no title
1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)16:09:55 ID:IJg
誰やろう

2: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)16:12:22 ID:9t8
清水宗治さん
ホンマかっこいい

7: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)17:52:28 ID:vrv
>>2
吉川経家も忘れてはいけない

3: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)16:12:36 ID:2Kl
高橋紹運やろなあ

4: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)16:13:06 ID:wRt
乱世を生き残って大往生するのがかっこいいか
戦場の露と消えるのがかっこいいか

5: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)16:13:31 ID:lQc
松永やろなぁ

6: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)16:28:29 ID:54c
鳥居元忠

8: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)17:53:05 ID:APE
茶釜爆発ニキ

9: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)17:58:43 ID:rVN
足利義輝と松永久秀のどちらかやな
二人とも国宝級の代物を使ってるし

10: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)17:59:49 ID:aip
内緒やけど経家さんは別に腹切らんでええで?って敵に言われて部下にもやめてくださいよほんとに!って言われたのにそれやったら格好つかへんやんけ!って言って勝手に切腹しただけなんやで

11: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)17:59:51 ID:RAT
内緒やけど経家さんは別に腹切らんでええで?って敵に言われて部下にもやめてくださいよほんとに!って言われたのにそれやったら格好つかへんやんけ!って言って勝手に切腹しただけなんやで

15: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)18:05:48 ID:vrv
>>10>>11
討ち死に覚悟の首桶持参で入城しとったんやで
切腹についても城兵助命の為に経家の側から提案して秀吉が止めようとしたけどそれを拒否
その後秀吉が信長の了承を得てからの切腹やから勝手に切腹したんではないで

12: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)18:02:11 ID:gly
大谷吉継さんはどや?

13: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)18:04:12 ID:oEc
ドラマで描かれてる敵味方が見守る中、船上で切腹したというのが本当なら清水宗治だなあ

14: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)18:05:22 ID:MST
島左近もええわ

16: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)18:12:20 ID:qmv
鳥居強右衛門
夏目吉信

17: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)19:45:55 ID:DiJ
間抜けな死に方した奴なら打線どころか1リーグ組めるほど居るのに
かっこいい死に方は少ないよなぁ

18: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)19:50:55 ID:pNO
武将ではないが
畳に刺し敷き詰めた刀で多勢に挑んで遂げた義輝公

19: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)19:56:27 ID:rVN
後藤信康「大坂の陣に行かせてください」
伊達政宗「ダメです」

後藤信康「じゃあ城の本丸から飛び降りるンゴ」

20: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)19:57:38 ID:H2K
義輝はノリノリやったんやろ侍女とかに逃げろいうてウキウキでたっかい刀振り回して 最後は畳み盾にしたやつらに四方囲まれて突撃くらって死亡

26: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:15:18 ID:hYK
>>20
死んでない説
畳返し説
一人のために火縄銃(高級品)使った説

があるらしいで

21: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:04:35 ID:wRt
戸次川で散った長曽我部の御曹司はかっこいいというより凄惨といった方が似合うかな?…

23: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:08:55 ID:DiJ
>>21
凄惨じゃなくて無残とか無念とかの部類やろな

24: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:09:08 ID:jKr
足利義輝はどうや?
将軍が刀で切りまくりながら討ち取られるとかもうね・・・

25: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:13:25 ID:hYK
1(二)高橋紹運
2(中)吉川経家
3(三)鳥居元忠
4(一)足利義輝
5(右)清水宗治
6(左)飯田播磨守(信兼)
7(遊)茶釜爆発ニキ
8(二)夏目吉信
9(投)真田信繁

35: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:29:31 ID:jKr
>>25
6番と8番がわからん・・・
8番って夏目漱石の先祖だかなんかの三方ヶ原で家康の影武者として死んだ人だっけ?

39: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:33:39 ID:hYK
>>35
飯田播磨守
最上義光の家臣
慶長出羽合戦では畑谷城の救援に向かった。途中、畑谷城が落城したことを知ったが引き返さず、追われて逃げてくる領民の救出にあたった。避難の時間を稼ぐために残って上杉軍と交戦し討死した。

夏目吉信
三方が原の戦いは徳川・織田方の完敗という結果に終わった。
 
 徳川家康も死を決意する。
 こうなれば決死の突撃で武士の意地を見せるまでと、家臣らの退却の勧めを聞かない。
 ならばと夏目吉信は家康の乗る馬を刀の棟で叩き浜松城へ走らせるとともに、自らは敵中へ躍り出た。
 われこそ家康なり。
 声高らかに叫ぶ。
 武田勢は吉信を家康と思いこみ我先に敵の総大将を打ち取らんと攻めたてた。
 吉信の身代わりによって、家康は無事浜松城へたどり着き命を存えることが出来た。

40: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:34:21 ID:vnE
>>35
飯田播磨守(いいだはりまのかみ)
 生年不明~慶長五年(1600) 名は信兼(のぶかね)か。天童八楯のひとつで、飯田館(村山市本飯田)を本拠地としていたが、移封となり、飯田館(山形市飯田)を築いたという。慶長出羽合戦では、畑谷城の救援に向かった。途中、畑谷城が落城したことを知ったが引き返さず、追われて逃げてくる領民の救出にあたった。避難の時間を稼ぐために残って上杉軍と交戦し討死した。

37: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:31:15 ID:2Kl
>>25
[片手千人斬り]土屋昌恒も入れて欲しいわ

27: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:19:33 ID:5co
鳥居強右衛門やろ。
歴史を変えたんやで?
織田・徳川の援軍が長篠に向かう予定であることを知った勝頼は、援軍が到着してしまう前に一刻も早く長篠城を落とす必要性に迫られた。そこで勝頼は、命令に従えば強右衛門の命を助けるばかりか武田家の家臣として厚遇することを条件に、「援軍は来ない。あきらめて早く城を明け渡せ」と城に向かって叫ぶよう、強右衛門に命令した。こうすれば城兵の士気は急落して、城はすぐにでも自落すると考えたのである。強右衛門は勝頼の命令を表向きは承諾し、長篠城の西岸の見通しのきく場所へ引き立てられた。しかし、最初から死を覚悟していた強右衛門は、城内に向かって「あと二、三日のうちに織田・徳川の援軍が来る。それまでの辛抱である」と、勝頼の命令とは全く逆のことを大声で叫んだ。これを聞いた勝頼は激怒し、その場で強右衛門を殺したが、強右衛門の決死の報告によって援軍が来ることを知った長篠城の城兵たちは大いに士気が上がり、援軍が到着するまでの2日間、武田軍の攻撃から城を守り通す事に成功した。

28: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:19:42 ID:rVN
毛利勝永とか徳川軍を散々に蹴散らした後に他の豊臣方の武将が戦死か逃亡する中で
大坂城への退却に成功して最期は秀頼の介錯を務めた後に自害とかカッコよ過ぎるで

29: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:21:15 ID:vnE
柴田勝家って、切腹&爆死だっけ?

30: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:22:24 ID:vrv
切腹しようとしてた義弘を思い止まらせ捨て奸で散った島津豊久もなかなか

31: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:23:39 ID:DiJ
>>30
長寿院さんの名前もたまには思い出してあげてください

42: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:42:06 ID:vrv
>>31
泗川の戦いにおいて敵の火薬庫で自爆テロした瀬戸口弥七郎(享年19歳)もおるな
さすが薩摩隼人やわ

32: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:25:36 ID:ep5
伊達輝宗「ワシごと撃てぃ!」
土屋昌恒 片手千人斬り

33: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:26:17 ID:jKr
つ富田長繁
戦国の狂犬
一揆勢約14万は長繁を討たんと越前国の至る所で決起し、2月13日には旧朝倉土佐守館の毛屋猪介、片山館の増井甚内助らが殺害され、翌2月14日には府中の長繁も一揆勢に包囲され始めた。その内訳は府中の南からは一揆勢2万が今庄湯尾峠に陣取り、西方から駆けつけた一揆3万5,000は鯖江に布陣。北からは一揆5万が浅水(現在の福井県福井市浅水町)から北之庄にかけて集まり、また東より集まった一揆3万3,000は既に先鋒が日野川を挟んで府中のすぐ東に位置する帆山河原にまで進出してきていた。
窮地に立たされた長繁は「このまま一揆をのさばらせるのは無念である」と号令して突撃を命令。2月16日早朝に最も府中に近い位置に布陣していた帆山河原の一揆勢2万を日野川を渡河し強襲した。長繁の軍勢は700人余りであったが決死の覚悟のため士気は高く、帆山河原の一揆勢を打ち破った挙句潰走する敵を2、3里に渡って執拗に追撃し、2,000~3,000人余りの首を得て府中へと戻った。奇跡的な勝利を収めた長繁ではあったが休むこと無く一旦南に引き返し、17日夕刻にこれまで合戦を傍観して兵を進めなかった安居景健、朝倉景胤の寄る長泉寺山の砦にも勢いのままに襲い掛かった。その時の長繁の様子は「葉武者には目もくれず、まっしぐらに景健の本陣目掛けて切りかかった」とされる。しかし富田軍の疲労は色濃く、砦の守将である荒木兄弟を討ち果たすなど一定の戦果は挙げたものの攻めきれず、夜には一度は兵を引いた。翌2月18日早朝には再度突撃を下知したが、無理な戦を仕掛ける長繁に不満を抱くものが出始め、合戦の最中に味方の小林吉隆に裏切られ、背後から鉄砲で射殺され首を取られた。享年24。

34: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:28:14 ID:IJg
>>33
部下に裏切られて後ろから撃たれるお似合いの最期ほんとすき

36: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:29:44 ID:Spl
大谷吉継やろ。負け確定の三成を見捨てず、小早川の裏切りは予想して
精鋭で押し返して、しかも死んだ後も祟りで仕返しするんやから。

38: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:32:10 ID:ep5
真柄直隆、姉川の合戦で味方の敗勢が濃くなると、単独で徳川12陣の備えを8陣まで突破し、
味方の撤退に貢献。

41: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:34:34 ID:rVN
小早川隆景「最近体調がアカンわもう死ぬんかな…」
穂井田元清「ワイも体調が悪いけど弱気になったらアカンで兄上」
小早川隆景「そうやなあ少しでも気力を上げるために勝負せえへんか?どちらが先に死ぬかで」
穂井田元清「分かった勝負しようやワイは兄上より18歳下やから負けへんで~」

小早川隆景 死没 慶長2年6月12日
穂井田元清 死没 慶長2年7月9日

43: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:42:09 ID:ep5
no title

no title


真柄直隆
身長2m超、体重250kg超と言われる北国の豪傑。
黒鹿毛の馬に跨り、越前の刀匠千代鶴の作による五尺三寸(約175センチ)もの太刀「太郎太刀」を振り回して戦ったという
姉川合戦で味方を逃がすべく、徳川の陣に突っ込み12陣の備えの8陣まで突っ込む。
そこで向坂三兄弟の攻撃に力尽き、「わが首を御家の誉れにせよ」と、敵に首を献上して果てた。
彼を討った太刀は真柄斬りとして丹羽家に伝わり、1938年に重要美術品として認定された

44: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:54:51 ID:DAM
冷泉隆豊

主君の介錯をした後、敵軍に突っ込んで散々大暴れしてから、
火をかけた経堂に入って辞世の句詠んで割腹内臓を天井に投げ付け果てる。

みもや立つ 雲も煙もなか空に さそいし風の 末ものこさず

45: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)20:58:51 ID:rVN
毛利元就や朝倉宗滴とか戦乱の時代を生き抜いて老衰で死ねた武将もカッコいいよな

46: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:02:20 ID:gly
>>45
幻庵さんとか時代は下るけど真田の兄ちゃんとか家康辺りか
華々しく散るのとは違ったかっこよさやな

51: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:15:08 ID:vrv
>>45
鬼庭綱元「親父は73歳という若さで運悪く戦死してしまった」
本人は92歳まで生きた模様

54: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:18:29 ID:wRt
>>51
残りご飯をお湯で飲むだけの簡単な長寿秘伝です
なお太閤には効かなかった模様

64: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)23:05:32 ID:5co
>>51
左月の死に様はぐうカッコいいやろ
政宗逃がすために殿つとめてペラペラの鎧で奮戦して戦死する73歳とか憧れるわ

65: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)23:06:42 ID:u4N
>>64
お、良直さんかな?
人取橋ほんますごい、ぐうかっこいい

47: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:02:29 ID:ep5
若年時代に脱糞した上、鯛の天麩羅食って死んだ天下人

48: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:06:39 ID:2Kl
江里口信常と遠藤直経忘れとったわ
どっちも敗戦確定の中味方を装って敵本陣まで行って総大将の首取ろうとして惜しくも討ち取られる

49: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:10:12 ID:rVN
島津義弘・伊達政宗「何度も滅亡の危機に遭ったけど何とか最後まで生き延びて家を存続させたで~」←かっこいい、有能

織田信雄・毛利輝元「何度も滅亡の危機に遭ったけど何とか最後まで生き延びて家を存続させたで~」←無能、一族の恥

何故なのか

50: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:12:05 ID:Q7O
>>49
なんでや!毛利輝元が残した藩はその後、明治維新の原動力になったやろ!

52: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:15:51 ID:wRt
テルさんもノブオさんも戦場で生き死に体験しとらんからなあ…

55: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:19:37 ID:DAM
>>52
いやいや、ふつーに二人とも戦場出てるから!
そら何処かの工場長やボンクラ息子みたいに最前線カチコミは無いけどさ

53: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:17:11 ID:ep5
そら負け戦、改易のイメージが強いからちゃう?
信雄は若い自分から、宣教師にまで知能がアレ扱いやが

不死身の鬼美濃 馬場信春、内藤昌豊、武田信繁

甲斐武田家はカッコいい死に様の人がやたら多い気がする

56: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:20:28 ID:gRS
高遠城で織田相手に奮戦して最後には自ら腹を切って介錯をさせずに内臓を城の壁にたたきつけた仁科盛信さん

57: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:22:02 ID:qLb
森長可

58: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)21:24:27 ID:qLb
森可成やった

63: 名無しさん@おーぷん 2014/11/24(月)22:01:36 ID:u4N
主家が滅びるのわかって突撃して死んでくのも胸が痛むよな

摺上原の金上盛備、佐瀬親子が俺は尊敬できる

引用元: 戦国武将で一番かっこいい死に方をした武将