1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 10:58:25.56 0.net
とりあえず大河の江口信長はイマイチだよね

no title
織田 信忠(おだ のぶただ)は、安土桃山時代の武将・大名。織田信長の嫡男で、信長の生前に家督を譲られた。 かつては徳川史観から来た松平信康との比較で暗愚な凡将との評価が定評だったが、現在では、信長には及ばないものの後継者としては十分な能力・資質を備えた武将との評価が主流になっている。信忠を暗愚とする根拠は、高柳光寿の著書『青史端紅』において、松平信康切腹事件の真相について語られた説に由来する。この説によれば、信長が、自分の嫡子である信忠に比べて、家康の嫡子信康の方が遙かに優れていたため、嫡子の将来を危惧し信康を除いておいたことが事件の真相であるという。この説は、高柳光寿が当時の学会で権威を持っていたこともあって広く浸透し、その結果、信忠を暗愚とするイメージが長く定着することとなった。この説は、あくまで信康の切腹を中心に据え、その動機の一つの可能性を示したに過ぎず、両者の事績を冷静に比較したものではない。そのため近年、信忠の事績が見直され、信長の後見を考慮に入れても信忠は無難に軍務や政務をこなしていたことが指摘された。そのため信忠が暗愚であるとする従来の説は根拠に乏しいとの見方が有力になり、現在主流の評価に移ってきている。いずれにしても人物評が定着するのはまだ先のことであろう。 本能寺の変において、信長には脱出できる可能性は皆無だったが、信忠には京都から脱出できる可能性があった。歴史に「もし」は許されないが、もし信忠が生きていたら織田政権は崩壊せず存続したとする見解もある。なお、当代記によれば、光秀襲撃の際に側近の中には安土に逃げて再起を図るように諫言する者もいたが「これほどの謀反を企てる奴(光秀)なら、どうして洛中の出入り口に手をまわしていないであろうか。無様に逃げ出して途中で果てることこそ無念である。悪戯にこの場所から退くべきではない」と述べたという。これが事実だとすれば、この決断は誤りで余りに信忠は潔すぎたといえるが、この当代記に記載された逸話の信憑性は不確かである。

3: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 10:59:33.91 0.net
竹中直人に秀吉をやらせるのは卑怯すぎる
あんなんおったら周囲が負けるわ

119: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 13:35:51.33 0.net
>>3
18年前にやった秀吉のままやってるよなw

6: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:00:54.59 0.net
江口は長宗我部くらいが似合う

10: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:08:14.72 0.net
信忠が生きていたら秀吉が反旗を翻すのが難しくなるな

11: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:10:03.44 0.net
信忠ってそんなに出来たやつだったのか
のぶおやら有楽斎の体たらくを見るにそうは思えないんだが

13: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:11:41.20 0.net
能力の問題じゃないだろ
成人してるし正当性があるからどうにも出来ない

16: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:13:58.22 0.net
今現役の俳優で信長やらせたらピエール瀧以上似合うのはいないと思う
当時の外人が書いた肖像画がそっくりなんだよな

17: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:14:16.93 0.net
反町くんの信長は結構好きだったな

19: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:16:55.61 0.net
反旗を翻すのが難しくなるが信長のように恐怖を感じないから舐められる可能性はあるな
周辺諸国もそうだろうし

21: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:17:56.82 0.net
意外と見逃されがちだが信長の政治力半端ないからな
戦より政治力の方が圧倒的に上

23: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:19:42.68 0.net
光秀の野心も猿の野心も見抜けなかった信ちゃん

25: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:21:39.65 0.net
>>23
光秀に限らず他の連中の謀反も全く予見してなかったというお人好しだから
冷血とか言われるけど単にKYなだけだったんじゃないかと思うことがあるわ

26: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:21:49.02 0.net
>>23
というより人の気持ちを考えることができない人だったんじゃないか
天才故に何か欠落してる部分があるんだろ

67: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:43:48.11 0.net
>>26
アスペルガーなんだと思う
だから脚本演出ともにそれを狙った舘ひろし信長はスキ
おれの心にあった信長像そのまま

28: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:23:31.64 0.net
秀吉は見透かされてたからランク下だったんだろ

30: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:24:33.62 0.net
信長は敵や裏切り者には非常だけど自国の領民には結構優しかったらしいけどな
狩りで捕った獲物とかを帰りに直に領民の家に届けたりしたらしいし

31: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:24:35.61 0.net
光秀はあれどう考えてもヒステリーだろ
その後の行動も支離滅裂というか光秀の割に計画性がないし

35: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:26:53.65 0.net
>>31
誰も味方になってくれなかったから
仲間になったら破格の恩賞を与えるとの文を送り続けたそうだな

32: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:24:41.26 0.net
譜代の佐久間信盛をボロカスに罵って追放し
将軍殺しで当時から悪名をはせていた松永弾正を信用してしまう

33: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:25:23.58 0.net
信長は裏切り者はいったん許して後でなぶり殺しにするのが得意

34: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:25:58.77 0.net
信忠生存の場合ほとんど明智の味方につかないから山崎の合戦みたいに大規模な戦なしで畿内もまとめれるだろうな

36: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:27:05.96 0.net
佐久間追放は佐久間の内政力と人望の高さが脅威だったからでしょ

37: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:28:08.33 0.net
光秀はプライド高いから裏切るのわかってたんだろうな

40: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:29:05.11 0.net
謎の佐久間推しキタ~~

41: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:30:08.39 0.net
信長って村重の謀反も信じなかったくらいのお人よしなんだぜ江口くらいでちょうどいい
渡や館は怖い

42: 名無し募集中。。。@\(^o^)/@転載禁止 2014/05/03(土) 11:30:52.88 0.net
信長は打ち取った今川義元の首をわざわざ駿河に送り届ける礼儀正しい人

43: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:31:08.75 0.net
佐久間信盛はあの信長家臣団で鬼柴田より格上だったんだし

44: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:32:02.21 0.net
>>43
柴田は弟側の前科があったからなあ

45: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:32:27.62 0.net
林なんたらってじじいも追放でしょ?

46: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:32:36.32 0.net
佐久間信盛は戦に慎重すぎるところを除けば
かなり有能な人物だったよ
佐久間 信盛(さくま のぶもり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。織田氏の家臣。佐久間氏の当主。若い頃から織田信秀に仕えた。後に幼少の織田信長に重臣としてつけられ、信秀死後の家督相続問題でも一貫して信長に与し、信長の弟・信時を守山城に置く際に城主だった信長の叔父・織田信次の家臣・角田新五らを寝返らせ、信長の弟・信行の謀反の際も稲生の戦いで信長方の武将として戦った。その功により以後家臣団の筆頭格として扱われ、「退き佐久間」(殿軍の指揮を得意としたことに由来)といわれた。

47: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:32:50.86 0.net
武田君と上杉君には正直ぶるってたよね信長ちゃん

50: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:33:48.97 0.net
>>47
漆塗りの箱の話は面白いよね

51: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:34:50.80 0.net
>>47
でもそのわりには武田と対峙した家康に
戦下手な佐久間の少数部隊しかよこさなかったり

62: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:39:45.82 0.net
>>51
通説では援軍3千といわれてるけど実際はもっと多かった説が近年出てきたみたい

266: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/04(日) 14:39:24.77 0.net
>>51
籠っておけってことじゃないの

53: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:35:45.36 0.net
>>47
ぶるってたというか信長は基本的に最初は下手に出る
じわじわ親交を深めながら相手を支配していくタイプだから

48: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:33:08.54 0.net
信長も本願寺の退去、武田を滅ぼしてからは人格変わったとまで言われてるくらい驕慢になった
林、佐久間の追放や光秀への当たりもそのへんあるだろうな

49: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:33:20.93 0.net
清州会議の配役が最強ってことで
no title

52: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:35:15.56 0.net
織田有楽はセウォル号の船長なみに酷いことしたよね(。・ω・。)

54: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:36:11.76 0.net
家康を捨て石にするつもりだったんだろうな

58: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:37:45.49 0.net
>>54
家康は助けるが三河は捨てるつもりだった

56: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:37:24.39 0.net
光秀いじめや酷い扱いについて記された信用できる一次史料はないんだってね
満座での折檻の話も作者不明の明智軍記のみ

61: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:38:58.16 0.net
>>56
供応役を交代させられたのは事実だから何かしら機嫌を損ねることがあったのは絶対だろう
光秀の面目丸つぶれだから

64: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:42:24.43 0.net
>>61
家康家臣が怒って膳を川に投げ捨てた話だったか
それって光秀の不手際だったのだから逆恨みにならないか?

66: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:43:22.10 0.net
>>64
近江名物の鮒料理での接待を
「腐った魚を出すな」とか散々酷評されたんだったかな

57: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:37:31.39 0.net
久秀とか有楽斎とか村重とか
当時の高名茶人はぶっ飛んでるの多いな

59: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:38:24.25 0.net
信長からみる武田上杉って支那の中原の奴らがやたらビビる北方の異民族みたいなもんかね

63: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:40:20.61 0.net
>>59
武田上杉だけ特別扱いしてたわけじゃないから

65: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:42:38.13 0.net
武田は今川と同じで織田なんかとは格式が違うから信長包囲網の巨頭だし
武田が怖いというより武田と戦いつつ包囲網からも攻められるのは絶対に避けたかったから
どれだけ卑屈になってでも信玄の機嫌をとってた
武田を抑えておいたうちは包囲網は中途半端で済んでた

68: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:44:02.33 0.net
浅井長政にだって最初は下手に出てたしな

69: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:44:53.26 0.net
信長の間違ったイメージの浸透率って異常だよな

70: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:45:48.53 0.net
信長はやることなすことが奇抜すぎて古きを大事とするついてけない武将が多かった

71: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:46:02.13 0.net
小説や漫画のイメージが強いからか
信長は常にいけいけどんどんの狂人か何かだと勘違いしてるやつ多すぎ

72: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:46:23.74 0.net
小瀬ホアン版の信長記の昔から

73: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:46:50.16 0.net
信長の発想は常に経済ベースなんだよ
要するに彼は槍を持った商人

74: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:49:00.29 0.net
ただ悪しき慣習には容赦無い人間性だったのは間違いないような
大蛇の沼の話や京で先祖が罪人って奴を地主に綿を与えて解放した話なんかで

940 名前:人間七七四年[sage] 投稿日:2009/09/30(水) 18:17:58 ID:nGyYFzDg
有名だが、まとめになかったと思うので。
あったらごめん。

信長暗殺計画~比良の奥地に大蛇を見た!~

織田信長がまだ尾張の大名であったころの話。

弘治元年(1555年)の正月のこと、
清洲城下に奇妙な噂が流れた。
比良東方のあまが池という沼に、真っ赤な舌と
爛々に光る目を持った大蛇が出たというのだ。
それを聞いた信長、好奇心を抑えきれずに、
自ら比良の佐々成政を伴い「蛇かへ」と称して
大蛇退治に乗り出した。
付近の村人を総動員し、沼の水をかき出すも、
大蛇は影も形も現れない。

それもそのはず。
大蛇が出るという噂は佐々成政の流した嘘だったのだ。
比良の地は清洲城に隣接しており、、織田家の勢力基盤強化に
熱心だった信長に比良を奪われるのを恐れたためとも、
信長の弟、信行に与していたためとも言われる。

それはさておき、成政は大蛇調査のためと偽って信長を小船に乗せ、
護衛を引き離して沼の中央で殺害するというどっかの軍師の様な
プランを立てていた。

しかし、七分ほどかき出した辺りで、
信長「ええい、じれったい!わしが潜るでや!」ザブンッ

なんと大名である信長自ら口に指物をくわえて
沼に潜っていったのだ。旧暦の正月とはいえ、今で言う2月か3月
あたりの沼を大名が素潜りし始めたである。慌てて家臣の中でも水練の達人が
後に続いて潜ったものの、大蛇はやはりいない。信長は飽きたのか、
沼から上がるとさっさと帰ってしまった。
まさかの寒中水泳&速攻帰宅にさすがの成政も唖然としてしまったのか、
結局暗殺計画は失敗したのだった。

後日、この暗殺計画は信長の知るところとなったが、
成政が処罰されることはなかった。もしかしたら、
失敗したとはいえ自分の好奇心の強さを計算に入れて、
周到な暗殺計画を立てた成政の知略を惜しんだのかも知れない。
このことに感動したのかは定かではないが、以後佐々一族は
信長の為に粉骨砕身の働きをする。
成政の二人の兄、隼人正と孫介はそれぞれ桶狭間、稲生合戦で
戦死。、成政自身は言うまでもなく馬廻衆、黒母衣衆として
各地を転戦、信長政権下では富山城主、越中国主にまでなった。

そんな(脳筋扱いされがちな)成政の(意外な)知略と、
それを遥かに上回る信長の行動とスケールのお話。

868 名前:人間七七四年[] 投稿日:2009/01/27(火) 17:47:21 ID:bOGd/W0d
信長は京都への往復の際、美濃と近江の境の山中というところを通っていた。
そこを通る際に不具の者が雨露に打たれ乞食をしているのを見た。
信長はそこを通るたびいつも見るこの者を不憫に思い、
ある時、この乞食を知る者に尋ねた。
「乞食というものは元来、住所不定の者であるのに、
なぜこの者はいつも同じ場所にいる?
なにか理由でもあるのか?」
尋ねられた者が言う。
「この者は昔、ここ山中の宿で常盤御前を殺したゆえ、
その因果によって先祖代々不具に生まれ乞食をするのである。
世間では山中の猿と呼ばれている。」
と答えた。
ときは過ぎ天正三年六月二十六日、信長が上洛したとき、
不意に山中の猿のことを思い出し、木綿二十反を持ち、
山中の宿に、その村の住人すべてを呼び出した。
なにを仰せ付けられるかと住人一同心配しながら集まったところ、
信長は木綿二十反を山中の猿に与え住人たちに言った。
「その半分を売り、家を建て、餓死しないように情をかけてやれ。
なお隣家の者たちは、麦、米が出来たらそれぞれ一度ずつ、
毎年少しずつとらせたら、この信長に対しても祝着に思うであろう。」
と申しつけたので山中の猿だけでなく、山中の町のすべての者に、
袖をしぼらぬ者はなく、供の者たちもその慈悲深さに感じたという。

75: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:49:32.31 0.net
応仁の乱~後の当時の熱田港は日本一の活況だったというくらいだからね
信秀もそれで巨万の財源を手に入れて天皇に莫大な寄進したり京都の公家達を尾張ツアーに呼んでる

76: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:49:41.96 0.net
戦功のない武将は容赦なく首にしてるけどな
逆に又左は槍働きで復帰

78: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:52:18.86 0.net
領内の関所(税)の全廃止でどれだけ経済が活発になるかほんと想像に難くないよな
当時の商人はみんな尾張を通ったっていうくらいだから最新の情報も集積されるわけだよ

79: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:53:03.11 0.net
ノブタダの話しろよw

85: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:57:56.63 0.net
二代目ってそういう運命だが陰が薄くなるから語ることが少ないw
それより幻の長男信正のほうが興味ある
個人的な推測だが先天的な持病か障害があったのだろうね
織田 信正(おだ のぶまさ、天文23年5月5日(1554年6月4日)- 正保4年(1647年)11月)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。織田信長の庶長子。幼名、於勝丸。官職は帯刀、大隅守、主膳正、侍従。
母は家臣の原田直政の妹・直子と言われている。正室は織田信広(信長の庶兄)の娘恭姫、側室は村井貞雲の娘。子には信衡(のぶひら)、的寿の二人の息子がいると伝わる。
通常、信長の長男は織田信忠とされるが、この人物の存在が事実とすれば次男ということになる。ただし信正の存在は、江戸時代末期に編纂された『系図纂要』などを根拠にしており、江戸幕府の公的な系譜集『寛政重修諸家譜』などには記載されていない。信長・信正生存時の上質史料にも一切登場しないため、その実在を疑問視されており、一般的には信長の子として存在を認められていない。

86: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 11:58:49.11 0.net
信忠を前面に出してた設定をちゃんと描く戦国モノは今まであまり無かったよね

89: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 12:00:43.52 0.net
長宗我部信親なんかもそうだけど出来が良いとなかなか逃げてくれない

96: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 12:17:03.92 0.net
いくら義兄弟になったからといってもこみちが唯一素直に言うこと聞く兄貴分には見えないんだよな浜田w
もっと頼れる兄貴感のある役者いなかったのかと

100: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 12:31:57.84 0.net
信忠は信長の息子の中では優秀な方だったけど
天下統一事業を引き継いでいけるほどの器はなかったって聞いた

101: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 12:33:53.97 0.net
司馬遼の国盗り物語信長編読んだけど
ほとんど光秀の話だったw

102: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 12:34:54.90 0.net
ゼヒモナシ

118: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 13:35:20.09 0.net
>>1
とれた

のか?

信長亡き後すぐに兵を集めることもできず討ち死にしたやつが

131: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 15:35:33.42 0.net
天下統一のスピード感見てたら秀吉が一番優秀ぽいけどな
信長死んでとくに有利でもない状況からあれだけの年数で天下統一できる人間いないだろ

134: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 15:49:29.15 0.net
>>131
徳川や毛利みたいな巨大勢力を残存させて良いなら
信長だってもっと早く統一出来てた

138: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 16:00:46.69 i.net
信忠はよく馬鹿息子みたいに言われるけどかなり優秀な武将だったらしいな

引用元: 織田信忠が討死しなければ織田家は天下を取れたのか?