1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)12:39:14 ID:6hJ
明智とかいうひよっこがすげえ反対してきたがスルーしますわ
no title

2: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)12:41:07 ID:FI9
グッバイノッブ

3: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)12:41:36 ID:QlC
明智めちゃくちゃ怒ってたぞ

8: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)12:43:20 ID:RvE
>>3
しかしその通説には疑問が残るやで~

4: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)12:41:43 ID:iqK
ひよっこお前より年上だぞ

5: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)12:41:59 ID:mAr
ひよっこ(年上)

6: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)12:42:06 ID:ds6
ヒエ~ッ山延暦寺

9: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)12:54:45 ID:3vj
ワイ未来から来たから教えるやで
ノッブは明智に殺されるんやで

11: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:07:48 ID:KuV
>>9
なにいってだこいつ

16: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:12:46 ID:1mi
>>9
あへあへ禿げうんこ明智まんにおやかたさまが殺されるわけないから(笑)返り討ちだから(笑)

20: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:21:55 ID:8NK
>>16
光秀のハゲ呼ばわりとか秀吉の猿呼ばわりって根拠がないんだよね

22: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:24:50 ID:pQX
>>20
猿はねーけどキンカ頭は証拠があるぞ?

23: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:43:36 ID:8NK
>>22
司馬遼太郎の創作かと思ってたけど、一応根拠となる史料はあるみたいやな

29: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)14:04:46 ID:7hz
また髪の話してる・・・

>>20
庶民とか他国の使者とか大名の家来とかあらゆる人に猿呼ばれてるし
普通に信長様にも呼ばれてる可能性が大やと思う
大体はげ鼠ってもっとひどいやん・・・

32: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)14:51:44 ID:pQX
>>29
猿と呼ばれ始めたのは江戸時代の書物から
創作の可能性、徳川家を高めるための情報操作の可能性大

34: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)14:54:08 ID:rgK
>>32
なお、実際ははげ鼠と呼ばれていた模様(証拠あり)

10: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:06:44 ID:cfu
ワイトックガワ、国を守るため外国との交流アンド貿易を制限する名采配

12: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:09:34 ID:pCa
領地のいたる所で大炎上が起きそう…

17: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:17:23 ID:qRY
(´・ω・`)うつけのお兄ちゃん達は僕らの比叡山から出て行ってよ!

30: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)14:23:00 ID:iS0
>>17
朝倉匿うわ酒飲むわ肉魚バリバリ食うわ僧兵多いわのお前が悪いんやで。

18: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:19:36 ID:JuC
地層を調べても焼き打ちの痕跡を発見できなかったらしいから
そんな大した規模じゃなかったらしいな

19: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:20:57 ID:80Y
焼き討ちされたくなかったら、朝倉のテロリストどもをさっさと差し出すんやで

21: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:22:20 ID:seG
>>1
ひよっこもついでに燃やしとけばええんちゃう?

24: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:48:23 ID:BC9
光秀「準備は整っております。ご下知を・・・!(それだけはお止めくだされ)」

25: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:50:50 ID:80Y
明智は率先して焼き討ちしてたんだよなあ

26: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:56:43 ID:5xt
本能寺の変のリズムネタやってる芸人、ぐう嫌い

27: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:57:37 ID:2mb
>>26
ラッすん何とかやっけ

28: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)13:58:43 ID:5xt
>>27
ラッスンとは別のが出てきとるんや
エグスプロージョン

31: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)14:50:03 ID:YkW
あれだけ権力委任されれば、魔が差すというものよ

33: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)14:54:02 ID:5C2
禿鼠と猿どっちがマシなんやろか

36: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)15:12:25 ID:Q23
うちの旦那浮気しまくりで困ってるんです御館様からガツンと言ってやってくださいと頼まれた信長さんが
おねさんへ出した手紙の返信で秀吉を「はげ鼠」呼ばわりしとったのは有名やね

ってスレタイと離れていってるやん!まずいまずい

43: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)18:50:09 ID:Q0S
>>36
ノリノリで書くもスペースが足らなくなり字を小さくしてごまかす模様
no title

44: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)18:51:05 ID:1mi
>>43
草生える

45: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)19:02:11 ID:vfB
>>43
小学生みたいでかわE

46: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)19:03:59 ID:6Xt
>>36
あの猿おねさんに
帰ったらゆっくり抱き合って話そうとか言う手紙も出してたらしいで

37: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)15:19:14 ID:0nX
坊主共が無茶苦茶しよったし残当

38: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)17:22:07 ID:rgK
寺社参拝とか支配地域に関所作って資金源にしていたのを
ノブが関所撤廃しまくったさかいに、どっちが悪いとも言えないのが実情。
なお底辺民衆はほぼノブファン

39: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)17:28:24 ID:DCG
ワイ未来人。信長に本能寺の変を伝えるため馳せ参じる。
なお、歴史が変わったことでタイムパラドックスに巻き込まれ無事死亡した模様。

40: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)18:38:45 ID:qzA
普通に武装勢力の拠点を叩いただけやんけ

42: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)18:46:42 ID:vfB
>>40
そうなんだよな。ノッブは抵抗勢力を誰でも遠慮無く叩く性格やけど
その抵抗勢力がたまたま宗教関係だっただけ
ノッブの言うこと聞く宗教勢力には危害を加えない

41: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)18:45:55 ID:Pkv
延暦寺僧兵「♪だーいすきなのはー酒!金!女www」

ノッブ「焼かなきゃ」(使命感

47: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)19:10:09 ID:jMJ
平清盛「だいじょぶ、イケルイケル」

50: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)21:18:36 ID:fEa
お、破戒僧ゥー

52: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)21:42:44 ID:hT7
東亜の宗教なんてどうせどこもゴミなんだから
むしろはやく全滅させろよ

54: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)22:42:11 ID:XdT
>>52
おはバテレン

55: 名無しさん@おーぷん 2015/07/24(金)23:48:29 ID:Q0S
>>52
原住民に論破された気分ってどんな感じ?
日本の各地でザビエルは布教するのですが、出会った日本人が彼に決まって尋ねた事があります。それは、「そんなにありがたい教えが、なぜ今まで日本にこなかったのか」ということでした。そして、「そのありがたい教えを聞かなかったわれわれの祖先は、今、どこでどうしているのか」ということだった。
 つまり、自分たちは洗礼を受けて救われるかもしれないけれども、洗礼を受けず死んでしまったご先祖はどうなるのか、やっぱり地獄に落ちているのか・・・・・当時の日本人はザビエルにこういう質問を投げかけた。
元来、キリスト教においては、洗礼を受けてない人は皆地獄ですから、ザビエルもそう答えました。すると日本人が追求するわけです。
「あなたの信じている神様というのは、ずいぶん無慈悲だし、無能ではないのか。全能の神というのであれば、私のご先祖様ぐらい救ってくれてもいいではないか」
 ザビエルは困ってしまいまして、本国への手紙に次のように書きました。
「日本人は文化水準が高く、よほど立派な宣教師でないと、日本の布教は苦労するであろう」と。当時の中国にも、韓国にも、インドシナにもこうしたキリスト教の急所(?)を突くような人間はいなかったわけです。
この他にも、『もし神様が天地万物を造ったというなら、なぜ神様は悪も一緒に造ったのか?(神様がつくった世界に悪があるのは変じゃないのか?)』などと質問され答えに窮していたようです。

 ザビエルは、1549年に日本に来て、2年後の1551年に帰国しますが、日本を去った後、イエズス会の同僚との往復書簡の中で「もう精根尽き果てた。自分の限界を試された。」と正直に告白しています。

集団原理の中で生きてきた日本人にとって、魂の救済という答えは個人課題ではなく先祖から子孫に繋がっていくみんなの課題であったはず。
「信じるものは救われる」=「信じない者は地獄行き」
といった、答えを個人の観念のみに帰結させてしまうキリスト教の欺瞞に、当時の日本人は本能的に気づき、ザビエルが答えに窮するような質問をぶつけたのではないでしょうか。

引用元: ワイ織田信長、比叡山焼き討ちを命じる名采配