1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:12:56.80 0.net
どう考えても苦しすぎるし、途中で挫折するのが目に見えてる
no title

2: 名無し募集中。。 。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:14:16.61 0.net
もう一人がいてそいつにトドメ刺してもらうんだよ

4: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:14:42.04 0.net
武士の情けじゃ!

5: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:15:00.59 0.net
無理やりだからな
後は斬首
それも下手糞な解釈人だと死ねないらしい

6: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:16:36.88 0.net
形式的に自らけじめを付けたことにして首をはねるんだよ

7: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:16:43.98 0.net
切腹って刺すの?斬るの?

12: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:19:07.61 0.net
>>7
刺して一文字に斬ったり三の字に斬ったり十字に斬ったり色々ある

8: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:17:08.70 0.net
大体はブスっと刺した瞬間に首とばしてトドメさしてくれるんだろう

9: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:17:35.98 0.net
腹切ると首はねるとか他にやりようなかったのか

10: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:18:27.53 0.net
誰もいない時は腹刺した後首の頸動脈切るんだよ

11: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:19:02.90 0.net
苦しいのがわかるから首はねてあげてるんだよ
それが外人には残酷に見えて戦犯になった人も多い

13: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:19:31.34 0.net
戦国時代とか凄まじいよね
自分で腹を十文字に切って内蔵を引っ張り出して投げつけるとか

14: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:20:39.93 0.net
腹を切って死ぬわけじゃなく
首を落とされてやっと死ぬんだよ

15: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:21:49.13 0.net
首落とそうとしたら「まだまだ~」つって自分の腹が「三」ってなるまで
三回えぐり切った武市半平太はやりすぎ
辛抱強いにも程がある

17: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:23:17.49 0.net
>>15
マゾ

33: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:47:42.24 0.net
>>15
よっぽど容堂が憎かったんだな

36: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:50:36.93 0.net
>>33
一種の呪いだよな絶対

16: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:23:02.36 0.net
この時代に生まれなくてよかった

20: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:26:37.18 O.net
>>16
いやー
農家に生まれてたかもよ
農家多かったし

18: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:23:43.08 0.net
元服の時に作法の1つとして切腹のやり方も教わるから武士ならみんなできる

19: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:24:10.96 0.net
江戸300年で吉田松陰の切腹が一番堂々としてたらしいな

29: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:39:23.57 0.net
>>19
吉田松陰は斬首なので切腹はしてない

34: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:49:09.79 0.net
>>19
それうそ

21: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:28:21.53 0.net
80%だか90%が農家だったって習った気がするな
でも切腹せんでいいとしても
手術とか歯医者とか麻酔ない時代には生まれたくない

22: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:28:36.04 0.net
形骸化してからは三方には扇子が載ってるだけ
扇子に手をかけた瞬間公儀介錯人山田浅右衛門が首を刎ねる

26: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:34:05.29 0.net
>>22
だっせえなあ
切腹する覚悟があったからこそのサムライだろうに

23: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:31:10.41 0.net
山田浅右衛門は罪人の首だろ

25: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:31:40.06 0.net
ヤクザの指詰めみたいだな

42: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:53:55.53 0.net
>>25
その名残で指になったんだよ

27: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:36:52.16 0.net
日本はとかく根性論だから

30: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:44:58.36 0.net
色々考えると欧州のギロチンは合理的だったんだな

31: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:47:32.88 0.net
あれは見世物だから

32: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:47:40.96 0.net
江戸時代の武士なんてただの公務員だからな

35: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:50:20.01 0.net
社会全体が今よりも荒々しかったからな

37: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:50:43.98 O.net
鎌倉幕府滅亡時は数百人が介錯もなく切腹して地獄絵図だったとか

43: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:54:05.47 0.net
>>37
切腹するぐらいなら突撃して討ち死にすりゃいいのに

38: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:51:57.47 0.net
介錯なかったら腹切っても致命傷にはならないから効率悪い自殺方法

39: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:52:18.65 0.net
失血で死なないもんなのかね

40: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:52:42.72 0.net
切腹って腹を横に切って腹わたを外に放り出すまでを言うんじゃないの
ほとんどが刃を腹に付けた瞬間に斬首だろうけど

41: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:53:41.22 0.net
人にもよるだろうけど失血とか腹膜炎で死ぬから切ったあとなかなか死なない

44: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:54:34.10 0.net
恐いよな~

45: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:55:06.84 O.net
敗戦時に阿南陸相はやはり介錯なく腹切って一晩苦しんで絶命している

46: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:55:14.11 0.net
麻酔してから切腹

47: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:55:36.86 0.net
切腹って日本独自だよな
なんでああいう形で発展したんだろ

48: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:56:05.23 0.net
浅田次郎の「壬生義士伝」読んだけど読む前は時代小説だからチャンチャンバラバラとか謀略張り巡らせとかそういう話だと思ってたのに蓋を開けたらエグい切腹シーンがクライマックスの小説だった

49: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:56:20.57 0.net
幕末だったか外人のせいで切腹になった人が嫌がらせにそいつの庭先で腹切って内臓投げつけたとか
根性ありすぎだわ

50: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:56:22.51 0.net
切腹が許されるのって元服した武士のみだからやったことのある日本人ってごく少数だよな

51: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:56:58.03 0.net
赤穂浪士の時はもう腹に刃を当てた時点で介錯してたらしいな

52: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:57:35.44 0.net
外人はあの時代の一般人も切腹すると思ってるから困る

53: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:57:37.47 0.net
指詰めって芸者のしきたりから来たんじゃないの
切腹とは意味合いが違うと思うけど

54: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:57:54.77 0.net
物凄い人は腹切った後に心臓一突きして手間掛けない人も居たらしいが無理だよなあ

55: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:58:47.04 0.net
自分で死ぬから処刑されるよりは名誉あるみたいな建前なんだろ

56: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:58:54.18 0.net
刀で簡単に首で切れるもんなんでしょうか?
介錯なんかしたら祟りが怖くてその夜なんか眠れないなw

60: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:00:03.97 0.net
>>56
簡単じゃ無いから介錯失敗のせいで腹切った人もいる

82: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:08:16.75 0.net
>>56
むしろ介錯人は感謝されるだろ
苦しみを終わらせてくれるんだから

58: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:59:03.93 0.net
「腹を割って話そう」
昔の人は切腹した傷口から声を発していたのでは

59: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 22:59:05.25 0.net
切れ味の良い刃物があったせいだろうな

61: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:00:07.20 0.net
一人の時は十文字に切って自分で喉を突きさして果てるのがセルフマナー

66: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:01:14.02 0.net
>>61
そんなんできたやつ何人居たんだろうな

62: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:00:12.36 0.net
今韓国人が抗議の切腹とかやってんだろ
根性ってよりは狂気なんじゃねえの

63: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:00:51.74 0.net
まず腹部に脇差しを刺す
その次にその刃を上部に動かす
それでさらに刃を下にグリグリと動かすと意識不明になる
そして介錯をうける

64: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:01:04.28 0.net
介錯人は本当に腕のある人しかやらないよ

65: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:01:08.54 0.net
切腹した後に介錯せずに医者が腹を縫うのは無かったのか

68: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:01:45.18 0.net
武士はプライドだけで生きてる生き物だからね
名誉だと言われれば腹も切るよ

69: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:02:53.59 0.net
だったら介錯断れよって気もするんだがなあ

71: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:04:06.01 0.net
もっと効率の良い他人の手を借りない自殺方法はなかったのかね

77: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:07:06.99 0.net
>>71
効率でやってるわけじゃ無いから

73: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:05:10.45 0.net
あの時代の介錯は友を苦しませないために俺がスパッとやってやるって感じじゃないの

74: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:05:32.89 0.net
高松城の水攻めで清水宗治が切腹したことを秀吉が武士の誉れと評価して切腹が広まったというね
実際ははその時本能寺の変があって秀吉はとっとと帰りたかったから有難いというニュアンスだったんだろ
これって大河でもやったの?

75: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:06:20.39 0.net
儀式みたいなもんだから効率とかは考えなかったんじゃないか
「アッパレ」って思われるように立派にやってみせるのが肝心で

78: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:07:26.74 0.net
松永久秀みたいに爆死するパターン

79: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:07:43.10 0.net
ギロチンも苦痛を無くす人道的な処刑法として考案されたけどまああれもなあ

88: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:10:51.46 0.net
>>79
見るからに怖いから刑場で死に至るまでの恐怖感の演出力は相当なもんだと思うな
人生の最後に恐怖恐怖恐怖で心が埋め尽くされるのはなかなかムゴイことかもしれない

80: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:07:54.59 0.net
三島由紀夫以来切腹で死んだ人っていなさそう

184: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:41:46.42 0.net
>>80
鈴木龍馬っていう住吉会のヤクザが内部抗争の責任とって割腹自殺してる
ほかにもたくさんあるだろう

86: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:09:42.36 0.net
千利休なんて商人なのに切腹させられたよな

87: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:09:45.56 0.net
俺が死ぬから家族は許せみたいなことだろ

90: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/24(火) 23:11:57.15 0.net
腹を切るのは「腹が赤い」つまり「腹黒くない」何も疚しいことは無いと証明する為
自分が無実であることを証明する為に自ら腹を切るということなのだそうだ

引用元: 昔の武士って本当に切腹なんてできたの?