no title
1: 水星虫 ★ 2015/08/25(火) 11:58:46.08 ID:???*.net
子どもが江戸時代の食生活学ぶ

*ソース元にニュース画像あり*

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kanazawa/3024367831.html?t=1440471203000
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

子供たちに江戸時代の食生活について学んでもらおうと、大麦や「あわ」などの
雑穀で作った雑炊を味わう教室が七尾市の小学校で開かれました。

この教室は七尾市田鶴浜町の田鶴浜小学校で毎年開かれていて、24日、6年生の43人が参加しました。
はじめに、七尾市の近江一芳教育長が
「幕府の命令で白い米を食べることができなった江戸時代の農民の食事について考えてほしい」
とあいさつしました。

このあと、子供たちはあわやきび、それに自分たちが校庭で作った
大麦など17種類の雑穀が入った雑炊を味わいました。
子供たちは「味があまりない」とか「いつもの雑炊と食感が違う」などと言いながら、
初めての雑穀の雑炊を食べていました。

参加した6年生の女の子は
「昔の人は毎日、このようなご飯を食べていてあきてしまうと思いました。
毎日、おいしいご飯を食べられるのは幸せだと思う」
と話していました。

教室を企画した市民グループの上島進会長は
「江戸時代の食生活を体験し、当時の人の苦労を知ってほしい」
と話していました。

08月24日 21時40分

2: Ψ 2015/08/25(火) 11:59:43.28 ID:YOAdjFAp0.net
そこで炊き込みご飯ですよ

4: Ψ 2015/08/25(火) 12:00:51.19 ID:iz5c0Mef0.net
嘘教えてはいけません

5: Ψ 2015/08/25(火) 12:03:25.21 ID:ezhQ70bi0.net
庶民まで白米食ってたら皆脚気で死んでるわ
脚気
日本では平安時代以降、京都の皇族や貴族など上層階級を中心に脚気が発生している。江戸時代の江戸では、精米された白米を食べる習慣が広まり、将軍をはじめとした上層武士に脚気患者が多かった。将軍徳川家定は脚気が原因で死亡したとも言われている。
脚気は、元禄年間に一般の武士にも発生し、やがて地方に広がり、また文化・文政に町人にも大流行し、「江戸患い(えどわずらい)」と呼ばれた。領地では貧しく白米を食することのできなかった地方武士も、江戸勤番では体面上白米を主食としたため、江戸在住期間が長引くとこの病いに罹る例が多かった。経験的に米にかえて蕎麦(ビタミンB1を含む)を食べると、快復に向かうことが分かっていたため、漢方医学では療法として用いられていた。
江戸時代中期以降、江戸で蕎麦が流行した。江戸でうどんよりも蕎麦が主流となった背景には、「江戸わずらい」と呼ばれた脚気を、ビタミンB1を多く含む蕎麦を食べることで防止できたことにもよる。
明治になってから、国家的な大問題となった。明治6年に公布された徴兵令の目玉は、1日6合(江戸時代の「一人扶持」は1日5合だった)の白米を食べさせるという特典であった。このため、大日本帝国軍人の職業病となり、建軍期の日本は海軍がイギリス、陸軍はフランス、後にドイツ帝国を範としたため、大日本帝国海軍は栄養由来説、大日本帝国陸軍はドイツ帝国軍の細菌説を信じていた。後に、陸軍の軍医総監石黒忠悳と次の森鴎外が大日本帝国海軍の米食由来説を徹底的に非難して、大日本帝国陸軍は多大な犠牲者を出すに至った。鈴木梅太郎のオリザニン発見、更にビタミンの発見までこの惨状が続いた。帝国陸軍は「白米6合」を止め、麦3割の麦飯兵食を採用したのは、帝国海軍から遅れること30年の大正2年だった。
大正期以降、ビタミンB1を含まない精米された白米が普及するとともに安価な移入米が増加し、副食を十分にとらなかったことで多くの患者を出し、結核と並ぶ二大国民病と言われた。

6: Ψ 2015/08/25(火) 12:05:17.19 ID:ift+OdDY0.net
教育長がチショウでは、この子たちはどんな大人になるんだろう

7: Ψ 2015/08/25(火) 12:05:25.26 ID:7PKYg6Rv0.net
健康な農民食。

8: Ψ 2015/08/25(火) 12:05:44.90 ID:uVaqAP1F0.net
玄米のことかとおもたよ

9: Ψ 2015/08/25(火) 12:06:42.08 ID:lhTK15kt0.net
その時代、ヨーロッパの農民は固く焼しめたパンやジャガイモしか食えなかったわけだし
朝鮮半島では糞喰ってたわけだがw

10: Ψ 2015/08/25(火) 12:07:27.80 ID:tqMR4RhR0.net
白米ばかり食べて脚気大流行

11: Ψ 2015/08/25(火) 12:08:33.88 ID:5/bu3BQz0.net
幸せの押し売りは真っ平御免だな

12: Ψ 2015/08/25(火) 12:08:34.99 ID:gk56KAEH0.net
>幕府の命令で白い米を食べることができなった

そんな命令どの将軍が出したの?

13: Ψ 2015/08/25(火) 12:09:13.20 ID:J7QZ0erj0.net
健康食じゃないか
「縄文時代はドングリを食べていた」って教えられるけど
そんな物しか食べられなかったんだーって思うだろ
食ってみろよ、栗より旨いから。これ、ホントの話

15: Ψ 2015/08/25(火) 12:10:24.03 ID:3BMkAVNB0.net
>>13
ドングリは、苦味を取るのが面倒だろ。

24: Ψ 2015/08/25(火) 12:32:51.12 ID:ZWrQY6690.net
>>13
しかもどんぐりだけじゃなくて魚とか果物とか肉とか色々食ってるからな

今時の牛丼とかカップラーメン食ってる奴よりよっぽど豊かな食生活やで

38: Ψ 2015/08/25(火) 16:52:55.81 ID:AubIEovX0.net
>>24
炭水化物ダイエットが流行ってるけど
縄文人ってかなり低炭水化物の食生活だよね。
つうか人類が穀物を豊富に取り始めてまだ数千年なわけで
しかもそれが文明の飛躍的な進歩と重なるという

14: Ψ 2015/08/25(火) 12:09:35.13 ID:fFF+OL/I0.net
ここのベストアンサーが詳しい
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1043497400
いまどき、武士はいばって贅沢、庶民は虐げられてるばっかりという
日教組史観で子供をだますのは良くないと思います。
江戸時代が素晴らしいばかりってのも行き過ぎだけどね

16: Ψ 2015/08/25(火) 12:17:07.70 ID:2xo2SQkz0.net
この教育長、大丈夫?
幕府の命令?

17: Ψ 2015/08/25(火) 12:17:40.32 ID:AJ6NKQMF0.net
飯屋(メシア)の洗脳教育ももうオシマイ。

18: Ψ 2015/08/25(火) 12:19:42.61 ID:wNdGbMCS0.net
奢侈禁止令ってのは頻繁にあったと思う

19: Ψ 2015/08/25(火) 12:20:22.97 ID:RIBBOJUj0.net
妄想で日本史を捏造したのかよ

20: Ψ 2015/08/25(火) 12:20:39.20 ID:YHXFcx4A0.net
CSの時代劇チャンネルで江戸時代のレシピ再現番組をしてた。
設定は江戸からド田舎に越してきた料理人親子ってんだった。
普通の農民の暮らしってんならあの番組見せればいいのに。

21: Ψ 2015/08/25(火) 12:25:51.91 ID:etvEr3670.net
武士は給料が米だから白米が食える

22: Ψ 2015/08/25(火) 12:27:41.36 ID:RFBimsT/0.net
白い飯まずいだろ
玄米に限る

23: Ψ 2015/08/25(火) 12:32:36.73 ID:JHqcIREl0.net
>>22
玄米は普通に炊くと不味いんだがどうやってるの?

25: Ψ 2015/08/25(火) 12:33:58.81 ID:J7QZ0erj0.net
果実の椎の実は、縄文時代には重要な食料であったと言われている。
近年では子供のおやつに用いられた。
現在でも博多の放生会や八幡(北九州市)の起業祭といったお祭りでは炒った椎の実が夜店で売られている。
果実の椎の実は、縄文時代には重要な食料であったと言われている。近年では子供のおやつに用いられた。現在でも博多の放生会や八幡(北九州市)の起業祭といったお祭りでは炒った椎の実が夜店で売られている。
生でも食べられるが、軽く煎って食べる事が多い。紙袋に入れて電子レンジで加熱するのもよい。食べるにあたってはまず水で洗い、浮いてきた虫食いの実を捨ててから用いる。
no title

26: Ψ 2015/08/25(火) 12:42:03.01 ID:ift+OdDY0.net
ドングリは戦前までは結構食べられていた。囲炉裏の上に麻袋に入れて置いておき、
カラカラになったところで殻を砕いて粉にして、ここからが問題だが、
渓流に晒して灰汁を抜く知恵が有った。トチノミは今でも煎餅になってるように、
ドングリも食されていました。

27: Ψ 2015/08/25(火) 12:42:32.23 ID:xjVx/PjY0.net
 農家を継いで、他の兄弟よりも大切に育てられた長男の跡取りがコメが食べれなくて、
家の犠牲になって商家に丁稚として売られたり、廓に売春婦として売られたりした弟妹
たちが白米を常食していたなんておかしいと思わないのか。

34: Ψ 2015/08/25(火) 14:44:18.50 ID:ngak/yKv0.net
>>27
貨幣経済界へ漕ぎ出した次三男や女郎になった娘たちはコメを食う機会は増えた。
ただ女郎には薄いお粥を食わせるのが普通だったよ。

28: Ψ 2015/08/25(火) 12:42:51.75 ID:RWcdY2Jv0.net
次は女性には離婚する権利がなかったとか教え出すな

29: Ψ 2015/08/25(火) 12:59:17.25 ID:LpS7WC1w0.net
まあ、とにもかくにも日本を貶めて言う、それがカイカンなんだろう。
ところで、韓国人の外国遠征売春婦。すごい勢力らしいぞ。

30: Ψ 2015/08/25(火) 13:13:35.35 ID:xc98dVLR0.net
貧乏人は麦を食えと言われたでしょ

31: Ψ 2015/08/25(火) 13:34:31.76 ID:IQbcZcFH0.net
米がないなら羊羹を食べればいいじゃない

32: Ψ 2015/08/25(火) 13:34:51.18 ID:5uUq4GKY0.net
庶民が脚気で死なないようにという、徳川幕府様の有り難いご配慮だ。
日清戦争時には、バカ軍医作家殿のせいで、脚気による死者の方が多かったくらい。

35: Ψ 2015/08/25(火) 15:31:39.65 ID:eycyZYjH0.net
江戸時代の百姓たちは、年貢米を収めて残った米は
お金に換えたので雑穀を食べていたと教わった気がする。

36: Ψ 2015/08/25(火) 16:39:20.74 ID:0FEf7Owu0.net
炊き込みご飯、混ぜご飯はご飯の量が少ないから
嵩ましの為に生まれたらしい
韓国でもそんな感じ
韓国はソウル五輪の時期は飲食店でも
麦飯や五穀ご飯とか出していた
流石に今は五穀ご飯は食べるけど麦飯はどうだろう
健康食として麦飯は食べてる人がいそう

37: Ψ 2015/08/25(火) 16:48:15.80 ID:AubIEovX0.net
白米しか食わないと脚気で死ぬわけで、食えなくてむしろ正解
明治時代まで毎年数万人の死者を出す、結核と並ぶ国民病だからな

40: Ψ 2015/08/25(火) 17:55:09.91 ID:qMRD+s400.net
わしがガキの頃の教科書に載ってた慶安の御触書も、現在では幕府が出したという説は否定されているんだよな。
慶安御触書(けいあんおふれがき、慶安のお触書とも)は、江戸時代の第3代将軍徳川家光期にあたる慶安2年(1649年)に、江戸幕府が農民統制のために発令された幕法とされている文書。現在では幕法ではなく、元禄10年(1697年)に甲斐国甲府藩領で発布されていた農民教諭書が慶安年間の幕法であるとする伝承が付加され広まったものであると考えられている。

原本は発見されておらず、写本によれば百姓に対し贅沢を戒め、農業など家業に精を出すよう求めた内容で、32ヶ条と奥書から成り立つ。
江戸時代の『徳川実紀』や明治期に司法局が編纂した幕府法令集『徳川禁令考』に収録されたことから、幕法であるとする見解が広く流布していた。昭和戦後期には民衆史への関心の高まりからも幕府の農民統制を示す史料として注目され続け、歴史教科書においても紹介されていた。しかし、明治期から疑問視する説や偽書説が存在していた。太平洋戦争後も、キリスト教を禁止する規定がないことや、『御触書集成』など幕府の法令集に収録されていないことなどを理由に、実在を疑問視する指摘がなされてきた。近年は自治体史の刊行などを通じて史料調査が進み、古写本の検討から甲信地域に広く残されている農民教諭書「百姓身持之事」が元禄10年(1697年)に甲府藩において「百姓身持之覚書」として成文化され、木版印刷により諸国へ広まったものであると考えられている。

底本により含まれる条文は異なるが、以下に一例を挙げる。
幕府の法令を怠ったり、地頭や代官のことを粗末に考えず、また名主や組頭のことは真の親のように思って尊敬すること。
酒や茶を買って飲まないこと。妻子も同じ。
農民達は粟や稗などの雑穀などを食べ、米を多く食べ過ぎないこと。
農民達は、麻と木綿のほかは着てはいけない。帯や裏地にも使ってはならない。
早起きをし、朝は草を刈り、昼は田畑を耕作し、夜は縄を綯い、俵を編むなど、それぞれの仕事を油断無く行うこと。
男は農耕、女房は機織りに励み、夜なべをして夫婦ともよく働くこと。たとえ美しい女房であっても、夫のことをおろそかにし、茶を飲み、寺社への参詣や遊山を好む女房とは離別すること。しかし、子供が多くあり、以前から色々と世話をかけた女房であれば別である。また、容姿が醜くても、夫の所帯を大切にする女房には、親切にしてやるべきである。
煙草を吸わないこと。これは食物にもならず、いずれ病気になるものである。その上時間もかかり、金もかかり、火の用心も必要になるなど悪いものである。全てにおいて損になるものである。

引用元: 子どもが江戸時代の食生活学ぶ 「幕府の命令で白い米を食べることができなった江戸時代の農民の食事について考えてほしい」