1: 日本@名無史さん 投稿日:2011/12/08(木) 23:09:29.01
どげえしたら島津を倒せるかのう?

よだきい~
no title

5: 日本@名無史さん 投稿日:2011/12/10(土) 14:44:07.93
人望高める

6: 日本@名無史さん 投稿日:2011/12/10(土) 21:10:45.25
家族仲良くすべき

8: 日本@名無史さん 投稿日:2012/01/29(日) 21:40:46.28
まず統一して何がしたいのかを己に問え

10: 日本@名無史さん 投稿日:2012/01/29(日) 22:02:20.05
そもそも
他の大名や国人と同様統一は目指してなかったと思う

14: 日本@名無史さん 投稿日:2012/01/30(月) 11:23:23.11
まず棄教しろ このキリシタンめ

18: 日本@名無史さん 投稿日:2012/02/08(水) 23:04:42.32
家来の嫁は制覇したから満足だろ

19: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/10(土) 21:17:46.86
嫁を奪えたという事は
大名権力が強かったという事
中央集権に成功していたんだな

21: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/10(土) 22:19:07.54
若い頃は美男子だったのでしょうか?ホモプレイには消極的だったですか?

22: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/10(土) 22:29:29.13
キリスト教になってからはホモはやらなくなっただろ

23: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/11(日) 17:52:21.54
竜造寺はどうする

25: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/11(日) 19:28:33.33
人狩りや略奪で酷い目にあったろうな

26: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/11(日) 21:52:41.74
とりあえず大友家を維持したまま死ねたので勝ち組じゃないか

27: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/15(木) 01:15:26.81
岩屋城の高橋は本当に例外的な忠臣

28: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/22(木) 20:15:19.53
本当にキリスト教王国は建設可能だったんだろうか
日本人の事だからカトリックともプロテスタントとも違うキリスト教造って
教皇領から異端認定くらいそうなんだけど

29: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/31(土) 16:43:52.81
こいつの屑ぶりには泣ける
政務を放棄し
昼夜問わず酒色に溺れ
家臣の妻を無理やり娶り
それについて苦言を言う家臣は問答無用で切り殺し
武器、火薬欲しさに領民(女、子供)を奴隷としてポルトガル商人に大量に売りさばき
あまりの蛮行に死した後、罰っせられると恐れたのか
信じるものは救われるとキリスト教に改宗し、それを領民にも強要
ついでに寺院を焼き払う始末

実際地元の人はこいつのことどう思ってんの?

68: 日本@名無史さん 投稿日:2012/08/22(水) 14:08:28.08
>>29
んなアホな。

31: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/31(土) 18:19:09.36
>>領民(女、子供)を奴隷として

じゃなくて奴隷は敵の領地で得た捕虜や人狩りだろ
それぐらいだったら世界中で行われている事だ

大体女を売っちゃだめなのか?男だったらいくら売ってもいいのか?
フェミニスト

32: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/31(土) 18:20:35.27
今は男女同権だから
女でも売ることは別にどうでもいい事だな

無論人狩りはだめだがな男でも女でも限らず

33: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/31(土) 18:21:29.05
嫁を奪えたという事は
大名権力が強かったという事
中央集権に成功していたんだな

34: 日本@名無史さん 投稿日:2012/03/31(土) 18:24:46.66
伊藤義佑をかくまった義人
伊東義祐と大友宗麟
佐土原城で事態打開の評定が開かれた。南の島津方は飫肥を越え、佐土原へ攻め寄せるのは必至な状況で、籠城して島津軍を迎撃する声はなかった。同日、城を包囲されて逃亡してきた祐兵も佐土原城に帰着。もはや義祐には残された選択肢はなかった。同日正午過ぎ、義祐は日向を捨て、次男・義益正室の阿喜多の叔父である豊後国の大友宗麟を頼る決断を下したのであった。
本拠である佐土原を捨て、豊後を目指す義祐一行の進路上に、新納院財部城主・落合兼朝も島津氏に迎合して挙兵した報せが入った。落合氏は伊東氏が日向に下向する以前からの重臣で譜代の筆頭格であったが、義祐の寵臣・伊東帰雲斎の専横が元で子息の落合丹後守を殺されており、それを深く恨んでいた。落合藤九郎の裏切りにより、義祐は己の今までの愚行に気付き切腹しようとするが家臣らに止められる。一行は財部に入るのを諦め、西に迂回し米良山中を経て、高千穂を通って豊後に抜けるルートを通ることにした。女子供を連れての逃避行はかなり辛く苦しく、また険峻な山を猛吹雪の中 進まねばならず、当初120~150名程度だった一行は、途中崖から落ちた者や、足が動かなくなって自決したものなどが後を絶たず、また島津からの追撃や山賊にも悩まされ、豊後国に着いた時はわずか80名足らずになっていたという(豊後落ち)。その中には後に天正遣欧少年使節の一人である伊東マンショの幼い姿もあった。
豊後に到着した義祐は大友宗麟と会見し、日向攻めの助力を請うた。宗麟はその願いを受け、また自身も日向をキリスト教国にする野望を抱き、天正6年(1578年)に門川の土持氏を攻め滅ぼし、耳川以南で島津氏と激突(耳川の戦い)。しかし大友氏は島津氏に大敗を喫してしまう。大友氏の大敗は、居候同然の義祐一行への風当たりに繋がり、また宗麟の息子が祐兵夫人を奪おうとしているとの噂があったため、義祐は子の祐兵ら20余人を連れ(義賢は大友に残される)伊予国に渡って河野氏を頼り、河野通直の一族・大内栄運の知行地に匿われた。

36: 日本@名無史さん 投稿日:2012/04/03(火) 11:29:13.61
糞熱い夏でも
思い具足来て戦いに出てたんだろうか

39: 日本@名無史さん 投稿日:2012/04/14(土) 06:07:08.68
周囲の家は大友家の恩で配下になったのではなく
武威によって仕方なく配下になっていた
だからよく反乱起こされた

40: 日本@名無史さん 投稿日:2012/04/19(木) 09:15:25.49
名目上は隠居している人だし
耳川の十数年後に死んじゃうし
キリスト国は無理だね
無理に建ててもアリウス派のように異端認定されるようなキリスト教になるだろう

69: 日本@名無史さん 投稿日:2012/08/22(水) 14:13:27.20
>>40
真面目に信仰していたらしいのは、最晩年だけらしい。
臼杵に移ったときも、主だった宣教師たちは府内に残したままだったしな。

41: 日本@名無史さん 投稿日:2012/04/21(土) 07:48:09.31
大友家の家臣と
大友家に従っていた国人領主の違いがよくわからない

50: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/07(土) 21:04:20.56
>>41
国人=城持ち土地持ち
家臣=自分の土地と城を持っていない
てイメージある

42: 高橋鑑種 投稿日:2012/04/30(月) 16:25:26.77
謀反を起こしちゃうもんねー ^^

43: 日本@名無史さん 投稿日:2012/05/06(日) 20:27:26.07
古来より水田に十字架を打ち立て服まで着せてきた大和民族にはイエスもノーもマリアもない。

44: 日本@名無史さん 投稿日:2012/05/07(月) 23:39:51.90
それを言うなら、大友宗麟は島津の十字旗に向かって戦いを仕掛けて負けた武将なのですが。

46: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/05(木) 14:21:03.11
島津のあれは漢字の十が元なので
十字架とは関係ないんだけどね

48: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/06(金) 20:46:59.05
西洋の騎士と日本の武士が戦ったら?そんなテーマをたまに聞く。
耳川の戦いではイエズス会士が軍事顧問団よろしく従軍してる。
このとき彼らは西洋甲冑着てなかったっけ?何かで読んだが
よく覚えとらん。

49: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/07(土) 21:01:11.37
>>48
西洋も日本も主力は農民兵とかだから

52: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/08(日) 04:48:16.80
大友家臣=大友氏の直轄領に住んでいる人たち、いわゆる旗本
国人=自分の土地持ってて大友氏に従っている人たち
だと思ってた

53: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/08(日) 14:16:35.55
ってことは家臣とは領地も持ってない扶持米取りの小身者で、
その他は国人であって家臣ではないと思ってたということかw

54: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/08(日) 16:02:50.05
筑後の諸将は微妙な存在

55: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/08(日) 16:53:26.34
んな事言うと筑前と豊前も微妙だし
そもそも豊後内もかなり微妙だ

56: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/08(日) 17:59:38.34
微妙って何が微妙なんだろう?

57: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/08(日) 18:22:09.68
大友家に従っている家臣たちの忠誠心

58: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/13(金) 04:23:05.13
家臣=豊後を本国とする直臣
大友城下町に屋敷を構えて出仕している人たち
国人=諸国で従っている大友幕下の領主
豊後に参府して八朔之儀をおこなった人たち

68: 日本@名無史さん 投稿日:2012/08/22(水) 14:08:28.08
>>58
蒲池の当主は、大友館へのあいさつを欠席した罪でアボーンされているけどな。

59: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/16(月) 13:06:31.97
アホか。
家臣とは豊後内外を問わず、仕えてる臣下の総称だ。
豊後国内だって臼杵やら戸次のような大友一族の有力領主がいれば、
佐伯や小原のような国人領主もいる。
他国にも立花のような大友一族がいれば、蒲池のような国人領主もいる。

60: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/18(水) 09:23:14.84
>>アホか。

一言多いんだよ

61: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/18(水) 18:11:11.20
いや、明らかにアホだろ
大友に仕えている国人でも大友家臣じゃないと思ってる奴がいるんだぞww

63: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/19(木) 07:16:32.46
家臣と思われている所がよそと勝手に交渉してたり
一族同士でも裏切ったりすることがあるのがこの時代

66: 日本@名無史さん 投稿日:2012/07/29(日) 12:35:38.89
プロの歴史家でもわかっていないのが多い
家臣か国人かの区分て曖昧だから

70: 日本@名無史さん 投稿日:2012/08/22(水) 16:22:03.73
>>1
立花さんに家督を譲れ。それで大友は安泰だ

86: 日本@名無史さん 投稿日:2014/01/13(月) 19:20:03.44
>>70
立花家って大友家の庶流だっけ
大友の家督を譲ることって実際出来るの?

87: 日本@名無史さん 投稿日:2014/01/13(月) 23:57:34.70
>>86
立花家は大友庶流。
一度断絶するけど、その跡を継いだ道雪、宗茂も大友庶流の生まれ

71: 日本@名無史さん 投稿日:2012/08/28(火) 20:41:11.58
陰謀・暗殺・一方的な断罪と討伐の中で幼年期を送り当主となり
壮年期まで大勢力に物を言わせてやりたい(簒奪・寝取り)放題
島津に負けると一気に萎縮

一番勢力の伸張した時期が、生涯で一番見苦しい人。
だから、人格を改めるか、勢力伸張なんてしないか、どちらかで生きてほしい。

72: 日本@名無史さん 投稿日:2012/08/29(水) 08:54:26.82
むしろ早々に生きるのやめた方が大友家のためだった

73: 日本@名無史さん 投稿日:2012/09/02(日) 01:28:55.97
松平健主演のNHK正月時代劇化では飽き足らず、
またまた宗麟で大河誘致を始めるって、大分県って馬鹿なの?

74: 日本@名無史さん 投稿日:2012/09/02(日) 23:24:54.22
まあなんと言っても原作:遠藤周作のパワーは問題なくあるからな

75: 日本@名無史さん 投稿日:2012/09/03(月) 01:51:00.46
遠藤周作の「王に挽歌」を原作に映像化したのが、
松平健主演のNHK正月時代劇です。
no title

89: 日本@名無史さん 投稿日:2014/01/16(木) 22:09:37.87
守護大名家にはよくあることだけど、
一族や庶流への統制がゆるいよね

93: 日本@名無史さん 投稿日:2014/01/22(水) 19:42:47.81
>>89
だから自称庶流だらけの戦国時代が到来したんでしょ

91: 日本@名無史さん 投稿日:2014/01/22(水) 18:08:52.12
毛利との戦いにリソース取られ過ぎた
九州から毛利の影響力を削ぎ落とすのが肝要

92: 日本@名無史さん 投稿日:2014/01/22(水) 18:36:30.29
ていうか単純に周辺に敵国が多いのがきつい

94: 日本@名無史さん 投稿日:2014/01/22(水) 22:07:58.01
将軍家なんかまさにコレ>一族や庶流への統制がゆるいよね

95: 日本@名無史さん 投稿日:2014/01/26(日) 12:56:58.21
吉弘統幸もうちょっと能力上げてもいいんじゃないかいコーエーさん

96: 日本@名無史さん 投稿日:2014/02/03(月) 11:32:36.64
吉弘家は義理堅いよな
代々、主だった戦に参戦し討ち死にしてる

97: 日本@名無史さん 投稿日:2014/02/05(水) 20:08:14.75
宗茂も吉弘の血統だし

98: 日本@名無史さん 投稿日:2014/02/05(水) 23:55:30.26
その縁もあって大友改易後は立花に仕えてたんだよな
ところが関ヶ原ではわざわざ宗茂に直接暇乞いしてまで大友家のために…

99: 日本@名無史さん 投稿日:2014/02/06(木) 09:25:22.09
神社仏閣を焼き払いながら教会を建てながら島津討伐に向かったのが運の尽きでしょうな。
宗麟の理想なりがあったのか知らんが、戦の前に不和を生んでどうする。
将兵の中には神仏に信心のある者も多かろうに。
耳川で名のある将がどんだけ死んだことやら。

115: 日本@名無史さん 投稿日:2014/08/17(日) 21:55:04.63
>>99
アレ資料や行動を見ると主導は息子で、本人は好みに作った村で老後を過ごそうとしただけって感じだけど
ここに限らず資料と一般認識がズレてるぽい部分がやたら多いんだよねこの人…

116: 日本@名無史さん 投稿日:2014/08/17(日) 22:58:29.82
>>115

フロイスの日本史読むと確かに日向侵攻での神社仏閣破壊は
宗麟じゃなく義統の指示になってるね。

近年の宗麟のキャラづけはひどくなってる。
とくに漫画でのあつかいがひどい。

某島津マンガで改宗を拒否する庶民を虐殺してるけど、
実際の宗麟は強制による改宗はよくない。
自発的にキリスト教を信仰しないと意味がないという考え方の人だったんだけどな。

100: 100 投稿日:2014/02/06(木) 11:02:18.79
心の王国あげ

101: 日本@名無史さん 投稿日:2014/02/06(木) 15:42:53.58
それにしても大友家臣団は養子縁組多いな
立花、高橋、田原、田北…

102: 日本@名無史さん 投稿日:2014/02/09(日) 11:36:50.38
あと偏諱が多くてわかりにくいよね

103: 日本@名無史さん 投稿日:2014/02/09(日) 13:01:54.73
大友方の岩屋城何度も犬連れて登ったが、いい山だな
見晴らしいいしなかなか険しい
高橋招運が400年以上前に奮戦したのを想像すると込み上げてくるものがある

107: 日本@名無史さん 投稿日:2014/02/28(金) 21:26:53.66
クソワラタコピペ見つけた


 ───アタシの名前大友宗麟。心に傷を負った戦国大名。モテカワスリムで恋愛体質の愛されボ-イ♪
アタシがつるんでる友達は九州進出を狙ってる元就、エンゲル係数激高で年々[ピザ]ッていく隆信。四兄弟の長男だけど影が薄い義久。
 友達がいてもやっぱり戦国はタイクツ。今日も元就とちょっとしたことで大合戦になった。
武士同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で城下町をうろつくことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいキャッチを軽くあしらう。
「国主ー、ちょっと寄進したくれない?」仏教も神道も同じようなセリフしか言わない。
坊さんの袈裟はカッコイイけどなんか薄っぺらくてキライだ。もっと等身大のアタシを見て欲しい。
 「スイマセン・・。」・・・またか、とセレブなアタシは思った。シカトするつもりだったけど、チラっとザビエルの顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの坊主とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアアタシのカラダを駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって黙示録・・?)」
男は宣教師だった。布教を許可して家中がふたつに割れた。「キャーやめて!」寺社を燃やした。
「ガッシ!ボカッ!」耳川で負けた。シマーヅ(笑)

109: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/18(日) 20:12:26.90
>>107
精神科不可避www

111: 100059@名無し 投稿日:2014/06/07(土) 10:12:46.88
>>107

あ・た・ま・お・か・し・いw

108: 日本@名無史さん 投稿日:2014/05/04(日) 22:41:08.48
なにこれw

113: 日本@名無史さん 投稿日:2014/07/11(金) 02:35:34.15
そもそも、人望…

114: 日本@名無史さん 投稿日:2014/07/16(水) 14:38:56.88
人身売買は島津の方なんだがな。

大友は銀や硫黄で南蛮商人と取引していたと記録が残っているが、
明治の学者の徳富蘇峰が宗麟は人身売買をしていたのではないかと推測したのが
現代に間違って「人身売買をしていた」と断定の内容で流布してしまった。

115: 日本@名無史さん 投稿日:2014/08/17(日) 21:55:04.63
>>113>>114
江戸以降ガンガン評判が下がっていったんじゃってイメージがあるなぁ
江戸時代開始まで大名家が残らず、江戸時代ずっと残った上明治以降は権力中心で大活躍な島津さんの敵役
元が強大な上扱い酷くてもエライ人に睨まれないと、悪役として使いやすかっただろうなーって思う
近年ではキャラ付け優先で宗教キチイメージばっか押されてるし、評判的に色々不遇なのは間違い気がする

117: 日本@名無史さん 投稿日:2015/02/25(水) 21:25:42.23
大友家は忠臣揃い

引用元: 大友宗麟です。九州を統一したいのですが