1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:31:49 ID:kcZ
1(二)足利義量 大酒が原因で死亡(享年17)。
2(左)足利義昭 改元を強要しておいて費用は朝廷に負担させる。
3(三)足利義教 暗殺されても残当と言われるほどの暴君。 
4(一)足利義満 中国ヲタクを拗らせすぎて後代に皇位の簒奪者とか言われる。
5(中)足利義稙 親子二代で幕府を引っ掻き回す。追放しても追放しても戻ってくるゾンビ。
6(遊)足利義尚 大酒が原因で死亡(享年23)。 
7(右)足利義輝 三好長慶に対して執拗に暗殺をしかける。死因は長慶の死で歯止めがなくなったことによる暗殺。 
8(捕)足利義政 糞。
9(投)足利尊氏 戦場でいつもニコニコ笑っている。御醍醐が好きすぎて裏切った時は出家すると騒ぐ。側近の高兄弟に対し「ハゲはNG」と遠ざける(高兄弟の出家の原因は尊氏の敗戦。なお高兄弟は尊氏から離れたことによって一族ごと殺される)。躁鬱病。

監督
足利家時 遺書の内容が「天下獲れそうにないから自害するンゴ」

ベンチ
足利義詮 跡継ぎを焦りすぎて腎虚になる。
足利義持 尻を掻き毟って死亡。
no title

2: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:33:07 ID:gYD
ちょっと8番ド直球すぎんよ~

3: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:33:23 ID:8co
優等生に誰が残ってんねん

7: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:35:56 ID:kcZ
>>3
北条氏との関係強化して難しい時勢を乗り切った足利義氏さんはぐう有能やで

4: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:33:54 ID:wPM
義政って銀閣のやろ?
そんなクソやったっけ?

6: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:35:24 ID:Ban
>>4
文化人としては優秀だった。
なお政治

12: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:39:24 ID:Y24
>>4
もうちょっと嫁をコントロールできればね

13: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:42:36 ID:biZ
>>4
義政「跡継ぎ問題から逃げてたら応仁の乱で京都滅びたンゴwww」

22: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:52:22 ID:LFu
>>4
経済政策は良かったと思う
なおその金は芸術に使われたもよう

8: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:37:27 ID:19V
足利って栃木県の足利なん?

14: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:43:07 ID:kcZ
>>8
足利郡→足利荘→足利氏やから地名が先やで

9: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:37:36 ID:UUA
義満って勘合貿易して日本国王名乗ったんやっけ
国王名乗るのはあかんな

10: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:38:10 ID:qFr
五番ワロタ

11: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:38:58 ID:zir
何であしかがって読むのかわからん

14: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:43:07 ID:kcZ
>>11
利に「かが」って読み方があるんやで

15: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:44:27 ID:olm
あの北条早雲に滅ぼされた足利はなんやっけ
税金高くしまくったあいつ

16: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:46:52 ID:kcZ
>>15
税金の話は知らんけど足利なら茶々丸やろな
足利 茶々丸(あしかが ちゃちゃまる)は、室町時代後期の武将。初代堀越公方の足利政知の子。足利政知の子として生まれ、異母弟に室町幕府11代将軍・足利義澄、潤童子などがいる。
嫡男であったが素行不良の廉で父・政知の命により土牢に軟禁され、代わりに弟の潤童子が後嗣とされた。一説には、潤童子の実母(茶々丸にとっては継母)の円満院が政知に讒言したためであるという。執事の上杉政憲は政知による茶々丸の廃嫡を諌めたが聞き入れられず、自害させられたという。延徳3年(1491年)4月の政知死後は継母の円満院に虐待されるも、7月に牢番を殺して脱獄し、堀越公方に決まっていた潤童子と継母を殺して、事実上の公方となった。
しかし、奸臣の讒言を信じて、筆頭家老で韮山城主の外山豊前守、秋山新蔵人などの重臣を斬殺するなどしたことから、旧臣の支持を失い、内紛は伊豆国内に波及。明応2年(1493年)10月、興国寺城にいた伊勢宗瑞(北条早雲)が混乱に乗じ、鈴木繁宗や松下三郎右衛門尉、大見の三人衆ら伊豆の豪族を従えながら伊豆に攻め入ると、新将軍・義澄の母(円満院)を殺した反逆者と見なされ、求心力が低下した堀越公方はたちまちのうちに滅亡した。

18: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:49:34 ID:olm
>>16
サンガツ!そいつや!アイツは許せん
税金とりまくりやがって…

19: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:50:41 ID:wPM
>>18
当時の農民かな?

17: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:48:23 ID:l0l
かがで変換出来ないワイのスマホ無能

20: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:50:53 ID:uhF
直義「よしワイはセーフやな」
足利 直義(あしかが ただよし)は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけての武将。河内源氏義国流、足利氏の嫡流・足利貞氏の三男。室町幕府初代将軍、足利尊氏の同母弟。足利将軍家の一門。世に副将軍と称される。
兄・尊氏の覇業を補佐して室町幕府創設に貢献し、兄弟による二頭政治によって政権の基礎を固めた。しかし観応の擾乱で失脚し、復権を企んで政敵の高師直一族を討ち果たした。しかし尊氏とも対立し、後に毒殺ともされる急死を遂げた。

21: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:52:15 ID:uhF
細川氏と対立して追放されて力蓄えて戻ってきて復権したけどまた追放されたのって誰やったっけ

23: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:52:51 ID:uhF
あ、5番か

24: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)01:55:04 ID:kcZ
>>23
義晴も似たようなもんやな

25: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)02:03:44 ID:s3q
足利義昭は(幕府)クローザーでも行けるやろ。

26: 名無しさん@おーぷん 2015/09/03(木)02:04:38 ID:wPM
>>25
炎上待ったなしやんけ

27: 三河の侍◆TcVseVz5qU 2015/09/03(木)02:30:17 ID:zuv
義栄「俺もいれてくれよー(マジキチスマイル)」
足利 義栄(あしかが よしひで)は、戦国時代の室町幕府第14代将軍(在職:永禄11年(1568年)2月 - 9月)。永禄8年(1565年)、永禄の変で従兄の13代将軍・義輝が三好三人衆・松永久秀に殺害されると、三好三人衆や久秀らによって、中風で将軍の任に堪えられないであろうとされた父・義冬(義維)の代わりに、将軍候補として擁立された。しかし同年11月から三人衆と久秀が権力抗争を開始すると、義親は12月に三人衆に強要されて久秀討伐令を出すことを余儀なくされた。
翌永禄9年(1566年)6月、三人衆方の篠原長房・三好康長らに擁されて淡路国に渡海、9月23日には摂津越水城に入城した。そして冬の12月5日には摂津国富田の総持寺に、7日には普門寺に入った。さらに24日には従五位下左馬頭に任官許可が出され、翌永禄10年(1567年)1月5日に正式に叙任され、それと同じくして、名を義栄と改名した。
11月、朝廷に対して将軍宣下を申請したが、朝廷の要求した献金に応じられなかったために拒絶された。翌永禄11年(1568年)2月8日、三人衆の推挙により朝廷から第14代将軍として将軍宣下がなされ、将軍に就任した。しかし、三人衆と久秀の抗争が止まず、義栄自身が背中に腫物を患っていたため将軍に就任しても入京することは無かった。
永禄11年(1568年)9月、義輝の次弟・足利義昭を織田信長が擁立して上洛してきたため、三人衆は畿内で信長に抗戦したが、敗れて畿内の勢力を失ったため阿波に逃れた。久秀は信長に臣従、障害がなくなった義昭は15代将軍に就任した。
その直後、以前から患っていた腫物が悪化して病死した。享年29(または享年31)。

引用元: 足利家の問題児で打線組んだwwwww