no title
1: アイアンフィンガーフロムヘル(秋田県)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 18:39:56.63 ID:pc9hm6c70.net BE:194767121-PLT(12001) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
 上杉謙信は様々な意味で、突出した個性を放つ戦国大名である。

 まず、その軍事的な強さ。武田信玄との川中島の合戦が有名だが、その他、数多くの戦場に赴きながら、攻め切れずに撤退を
余儀なくされることはあっても、決定的な敗北を喫したことはほとんどなかった。

 さらに、謙信は武将であると同時に、強い宗教的カリスマの持ち主でもあった。毘沙門天を信仰することきわめて篤く、
合戦の前には軍神を召喚する「武?式」を執行した。弘治2(1556)年には出家したいと言い出し、居城だった春日山城から
高野山に向かおうとしたこともあった。また生涯妻帯せず、晩年にはますます密教への帰依を深め、阿闍梨権大僧都の
位階を受けた。その遺骸は居城に祀られ、今も上杉神社の主祭神となっている。

 しかし、戦国大名としてみた場合、最も突出しているのは、謙信が室町幕府や朝廷といった、もはや衰退してしまった
旧体制を本気で復興させようと考えていたことだ。そのため、謙信は自ら関東管領となり、たびたび上洛し、
時の関白、近衛前久を関東まで連れ出して、ともに戦おうとしたのである。

 ある意味で、謙信は「下克上」に逆行した復古革命を目指していたのだ。

http://blogos.com/article/167424/

3: ムーンサルトプレス(西日本)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 18:45:49.01 ID:0KAd6M/R0.net
そりゃみんな生き残りたい 生き残りたい って思ってただけですがな
所詮 戦国大名、豪族なんてヤクザみたいなもんっすよ

10: 超竜ボム(東京都)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 18:58:51.71 ID:dWeWq3Tv0.net
>>3
会社に例える奴がいるけど
どう考えてもヤクザだよな

4: キャプチュード(九州地方)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 18:48:51.41 ID:HnNW4VN0O.net
弱小の悲哀だよな
上杉、武田、今川、北条、ここら辺の弱小中小は死地だもんな
今川は桶狭間さえなかったら、上洛後に巧くいきゃ緩やかな天下が獲れてたかも知れない…けど後継がアレじゃまた荒れたか…

5: イス攻撃(東京都)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 18:51:59.42 ID:F5bQrRXp0.net
信玄も敵が謙信一人なら調略でどうにでもなったけど、氏康も居たから
三つ巴。これは三すくみになりやすいから、どうにもならんかった。
あまり意味の無い局地戦に明け暮れるしかなかった。

7: バーニングハンマー(東日本)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 18:56:53.43 ID:BDxOiGksO.net
源三郎、わしゃー決めたぞ
あれは止めじゃ

8: レッドインク(長屋)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 18:57:17.88 ID:z2VPjewg0.net
謙信が小田原落としていれば…

12: フェイスクラッシャー(三重県)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:02:40.62 ID:WDucdVy90.net
武田勝頼に比べて上杉景勝はよくやったよな。

15: 栓抜き攻撃(チベット自治区)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:04:17.92 ID:PWptogKs0.net
>>12
まあな
ただ実子じゃないけどな

21: ウエスタンラリアット(京都府)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:16:10.91 ID:ptPr10Bx0.net
>>12
その景勝が景虎殺して当主になったせいで無意味に疲弊して上杉は弱小になったけどな

14: 栓抜き攻撃(チベット自治区)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:03:51.29 ID:PWptogKs0.net
京が遠いから不利だわな
武田しかり北条しかりな
伊達政宗にしてもそう
結局は才覚は勿論重要だが、地の利や繋がりはいつの世も重要だわ

65: スターダストプレス(家)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 23:52:24.31 ID:5Sg5+3jD0.net
>>14
北陸方面に進出したら、あっという間に能登まで席巻出来たのだから
対関東甲信は国境の要害だけ固めて
初めから京を目指した方が良かったんじゃないの?

16: ジャンピングパワーボム(庭)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:04:19.18 ID:hikNioVV0.net
謙信の親父は下剋上の代名詞みたいな奴だけどな

22: メンマ(東京都)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:17:17.79 ID:O3/wfSQe0.net
>>16
主君と主君の主君をいっぺんに殺しちゃったもんな

でも越後の国人衆だけでなく幕府の支持もあったんだよ
幕府は今川家・北条早雲に長尾為景支援を命じて上杉氏の長尾為景討伐を妨害してる
長尾 為景(ながお ためかげ)は、越後国の戦国大名。越後守護代・越中国新河郡分郡守護代。上杉謙信の父。
般若野の戦いで父・長尾能景が戦死したため、長尾氏の家督を継いで越後守護代となった。翌永正4年(1507年)8月「為景謀反の気あり」と守護・上杉房能が為景討伐の準備をしていたため、その機先を制して房能の居館を襲撃する(為景は、房能が援軍を出さずに能景を見殺しにしたことを恨んでいたとも言われる)。逃亡中に房能が自刃すると、その養子・上杉定実を傀儡として守護に擁立した。
しかし永正6年(1509年)、房能の実兄である関東管領・上杉顕定が為景に対して報復の大軍を起こすと、為景は劣勢となって定実とともに佐渡国に逃亡した。邑山寺にて捲土重来を期して翌永正7年(1510年)には佐渡の軍勢を加え反攻に転じ、長森原の戦いで退却する上杉軍に猛攻をかけ、援軍の高梨政盛(為景の外祖父?あるいは伯父か)の助力もあり顕定を敗死させた。

17: ファイヤーボールスプラッシュ(庭)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:06:08.89 ID:vNXQ/5A50.net
高血圧で死んだんだっけ?

62: 16文キック(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:52:57.95 ID:fdIbXnv50.net
>>17
やっぱり誰も便所でいきんで死にたくはないよな
天正5年(1577年)12月18日、謙信は春日山城に帰還し、12月23日には次なる遠征に向けての大動員令を発した。天正6年(1578年)3月15日に遠征を開始する予定だったらしい。しかしその6日前である3月9日、遠征の準備中に春日山城内の厠で倒れ、3月13日の未の刻(午後2時)に急死した。享年49。倒れてからの昏睡状態により、死因は脳溢血との見方が強い。

18: ハイキック(catv?)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:08:21.56 ID:2sYCTA+u0.net
関東は平野が広すぎて攻めにくく守りにくい(信長の野望)

19: タイガードライバー(島根県)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:09:05.88 ID:JKLG2Ca10.net
国人衆なんてどこもそんなもんだろ

23: ファルコンアロー(禿)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:31:24.53 ID:T3E28VD90.net
>>1
領地がもうちょい中央寄りだったらまた違ったんだろうな、ちょっと上過ぎたんだよ、上杉だけに(´・ω・`)

25: バズソーキック(東京都)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:35:10.90 ID:TGna9ysg0.net
正面から上杉謙信と戦った真の武将は天庵様だけや!
小田 氏治(おだ うじはる)は戦国時代から安土桃山時代にかけての常陸の武将・戦国大名。
永禄7年(1564年)4月、佐竹義昭・宇都宮広綱・真壁氏幹が連署して氏治の背信を上杉謙信に訴えたため、氏治は上杉軍の攻撃に晒される。謙信は「八幡(必ず)出馬すべし」と返書するや直ちに陣触れして27日には小田領に侵攻。氏治は謙信が足を速めてこれ程早く攻め寄せるとは思いもよらず油断しており驚きも大きく、兵も急遽集めたため3千余のみであった[16]。28日、氏治率いる小田軍は出て上杉軍を迎え撃つも、山王堂の戦いで大敗を喫し、小田城は落城。氏治は藤沢城へ逃れた。
翌・永禄8年(1565年12月、佐竹義昭歿後の混乱を突いて小田城を守る佐竹義廉を追い、本拠の奪還に成功。しかし翌・永禄9年(1566年)2月には上杉謙信の再度の出兵に遭い、再び小田城から敗走した。永禄10年(1567年)5月、氏治は甲斐の武田信玄に佐竹義重を討つための援助を求めている。永禄11年(1568年)には結城晴朝を通じて謙信に降伏を申し出、小田城の城壁を修復しないという条件で認められ小田城を回復した。このように何度追われても領内では人望があり、地元民の協力を得つつ、土浦城の菅谷勝貞・政貞(子)・範政(孫)の菅谷一門やその他家臣団に支えられながらその後何度も小田城を奪い返した。

26: バズソーキック(東京都)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:36:43.52 ID:TGna9ysg0.net
謙信は二度も上洛成功してるんだぜ?

34: ショルダーアームブリーカー(catv?)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:54:29.47 ID:IzcOlpkM0.net
>>26
足利義輝が将軍の時に、織田信長、上杉謙信、最上義守・義光の親子がそれぞれ上洛してるけど、
邪魔されることなくすいすい行けたな?

27: 足4の字固め(茸)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:38:34.33 ID:NES4XAB30.net
里見は頑張ったね
あれ、上州の出だから武田の後押しがあったとはいえ、決して恵まれていない南総で反北条で生き抜いたからねえ
国府台は何気に戦略拠点だから勝ててたら、佐竹相馬と組んで関東がもっと面白くなっただろうなぁ
謙信も佐倉や臼井までウロチョロしてたし

28: フライングニールキック(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:38:38.96 ID:tJunlLng0.net
武田対南部の騎馬対決見たかった

29: スリーパーホールド(茸)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:41:03.06 ID:JvaKXkCB0.net
生き残れるのってそーいうタイプだよな

30: フェイスクラッシャー(静岡県)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:42:43.92 ID:89Jlm+Zl0.net
関東地方の豪族は名族だらけで鎌倉好きにはたまらん地域

32: バズソーキック(東京都)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:45:29.69 ID:TGna9ysg0.net
戦国時代の関東のカオスっぷりは笑える

公方vs公方vs公方
関東管領vs関東管領vs関東管領とそれぞれの家宰家の反乱
関東八屋形と坂東八平氏のそれぞれの勢力争いとそれぞれの分家や親子兄弟の争い
武田と今川と上杉と伊達の織田の介入

36: ファイヤーバードスプラッシュ(大阪府)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 19:57:21.58 ID:GBbLCRz70.net
謙信は関東志向だったと言われるが、若い頃に北陸経由で京都に留学している
謙信の謙信たる所以は「戦争基地外」これに尽きる。はっきりって越後一国で塩も魚も全部あるのに
「義」の大義だけで戦争をしまくった。「義」と聞けば誠実な人間のように聞こえるが、謙信は「義」を利用して不毛な戦争を死ぬまでやり続けた

44: デンジャラスバックドロップ(庭)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 20:11:38.34 ID:vQNPZ70f0.net
>>36
山に囲まれてるから守りだけやってれば安泰だろうな。
北条みたいになりそうだけど。

46: バズソーキック(東京都)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 20:19:28.97 ID:TGna9ysg0.net
>>44
武田に川中島を渡られて善光寺平を支配されたら
飯縄妙高までもう遮るもの無くて
そのまま春日山城の裏山から脅かされるようになるで

47: ファイヤーバードスプラッシュ(大阪府)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 20:26:53.48 ID:GBbLCRz70.net
>>44
ところが謙信は守りに徹しなかった。戦争の理由はいつも「豪族から助けてくれとお願いされたから」と
言っているが、実際は謙信が出てきたことで大戦争になっている。謙信は「義」を大義名分にして
最後は上杉氏の関東管領を、さらに言えば、公方(鎌倉公方)も狙っていたフシがある

ところで、謙信が寺に篭って「オレは毘沙門天の化身」と言っている場面は有名だが、涙を流していたという
自分の運命が毘沙門天に愛されたことを誇りにすら思っていたという

40: ファイヤーバードスプラッシュ(大阪府)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 20:06:00.87 ID:GBbLCRz70.net
謙信は家臣に「まともではないが、食いっぱぐれることはないだろう」という妙な安心感を
与えるところがあって、これが「カリスマ性」と言われる所以だ。信玄は将棋がアホみたいに強かったが
謙信は勝負事は弱かったと言われている。ところが、実際の戦術になると、アホみたいに強かった

48: エルボードロップ(空)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 20:41:02.12 ID:0J7BC7z70.net
越後は雪がな
中央に出てこれるような環境ではない

50: ドラゴンスクリュー(茸)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 21:12:41.91 ID:HMTkNCfx0.net
なんか勘違いしてるな
軍事と経済、両方にすぐれていないと天下統一は絶対に無理な話

農民が主体の戦国大名は田植えと稲刈りの時期は国に帰らなきゃならない

53: バズソーキック(東京都)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 21:27:15.20 ID:TGna9ysg0.net
>>50
謙信「戦で勝って相手の国の領民を奴隷で売ればいいんじゃね?」

56: 腕ひしぎ十字固め(滋賀県)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 21:39:37.20 ID:r4H7K3YY0.net
>>53
信玄は侵略するつもりだから取った後のことも考えて動くが
謙信は追い出せば終了だからさんざん荒らされて住民には迷惑だったらしいね

54: アルゼンチンバックブリーカー(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 21:29:57.63 ID:rZ7mKGZE0.net
北条は租税が四公六民とか引く抑えたりして領民の支持があったからね。
その土地に生活している人達の支持が高い支配体制は粘り強い

55: エメラルドフロウジョン(空)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 21:37:56.67 ID:8C836N9/0.net
真田丸観ていると徳川と北条との間で丁々発止をやっているところで上杉のところにいくと
「この上杉があずかった」「あいわかった」と物わかりがよすぎで泣きそうになる。

61: ナガタロックII(庭)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:45:31.23 ID:NEuSIqlb0.net
>>55
これ最後まで騙されるからな

63: バーニングハンマー(東日本)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:54:31.50 ID:BDxOiGksO.net
>>55
兼続が不憫だよな
こんな奴いつまで信用すんの?って必死に諫めてんのに

57: ファイヤーバードスプラッシュ(大阪府)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 21:46:44.46 ID:GBbLCRz70.net
謙信は酒好きだったが、アテは塩を舐めながら一人縁側で飲んでいたという。普通は家臣が「殿、一緒に飲みましょう」と誘うてもおかしくないが
謙信が良くも悪くもふつうではないというのが家臣の常識だったので、謙信が飲み過ぎて眠りこけた時に畳に移動させて布団をかけていたという

58: 逆落とし(家)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:03:40.17 ID:sQujJD0w0.net
関東出兵は農閑期の出稼ぎってことで結論はでてるでしょ

59: メンマ(東京都)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:29:11.12 ID:O3/wfSQe0.net
>>58
謙信の軍の雑兵のほとんどは越後の山奥の飢えに苦しむ極貧農民だったそうだ

だからか上杉軍の雑兵はかなり不利になっても逃げださない
(逃げ帰っても飢えに苦しみ、下手したら死ぬかもしれないから逃げる気になれない)
よって上杉軍は異常に強い

64: シャイニングウィザード(茸)@\(^o^)/ 2016/03/18(金) 22:57:28.68 ID:DMUxj8Xf0.net
でもゲイなんでしょ?

66: 河津掛け(catv?)@\(^o^)/ 2016/03/19(土) 11:49:09.93 ID:hA9awJ1H0.net
>>64
秀吉以外はみんな通った道

引用元: ・ http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1458293996/