1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:39:36.87 ID:GzegOXXP0St.V.net
なんで無能に仕えたの?
no title

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:40:40.05 ID:n1a7nX9A0St.V.net
誠意とは言葉ではなく領地

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:40:42.48 ID:QQBtFqHJ0St.V.net
金やろ

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:41:20.83 ID:heS76odjaSt.V.net
本当は良い奴なのに誤解されがちな所が守ってあげたくなったんやで

6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:41:50.51 ID:pVqX2CmO0St.V.net
領地は折半で

7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:41:52.97 ID:MlCCSfa9KSt.V.net
一万5000石

8: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:41:53.05 ID:f8l/AVBu0St.V.net
三成はアスペだったり身内優遇する男なだけやから

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:42:29.81 ID:GYI+pFwd0St.V.net
石高とその心意気

10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:42:47.60 ID:JbZRIltd0St.V.net
そらいきなり主家が潰れて困ってたところを万石くれるとなったらね

11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:44:34.78 ID:gNeIukEX0St.V.net
佐和山領民の評判はすこぶる良いんだよなぁ

15: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:46:30.30 ID:n1a7nX9A0St.V.net
>>11
そんなん自分とこの領地治められてなかったら
当時でさえ無能扱いなんだよなあ

30: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:54:34.00 ID:N2Xlr09N0St.V.net
>>15
井伊が恐れたんやぞ(適当)

12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:44:48.22 ID:D4mzbz030St.V.net
二万石出そう

13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:45:26.53 ID:n1a7nX9A0St.V.net
なお領地折半は島とは別人の話の模様
やっぱりホモかな?

17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:47:15.85 ID:E/Ck3r8VaSt.V.net
>>13
渡辺了やったか
そんなにすごいやつなんかな
渡辺 勘兵衛(わたなべ かんべえ、生年不詳 - 慶長5年9月15日(1600年10月21日))は、安土桃山時代の武将。石田氏の家臣。『佐和山落城記』に、石田三成に付き従った家臣の一人としてその名が見られる。別名で新之丞(しんのじょう)とも書かれ、こちらの表記で書かれることが多い。同じく渡辺勘兵衛と名乗った渡辺了とは別人。
柴田勝家や羽柴秀吉から2万石での誘いを受けた豪傑で、他の大名の間でも評価が高い人物であったが、 勘兵衛はそれらの誘いをすべて断った。
しかしその後、秀吉の家臣である石田三成に仕えた。
当時、三成は禄高500石の小姓であったので、不思議に思った秀吉が訊ねると、三成は「自分の500石の知行全てを与えた。勘兵衛に自分が100万石取りになった際に10万石を与える約束をして雇った」と話した。三成の大志に感嘆した秀吉が三成自身はどうするのかと問うと、「勘兵衛の家に居候になります」と聞いて大笑したとの話が伝わる。後に、三成が佐和山城主となると、勘兵衛の知行を加増しようとしたが、勘兵衛は「殿が100万石の大名になるまで知行500石のままでいます」と固辞し、500石のままで居続けたという。

14: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:45:29.77 ID:FQQ7ndHmKSt.V.net
過ぎたるモノ

16: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:47:06.52 ID:307yD1W10St.V.net
こいつに仕えればデカイ仕事ができると思ったからだろ

18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:47:44.07 ID:Ax/bmGkz0St.V.net
彦にゃんが佐和にゃんになって欲しかった

20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:48:38.77 ID:QD+3xKcJaSt.V.net
>>18
みつにゃんだかいしにゃんみたいなやつはおるで

19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:48:20.46 ID:H7FnCxR10St.V.net
そもそも島左近は何で有名なのか

23: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:50:36.32 ID:pJ4d73y80St.V.net
>>19
すぎたるものだから

27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:52:27.05 ID:Yr0BzG9q0St.V.net
>>19
江戸時代に三成アゲがあったからその付録だろ

22: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:50:32.67 ID:Y0lU2yvI0St.V.net
ワイは舞兵庫
前野 忠康(まえの ただやす、永禄3年(1560年) - 慶長5年9月15日(1600年10月21日)?)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。舞野 兵庫助(まいのひょうごのすけ)とも呼ばれ、一般的には舞兵庫(まいひょうご)の名で知られている。
妻は豊臣氏の家臣・前野長康(坪内光景)の娘とされる(『武功夜話』には忠康自身も長康の弟の子であったとも)。はじめは豊臣秀次に仕え、若江八人衆の一人として各地を転戦した。文禄4年(1595年)の秀次弾圧時には、秀次近親者どころか関わりのある諸将でさえも処罰の対処となった。秀次の附家老であった岳父の長康と、その子である景定も切腹を言い渡され、忠康は浪人を経て石田三成に召し抱えられている。
関ヶ原の戦いでは石田三成隊の前衛部隊として黒田長政隊や田中吉政隊と激戦を繰り広げ、何度も押し返すなど島清興と共に獅子奮迅の戦いをみせた。しかし小早川秀秋隊の裏切りなどにより西軍が敗北濃厚になると戦線は崩壊。敵陣へ切り込み、嫡男とともに討死した(一説には逃亡したという伝聞もある)。


24: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:51:53.17 ID:NX4Wu6M8aSt.V.net
漫画では三成より若そうな左近

26: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:52:22.32 ID:hsjZWoAspSt.V.net
五奉行だからじゃないの

28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:52:46.02 ID:f8l/AVBu0St.V.net
そら天下分け目の戦いで
西軍側にも強いという評価の奴が必要やからね

29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/14(土) 18:53:49.77 ID:mx3TNJGV0St.V.net
最期の折の勇猛さ・狂気じみた奮戦ぶりは東軍諸将のあいだでも語り草となっている。
黒田軍の兵士たちは関ヶ原から数年が過ぎても戦場での悪夢にうなされ、夢枕で左近が発した「かかれーっ!」の声を聞いて恐怖のあまり布団から飛び起きたとの逸話が伝わるほどである。(『常山紀談』)。
江戸初期、筑前福岡城において、関ヶ原に出陣し左近を目撃した老いた武将達が左近の服装について若侍相手に語り合ったが、物指、陣羽織、具足に至るまでそれぞれ記憶が違い、理由をその恐ろしさに記憶が曖昧であったとしている。

引用元: 島左近は石田三成のどこに惹かれたのか?