1: ビッグブーツ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:22:02.08 ID:pw9563m70.n
手作り甲冑展

厚紙などを丁寧に重ねながら貼り合わせて作る手作りのかっちゅうを集めた展示会が白石市で開かれています。
白石市中心部の旧商家で開かれている手作りかっちゅうの展示会は県内の愛好家の作品を集めて毎年開かれています。
展示されている45点のかぶとやかっちゅうは、厚さ5ミリ以上の紙を貼り合わせて形を整えたあと塗装を繰り返して光沢を出しひもで組み合わせて作られています。
会場には宮城ゆかりの武将伊達政宗や片倉小十郎などのかっちゅうを再現した作品のほかオリジナルの作品も並んでいます。
また、手作りのかっちゅうを試着して写真撮影を行える部屋も設けられ、訪れた人たちは戦国武将の気分を味わっていました。
白石市の30代の男性は「本物のような質感で丁寧に作られていて感心しました。白石は城下町なのでこういった展示会が続いていくのは良いですね」と話していました。
「手作り甲冑展」は白石市の壽丸屋敷で今月7日の午後3時まで開かれています。

http://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20150605/5275641.html

no title

2: 超竜ボム(北海道)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:23:35.97 ID:Qx3WtKlY0.n
戦国時代の鎧、竹で作ってるんだろ
屋も刀も簡単に貫通するし

3: タイガードライバー(dion軍)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:24:52.39 ID:71g7M+Fv0.n
母衣は実際に撃って実験してたけど絶大だったね

4: アキレス腱固め(茸)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:26:11.28 ID:FYo0znp30.n
知らんがな

5: ジャンピングエルボーアタック(catv?)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:26:44.77 ID:R4HKafcj0.n
鎧の下に鎖帷子着てんじゃねーの

37: ジャンピングカラテキック(WiMAX)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:01:30.27 ID:Lo1zkC4p0.n
>>5
鎖帷子は刺突には弱いよ

6: キングコングラリアット(チベット自治区)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:27:09.73 ID:G/LB1XFR0.n
RPGゲームの
ぬののふく とか
かわのよろい だって効果あるのか?って話になるな

32: クロイツラス(やわらか銀行)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:52:54.19 ID:nAUo3NjO0.n
>>6
全裸でフィールド歩くの大変だから布と革の服は凄い重宝すると思う

40: キングコングラリアット(チベット自治区)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:03:42.83 ID:G/LB1XFR0.n
>>32
まあ蚊とかアブとかムカデとかゲジゲジとか毛虫とかは防げるだろうけどなw

88: アルゼンチンバックブリーカー(大阪府)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:48:34.59 ID:J2saMS+Y0.n
>>6
革手袋は未だに現役で工場とかで重宝されてるやで

7: アルゼンチンバックブリーカー(dion軍)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:27:14.50 ID:t9P0j0gp0.n
剣道の胴でもなかなかの安心感がある
包丁程度は弾ける気がする

8: ハイキック(関西・東海)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:29:33.46 ID:Qj8P0/ggO.n
日本に、盾と言う文化・装備は、無いよな?

中国だと、矛盾とか、文化・装備で、盾が出てくるけど…


ヨーロッパから、中国あたりまで
盾あると思うけど…

なぜ日本に無いのか…

11: テキサスクローバーホールド(茸)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:32:44.80 ID:M5uoV9T00.n
>>8
殺られる前に殺る精神
もしくは武器は両手持ち、騎兵なら武器+手綱になるからいらない
つっても弓の撃ち合いだと盾持ちはいたはずだけどね

15: キングコングラリアット(チベット自治区)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:36:56.71 ID:G/LB1XFR0.n
>>11
それの究極が示現流だな
すべてを攻撃に特化させる

96: 雪崩式ブレーンバスター(catv?)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 19:33:23.08 ID:42XbWaT30.n
>>11
そんなだから日本海軍は・・・。

111: ミドルキック(茸)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 20:33:44.72 ID:vwvrI4Gg0.n
>>11
島津「こいが薩州の刀法じゃ、一撃になんもかも込め後の事なぞ考えるな」

俺「あ、あの、その一撃が外れたり、よけられたらどうすれば……」

島津「さぱっと死せい。黄泉路の先陣じゃ。誉れじゃ」


俺は武士を辞めた

113: 腕ひしぎ十字固め(石川県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 20:41:46.32 ID:2BnHYnSs0.n
>>111
やめたはずが、何故かそのまま雑兵として動員されるんだろ。
三人組作れ。よし出来たな。今日からお前ら三人組は一心同体、戦うときは必ず三人一緒に戦え。
一人逃げたら残り二人は見せしめで打ち首、戦死させても打ち首、もし仲間が逃げたり死んだときはきっちり戦って死んでおいたほうが名誉になるぞ。
こんな感じで最前線に送られるんだぜ。そしてすてがまりになる。

13: アイアンフィンガーフロムヘル(やわらか銀行)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:33:52.60 ID:44sYa6j10.n
>>8
竹束

14: ダイビングフットスタンプ(東京都)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:35:22.27 ID:Mc5ntu4a0.n
>>8
ガンダムにはあるだろ

17: ドラゴンスリーパー(やわらか銀行)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:38:28.32 ID:9Jn6w/t70.n
>>8
矢だてみたいのは基本にあるけど白兵戦はないのかな

19: タイガースープレックス(dion軍)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:41:29.85 ID:oUSUkbQQ0.n
>>8
あるで
no title

no title

49: フルネルソンスープレックス(dion軍)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:13:40.01 ID:RFNdCqIc0.n
>>8
日本刀にしても槍にしても両手で扱う武器しかないから
片手塞がってたらまともに戦えなくなる

56: チェーン攻撃(埼玉県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:33:09.92 ID:2VQlFM+r0.n
>>8
日本の武士は弓騎兵
盾があると上手く弓が引けない
足軽は騎兵に対抗するため槍など柄の長い武器を持つ
両手持ちなんで当然盾は持てない

因みに西洋でも時代が下ると盾は使われなくなる
日本の戦国時代の頃には殆ど使われてない

79: キングコングニードロップ(SB-iPhone)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:21:08.36 ID:pv/0z6LF0.n
>>8
日本に鈍器的な武器が無いから鎧で十分なんじゃね。

82: ラダームーンサルト(兵庫県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:25:49.90 ID:1502LrCb0.n
>>8
盾使ってたのなんてローマやバイキングぐらいだろ

84: エルボーバット(庭)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:30:04.02 ID:Z5T90JvY0.n
>>8
ソース無いが、たぶん鉄剣の性能が大きく関係してる。
ギリシャローマの後継文化としての西洋盾、それと中国の盾も、後世になると無くなる。
つーかデカイ盾が、大活躍したのは武器が青銅だった時代で、その後鉄剣が登場すると盾の大きさも徐々に小さくなっていったし、
矢避けとしての木製盾は実は日本の戦国時代にも存在していたし、
(但し手で持って戦うのではなく、敵城に近づく時や自陣地の前に並べるのに使った)
中国も西洋も、後世まで使用されたのは矢避け用の木製盾だった。
手持ち盾が活躍出来たのは破損しやすい青銅武器のせいで、
早くから鉄製武器が流行った日本で盾文化が発展しなかったのは当然なのかも知れない。
いや、知らんけど。

117: タイガードライバー(京都府)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 22:28:33.99 ID:hVEligpm0.n
>>8
篭手や剣技で受け流すから。海外の剣がそもそも、切るものではなく叩き割る、叩き切るものだから
盾がいるんだよ。
鎧だって同じで、瓦みたいに段々になってたりするのは受け流す事を目的としているから。
戦車だって、装甲厚を上げるだけだと重くて仕方ないから、傾斜装甲というものを
採用するようになった。優れた考え方なんだ。

129: ミラノ作 どどんスズスロウン(富山県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/06(土) 00:43:12.06 ID:EpWXyvhp0.n
>>117
鎌倉時代じゃなし、乱戦時に対一でやり合う訳はなく、篭手や剣技で流す余裕はない。

135: キングコングラリアット(東京都)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/06(土) 01:04:40.01 ID:aA3ANusv0.n
>>8
普通にあった
ただ、全身甲冑の質が高くなったこと(板金に漆塗りの積層構造)
それにより大袖が盾そのものになったこと
また、戦い方が時代と共に変わったことなどから
片手で持つ盾はあまり使われなくなっただけ
置き盾なら戦国時代にも普通にあった

145: 急所攻撃(茸)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/06(土) 02:34:04.18 ID:725IHiBw0.n
>>8
日本の小盾は肩に付いてる
手に持つ盾は裏打ちした大盾か束ねた竹束
西洋の小さい盾とかアテにならないし、日本だと和弓と鉄砲と長槍だぜ
そんな小さな盾を手に持ったところで自殺行為

164: フォーク攻撃(愛媛県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/06(土) 08:47:30.89 ID:8U1rxFlu0.n
もうやめて!
>>8のHPは0よ

178: セントーン(茸)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/06(土) 12:32:07.71 ID:I+LFgRi80.n
早く>>8に鎧を着せてあげてー!!

10: ドラゴンスクリュー(catv?)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:31:26.46 ID:vsYi5RLI0.n
当時の奴らって身長150くらいのチビばっかりだったんだろ?
鎧なんか無くても天下取れるわw

55: レインメーカー(大阪府)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:21:34.88 ID:cLAUfeK20.n
>>10
前田利家は180cmあったらしいけど、そりゃ喧嘩強いわな

123: リバースパワースラム(福岡県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 22:53:43.26 ID:g7MMxLnD0.n
>>10
>当時の奴らって身長150くらいのチビばっかりだったんだろ?
>鎧なんか無くても天下取れるわw

平均身長168センチぐらいってなんかの調査であったけどな。

肉食が大幅に減った江戸期に平均身長がどんどん小さいなったという話だった。

199: ダイビングフットスタンプ(和歌山県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/06(土) 17:39:51.20 ID:pExMX1Vg0.n
>>10
日本人が小さくなったのは江戸時代になって質素=カッケー文化ができてからだぞ
戦国時代は肉とか普通にガツガツ食ってたから栄養状態的に平均は今よりは低いが普通にデカイ連中も結構いたぞ

206: リキラリアット(関東・甲信越)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/06(土) 18:38:51.64 ID:J+U1JZiOO.n
>>10>>199
豊臣秀頼は190cmを超える大男だったと記録に残ってる
最上義光もデカかったそうだ
江戸時代なら幕末の剣豪である山岡鉄舟が180cm超え

12: エメラルドフロウジョン(神奈川県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:33:04.61 ID:NswWTDY70.n
飛んできた矢を刀でなぎ払ってるのはよく見る

20: イス攻撃(やわらか銀行)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:43:10.21 ID:7RTsGa1J0.n
防げない
無いよりまし程度
しかし日本の鎧の平袖(肩と上腕を守る部品)の対弓矢ベクトル変更型装甲は現代の兵器設計者から見ても目を見張るデザインだと思うよ

21: グロリア(東京都)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:43:24.41 ID:6oc/mCOR0.n
矢は背中に背負った風船みたいので防いでたんじゃなかったっけ
基本西洋甲冑でも矢は防げ無いでしょ

81: 張り手(長野県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:25:46.99 ID:1+cbI8a00.n
>>21
矢は防げる、ボウガンは防げない。
ボウガンは強すぎて敵を殺してしまうので(中世の戦争は生け捕って身代金をもらう戦い)教皇が「使うのやめなよ」っていうくらい。

22: 膝十字固め(西日本)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:43:47.45 ID:EfXy76Xo0.n
戦国時代の兵って基本農民ですしおすし
盾を使うとかという頭はないんだろ

23: フェイスクラッシャー(茸)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:45:04.98 ID:k7g7/OHJ0.n
骨折で無力化か切創で無力化か
切り傷による出血を主眼とした刃物系文化地は日本に限らず盾はない
イスラムのシャムシールとか

26: 超竜ボム(公衆電話)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:46:33.36 ID:KWB+bsFZ0.n
見た目がかっこいいからそれでいい

27: リキラリアット(九州地方)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:46:43.28 ID:nvs/yiqQO.n
楯無「弓矢とか超ヨユーで防げるし… (震え声」

28: イス攻撃(大阪府)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:48:18.37 ID:CoZ3QoB/0.n
足軽戦法が発明されるまでは源平の一騎討ちみたいなもんだしな

29: ツームストンパイルドライバー(WiMAX)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 16:48:55.56 ID:b7hZfw2M0.n
甲冑についてる鎖はカッターで切れそうに見えたけどな。

あの鎖が一つ一つ手で作られたと考えると大したものだけど、刀を真っ向から受ける
強度はなさそうだった。

たぶん滑らして防ぐのではなかろうか。

42: 超竜ボム(catv?)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:06:58.80 ID:NCCipmpg0.n
鎖帷子なら少しは効果があるだろうけど重くて疲労困憊して死ぬ

44: ニールキック(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:09:56.16 ID:a/wM2CrR0.n
CSフジでグラドルに甲冑着せて脱がせるという
アホみたいな番組やってるなw

46: 稲妻レッグラリアット(宮城県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:11:51.70 ID:4mELKvow0.n
ある程度の防御力がなければ誰も着ないだろ。
足軽の鎧は国からの貸与品だし陣笠も鉄製だぞ。
鎧が進歩すれば盾は必要無くなるし片手で槍を振るうより両手で長槍を使う方が良い。
盾は鉄砲や矢を防ぐ為の置き盾が有る。

51: 断崖式ニードロップ(庭)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:13:59.48 ID:MNG6myVq0.n
日本の鎧って鎌倉時代から基本進化してないもんな

52: 頭突き(catv?)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:15:54.64 ID:ms11684y0.n
刀は斬れなくても殴るだけで致死傷与えられそうな気がする

54: ドラゴンスープレックス(長屋)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:21:29.87 ID:tAG5gx/H0.n
かなり効果があると思うぞ。
鎧は敵の攻撃を完全には防がないけど、着てれば致命傷になりにくい。

もし裸で森をあるいたら、あっという間に木の枝とかで皮膚がボロボロになるから。
でも、布の服一枚で体はかなり守られる。

もし刃物を振り回す通り魔に立ち向かうのに
厚い皮の鎧や木の鎧を付けたら普通の服に比べて安心感が全然違うでしょ?
ましてや金属製の鎧なら弓や槍でも衣服に比べ致命傷の確率はさがる。

57: メンマ(東京都)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:38:59.66 ID:QsiKVHyz0.n
軍事ってのは戦闘より移動のほうが重要なのよ
移動力が高いからこそ戦力の集中投入や各個撃破が余裕になる

槍と盾もって国境の峠を上がったりして戦ってみ?
全部捨てたくなるぞ

143: 頭突き(京都府)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/06(土) 01:41:01.42 ID:2SrmVTZW0.n
>>57
まぁこれが全てだな、弓一つとっても迅速に射程まで動く必要がある
槍もそう攻撃部隊が一か所で動かないとか別の部隊の標的でしかないから
重い防具とか盾は無意味
騎射とかしてくる遊牧民とかなら尚更だわな

61: ラ ケブラーダ(庭)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:51:25.93 ID:a1Bo8QWe0.n
RPGの片手剣のダサさは異常
両手剣か斧に限る

63: ファイヤーバードスプラッシュ(東京都)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:54:46.52 ID:s5jncKGg0.n
>>61
ターン製RPGだと盾がただの防御力でダメージ軽減でしかないから
攻撃機会の回数が同じなら両手選ぶわな

盾で攻撃回避とかチャージ(体当たり)ができるとかなら違ったんだろうが

64: ローリングソバット(東京都)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 17:59:20.24 ID:lRnuWgBo0.n
最強の防具は木の兜と木の肩防具・鎧だそうだな。
雨あられと降り注ぐ矢が突き立って、ハリネズミの様にされても命に別状無い。
軽くて身軽でよじ登るのに失敗して海に落ちても、浮き代わりに使えて矢も防げる。
と、夜襲を掛けて蒙古軍船に乗り込んで、切れ味最強の鎌倉日本刀で蒙古兵を上下左右に両断した武士達の記録に書いて有ったw

100: ニールキック(関東・甲信越)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 19:55:56.60 ID:06QQPv0lO.n
>>64
蒙古軍及び尖兵の朝鮮兵が着てた鎧は綿オウ甲ってヤツだったとか、
綿をギューギューに詰めたぶ厚い生地に薄い鉄板や木の板を貼り付けた鎧。
嵐吹き荒れる海上戦ではコレが命取りになったとか…
雨で水を吸い重くなり動きが鈍り斬られ射られ…
ある者は海に転落して綿が海水をタップリ吸ってしまい二度と浮き上がる事無く溺死したとかな。

147: メンマ(やわらか銀行)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/06(土) 05:56:25.61 ID:Qv1qXnfo0.n
>>64
三国志ではそういう鎧来てた蛮族が
孔明の火計で全滅したけどな

156: デンジャラスバックドロップ(WiMAX)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/06(土) 07:25:54.67 ID:K+hdylh/0.n
>>147
三国志には載っていないな
三国志演義という小説の話だ

67: スターダストプレス(SB-iPhone)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:01:21.33 ID:ftL/WN4f0.n
ディスカバリーチャンネルのマイスバスターで紙の鎧作って実験してたな

69: スターダストプレス(SB-iPhone)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:04:02.36 ID:ftL/WN4f0.n
全然詳しくないからわからんけど、破城兵器みたいなのはあ存在してたんだろうか?

71: 膝靭帯固め(catv?)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:08:56.48 ID:kEG/sFKs0.n
女戦士の部分鎧って意味あんのかよ

97: スターダストプレス(京都府)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 19:36:25.42 ID:eAbde9nQ0.n
>>71
メスって解らせとかないと野郎に全力で殺されるだろう
生け捕りにしてレイプの可能性をちらつかせることに意味がある

73: レッドインク(WiMAX)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:10:09.95 ID:PtLo0Oge0.n
まだ鎧なんてものがなかった頃、一人の青年が戦場で敵にやられてしまった
薄れていく意識の中で彼は故郷の愛しい女と踊った訳だが暫くすると目が醒めた
ポケットに入っていた女からの手紙のお陰で傷が浅くて済んだんだ
この話を元に「愛しい人からの手紙があなたを守ります」って売り出したのが鎧の元祖
だから英語では鎧のことをmailって言うようになった

マメな

75: 張り手(長野県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:13:55.47 ID:1+cbI8a00.n
当然防げるよ。あれは何十キロもある鉄の鎧だもの。
防げなければ誰も着ない。アメリカ原住民数千や数万が、スペイン人略奪段数百人に惨敗しまくったのも鎧の力。
新撰組が池田屋で圧勝したのも鎧の力。

76: ダイビングフットスタンプ(茸)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:17:50.52 ID:v9xhkKjb0.n
見た目が派手なゴミ装備

78: ダブルニードロップ(福島県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:21:04.13 ID:+8O/SscZ0.n
刺突、弓、斬撃の防御の効果とかは全く分からんのだけど、
腰辺りについてた旗印を固定する部品つけてるのは馬鹿らしいと思った
あれがある、ないだけで、下っ端どもの休憩の効果が全く違って、軍の士気もも変わるだろ
あれがあるせいで、まともに横になれない、休めないとか

80: かかと落とし(禿)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:23:21.92 ID:qn22RpOc0.n
にかわで滑らすんだよ
思ってるよりスゲー滑るよ
矢なんてまず刺さらない

86: バーニングハンマー(関東・甲信越)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:37:14.21 ID:C/e6wadhO.n
実際のところ当時の主力兵器は投石らしいから
あの甲冑でいいんじゃねえかな

90: ドラゴンスクリュー(茸)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:53:31.94 ID:7ljc0ZK60.n
日本も西欧も一緒だろ戦い方は。長い槍での突き合い押しくら饅頭、
あ、弓矢が先か…

91: テキサスクローバーホールド(沖縄県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 18:59:55.27 ID:GTWJULi10.n
当世具足が実用性最強
あれを着込んだ奴を殺すには鎧の隙間からぶっ刺すしかない

101: 閃光妖術(大阪府)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 19:58:54.14 ID:dAH/0c/z0.n
鉄砲足軽という万能兵士ニキ

104: ボマイェ(愛知県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 20:25:17.91 ID:YQ7SveER0.n
そもそも矢では威力が足りないから火縄銃が高く評価された。
火縄銃なら甲冑は近距離ならあまり役に立たない。

127: 逆落とし(茸)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/05(金) 23:04:35.97 ID:HT51/DXi0.n
知らない人多いけど、甲冑の技術入ってるからプレートメイルと融合してんだよ
だから止めは組伏せて小刀とか攻撃もガードの弱い隙間狙ったり

141: ナガタロックII(東京都)@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/06(土) 01:29:46.47 ID:ln/VLUUw0.n
日本「当たらなければどうということはない」

引用元: 戦国時代の甲冑って意味あるの?あれで矢とか槍の刺突を防げるの?