1: ニャー雄一 ★@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:30:14.04 ID:???0.net
産経新聞 5月5日(月)19時59分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140505-00000554-san-soci

堂々とそびえる天守閣に瓦、漆喰(しっくい)、石垣…。こうした「城」のイメージは、織田信長の安土城(滋賀県近江八幡市)から全国に普及したとされる。それ以前の城は、
戦闘目的に特化した土造りが一般的と考えられていた。しかし、最新の発掘調査では、戦国時代の奈良市周辺で、信長以前にも瓦を使用するなど、「戦国三大梟雄(きょうゆう)」の一人に数えられる
武将・松永久秀によって独自の発展を遂げていた可能性が浮上。
専門家から「安土城以前に畿内では『戦う城』から『見せる城』への転換があったのではないか」と脚光を浴びている。(橋本昌宗)

 ■屈指の山城

 奈良市との府県境に近い京都府木津川市の鹿背山(かせやま)城。市教委が平成20年度から現地調査を進めている。ここで安土城よりも古い時代の城の瓦が出土した。

 鹿背山城はそもそも、興福寺(奈良市)の勢力下にあり、街道や木津川の水運を押さえる交通の要衝だったとされる。武将・松永久秀が入手し、改修を加えて城の防御力を強化したとみられる。

 安土城以降、普及する天守閣や石垣を備えてはおらず、基本的には土造りの城だが、滋賀県立大の中井均教授は「土造りの城の最終段階ともいえる防御施設で、久秀が大和を守る最前線の城として強化した」と注目する。

 この城跡からは、畿内以外の同時期の城にはない瓦も出土しており、中井教授は「畿内では他の地域のような巨大勢力が成長せず、あまり防御施設は進歩しなかったが、見た目で周囲を威圧するという独自の発展を遂げたのではないか」とみている。
(続きはソース先で)
no title

2: (。・_・。)ノ ◆jN6K3cbEWjLT @\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:34:41.73 ID:DbVyPhIV0.net
人は城、人は石垣、人は掘とはいったい何だったのか・・・
(´・ω・`)ションボリ
「甲陽軍鑑」に武田信玄の言葉として記されている、勝負における人の働きの大切さを説く格言。後に「情けは味方、仇は敵なり」と続くこともある。特に、企業経営などで、人材の力や人との繋がりの大切さを表現するために引用されることが多い。

7: 新村みどり ◆Q83vN7CHCsQw @\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:37:07.06 ID:0P1lMwOu0.net
>>2
人は人、城は城、石垣は石垣。
つまらない結論だが、現実はそんな物だ。

106: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:49:00.38 ID:Sj9pdlNn0.net
>>7
四方を山で囲まれた甲斐の国自体が巨大な城のようなもの。
侵入を許した時点で負けだから、甲府に城なんて建てても無意味だと信玄は分かっていた。

11: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:42:15.03 ID:SnOL1zs90.net
>>2
信玄は征服した他国には築城していたよ。
いわゆる戦力の前方展開による国防だ。最前線を本国から遠ざける
ことに主眼を置いた。その結果膨張政策を継続することになった。
国力の誇示のための本国拠点の築城といったことに重きを置かない
リアリストだっただけ。

24: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:50:12.38 ID:1CLZmLUh0.net
>>11
安土城も小田原城も大阪城も落ちたし、
落ちない城は無いからなあ。

砦っぽい城が戦略的には良いのかもな。

44: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:01:19.62 ID:JtNvwedo0.net
>>24
大阪城は出来レースで落ちただろ

本腰入れたら奴は落ちない

84: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:37:40.94 ID:xDsZ6pAP0.net
>>44
それ言ったら小田原城も落城はしてない

129: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 00:16:59.66 ID:ieYR/Fmd0.net
>>84
丹後田辺城も開城はしたけど落ちてはいないわな。
あ、江戸城もそうか。

87: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:40:34.91 ID:QPw5nxUD0.net
>>24
安土は攻防で落ちたんじゃないんじゃ?

247: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 01:54:00.78 ID:icuZiwaz0.net
>>87
安土城は、息子の信雄が放火して焼失。

93: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:43:40.75 ID:gwX6wVGU0.net
>>24
長篠城は後詰め来るまで持ち堪えたけどな

134: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 00:21:39.71 ID:tRs6Z+gP0.net
>>24
石山本願寺の様に10年掛けても遂に落城しなかった例もある。
たかが城一つで信長の運命を変えちゃった。

城が堅牢であれば籠城側の力量次第って事だね。

137: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 00:29:01.19 ID:pFoJovHz0.net
>>134
ただ、信長の奮闘のおかげで欧州みたいに宗教に支配される国にならなくて済んだんだよな

167: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 00:52:49.50 ID:soPqXj570.net
>>137
それは云える。
坊主(宗教)が政治に口出すとろくな事がない、中東イスラム教を見れば解かる
近代化が遅れる。今の日本も層化が増えると日本が弱体化するのは目に見えている。

176: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 01:01:19.82 ID:j9BhTiEo0.net
>>137
織田が石山本願寺に敗北して滅亡しても一向宗が天下を獲ったとは思えない

織田が滅びれば守旧派の中心だった毛利氏が足利将軍を鞆から京都に戻して
細川や山名の代わりに毛利の威光を背景にした室町幕府が存続しただけの話

187: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 01:12:43.04 ID:tRs6Z+gP0.net
>>137
誤った知識(マンガ、ゲーム)に基づく誤解が多いんだが、本願寺はキリスト教と違って宗教権威による政治への口出しや支配をやる気はない。
本願寺の教義にある「王法為本」という言葉の意味を調べて欲しい。

387: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 09:40:28.68 ID:EbBnNdB+0.net
>>137
本願寺とか仏教系にはきつかったが、キリスト教とか南蛮文化には寛容的だったろ、信長は。
逆に秀吉とか家康はキリスト教の危険性察知して、キリシタンには厳しい対応してたぞ。
信長だけでなく、安土桃山の3傑は宗教勢力には一線越えさせないような対応はしてたんじゃないかな。

4: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:36:11.18 ID:DaHa0oCa0.net
爆死さんか

18: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:46:31.86 ID:juESdGO30.net
>>4
どんなお宝と吹き飛んだの?

22: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:48:54.51 ID:nqnV0idb0.net
>>18
信長が欲しかった茶釜

5: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:36:13.57 ID:0FO0QiDS0.net
戦国時代の城を再建してくれたら喜ぶ人いっぱいいるだろうな。

6: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:37:02.45 ID:EvqcXDaE0.net
爆弾正

8: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:37:14.56 ID:CF5Fw3Qu0.net
>>1
ソース先見ないと主題が多聞山城だとわからん
多聞山城(たもんやまじょう)は、奈良県奈良市法蓮町にあった松永氏の居城となった平山城。多聞城とも呼ばれる。

9: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:38:07.92 ID:erh5dKT+0.net
ジョブズと発想が同じなのか?
機能的かつ美しいみたいな。

10: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:39:23.47 ID:nsQpJD010.net
子供手当てで皆にお金を配ります
高速道路を無料にします
沖縄の基地は最低でも県外へ
もちろん消費税なんて絶対に引き上げません

これで不足があるなら言ってみなさい

12: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:44:13.89 ID:YEzjzz0G0.net
あの時代を忠実に再現する連続ドラマが観たいよなあ。
NHKとかいまの日本映画界は朝鮮人だらけで反日だから絶対無理なんだが。

431: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 15:20:14.61 ID:FMUXvPd80.net
>>12
戦国時代なのに愛だの友情だの平和だの反戦だの非武装だのとかやるからな

16: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:46:08.58 ID:dS4ee2Yl0.net
教科書でも山城から平城へってあったな

軍事拠点から政治拠点、権威の象徴へ

26: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:52:21.77 ID:pFU368qA0.net
かなり前から知られてたと思うが

32: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:54:14.77 ID:3lq83DHL0.net
盛られた話も幾分かあるけど、松永弾正の生き様は鮮烈で異彩を放つ。

40: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:57:04.08 ID:1CLZmLUh0.net
>>32
150歳まで生きようとしていたみたいだからなw
信長包囲網の中、謀反ってのはチャンスだと思ったんだろうな。

38: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 22:56:47.77 ID:AQ7cZrpA0.net
一概に城といっても群雄割拠してた戦国時代は洞窟みたいな山城も多かったんだよな。
本当に軍事だけの難攻不落の城に山城って多い

52: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:08:53.25 ID:hyXifTGE0.net
>>38
山城は守るに易いが
執政には向かない
平地に建てると軍事拠点の役を果たさない
そこで迷路のような塀を巡らせるようになる
というのを、信長が始めたと聞くが

43: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:01:10.66 ID:iVeiEYZH0.net
安土城なんてのは成金の象徴
信長の自己満足の世界

48: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:04:13.90 ID:DxtFwjFD0.net
松永久秀って絶対、信長以上の偉人だってw
もし天下とってたらすごい国になってたw

57: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:13:49.90 ID:1CLZmLUh0.net
>>48
室町の剣豪将軍をリアルで血祭りにしたからなあ。
当時はゴロゴロ居た下克上の体現者の一人だけれども、
松永幕府は遠過ぎたな…w

51: ぴーす ◆u0zbHIV8zs @\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:07:55.82 ID:zAyDqfODO.net
ボンバーマンのくせに君主論の理想体という意見もある

54: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:12:15.77 ID:gWC1/0gH0.net
松永弾正って赤影の悪役のイメージが強くて・・。
金目教と卍党と松永。

イメージだけで言うと尼子の月山とだ城が最強イメージ
月山富田城(がっさんとだじょう)は、島根県安来市広瀬町富田に所在した城郭。月山(標高197m)に営まれる。戦国時代に山陰の覇者尼子氏が本拠を構え、170年間の尼子氏六代の盛衰の舞台となった。城郭跡は国の史跡に指定されている。

55: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:12:49.37 ID:f9Bj7yu50.net
信玄は「うちの家族とそっちの家族で結婚して仲良くしよう。よし、結婚したな?じゃあ潰しに行くわ」であまりにも有名

58: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:14:11.41 ID:mLS0jvCV0.net
日本の城って、ヨーロッパや中国に比べると
格段にレベルが低いよな。

65: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:19:35.70 ID:+NzG0ITk0.net
>>58
軍事面全部ね。
石投げて殴り合っていた戦国戦法ではどうあがいても向こうの堅牢さや装備にかなわない。

70: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:23:50.71 ID:pNSy9uP10.net
>>58
それだけヨーロッパや中国は激戦地だったんだよ
日本は所詮内戦だから

73: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:27:44.48 ID:mHzZLBlc0.net
>>70
ヨーロッパの戦いには古くから傭兵が使われていて、敵の傭兵と予め作戦を作りわざと戦いを長引かせていた。

何故なら、傭兵だから戦争が長くなれば長くなるほど金になったから。
だから実際はには向こうの戦争はのんびりしてたらしい。

72: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:26:28.94 ID:dS4ee2Yl0.net
>>58
あれは城塞都市だからまた違うのでは

76: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:30:10.97 ID:0tBAtuVl0.net
>>58
そもそも城の概念が違うから。
欧州や中国の城は、城というより城壁に囲まれた町だ。
城の中に完全な都市機能を有しているんだよ。

それはそうと日本の城ベスト3は、安土城、大坂城(豊臣期)、江戸城だよ。
どれも現存してないけどなw

80: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:33:58.04 ID:1p34s6Kc0.net
>>76
江戸城はあるじゃん。天守閣がないだけで。

184: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 01:07:45.58 ID:FNlKVCfb0.net
>>58
何を以てレベルが低いと言ってるのか分からん
それは堅牢性の事を語っているのか、造形美の事を語っているのか

463: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 18:41:49.08 ID:zKWcwjpb0.net
>>58
古代ローマ(ローマに首都が合った時代)や日本と違って、
強烈な階級社会で、城壁に富を費やした中世ヨーロッパや中国なんかは
一般の人間にとって、悲惨極まりない世界だぞ。

家畜や城壁が目立たない文明こそが、幸せな文明だ。

60: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:15:37.93 ID:5m+S6Y0LO.net
しかし戦国時代は個性的な人物には事欠かないな

143: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 00:34:26.72 ID:wt0CQ8np0.net
>>60
やっぱり後世に名の残る人は違うんだよ。
格好いい逸話で好きなのは上杉-武田の戦いで信玄を兵糧攻めで部下が攻めてたら謙信が正々堂々じゃないということで食料を敵に送った上で戦ったという話。
変わり者というより格好いいよ

64: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:19:01.05 ID:9dJnFqEF0.net
小田原城あたりも当時は土造りとやらだったのか?
松永久秀よりも前だろ?
小田原城(おだわらじょう)は、神奈川県小田原市にあった、戦国時代から江戸時代にかけての日本の城(平山城)で、北条氏の本拠地として有名である。江戸時代には小田原藩の藩庁があった。城跡は国の史跡に指定されている。
no title

66: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:19:35.71 ID:juESdGO30.net
近所の城跡は、戦国前期のモノなので土塁とか、山登りの頂上に礎石だけとか、
神社になっているのばっかり。

68: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:22:11.21 ID:u7BJJupt0.net
大坂城は太閤殿下のお心、戦う城でござる!


とか大野治長だったか誰だったかが言ったせいで篭城して負けてもうた
真田信繁は篭城なんか以ての外、討って出るべきと言っていた

69: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:22:38.94 ID:YYymFVaBO.net
稲葉山のは?
道三の城

75: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:30:03.89 ID:5m+S6Y0LO.net
信長が明らかに死に方をリスペクトしてるからして
本当に松永を尊敬してたんだろう

82: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:36:49.74 ID:hxbZPeAO0.net
昔の戦争って、いちいち土木技術駆使したりして、今では信じられないようなことするよなw

水攻めとか堀埋めとか、すげぇとしか思えんw
 

587: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 23:18:50.94 ID:PreQjNUm0.net
>>82
水攻めなら日中戦争でも蒋介石がやったじゃないか
死んだのはほとんど中国人だが

83: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:36:54.72 ID:elPsXmH80.net
日本の城はキャスルだから
例えば江戸の城下町を城壁で囲んで初めて要塞と言える

欧州中国インド等々はフォート
ワンランク上の要塞だからな 

99: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:46:42.97 ID:UsOx8FkK0.net
>>83
だって日本と中国じゃ数が違うんだもの。
30万の兵隊とか嘘だろって思っちまうw

109: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:49:26.32 ID:mJeGNVfx0.net
>>83
あっちの方だと城外の民衆はさらわれて奴隷になっちゃうからね

96: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:45:04.20 ID:juESdGO30.net
大分の竹田城もいいね。断崖絶壁に城跡、
滝廉太郎が荒城の月を作曲した気持ちがわかる。
岡城(おかじょう)は、豊後国直入郡竹田(現在の大分県竹田市大字竹田)にあった日本の城(山城)である。「臥牛城(がぎゅうじょう)」、「豊後竹田城(ぶんごたけたじょう)」とも呼ばれる。
no title

97: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:46:32.27 ID:F4zrNY4x0.net
どんな難攻不落の城でも、迂回されたら意味ないからな。
現代戦で要塞が廃れてるのはそのせい

98: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:46:38.79 ID:gV7TpSva0.net
城壊しまくってホントもったいないことしたよな

100: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:47:13.53 ID:tiRdDauUO.net
三大梟雄って
宇喜多直家
津軽為信
松永久秀だっけ

262: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 02:04:51.72 ID:ZNYVLgKo0.net
>>100
×津軽為信
○斎藤道三

103: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:48:11.34 ID:Vd8gyxM10.net
だから自案を発展させた(であろう)安土城が披露目され、自城には信長から破却指示が出るに当たって、
松永某は人一倍憤懣やるかたなかったろうな、という。

実は謎の裏切りでも何でもない
覇王たろうとする相手であろうとそうも何事も好きにされてたまるか、という才と誇りに裏打ちされた意地やね。
しかも、この人割り箸を貯めて資材の代わりにしたりと城をかわいがってたもの。
評価は実績に比べて異常に低い筒井の殿様との因縁や双方の事情や巻き込まれる側と言い(多門院日記)
変に魅力的な人たちやな

111: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/05(月) 23:49:52.85 ID:F6uAyJN30.net
熊本城は近代兵器使っても落ちなかったな
天守閣を自焼させたのもったいなかった

122: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 00:03:15.66 ID:bjxiogJx0.net
現在の 「見せる城」

楠橋城 ・・

no title

124: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 00:08:58.92 ID:gXIHTK/70.net
小田原の一夜城跡公園は中々いいよ
もう一回天守閣を作ればいいのにと思う。
石垣山一夜城歴史公園(いしがきやまいちやじょうれきしこうえん)は、小田原市早川にある、石垣山一夜城の跡地を整備した公園。




no title

125: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 00:09:30.66 ID:5jOPyYCs0.net
大阪城に張り出した「真田丸」ってどんな城だったのかな?

127: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 00:11:23.98 ID:939eBoCr0.net
昔のままの城だと地震や火事でぼろぼろ死ぬから難しいね

132: 名無しさん@13周年@\(^o^)/ 2014/05/06(火) 00:19:57.92 ID:NPtDS9lF0.net
ボンバーマンは時代の最先端やな

引用元: 【歴史】信長、秀吉も畏怖「戦う城」から「見せる城」へ…信長以前に独自発展か