rb72006[1]
1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:47:48.58 ID:taNXiRZq0.net
そんなわけないんだよなぁ
2:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:48:17.78 ID:NPjHnB+Ea.net
戦う前に名乗らないガイジ
3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:48:32.24 ID:jA54IZ8P0.net
量産してから言うべき
4:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:48:34.61 ID:MuufUw020.net
いちいち弾と火薬こめる暇あったら弓射てや
5:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:48:37.51 ID:qmCfpG9r0.net
信長「堺から鉄砲千丁買い付けておいたぞ」
11:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:49:41.70 ID:c0I5TrNm0.net
>>5
こんな信長の野望みたいな話あったん?
10:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:49:38.80 ID:h1OTrRaxp.net
>>5
無能
騎馬隊止められるわけないやろ
19:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:52:44.23 ID:03h/gDP10.net
>>10
ひひーん(笑)
6:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:49:01.14 ID:AQOyQVLQp.net
うつけかな?
7:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:49:16.28 ID:AyZEe7OAd.net
結局槍なんだよなあ
8:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:49:18.73 ID:e4W980Qla.net
賭博上手な騎馬兵さん
9:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:49:29.57 ID:qmCfpG9r0.net
武田家「投石やぞ」
12:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:50:09.51 ID:Inow40lo0.net
金がね…
13:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:50:30.59 ID:vSzjPgb8p.net
鉄砲笑
オモチャやんか…
14:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:50:44.17 ID:jafKB6bQ0.net
意識高い系武将「うん、いつもの南蛮の味。」
23:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:53:31.10 ID:sn0KESWHd.net
>>14
これすこ
15:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:51:40.01 ID:hgyz0etd0.net
戦国自衛隊の時代だろ
16:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:51:50.75 ID:vRJkYe8Nd.net
印地打ちが一番お手軽なんだよなあ
17:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:52:02.11 ID:HA+JDW3k0.net
弓じゃなくて馬じゃね?
18:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:52:28.11 ID:+dJ3n1BT0.net
鉄砲ごときでイキッてて草
大筒あれば城ごとふっとばせるのに
22:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:53:25.52 ID:c+fZYm9j0.net
>>18
おは大友
20:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:52:55.15 ID:c+fZYm9j0.net
意識高い武将は暗殺やね
21:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:53:10.86 ID:jljJkPbc0.net
意識高い系武将「鉄砲とかおもちゃやんw裸で戦ったろ」
24:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:53:35.59 ID:b0dpVpV10.net
アンチ乙
北センチネル族は弓矢でインド軍撃退したから
25:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:53:48.93 ID:CbLXp9dE0.net
投石がコスパいいんだよ
26:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:54:07.62 ID:L2d979aSx.net
本能寺で感じる、いつもの温かみ
27:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:54:08.46 ID:iyf1UA46D.net
連射性能が糞すぎる
一分間に600発ばらまけるようになってから出直してこいや
28:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:54:09.47 ID:yo5f2F6A0.net
何で弩が流行らなかったん
Qin_crossbow_trigger,_shaanxi_history_museum[1]
32:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:55:36.99 ID:aKICK0D5a.net
>>28
律令時代一度整備してたんやけど使うことなく腐っていった
弩(ど、おおゆみ)は、東アジア、特に中国において古代から近世にかけて使われた射撃用の武器の一種。「いしゆみ」と訓ずることも少なくないが、これは厳密には正しくはなく、石弓と混同されたものと思われる。弓に比べて初速が100 - 300m/sと速く矢も重く太いため飛距離(最大射程)・貫通力に優れ、照準を合わせやすく命中精度にも勝る。ただし、射出後空気中での安定性が悪い為か有効射程は高張度の合成弓のそれと大差の無いものもある。また、前述のように150kg程度の高張力を必要とする為、連射性能は弓(張力はその数分の一から、大きくても半分以下)に比べて劣っている。

日本で知られるもっとも古い弩としては、弥生時代に作られた小型の弩の木製の銃身に相当する臂(ひ)の部分が島根県の姫原西遺跡から出土している。律令軍制においては、弩を扱う弩手(どしゅ)は軍団の中から強壮の者二名が選抜され、あてがわれていた。貞観8年(866年)には肥前国の一部郡司らが日本の国家機密である律令制式の造弩法を新羅の一部軍事勢力に洩らして合同し、対馬を奪取するという企てが事前に発覚して阻止されたことが記録されている。また、元慶5年(881年)の秋田城における俘囚の反乱(元慶の乱)の際、敗退した政府軍が失った兵器のなかに大量の弩が含まれていたとする記録もある。さらに康平5年(1062年)の前九年の役において安倍氏側が厨川柵の防衛に弩を用いており、これも本来は朝廷側の城柵に設営されていた律令制式の弩を安部氏側が接収したものを用いていた可能性がある。こののち弩は、アイヌにも伝わった。

しかし10世紀頃に兵(つわもの)から武士が誕生し、争い事自体が領主としての武士とその郎党・下人らで組織される多くても数十人単位の小集団同士の武力衝突が多くなった事、その争いでは「首級数」よりは「誰の首級か」が重要になった事、地方軍制もその小集団を束ね自らが軍装を持参する新たな国衙軍制が成立した事などにより、兵器として管理・整備が難しく国司・郡司による中央統制的兵器管理が必要な弩は全体として軍備から外され消滅に向かった。代わりに管理のし易い軽便な軽甲・弓箭が主流となる。

古代律令制が日本で形骸化した後、歩兵を主体とする兵士の大集団が日本の戦場に再登場したのは戦国時代以降であるが、この頃には日本の長弓は複合素材を用いた長射程のものに発達しており、弩が顧みられる事は無かった。時代が下ると西洋からクロスボウが伝来するが、火縄銃の伝来と同時期であり、威力では火縄銃に、速射性では弓に劣るクロスボウは中途半端であるとして普及しなかった。

29:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:54:28.70 ID:9aXkp76M0.net
訓練のしやすさ考えたら弓矢に固執する方が有り得へん
買う金かルートが無かっただけの強がりかほんまの滅ぶべくして滅んだアホか
30:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:54:29.71 ID:h8g4hLud0.net
ワイ義和団、鍛えた肉体には銃弾も通じぬ
31:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/04/28(木) 20:55:35.07 ID:uVhLzWNx0.net
意識高い系武将、元軍に名乗りを上げてる間に撃たれる

引用元
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1461844068