1: 人間七七四年 2015/09/05(土) 12:44:11.23 ID:hTQPGYHU.net
20戦以上無傷無敗で上泉伊勢守と足利義輝と北畠具教という最強クラスを弟子にしてる塚原卜伝でええか?
no title

3: 人間七七四年 2015/09/05(土) 15:37:44.18 ID:V8Q5RXS2.net
柳生宗矩
最も剣術の技術と教養に秀でていたから幕府の指南役になれた
風呂に入らない不潔な武蔵や、話が盛られて胡散臭い義輝と卜全はNG

6: 人間七七四年 2015/09/05(土) 20:26:36.70 ID:hTQPGYHU.net
戦国限定せず剣術のみにしようか

>>3
「親父(宗矩)は武蔵に敵わない。 俺(十兵衛)は親父に敵わない。」
息子十兵衛がこう書いた日誌が実在するのでこの時点でこの二人は最強候補から外れる
兵庫助を自分以上の天分と称賛した石舟斎もやはり最強ではない
よって柳生家からの最強候補者は兵庫助か剣聖と呼ばれ新陰流を完成させたと言われる連也斎のどちらか

14: 人間七七四年 2015/09/09(水) 04:12:14.08 ID:Bw0oC+Xl.net
>>6
小説かなんか読んだの勘違いしたんじゃないの?
十兵衛の著書で武蔵について語ったものは全くないし石舟斎も自分と兵庫比較してどうとかは書き残してないよ
一応上泉、石舟斎、宗矩については十兵衛が「祖父は上泉を超え、親父は祖父を超えた」って『月之抄』に書いてるけどそれで宗矩最強!とはならないでしょ

4: 人間七七四年 2015/09/05(土) 19:54:52.64 ID:WpwdaOf0.net
>>1
戦国時代限定?
それと剣術だけなの?
槍や柔術なんかも含めてのこと?

5: 人間七七四年 2015/09/05(土) 20:15:58.68 ID:Blu/Sc+1.net
一次史料で剣術の型を天皇に実際に披露してる上泉信綱に勝る実績の持ち主はいない

9: 人間七七四年 2015/09/07(月) 04:27:17.61 ID:F6dtLiWK.net
宗矩が弱いとは思わないけどどっちか言うとこの人って政治家とか官僚ってイメージ

10: 人間七七四年 2015/09/07(月) 20:00:11.41 ID:+S6C7js5.net
東郷重位だろ。あの薩人マシーンの巣で新興流派を勝ち残らせたんだぜ

11: 人間七七四年 2015/09/08(火) 12:43:21.06 ID:kZLMpi1H.net
幕末だと岡田イゾウじゃないのか

15: 人間七七四年 2015/09/09(水) 13:50:33.23 ID:1o6lT0c8.net
武蔵さん 「一番強かったのは石を投げてくる奴」

16: 人間七七四年 2015/09/10(木) 04:22:47.77 ID:HC5C4vKA.net
小山田信茂「俺が最強か」

17: 人間七七四年 2015/09/10(木) 05:35:37.08 ID:QatvQ4Rx.net
戦場の武辺者>>>>剣豪

仕方ないね

18: 人間七七四年 2015/09/10(木) 09:08:14.80 ID:her8RMEq.net
戦場の武辺者と剣豪を兼ねる上泉信綱が最強

20: 人間七七四年 2015/09/10(木) 19:26:35.93 ID:Xs5Sehjs.net
丸目蔵人「戦場での話は無しにしようよ(涙」

21: 人間七七四年 2015/09/11(金) 03:41:14.21 ID:qIIdH+6S.net
一刀斎

22: 人間七七四年 2015/09/11(金) 05:38:47.34 ID:T1DeCWpZ.net
伊東一刀斎はどうもエロの人ってイメージが強くていかんな蜜壷からしたたり落ちるなんたらとか

24: 人間七七四年 2015/09/11(金) 12:32:42.14 ID:n0TPv+PU.net
まぁ、塚原卜伝か上泉信綱だよな。上泉は剣聖だが人材教育がすばらしかった。
柳生宗矩よりは尾張柳生の宗矩の兄貴、厳勝だっけ?それとその息子で石舟斉の孫の方が腕がたつんで新陰流の認可を石舟斉が直々に与えてる。

江戸に入れば小野派一刀流の開祖、北辰一刀流なら千葉周作辺りかな。

78: 人間七七四年 2015/09/18(金) 07:20:38.49 ID:6LcESwn7.net
>>24
当時の印可は卒業証書のようなもので石舟斎が発行した印可は色んな人に宛てたものが現存している
尾張が新陰流正当の証としてるのはただの印可では無く「一子相伝印可」の印可
ただしこれも石舟斎は色んな人に発行していたようで
正当後継者を指名する意味合いがあったのか、そもそも石舟斎に後継者を一名に限定する意思があったのかもちょっと疑がわしい
という話もある

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10107607740

80: 人間七七四年 2015/09/18(金) 13:46:20.03 ID:YS5WD6n6.net
>>78
新陰流の中では信綱弟子ではタイ捨流の丸目がおそらく別格だろうねぇ
西国での新陰流の教授を一任されとるしな
柳生家に新陰流の道統を渡した以外では
弟子の中では破格の扱いだった
もしかすると新陰流の道統は丸目が継いでた可能性もあるわな

柳生家に新陰流の道統がうつってからは柳生家の方針に変わった
柳生兵庫は石舟斎からみれば家督を継ぐべき長男の孫
しかし宗矩の出世で柳生の領地も宗矩のものになっちまったからな
だから新陰流の道統は兵庫にやったのだろうね
宗矩も政治家としての才覚で出世したわけで小説などで書かれるほど
新陰流の道統にはこだわってなかったろうしな

30: 人間七七四年 2015/09/13(日) 06:07:31.15 ID:Mo1tP/pJ.net
富田勢源とかは考慮外なのかな

35: 人間七七四年 2015/09/13(日) 15:54:37.18 ID:zMaXFSqm.net
要は生き残って、大名家に仕官でき、流派が連綿と続いた剣豪が候補として上がるんじゃね
その集大成が幕末期としたら、一刀流、新陰流、示現流等が候補と思う

41: 人間七七四年 2015/09/14(月) 02:41:40.26 ID:ujxTqn+3.net
S 上泉信綱 塚原卜伝
A 宮本武蔵 柳生利厳 伊藤一刀斉
B 丸目長恵 千葉周作 柳生厳包 鐘捲自斎
C 足利義輝 永倉新八 東郷重位 念阿弥慈恩
D 北畠具教 柳生宗章 岡田似蔵 小野忠明

62: 人間七七四年 2015/09/15(火) 20:54:40.47 ID:Pi8YwXgk.net
信綱卜伝から武蔵くらいの世代までしか合戦の経験ないだろうからなあ。

>>41
の千葉や東郷や柳生厳包は実際に人を斬った事もないんじゃないのかね。
それを弱いと言ってるんじゃなく時代的な問題で。

65: 人間七七四年 2015/09/16(水) 18:09:40.38 ID:94DzT8/R.net
>>62
東郷は初陣の耳川で首級をあげてる

47: 人間七七四年 2015/09/14(月) 10:50:59.19 ID:ujxTqn+3.net
小笠原 長治 真新陰流剣術の開祖で号は源信斎
明に渡り矛を習得して八寸の延金なる見た者は全部死んでった必殺技を編み出すも失伝する
矛とあるからスレチじゃないのと思うが
小笠原 長治(おがさわら ながはる、永禄13年/元亀元年(1570年)? - ?)は、日本の江戸時代初期の兵法家、剣客。真新陰流剣術の開祖。通称は金左衛門。号は源信斎。直心影流剣術においては道統4代目に位置づけられ、「韜の形」は彼の考案によるものと伝わる。豊臣秀吉に仕え、小田原征伐、大坂の陣の西軍に出陣した。落城後に明に渡り、矛を習得して「八寸の延金」術を編み出したとされる。帰国後は剣客と多く立合い、敵う者は無かった。

48: 人間七七四年 2015/09/14(月) 11:27:22.29 ID:2oGq6ql3.net
剣術の開祖なのに必殺技は矛かよwww

49: 人間七七四年 2015/09/14(月) 11:45:12.52 ID:PFTJ00GM.net
矛のじゅつりを応用して間合いをかんぜんに極めたんだよ!

54: 人間七七四年 2015/09/15(火) 06:24:19.40 ID:2uEXuLQE.net
剣豪っていっても、実際の戦場で使うのはまず槍
刀での強さなんて、所詮は二の次
江戸期に差し掛かると、戦場自体が減るから話はかわるけどね
可児才蔵が最強じゃないの、槍使いという意味では(宝蔵院流)

57: 人間七七四年 2015/09/15(火) 12:25:10.04 ID:oib/s2V/.net
>>54
水野勝成を忘れちゃ困る

59: 人間七七四年 2015/09/15(火) 17:24:22.57 ID:wVwfkJu8.net
水野勝成の隊の中にはあの宮本武蔵がいたらしいから
かなりこの隊は強かったのは間違いない
大坂夏の陣でも二番目の恩賞にあずかっている

60: 人間七七四年 2015/09/15(火) 17:29:07.38 ID:wVwfkJu8.net
まあ、それでも16万の大軍に守られた家康を強襲した毛利勝永には敵わなかった
一般的には水野勝成や勝永は宮本武蔵や真田信繁(幸村)とは異なり
マニアを除くと知る人もほとんどいない武将だが、実は当時は1、2位を争う実力を持った名将だった。

63: 人間七七四年 2015/09/15(火) 21:17:31.22 ID:s7NQeN76.net
柳生宗章ぐらいか、江戸時代に入ってから世話になっていた家の内紛に巻き込まれて斬り死にした剣豪って
柳生 宗章(やぎゅう むねあき、永禄9年(1566年) - 慶長8年11月14日(1603年12月16日))は、安土桃山時代の武将、剣豪。柳生宗厳の四男で、柳生厳勝の弟、柳生宗矩の兄。通称・五郎右衛門。
文禄3年(1594年)に弟の宗矩とともに徳川家康に召されたが仕官せず、武者修行の末に小早川秀秋に召抱えられる。関ヶ原の戦いでは秀秋に近侍して警護の任にあたった。その後小早川家が改易されると、中村一忠の執政家老・横田村詮に乞われて伯耆米子藩に客将として仕える事になる。
しかし、村詮の才覚を妬み出世を目論む一忠の側近の安井清一郎、天野宗杷らの陰謀により、慶長8年(1603年)11月14日、城内で催された慶事において、安井らに唆された一忠によって村詮は謀殺。これに対し横田一族を支持する家臣は憤りを感じ飯山に立て篭もると、宗章も義憤と横田への恩義から加勢した。隣国の堀尾吉晴の助勢を得た一忠により鎮圧され、その際に宗章は吹雪の中で数本の刀を差して敵兵18名を切り倒すなど奮戦するが、最後は刀折れて壮絶な戦死を遂げた。

64: 人間七七四年 2015/09/16(水) 12:41:44.18 ID:vDQyQlLj.net
戦国期なら塚原と上泉、富田だろうな
後世に名人、達人の弟子を輩出したから

66: 人間七七四年 2015/09/16(水) 19:03:14.50 ID:78kePyqf.net
元々強い人が剣術やれば、そりゃ強いって例ばっかりだな
結局、剣術が強いのではない、という当たり前のオチ

67: 人間七七四年 2015/09/16(水) 23:40:08.89 ID:u6dKwO4D.net
本人の実力実績と共に後進の育成や後への影響力を考えても塚原上泉がベスト
人材育成は塚原だけど流派の影響力は上泉だろうし優劣つけるのは難しい

68: 人間七七四年 2015/09/17(木) 02:01:17.05 ID:wiL1WDDh.net
上泉信綱(秀綱)小野忠明は戦場でも手柄立ててるし流派を広めた点から見ても素晴らしいわな

抜刀隋変流を起こした立花宗茂
新陰流の亜流である新陰治源流を起こした高橋直次
この兄弟は戦上手い上に流派起こしてなんちゅーかチートすぎるわなw

69: 人間七七四年 2015/09/17(木) 05:01:11.39 ID:91H4PE1o.net
柳生宗章の逆風の太刀は名作
史実でも形勢不利のなか18人切り殺して討ち死にしたとか
足利義輝は盛ってそうだけどそれでも20人以上は返り討ちにしたんじゃないか

70: 人間七七四年 2015/09/17(木) 05:30:01.84 ID:JwPEXEJY.net
足利義輝が、自ら敵を斬ったというのは後世の創作
当時の資料では、義輝は一度は逃げ出そうとしたが部下の諌言でやめて
その後は、部下と一手になって戦って全滅。自ら剣をふるった、というまともな資料は実はなし

71: 人間七七四年 2015/09/17(木) 06:26:10.29 ID:44OshChQ.net
フロイスの日本史に書いてなかったっけ?
まあそれでも数人倒した程度だった気がするけど

74: 人間七七四年 2015/09/17(木) 20:39:44.26 ID:gvuXzSoq.net
>>71
書いてないよ
薙刀で数名の敵に傷を負わせたあと、刀を抜いて戦ったが傷を負って倒れたところで殺された
周囲を驚かせるほど、という形容があるのは薙刀のほう

72: 人間七七四年 2015/09/17(木) 07:51:38.97 ID:VCrsA9V9.net
義輝は同時代の人物からの評価はかなりボロクソな。

73: 人間七七四年 2015/09/17(木) 14:20:07.84 ID:wiL1WDDh.net
>>72
政治力外交力なかったからな
権力基盤ないのに三好にちょっかいだすし
それでも将軍を敬っていた当時の
天下人(ここでいう天下とは信長が天下布武を掲げる前の天下=畿内のことね)の
三好長慶生きている間は良かったが死後はそりゃあーなるわw
義輝は謙信信長なんかは自分が仕えるべき将軍として人気はあったみたいだが
政治力外交力に関しては弟のお手紙将軍の方があったからな
それほどに政治力外交力がダメすぎた
まぁそこそこ能力があったからお飾りに徹することもできず
かといって深謀遠慮し時を待つほどには状況が許してくれず
まぁハードモードの無理ゲーだったからな

75: 人間七七四年 2015/09/17(木) 21:07:35.93 ID:FJIOWVBk.net
そもそも義輝剣豪説ってどこからきてるの?

77: 人間七七四年 2015/09/18(金) 06:00:13.61 ID:b+EAIzZT.net
>>75
名人達人に指導を受けたから、とか
悲運の将軍への同情票からじゃないかな?

80: 人間七七四年 2015/09/18(金) 13:46:20.03 ID:YS5WD6n6.net
>>77
それが大きいだろうな

83: 人間七七四年 2015/09/18(金) 21:01:10.77 ID:Y/f3iy4O.net
実際に斬り合ってないから強さの強弱は比べるのは不可能
剣術をどれだけ普及させたかは比べることができるね

84: 人間七七四年 2015/09/18(金) 21:31:16.07 ID:OwaChvMl.net
そもそも斬りあいで強くなることを重視してない流派とかあるしな
基準がない

86: 人間七七四年 2015/09/18(金) 22:32:35.80 ID:OwaChvMl.net
真の達人は、危機を事前に避ける云々

93: 人間七七四年 2015/09/19(土) 18:19:27.13 ID:498CKC5X.net
家康自身、若い頃から奥山陰流を学んでいて、後継者がいないときは一時預かりをしていた腕前だしな

94: 人間七七四年 2015/09/19(土) 18:44:02.33 ID:S+N18i9N.net
>>93
家康は当時の武将としては珍しい武芸マニアだったからな

95: 人間七七四年 2015/09/19(土) 19:17:45.45 ID:A8iXJn3f.net
でも宗矩も最強には程遠いよね
ただ将軍家指南役にうまいことありついたってだけで

106: 人間七七四年 2015/09/20(日) 13:28:42.88 ID:dG9VJx/S.net
>>95
関ヶ原の時に本陣に突っ込んだ敵を7人くらい斬ってるんだよ。ただ自分の友達を切腹させちゃったこともあって平和になった江戸時代も相まって臨済宗の沢庵和尚から禅を習い剣禅一如、殺人刀活人剣の境地に至ってる。
俺は本当の強さとはこういうもんじゃないのかなと思ってるんだが。

宗矩のことは調べれば調べるほど面白いよ。

117: 人間七七四年 2015/09/21(月) 06:15:57.33 ID:hmPdOuF3.net
結局、あらゆる剣術の源流になった鹿島流の開祖が最強じゃねえの
いろんな視点からみて

120: 人間七七四年 2015/09/21(月) 14:27:08.80 ID:zD6lvofH.net
家光が宗矩をリスペクトしてたってのも大きいだよな。
元々、家光は将軍争いから蚊帳の外で辻斬りやったりねかなりふてくされてたのを
宗矩から剣を習うことで人間教育にも大いに役立てた。
家光は今の自分があるのも宗矩のおかげと言っている。

121: 人間七七四年 2015/09/21(月) 20:09:52.66 ID:k7l2tAzV.net
家光が辻斬りやってたのって、本当なんだろうか
普通、そんなバカ殿なら強制隠居だろうに

124: 人間七七四年 2015/09/22(火) 18:17:17.77 ID:SL89pfHG.net
柳生但馬守宗矩は性格も堅物だから面白くないと思う人もいるね
どちらかと言うと剣聖 頑固者 義理堅い 善人 じゃないのかな?
「活人剣」「剣禅一致」 キャラが堅物であるがゆえに小説やドラマにはよく登場する

126: 人間七七四年 2015/09/23(水) 00:51:48.51 ID:Jqac48jC.net
>>124
武芸の柳生としたら宗矩が政治ばかりやるから息子の十兵衛はグレて全国に放浪に行っちゃったりと言うこと聞かなかったらしいな。
でも晩年は柳生の中で最強は石舟斉と親父だと語っている。
大体、石舟斉が宗矩を徳川に送り込んだので柳生家はあそこまで再興出来たのであって
宗矩は長年の禅修行のおかげか地位も名誉も金にもそれほど固執してなくて遺言で
死んだあとは全て徳川家に返してるんだよね。

勝海舟あたりが宗矩を相当褒め称えてる

125: 人間七七四年 2015/09/22(火) 22:41:01.78 ID:JD2W4Rx+.net
小野忠明と言ういい意味でも悪い意味でも見本がいたから、柳生宗矩はあれだけ成功したのだろうな

引用元: そろそろ最強の剣豪を決定しようか