年 2010/11/28(日) 19:29:41 ID:yWasqKfi
>>13
沼尻で絶賛拘束中

15: 人間七七四年 2010/11/28(日) 19:37:05 ID:QxG1YbB3
>>13

関東武士ってのは平将門公以来中央からの独立が悲願な訳だから自領土に直接関係しない闘争はさして興味ないからあんまり北条さんをイジメないでくれ

16: 人間七七四年 2010/11/28(日) 19:53:05 ID:RvM23tQs
>>13
小牧は関が原と同じ天下分け目の戦い。
北条も他の諸大名もきちんと間接的に参加していた。

18: 人間七七四年 2010/11/28(日) 21:38:35 ID:N6eIZKOR
>>13
いやそれなら秀吉に味方して徳川を挟撃したほうが確実
ある意味、古の奥州藤原氏と同じ愚を犯した

17: 人間七七四年 2010/11/28(日) 20:12:39 ID:eksH5Rxh
>>1好みに北条に都合よく展望を考えてみる

臣従時期:天正17年11月 氏政上洛
所領石高:230万石
氏直夫人:督姫(徳川家康息女)

七大老制:豊臣秀長・前田利家・毛利輝元・北条氏直・徳川家康・織田信雄・蒲生氏郷
以降は家康と協調して無難にこなす

天正19年1月に豊臣秀長が死去
天正19年2月に千利休が切腹
天正19年12月に豊臣秀吉は関白職を秀次に譲る
文禄2年4月に唐入
文禄4年2月に蒲生氏郷が死去
文禄4年7月に豊臣秀次が切腹
文禄5年9月に豊臣秀吉が明朝使節と謁見

行動を起こすならここか?
共犯は徳川家康・織田信雄・伊達政宗・長曾我部元親(共犯は困難か?)として反旗を翻す
豊臣恩顧の武将が朝鮮に在陣している時がいいかと

20: 仙台藩百姓 2010/11/29(月) 08:07:24 ID:J7NJ4Xtp
その段階で後北条が秀吉に従っていたら小牧長久手や沼尻も起きなかっただおうけど( ^ω^)

22: 人間七七四年 2010/11/29(月) 22:29:15 ID:tVq/DZX7
氏政って上洛拒否されたんじゃなかったっけ?

徳川と関係の深いあれだけの勢力を秀吉がそのままにしておくとは思えないけど・・・

24: 人間七七四年 2010/11/30(火) 11:07:32 ID:TzsN6/Sa
小牧長久手は北条が徳川に味方していたから発生した戦争。
北条が秀吉に降っていたら発生していない。
小牧・長久手の戦い(こまき・ながくてのたたかい)は、天正12年(1584年)に、羽柴秀吉(1586年、豊臣賜姓)陣営と織田信雄・徳川家康陣営の間で行われた戦い。当時は長久手ではなく長湫と表記された。

25: 人間七七四年 2010/11/30(火) 11:26:14 ID:tmbMJk1R
天正壬午直後にいきなり豊臣に降伏とかありえんだろ

26: 人間七七四年 2010/11/30(火) 15:58:54 ID:mWjc9K8V
まぁ、ありえない話をイフでやってるわけで・・。

27: 人間七七四年 2010/11/30(火) 16:24:32 ID:t31Axp8H
ありえないイフをやってもおもろない

28: 人間七七四年 2010/11/30(火) 16:42:24 ID:emh/+eTt
“降伏”はなくとも“密約”に基づいた“寝返り”は有り得る訳で

29: 仙台藩百姓 2010/11/30(火) 17:39:44 ID:79Tgexef
地方大名も信長の後継者争いには注目していて
賎ヶ岳以後に次は秀吉だと見て接近を始めた大名は多いお( ^ω^)
後北条も対織田外交にあれだけ必死になっていたのだから
そのまま羽柴に移行すればよかっただけだお( ^ω^)

30: 人間七七四年 2010/11/30(火) 21:52:14 ID:qiN58y+K
北条が即座に降伏しても
残される領地なんてせいぜい相模、伊豆くらいだろーな

ま、それでも秀吉死後に家康にベッタリ服従して関ヶ原勝利後に多少の加増はされただろーけど。。。

要は秀吉死ぬまでの我慢だったのに
それすら出来ない能無し2代は、そりゃ飯に汁を何杯もかけるわって話しだよ

40: 人間七七四年 2010/12/12(日) 07:09:35 ID:oqQqk+j+
相模一国安堵が精一杯だろうな。
秀吉に「北条を力で屈服させるのは難儀」と思わせた上での
臣従でなきゃ減封は免れない。
あとは関ヶ原で如何にうまく立ち回るか、だな。

北条が豊臣政権下で力を発揮するには、小牧長久手の段階で家康を裏切り、
秀吉側に味方して挟撃するしか手はなかったと思う。

41: 人間七七四年 2010/12/12(日) 07:44:38 ID:t6wc3Jn0
>>40
>北条が豊臣政権下で力を発揮するには、小牧長久手の段階で家康を裏切り、
>秀吉側に味方して挟撃するしか手はなかったと思う。
武田征伐で織田信長が北条氏を利用したように小牧長久手合戦でも羽柴秀吉が北条氏を利用して終わりになる予感
むしろ佐竹氏との戦いが苦しくても三方ヶ原合戦で武田氏に援軍を派遣した時と同様かそれ以上に
徳川氏に対して積極的に援軍を派遣すべきだったと思う

援軍を派遣したからといって羽柴氏に勝てるとも思えないけど
家康一人にしてやられたと秀吉に思われるよりは
徳川氏と北条氏は侮り難しという印象を植え付けておけばよかったと思う

さらに言えば家康に北条氏からの援軍が期待できないと認識させてしまったことも手痛い失策だったと思う
家康は北条氏の援軍を利用せずに北条氏との姻戚同盟という事実だけを利用して
秀吉に対し徳川家を高値で吹っかける外交方針の転換に成功している

やはり北条氏は外交・軍事の駆け引きが下手なんだと思う
極端なことを言えば氏政に武田信玄並の戦略がないと厳しいと思う



47: 人間七七四年 2010/12/14(火) 00:17:16 ID:/aW4lUEq
本家:相模・伊豆
別家:武蔵南部

こんな感じが妥当じゃないかな

48: 人間七七四年 2010/12/14(火) 00:33:35 ID:6nBeXRNr
>>47
その案って薩摩大隈を兄弟に分け与えようとして失敗したじゃん

49: 人間七七四年 2010/12/14(火) 01:05:09 ID:N0qWfxNn
北条は相模という隣国に面した土地に本拠を置いてたのも問題だな
仮に武蔵のどこかにでも本拠を置いてたなら、上野・相模を獲られたあたりで降伏すれば土佐や薩摩のように本拠地安堵ってのもありえたかと
本城囲まれて降伏っていうのは最悪のパターン

58: 人間七七四年 2010/12/29(水) 19:54:26 ID:8BG/Bz7u
氏政が身の程知らずのバカじゃなかったら
北条家も断絶免れたものを…

すべて氏政の責任

59: 人間七七四年 2010/12/29(水) 22:11:49 ID:QHBzcGms
厳密には小田原戦役では断絶してないんだよな。
氏直は一応大名に復帰してるし、復帰翌年には国持って話もあったようだし。
唯、その今からってタイミングで急死したのが残念でならない

60: 人間七七四年 2010/12/29(水) 22:25:37 ID:8BG/Bz7u
僅かな領土を貰っただけ
断絶といっていい

氏政が判断を誤ったのが元凶
トップがバカだと社員は可哀相だ

61: 人間七七四年 2010/12/29(水) 22:42:06 ID:6rX9Kk2H
わずかな領土でも断絶じゃないだろw

62: 人間七七四年 2010/12/30(木) 00:38:54 ID:VNZsFTWS
それいいだしたら武田や今川も断絶してないけどな
まあ大名ではなくなったが
北条宗家は氏規系が継いだから、大名北条家は維新まで存続した

63: 人間七七四年 2010/12/31(金) 15:43:41 ID:XgF01/Sa
一代で断絶から大名まで復帰した仙石さんはこのスレの英雄ですね

64: 人間七七四年 2010/12/31(金) 18:55:25 ID:JNtKZKY9
立花さんも忘れるな

65: 人間七七四年 2011/01/02(日) 23:49:17 ID:+vZSHVPz
断絶ってことでお願いしたい。
小田原北条は戦国で滅んだんです。
その後は続いていません、一切関係ないんです。

67: 人間七七四年 2011/01/03(月) 05:47:41 ID:nzzNFqvL
小田原北条は滅んだな たしかに 小田原はな

74: 人間七七四年 2012/06/07(木) 08:40:44.49 ID:A1OMw2ww
ずっと従ってた毛利が125万石
佐々潰した辺りで従った上杉がゆかりの地から離され120万石
激闘した家康がゆかりの地から離され250万石
北条は越後や越中に移封されるんでねーか 60万石くらいで

76: 人間七七四年 2012/06/14(木) 17:07:12.00 ID:BQ1uAtf3
北条を残しておいては危険

77: 人間七七四年 2012/06/15(金) 00:48:45.42 ID:CIDvh5P1
元々の出自の伊勢氏の本拠だった備中あたりに移されそう。

79: 人間七七四年 2012/07/01(日) 07:46:58.71 ID:SVlSyARz
北条家が速攻で豊臣の軍門に下ったなら、数年以内に難癖つけられて改易

82: 人間七七四年 2012/07/11(水) 12:31:36.61 ID:7gREEuGq
臣従の仕方によって対応も変わってくるんじゃない
いくらなんでも関東240万石をそのまま残すのは難しいだろうけど

毛利は中国大返しの件もあって厚遇されたし、例えば小牧長久手のあたりで対応を変えていたらそうとう厚遇されてた可能性が
時期・形勢的にはだいぶ無理があるけどね

ふつうに聚楽第行幸で上洛してたら上杉レベルくらいはいけたんじゃない

83: 人間七七四年 2013/03/07(木) 11:16:26.48 ID:DLxhOUw6
北条がすぐに従ったらその時点で豊臣に従ってない大名は伊達のみ。
史実でも伊達が豊臣に従ったのは北条攻めの終盤だからな。
だから秀吉天下統一の最終戦は伊達攻めになっていただろう。
そこでの北条の働き次第によってその後の処遇も変わってくる。
秀吉は伊達を滅ぼした後、その奥州の領地に徳川か北条を移封した可能性もある。

85: 人間七七四年 2013/03/08(金) 12:12:19.68 ID:7OPzQXC4
北条は減封の上に東北あたりに置かれるんかね?

86: 人間七七四年 2013/03/29(金) 23:34:02.13 ID:9EvdC/LZ
九州全域を支配していた島津でさえ薩摩大隅に押し込められたのだから
北条も相模伊豆に押し込められただろうね

87: 人間七七四年 2013/03/30(土) 00:57:10.38 ID:1GlWCEH9
或いは佐々成政みたいに九州に移されて腕試し、失敗したら減封(取り潰しは難しいから)
とか、地元に残すよりは領民や領土から切り離す方が可能性ある
それと直系と傍系で家を分けて領国を離す

89: 人間七七四年 2013/04/01(月) 12:20:20.88 ID:Xi7yyYiU
移封しても徳川の近くには置かないんじゃないか? 協力されても嫌だし。

90: 人間七七四年 2013/04/02(火) 00:06:08.05 ID:9YlaqtE+
小牧あたりで秀吉に頭下げたら秀吉絶対家康潰すな。

92: 人間七七四年 2013/06/18(火) 01:55:10.28 ID:Gse6yBIq
東北に国替えだろうな

93: 人間七七四年 2013/06/18(火) 21:44:06.77 ID:BHeiMtc4
東北は流石にないだろ。東北は石高が低いし
相当広い領地を与えることになってしまうからな

95: 人間七七四年 2013/06/19(水) 02:29:25.60 ID:5ARRwcQ5
一番割りを食うのは政宗だな

97: 人間七七四年 2013/09/15(日) 18:33:39.77 ID:+bNhIUw9
最初から上洛に応じてまったく刃向かわなくても
小田原の役ですぐ降伏しても、後々難癖つけられて
残るのは伊豆相模くらいで武蔵没収は免れられないだろ。

たぶん小田原城は外郭の破壊を命じられると思う。

98: 人間七七四年 2013/09/15(日) 23:15:08.77 ID:50lnA7MJ
どの段階で従うかによって変わってくるな。
小牧前に従ったならかなり厚遇されて移封も無く
加増された可能性が高い。

99: 人間七七四年 2013/09/17(火) 13:59:56.50 ID:vBpBCEk/
50万石レベルの大名として存続

102: 人間七七四年 2013/09/23(月) 05:04:40.16 ID:cF45y2Up
徳川と北条が両方とも大大名として残るの考えづらい
秀吉からしたら始めっからどちらかは潰すつもりだったんだろうよ
北条が秀吉に恭順するなら家康より早くないと難しいだろ

108: 人間七七四年 2013/12/05(木) 23:53:05.69 ID:rHkywebJ
氏直では若すぎるから、天下を背負うのは無理だと思うなー。

109: 人間七七四年 2013/12/06(金) 21:05:58.98 ID:05tLR05r
北条が豊臣に下ったら
豪族が好き勝手しだして、結局、北条がその責任を取らされて改易じゃね

111: 人間七七四年 2013/12/12(木) 21:16:46.68 ID:f//153Va
>>109
朝鮮出兵が早まるから、そんな些細な話はどうでもよくなるよ

110: 人間七七四年 2013/12/06(金) 22:44:31.78 ID:ct32PR6E
宇喜多秀家より10歳年上

113: 人間七七四年 2013/12/29(日) 11:28:58.86 ID:nPLrOalr
小牧長久手のときに秀吉と手を結んで、徳川の後方を脅かすだけでよかったんだよな。北条は徳川の動きを観察して、
動けばいいと思ったんだよな。すると豊臣は徳川に寛大な措置をしたから、では北条も同様にと思ったんじゃねえ。
でも豊臣は北条に対しては厳しい姿勢で臨んだんだろな。

121: 人間七七四年 2013/12/30(月) 15:27:51.67 ID:LahdJ2DG
三河で起きた大地震のときに、北条が豊臣と手を結べば、徳川はいちころだったね。

ぼく「島津家や長宗我部家も北条家と同様秀吉に抵抗したのですが降伏して島津家は薩摩と大隅の二国、長宗我部家は土佐一国安堵されています。北条家は最後の大大名なので割を食らっちゃいましたね。このifは結局いつ秀吉の軍門に下るかが全てのような気がします。

引用元: 北条家が即効で豊臣の軍門に下ったなら