no title
1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 11:49:52.70 ID:aBhuUP37.net
朝鮮にとどまらずに一気に攻めていたら十分北京も落とせたはず
文禄・慶長の役(ぶんろく・けいちょうのえき)は1592年(日本:文禄元年、明および朝鮮:万暦20年)から1598年(日本: 慶長3年、明および朝鮮: 万暦26年)にかけて行われた戦争。日本の豊臣秀吉が主導する遠征軍と、明およびその朝貢国である李氏朝鮮の軍との間で交渉を交えながら朝鮮半島を舞台にして戦われたこの国際戦争は、16世紀における世界最大の戦争とされる。この戦は明・中国を中心とした東アジアの支配体制・秩序への秀吉の挑戦であり、日本と中国の戦争だった。
文禄の役は1592年(文禄元年)に始まって翌1593年(文禄2年)に休戦した。また、慶長の役は1597年(慶長2年)講和交渉決裂によって始まり、1598年(慶長3年)の秀吉の死を受けた日本軍の撤退をもって終結した。

2: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 11:51:17.84 ID:3bZo3HG6.net
得るものがなかった

3: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 11:51:29.98 ID:jVxeOnBG.net
で?

5: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 11:53:03.18 ID:gH0jX+pz.net
補給路と疫病

7: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 11:54:44.33 ID:N4jywveW.net
補給の問題&明軍による反撃で進めなくなったんだよ
歴史の授業で習うレベルだぞ?

9: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 11:55:40.19 ID:gH0jX+pz.net
>>7
戦線延びたり、長期化すると遠征軍は泥沼だな
今でもこれは解決しないだろうなかなか

11: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 11:57:50.54 ID:1qYVGcd6.net
秀吉は明征伐で遠征して
明の奴隷だった朝鮮猿軍を蹴散らしただけ

終わったのは秀吉が頓死したから

84: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 02:09:24.79 ID:PcsMAtru.net
>>11
これやろ。

12: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 11:59:03.89 ID:Q+ypxG/g.net
加藤清正とヌルハチが会ったからな
そーすはへうげもの

13: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:00:27.35 ID:L1ek5KWq.net
征服は出来なかったが、明は滅亡させたようなもんだよ
豊臣も滅亡したがw
明の衰亡
1572年、わずか10歳の万暦帝が即位した。はじめの10年間は内閣大学士張居正が政権を取り、国政の立て直しが計られたが、張居正の死後親政が始まると帝は政治を放棄した。在位は48年に及ぶが、途中日本に攻撃された李氏朝鮮の救援(文禄・慶長の役)などの出費がかさみ、財政が破綻した。

14: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:06:24.33 ID:Miq/ZVyf.net
秀吉の目的
明がヨーロッパ(スペイン)に植民地にされて橋頭堡される前に明を侵略する

結果 
明の抵抗にあい、泥沼
秀吉死亡で終了
明も疲労で終了
スペインはアルマダ海戦により終了
これでアジアは大英帝国の侵略まで猶予が与えられたら

15: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:08:24.16 ID:sriiG/32.net
清正は東側ルートで誰も敵対する勢力もなく
スイスイ半島抜けてったから拍子抜けして
「え、このまま明の都、北京まで行っちゃっていいの?」
みたいな空気になったのは知ってる

76: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 06:27:59.33 ID:9W/5cpVO.net
>>15
no title

16: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:10:17.38 ID:zU4HFZup.net
兵站を考えないのは昔からの悪い癖だな

17: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:12:23.34 ID:qip2Cfic.net
朝鮮が余りに情けない国だったので遣る気を失った・・・

19: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:14:14.14 ID:GOWWBRPC.net
つまり朝鮮は気付かず踏み潰した蟻でしかなかったと。

21: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:15:40.77 ID:ohPoIQhD.net
秀吉にとっては朝鮮は統治する価値もない土地だからな

22: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:16:59.70 ID:2fTfgI7e.net
しかし、この出兵があったから、朝鮮に
唐辛子が伝わったんだよな。
日本から朝鮮への伝来
1613年の朝鮮文禄『芝峰縲絏』には「倭国から来た南蛮椒には強い毒が有る」と書かれ、1614年の『芝峰類説』では「南蛮椒には大毒があり、倭国からはじめてきたので、俗に倭芥子(倭辛子)というが、近ごろこれを植えているのを見かける」と書かれており、イ・ソンウ(李盛雨)が『高麗以前の韓国食生活史研究』(1978年)にて日本からの伝来説を示して以降、それが日韓共に通説となっている。

23: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:18:58.64 ID:Lui14M+D.net
>>1
文献に依ると秀吉が亡くなったことと半島の地に言い知れぬ不吉な邪気が
漂っていたらしい。たぶんマイナスのオーラを感じ取って離れる選択をしたんだろう
。賢い選択だ。

24: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:19:09.96 ID:C9IySTkD.net
あれはどう考えても秀吉がパーだったんだよ
秀吉の最後は騎馬族の血が濃く出たんだろうと見られる面もある
家康が選ばれたのも日本は農耕&騎馬のハーフであるから
過激な事を全く好まない

他の武将でもアホらしく思ったのか、勝手に引き上げたりもしてたしね

27: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:20:47.34 ID:zWFXsL3b.net
>>24
もっと勉強してからレス書けよ
ずっと残るんだぜ

25: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:19:13.22 ID:9BZ8BeJJ.net
朝鮮の領土切り取ったら武将に与えるって約束してたんだけどみんなこんな所イラン!だってお

26: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:19:46.48 ID:zWFXsL3b.net
朝鮮王子2匹捕まえたの誰だっけ?清正か

29: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:22:00.68 ID:C9IySTkD.net
利休もワビサビの中で生きた人だから、
秀吉を好まなかったんだよね。それで処刑されたじゃん

30: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:23:26.39 ID:OF3ymSmP.net
朝鮮半島なんか家臣の褒美くらいにしか考えてなかったからな
補給路が伸びきって明が出てきて秀吉が死んで中途半端に終わった
それだけ

33: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:24:29.04 ID:sriiG/32.net
NHKのファンタジー大河ドラマを見て、黒田如水が城井宇都宮一族を
皆殺しにしたのも、秀吉が狂ったからと
浅はかに鵜呑みにする連中も大勢いるんだろうな

34: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:25:50.83 ID:C9IySTkD.net
>>33
あれは狂ったというよりも仕方がなかったと思うよ
当時は天下統一こそが安定をもたらすという考え方が出来た人と、
安定しているが故にそうは思えない人もいたんだろうしね

37: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:32:04.56 ID:sriiG/32.net
>>34
主人公の官兵衛を持ち上げるが故に、秀吉が乱心モードに入ったから
仕方なく城井宇都宮一族を皆殺しにしました
みたいな描かれ方してるのがなんともなと思ってさ

ドラマだから仕方ないけど、あれが本流の歴史観だと勘違いするのも
おかしな話だなと。

41: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:40:34.13 ID:C9IySTkD.net
>>37
たしかに違和感は感じたけどそこはドラマだからね
そういうのを説明するというのはものすごく時間を取られるから
省いたんじゃないかしら?

43: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:49:08.46 ID:N4jywveW.net
>>41
鶴姫を逃がしたのはやり過ぎだったと思うな
現実には磔にされてる

47: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:50:38.18 ID:C9IySTkD.net
>>43
昨日の内容は色々と無理があり過ぎたわね
だけど歴史ヲタくらいしかあそこら辺の事情や機敏なんてわからないでしょう?
現代の感覚でギャオギャオ言う人は多いものね

54: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 13:28:10.72 ID:5+Trptrl.net
>>43
赤マフラーの悲劇を知ってると、
逃げただけで変な再登場しないだけなら
まだ大河の中ではマシに思えてしまう

35: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:26:04.40 ID:7s4TDhVm.net
上陸後、戦い方を知らなず逃げるしかしなかった朝鮮は1か月程で
秀吉軍が蹂躙しつくして終了してたけど
仲の悪かった石田達が官兵衛の進言を無視して戦線が停滞
その後、小西が明の使者に騙されて平壌で待ってたら
明の軍隊が平壌を包囲しててその後、泥仕合になった
食糧難と病気で1次は終り
2次は秀吉死亡で終了

朝鮮は最初から相手にすらならなかった
明が意外と強かった
ただそれだけ

あと、李瞬臣だったかが朝鮮では英雄視されてるけど
実際は、まったく秀吉軍に影響はしていなかったのが本当
いつものファンタジー後付

38: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:35:02.02 ID:Lui14M+D.net
加藤清正の虎退治って半島の地だったんだな

40: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:40:05.18 ID:DMPDcD/2.net
その通り
たしかに第一次征伐(文禄の役)で一気に北京まで突っ込むべきだった
なんか途中で明と政治的妥協をしてしまったはず
上手くだまされて時間稼ぎされた
これが失敗だったな

第二次征伐は家臣の欲求不満をそらすためにのみやらかした
土人なんかいくら殺してもかまわんけど豊臣政権にとっては痛手となった

42: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:45:35.23 ID:2e0sGATI.net
九州平定が済んだのだから 次は大陸だ というのが当時の日本人の感覚だったらしい。
朝鮮はただの通り道だったんでしょう。

44: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:49:14.73 ID:C9IySTkD.net
日本統一はまだまだだったけどね。結局家康だって相当手を焼いたわけだしね
だから変な行動と言えば、変な行動なのよ

45: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:49:52.66 ID:pshn/b1z.net
上陸した地があまりにも不衛生で進軍する気を無くした

46: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:50:19.07 ID:n9dZdoRV.net
深い理由はね~よ。秀吉がくたばったからお仕舞。

48: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 12:54:15.45 ID:C9IySTkD.net
それにあそこを忠実に色々と描こうとすれば、官兵衛は1年スケジュールにはフィットしないもの

51: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 13:14:29.02 ID:wifHIXZ6.net
朝鮮半島が豊かなら、現地調達も可能だったんだが、うんこ食ってる土人の国だったので、現地調達の補給が出来なかった。

52: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 13:16:59.69 ID:FyK91okb.net
朝鮮から唐入りなんて信長計画の20年遅れだろ。
南蛮人と逆コースでヨーロッパの小国を攻めた方がよかった。

事前調査を念入りにして先発隊は堺や博多の商人も連れて
北アフリカに中継基地をおいてローマ法王に進物攻めして
現地に馴染んでおいてから適当な弱小国を選んで攻める。

鉄砲の数はヨーロッパの一つの国よりは多かったし、鉄砲を
大量利用した戦争はこの時期には日本の方が経験豊富。

後は百年続いた戦国の経験知識と現地の政治情勢にあわせた作戦で…

53: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 13:19:39.99 ID:8QHqxOmi.net
シナの広大な土地を大名達に分け与え、その代わりに息子をよろしく頼むわってのが目的だったんだが、金かかるし面倒くせえし、褒美を与える前にいつのまにか反感を買い始めていたんだね。

56: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 14:19:36.39 ID://f35JzB.net
朝鮮軍は弱過ぎて問題じゃ無かったが明軍が出て来てグダグダになったんだよ

57: 名無しさん 2014/09/22(月) 14:35:26.53 ID:10f6F78Gr
九州征伐では25万の兵力で攻めたんだから
明征伐は最低でも100万で攻めないとおかしい
初めから明征服など頭になかったのよ

58: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 14:39:12.03 ID:ZG6jNLc2.net
「一旦休戦しよーぜ、疲れたわw」
「とりあえず橋頭堡確保したじゃん」
「勝ったと報告しときゃいいよ、うちも皇帝に勝ったっつっとくしwwwwww」
「朝鮮がなんか言ってる?ほっとけwwwww」

という中国さまからの話で、休戦しちゃったから
ちなみに休戦した中国側の責任者は、2回目の時に「話違うじゃねーか、日本ボコって服従させたっつってただろボケ」ということで処刑された

61: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 15:52:41.93 ID:yupBcPON.net
補給も続かないし寒いし
朝鮮から北京まで攻めても得るものが無さそうに思ったんだろ
豊かな土地は長江のほうだしな

63: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 16:15:17.30 ID:9l/wOg5O.net
腹減ったから家に帰ろう

67: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 19:12:04.59 ID:nLB3GpDp.net
朝鮮は飢餓の国で現地調達が困難だった。
朝鮮はまともな道が無かったから物資の移動は困難だった。
その結果、第一次朝鮮征伐の戦死者の大部分は餓死と病死だった。

69: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 20:00:23.61 ID:jCH06Ru+.net
石田三成という稀代の軍師が現実派だっただけだよ。
豊太閤は晩年は残念すぎる。

70: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/22(月) 20:04:05.79 ID:jEcz2bYo.net
加藤清正とか
今の北朝鮮の平壌まで攻めて行ったとか凄いな

74: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 00:47:08.33 ID:LdLrB5P7.net
当時の日本の鉄砲保有率は世界一だったらしいな。

79: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 08:34:17.53 ID:M7W1XkvY.net
信長だったらフィリピンを侵略してたと思うわ。
海上利権の確保の方が重要だと気付かなかったんだな秀吉は

81: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/23(火) 09:59:58.96 ID:+oAPs+6w.net
秀吉ボケ説よりも武士切り捨て説がありそうかなぁと思う。
日本統一して軍縮したら職の見つからない元軍人が野盗になるのが目に見えるから朝鮮ですり減らした。

87: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2014/09/24(水) 23:16:13.53 ID:wlhBubDa.net
秀吉が死んだ後にも豊臣が天下取ってたら
鎖国せずに世界の強国になってた気がする

引用元: 【歴史】秀吉の朝鮮出兵の目的は中国征服だったにもかかわらず、なぜ日本軍は朝鮮を征服したところで進軍をやめたのか?