no title
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/29(木) 19:02:08 .net
日本は太刀打ちできるのか

3: 山野野衾 ◆jBrGNc9rBQ 2008/05/30(金) 00:09:44 .net
戦国時代といっても長いですが。応仁以降か、文明以降か、それとも明応以降か。
時期によっては少弐を大内・大友や菊地が援助することになるのでは。
幕府はどう出るのでしょうね。

全盛期のモンゴル軍というのも、どういうものかよく分かりません。
騎馬なのか徒歩なのか、モンゴル人主体なのか漢人主体なのか、火器は時代
に応じて発達しているのか否か。

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/30(金) 02:02:02 .net
日本側が団結したら上陸軍なんて何十万も来ないから楽勝じゃないか

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/30(金) 08:12:49 .net
全盛期に日本に攻めて来ながら鎌倉武士にフルボッコにされた激弱モンゴル軍が
戦国日本に勝てるわけないぞ。

7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/30(金) 15:39:09 .net
日本は山多いからそれなりに戦えるのは戦えると思う。

しかし、野戦の類は間違ってもやるべきではないと思うね。
基本持久戦の鉄砲攻撃でいいと思う。
あと、モンゴル軍に略奪を許さないように、民間人の移動とかどこで戦線張るか
とかを熟考するべし。

まあそんなことしてもゴビ砂漠越えて侵攻してくるから、あんま意味ないかもな。
山だろうと川だると難地形だろうと、関係がないらしいとモンゴル関係の書籍には
乗ってる。 意外と野戦でも柔軟で馬から下りて山を迂回して、奇襲するとか
いった戦術的柔軟性も持ってる。

まああれだ。海軍増強という視点にたって上陸させないということがベストでは
ないだろうか。

8: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/30(金) 16:38:39 .net
モンゴル軍ごとき普通に上陸させてから陸戦で包囲殲滅でいいじゃん

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/06/02(月) 18:03:10 .net
戦国から300年昔のモンゴルじゃあまりに比較できんだろう
せめてオスマン・トルコにしろよ
銃も砲も充実しているオスマン軍に為す術もなく、蹂躪され、大坂城はウルバン
の一撃で吹き飛ばされ、秀吉はイェニチェリの足下に平伏して斬首されるであろ
ウルバン砲(ウルバンほう)は、オスマン帝国が1453年のコンスタンティノーブル攻略戦で使用した大砲。「ウルバンの巨砲」とも呼ばれる。名前は開発者である15世紀のハンガリー人、ウルバン(英語版)にちなむ。ウルバンは当初東ローマ帝国側に大砲を売り込んだが、拒絶された(しかも牢獄に送られた)ためにオスマン帝国に与したと言われている。
コンスタンティノープルの防御の要であるテオドシウスの城壁を撃ち破るために戦いに投入された。ウルバン砲の鋳造はエディルネで行われ、その砲丸に使う石は黒海方面から運ばれたといわれる。約8メートルの長さがあり、通常はある程度部品を分離した状態で運搬し、戦闘時には連結するようになっていたと推定される。発射される砲丸の重さは500キログラム以上になり、射程・威力共に当時の火砲を上回るものだった。しかし、その大きさゆえに故障の多発・次弾装填に時間が掛かるなどの欠点があり、随時修復される強固な城壁を打ち破るには決定力が足らなかったとされる。また、命中率も長大な城壁のどこかに当たるのがやっとというほどであった。このため、その破壊力をもってしても城壁を完全には破壊できなかった。
しかし多くの欠点がありながらも、その破壊力によってコンスタンティノープル攻略に多大な貢献をしたことは事実であり、後世にその名を残すことになった。
no title

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/06/12(木) 21:32:29 .net
>>9
ウルバンの命中率ご存じ?

10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/06/03(火) 23:39:28 .net
てつはうなんて原始的な兵器では種子島銃三段撃ちで撃破されるだろうw


つか、秀吉は逆に侵攻しているのだから守ることを考えな!

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/06/03(火) 23:47:28 .net
てか、今の相撲を何とかしろよ

完全にモンゴル人に支配されているではないか???

13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/06/13(金) 02:02:44 .net
世界地図見てみろよ
秀吉軍が朝鮮半島を進軍したところで世界地図上ではわずかな距離にしかならない

14: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/06/18(水) 04:33:25 .net
ぶっちゃけ秀吉が死ななかったら結構中国に食い込めたと思ふ

15: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/06/18(水) 10:05:30 .net
あほらしい
明にとってはたかだか朝鮮半島でうろついていただけの禿げネズミよりは
絶頂期のオスマントルコを破り、中央、西アジアのほとんどを席巻していたティ
ムールに長生きされていたほうが一千倍脅威
ティムール, 1336年4月8日 - 1405年2月18日)は、中央アジアのモンゴル=テュルク系軍事指導者で、ティムール朝の建国者(在位:1370年4月10日 - 1405年2月18日)。
中世アジアを代表する軍事的天才と評価され、中央アジアから西アジアにかけてかつてのモンゴル帝国の半分に匹敵する帝国を建設した。しばしば征服した都市で大規模な破壊と虐殺を行う一方、首都のサマルカンドと故郷のキシュ(現在のシャフリサブス歴史地区)で建設事業を行う二面性を持ち合わせていた。

16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/06/18(水) 11:14:38 .net
1554年に明へ侵攻した倭寇は、わずか60~70人の人数で数千里を経行し、中国人約4000人を殺傷。
建国以来、明にとって最大の脅威は日本。
日本と較べればチムールは雑魚。

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/06/26(木) 15:02:38 .net
モンゴル軍が鉄砲で射殺されて終わり

51: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/06/26(木) 20:49:02 .net
どう考えても日本は東南アジアなんかと比べて、食糧資源が乏しいので現地調達付加。
補給が無理で元軍全滅。

61: 福岡出身のひと 2008/07/23(水) 06:27:43 .net
まともに陸戦で、モンゴル軍とやりあっても勝てないと思う。
村上水軍や九鬼水軍などの水軍を駆使して、いい勝負ができると思う。
モンゴル軍は、水上の戦いには弱かったような気がする・・・自分の記憶が確かなら

78: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/23(木) 16:26:02 .net
>>61
人間、幼少時代から育ちの違い(自然環境の違い)は、いざというときの判断で
決定的な差が出るよ。

まして今みたいに、栄養学が発達してない時期では、長期の船旅生活では間違いなく
ビタミン欠乏症になったろう。特に海草や魚の刺身を食べない大陸育ちは100%といって
よいほどビタミンC不足で壊血病に近い症状になったと思われる。ちょっとでも
傷ついたら治癒しないで化膿が広がっていく。後から後から化膿した腫れ物が全身に
出てくる。兵士たちにとって不気味な症状だぞ、これは。

62: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/08/15(金) 07:17:01 .net
鎌倉時代に九州武士に負け店じゃん。
海を越えてとなると馬を大量に持ってこれない
日本の地形では大陸のような機動性も発揮できないだろうし
火縄銃で鎌倉時代以上にフルボっコになるのでは?

66: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/09/23(火) 06:20:30 .net
どっかの弱小大名が日本での覇権を手に入れるために「柵封国になるから協力して」と言ってモンゴルが上陸しやすいように海岸線を空ける可能性もある

67: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/10/04(土) 13:25:23 .net
海岸線が空こうがなにしようが無理。
火縄銃と長槍には勝てないし集団戦術も進歩してるし田圃や山じゃ馬使えないし100年近く戦国時代やってて歴戦の武士相手には勝てない。
これで勝てるモンゴル軍ならイージス艦にも勝てる

70: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/10/08(水) 19:02:16 .net
>>67モンゴルが銃をもってなくても日本の大名がもってるわけだから彼らにかわりに戦わせる可能性もある

代理戦争ですね モンゴルは人員と馬を弱小大名に提供すると

71: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/10/13(月) 12:01:27 .net
鉄砲って誰でも扱える訳ではないでしょ?
弱小はそれなりの人数しか使い手がいないと思うけど

戦争だって日々進歩してるから普通に無理でしょうね。
まず軍艦のレベルからして違うから陸に上がる前に終了
朝起きたら博多の町にモンゴル軍がいた の設定なら知らん。

120: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/04/27(金) 07:50:24.56 .net
>>71
>鉄砲って誰でも扱える訳ではないでしょ?

なにいってんだ。高価で射撃間隔も長いにもかかわらず
鉄砲が普及していったのは「誰にでも扱えるから」だよ
弓にように長期の訓練を必要としない

72: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/10/30(木) 09:26:34 .net
いやいや君らはモンゴル人がどれだけ強固な肉体を持っているかは考慮していないだろう
モンゴルにはそれこそ朝青龍みたいのが何万といるんだぞ
朝青龍ならあの時代の火縄銃の弾なんか10発まではOKなはず
だとしたら…
日本惨敗!!

74: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/13(月) 18:31:53 .net
戦国時代なら余計に元軍は勝てないよ

76: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/07(木) 12:12:43 .net
大友宗麟単独で蹴散らしそう。

79: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/24(金) 10:45:08 .net
マジレスするとモンゴル軍は撃退されるだろう
モンゴル帝国最盛期が13世紀だとしたらもう300年経っている
300年前の旧式軍隊と鉄砲を手に入れた日本軍なら日本軍のほうが強いだろう
まして戦争はだいたい守る側が有利だからな

82: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/07(金) 05:35:12 .net
東アジア三大帝国

モンゴル帝国(東・東南・西・南・北アジア、東・中央ヨーロッパ)大清帝国(東・東南・北アジア・中央)大日本帝国(東・東南・南・北アジア、オセアニア)

何気にモンゴロイドって結構凄くね?!

85: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/09/20(日) 18:51:02 .net
モンゴル軍 対 戦国武士団

戦場が日本なら武士団の圧勝だな
つか元寇ですでに証明されてるじゃん

101: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/05/14(土) 23:31:34.28 .net
モンゴルの勝ちだろ
相手は統一されててこっちは各地バラバラの勢力
どれかひとつの勢力と同盟結んで責め滅ぼされるわ

105: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/10/23(日) 22:28:52.81 .net
1200年代でもフルボッコされたモンゴル軍が1500年代の日本にきて勝てるわけがないじゃんw

108: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/10/26(水) 00:22:27.01 .net
モンゴルに勝ったのは3カ国だけだけど日本への派兵が一番多い
それでも楽勝や

112: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/06(日) 11:03:22.66 .net
モンゴル軍の騎兵は強く、平地で会戦となればどうなるか分からない。
しかし、最大の問題点は海軍力だ。
三国志でも、中原で最大勢力となった曹操が、水軍に慣れていないため
呉に大敗することになったように。

そうなるとモンゴル軍の海軍はどうかといえば、モンゴルは元々内陸国で
造船技術もなく、全て高麗任せだった。
『高麗史』金方慶列伝によれば、「日本征伐のための軍船を建造する際、
中国南方の方式のまま作ると工費と工期がもっとかかるので
国中の人々が心配したところ、金方慶が高麗方式で急いで造らせた」
とのこと。その結果が一晩での船団壊滅。


結論
モンゴル騎兵は優秀だが、高麗の船を利用している限り
何万で攻めてきても日本に勝つことはできない。



113: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/09(水) 15:59:28.87 .net
戦国期の堅固な城砦を元軍が突破出来るかどうか


無理ぽ

115: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/15(火) 22:03:19.07 .net
>>1
日本に攻めてきた時既に全盛期じゃなかったか?

116: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/11/15(火) 22:05:01.41 .net
ああ、戦国時代ね

普通に日本が勝つだろ、当時でさえ普通に勝ったんだから

123: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/06/28(木) 16:18:23.87 .net
弓矢とか槍とかは 武士としてのそれなりの筋力体力鍛錬がいるけど

鉄砲は短期間で使用できるようになるのは確かだ
事実、幕末から明治維新の官軍兵士には農民や町民も含まれていたのに プロの先頭集団である武士を打ち破る事が出来たわけだから

125: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/07(土) 11:38:05.73 .net
もし全盛期の朝青龍や白鵬が相撲界の戦国時代(昭和47年か平成3年あたり)にいたら?

127: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/07/16(月) 14:28:08.04 .net
>>125
平成3年あたりなら小錦や曙との対戦が面白そう
朝青龍と琴錦のスピード勝負も

128: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/08/06(月) 23:41:03.64 .net
竜造寺と大友だけで対処できそうな気がする

129: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/17(月) 16:52:07.32 .net
まず、朝鮮人兵がせめて来るのは同じだろうから緒戦は勝てるだろ

136: 日本に限らずアジア全体で言える話だが・・・ 2013/05/23(木) 15:24:08.37 .net
日本って海軍弱すぎじゃないか?
歴史上の勝利者って海に関しては地方の豪族に土下座外交だし
その後権力握ったらびっくりするくらいの徹底弾圧のワンパターン
元寇でも海で勝利した話は皆無

139: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/09/12(木) 00:40:24.80 .net
>>136
日本側が夜襲で船を襲った記録もあるのにどんだけ無知なんだよ

144: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/10/18(金) 21:32:59.67 .net
>>136
ヴァイキングばりに、中国朝鮮沿岸を荒らしまわってますが?

137: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN .net
日本の地形では機動力を発揮できないから火縄銃を抜きに考えても勝てないでしょ
山城じゃ自慢の攻城兵器も役に立たないし

138: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN .net
モンゴル兵の刀は鋳物 、日本刀にはかなわない
平原では強いが、日本の地形では弱い
馬が使えないので、白兵戦になる、日本軍の方が強い

142: 2013/10/17(木) 00:31:58.38 .net
元が武士に勝てるわけないでしょう。
元の兵士の90%以上はただの農民、遊牧民でだよ。
だから、白兵戦になったら、元はまったく無力だったんだよ。
矢を射っても、当たる確立は低い。だから必ず白兵戦となり、元は敗退した。元軍は上陸を試みているが、日本の武士の激しい攻撃により、海に逃げ帰って、最後は台風でやられた。
また、近代になるまで、日本のような武士階級という戦闘専門集団はどこの国にも無かった。

145: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/03/06(木) 21:59:07.40 .net
大量の騎兵を上陸させることができ、
上陸後の割と短い期間に広大な平地で一大決戦できたら、
その場は元の勝ち。
それが出来なきゃ戦国大名の勝ち。

日本には、そうそう都合のいい平地なんてないから、
九州に上陸した場合、最盛期の大友や竜造寺、
薩摩大隅支配後の島津なら単独で十分勝てるだろ。
下手すると最強僧侶、甲斐宗運を要する阿蘇家でも負けない。

こいつ等の仲がいくら悪くても、言葉の通じない異人と
そうそう同盟は結ばんよ。
もっとも元を破っても、他の勢力に滅ぼされるのが落ちだが。

引用元: もし全盛期のモンゴル軍が戦国時代に攻めて来たら?