sanadamaru40wanetabaretaitoru
真田丸★反省会
1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:49:34.57 ID:P0WGUeaF0.net
はい


引用元
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1476013774

2:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:49:46.42 ID:rGvItFZd0.net
今後の題名

第40回(10/09) 「幸村」
第41回(10/16) 「入城」
第42回(10/23) 「味方」
第43回(10/30) 「軍議」
第44回(11/06) 「築城」
第45回(11/13) 「完封」
第46回(11/20) 「砲弾」
第47回(11/27) 「反撃」
第48回(12/04) 「幸昌」
第49回(12/11) 「前夜」
第50回(12/18) 「疾風」
23:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:31.72 ID:CrhSoOPZ0.net
>>2
日シリの翌週に「完封」か…
55:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:16.88 ID:rhBWUOgd0.net
>>2
見せ場とはいえ意外と長く大阪の陣をやるんやな
4話ぐらいで終わらせると思ってた
58:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:20.87 ID:2MX4huyx0.net
>>2
よし、野球要素あるな
59:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:20.74 ID:SkMBpgsB0.net
>>2
これからの花燃ゆ (最終章)

10/11 いざ、群馬へ
10/18 世界に賭ける糸
10/25 萩の乱に誓う
11/1  運命の糸つなげて
11/8  二人の夜
11/15 未来への絆
11/22 姉妹の約束
11/29 富岡製糸場の危機
12/6  二人の再婚
12/13 いざ、鹿鳴館へ
94:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:52.71 ID:/rrfnipq0.net
>>59
うーんこの
120:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:52:33.40 ID:CrhSoOPZ0.net
>>59
タイトルだけで糞だと分かるのはある意味親切かも知れん
3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:49:51.83 ID:Qwf6kfn10.net
反省点ないやろ
4:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:49:52.90 ID:hECArKmUa.net
いうほど反省会か?
5:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:49:57.93 ID:PBnr5E2I0.net
祝勝会やぞ
9:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:03.91 ID:/Hh5B/jPp.net
片桐のくだりって史実?
29:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:41.78 ID:Vbx0GZIda.net
>>9
片桐が虐められてたのは史実
10:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:11.61 ID:M9jFHxSA0.net
なんだかんだで近年最高に面白い大河や
13:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:16.48 ID:sSve2fxoM.net
片桐戦犯
14:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:17.68 ID:JxDTqARza.net
大助って大坂の陣で自害するんか?
47:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:59.99 ID:TTO1tJoYa.net
>>14
秀頼と共に自害
98:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:52:00.16 ID:8u2W4L8qd.net
>>14
する
15:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:20.96 ID:4jyt3FIa0.net
なんかパッパおらんと消化試合やね
16:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:22.08 ID:19YSmRWO0.net
今年ばっかは家康殺して影武者説とってええで
17:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:23.04 ID:xXXSZKM00.net
なんとか官兵衛の語呂の良さ
20:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:27.28 ID:NHFkDGqd0.net
163:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:53:24.33 ID:PBnr5E2I0.net
>>20
史実と板挟み草
183:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:53:53.45 ID:HQZqNC7M0.net
>>20
本物の片桐はここまでヘタレやないって不満たらたらやな
210:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:54:35.69 ID:a2qnnt7+a.net
>>20
ええ役者は
インタビューもええな
264:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:56:05.44 ID:n12gtAvu0.net
>>20
正直片桐の扱いは酷すぎるから
最後にもう一つどんでん返しがありそうやけど
22:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:31.50 ID:KTVflVj00.net
回想シーンがこんなに熱かったの初めてやわ
148:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:53:04.32 ID:Qwf6kfn10.net
>>22
名シーンばっかやったわ
「わしのようにはなるな」
「戦国の幕を降ろす、大戦をしてみたかったわ」
「大博打の始まりじゃあ!!!」
26:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:37.10 ID:atu9+ZP/a.net
いつも通りキリカス以外良かったで
165:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:53:25.23 ID:GgxVsI/p0.net
>>26
なんでや!
キリはむしろ今回の為の存在やろ
今回ですべて赦された
28:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:39.24 ID:/j+UmlHZa.net
明石とかいうA級戦犯を許すな
34:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:46.17 ID:UmxYOMhk0.net
最後の仙人誰やった?
60:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:21.06 ID:a7+xRTKM0.net
>>34
変装した幸村らしい
92:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:49.56 ID:UmxYOMhk0.net
>>60
サンガツ
89:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:47.48 ID:/j+UmlHZa.net
>>34
変装信繁やろ
史実信繁の衰えを昌幸フェイクに利用したぽい
231:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:55:18.61 ID:UOjJ8Joc0.net
>>89
衰えたって書いたのは徳川方にそう思わせるためって説好きやわ
実際よぼよぼ宣言しながら大阪で大暴れするんやし
45:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:50:59.66 ID:IIRt/aee0.net
なぜよりによって村を選んでしまったのか
104:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:52:06.07 ID:/Hh5B/jPp.net
>>45
荒木村重「まったくやな」
229:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:55:13.05 ID:8u2W4L8qd.net
>>45
江戸時代の仙台伊達家でも
綱村、吉村って当主がいるから…
48:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:00.14 ID:ePfZONfu0.net
どう考えても今年は豊臣が勝つ流れだよな
ちょっとくらい歴史改編してもバレへんやろ
198:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:54:15.08 ID:Qwf6kfn10.net
>>48
君、関ヶ原の時も同じこと言ってたやろ(白目
49:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:00.23 ID:8u2W4L8qd.net
なんとか官兵衛に大草原
51:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:02.85 ID:rGEGCnyh0.net
不細工大野が淀とメロメロ幼馴染セックスしてると思うと
豊臣滅びろって思う
52:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:20.29 ID:XgqN1A+e0.net
きりカスが官兵衛の名前出したのって源次郎が小田原侵入したことに文句つけた歴史に自信ニキへのあてつけかな?
56:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:16.85 ID:PR2khyxRd.net
三谷大河だからスピンオフで石田治部最後の7日間期待しとるで
248:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:55:45.78 ID:Qwf6kfn10.net
>>56
???「豊臣家五奉行、石田治部少年三成」
57:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:20.77 ID:e6i+nneH0.net
今更やけどなんで三十郎だけキャストの所で矢沢三十郎頼康って表記になっとるんやろ
矢沢頼康じゃあかんのか
149:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:53:04.92 ID:TTO1tJoYa.net
>>57
三十郎って呼ぶ人と頼康って呼ぶ人がいるからね
63:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:21.32 ID:IgN4E4rp0.net
家康「あれは・・・片桐殿?!」
片桐「あなた様は、大御所様」
家康「こんなところで何をしているのだ!」
片桐「それがし、もう不要の物と、大野殿が秀頼様を守ると・・・」
家康「なんと・・・! そなたが豊臣にどれだけの忠誠を誓ったと思いか!」
片桐「致し方ありませぬ・・・全ては某が蒔いた種・・・」
家康「片桐殿・・・いや、カタ。ウチに来ないか」
片桐「えっ」
家康「豊臣を滅ぼそうじゃないか!」
130:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:52:42.13 ID:CHA9BRY60.net
>>63
史実なんだよなぁ
158:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:53:16.92 ID:0ngcIY33x.net
>>63
面白い
69:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:22.54 ID:n12gtAvu0.net
最後のジジイはこのエピソードの再現やろ
変装ってことなんだろうが


父・昌幸はこの3年前すでに失意のうちに没しており、
信繁自身も長年の窮乏生活のために歯は抜け落ち白髪も多く腰も曲がった状態で、大坂城の門番に山賊と間違えられたほどであったと伝えられる。
71:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:29.94 ID:wULu0Mwf0.net
毛利勝永と後藤はけっこう出番ありそうやけど木村重成とか薄田あたりは出番ありますか…?
109:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:52:15.10 ID:yXraNsQf0.net
>>71
来週でるで
178:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:53:45.76 ID:P0I6PbaU0.net
>>71
木村重成は仮面ライダーウィザードやし
それなりに出番あるやろ
72:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:30.92 ID:uDe13l0T0.net
片桐もやっぱり暗殺か?
一応豊臣の残滓みたいなもんやし
190:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:54:06.13 ID:cxYWFo6C0.net
>>72
追い腹やろ
382:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:59:13.68 ID:uDe13l0T0.net
>>190
最後豊臣に刃を向けなあかんかったのは無念やったろなぁ
77:風吹けば名無し@\(^o^)/:2016/10/09(日) 20:51:32.71 ID:BTPXFrFe0.net
何とか官兵衛と真田丸は同じ世界線だった・・・?


時代考証の丸島和洋さんのTweetを紹介
手に和解条件を考えた」というのも史実通りです。これにつきましては、曽根勇二『人物叢書 片桐且元』(吉川弘文館)をご参照ください。且元としては、敢えて幕府の姿勢を強硬なものと示すことで、豊臣を穏便な形で江戸幕府下の大名として存続させようとしたのでしょう。

しかし且元の策は裏目に出て、豊臣の「本丸衆」(大野治長等)から「徳川に内通していると疑われ、暗殺の危険を感じます。その結果、且元は大坂城内の屋敷に籠もり、秀頼・淀殿の出仕命令を頑なに拒絶します。

これに怒った秀頼が、「出仕しないのであれば大坂から退去せよ。そうしなければ屋敷を焼き討ちする」と通告したため、10月1日、大坂を退去して居城摂津茨木城に戻ることになります。

問題は、且元が対徳川氏担当取次であったことです。小牧・長久手合戦の発端が、秀吉との交渉を担当していた家老を織田信雄が斬殺したことであることからも明らかなように、理由もなく取次を処断することは、宣戦布告と捉えられかねない危険な行動でした。

そこで秀頼は、京都所司代板倉勝重、さらには家康・秀忠に対し、「片桐且元に不穏な動きがあったため」と釈明をしますが、この展開ではお話にならない。家康は既に「片桐且元が大坂を退去したら出陣する」旨を定めていました。このあたりも、ドラマで描いていただいた通りです。

この時期の豊臣家というのは、「そして、誰もいなくなった」状態を、徳川にも仕えている外交通片桐且元が支えていたものでした。したがって彼が外れると、徳川としても秀頼との意思疎通が難しくなり、秀頼方は「井の中の蛙」状態になっている。ばかりか、自家の財政を把握出来ていたのかも怪しい。

だから徳川方のほうも、「どうしてこうなった」という人が多かったと思われます。家康自身、軟着陸を望んでいた気配が濃厚ですが、自分の生前に秀頼を服属させたかったのかも知れません。

淀殿の呼称。ドラマでは秀頼誕生後のある段階から、「おかみ様」に統一しました。これは室町幕府将軍御台所にも使われた敬称で、淀殿にも血いられました。史料上では「上様」で、「うえさま」と読めば将軍、「かみさま」と読めば御台所となりややこしい。「かみさま」は守護クラスの正室にも使用。

史料上、淀殿の通称は「おふくろさま」(幕府方であれば「おふくろ」)が一番多いのですが、「おふくろさま」「おかみさま」の両案を提示して、ご検討いただいた結果、「おかみさま」に落ち着きました。信繁は関ヶ原前は「おかみさま」と読んでいたのに、且元との会話で?となっている演出が流石。

ドラマでは、信繁が去就に迷った者として「家族」が暗示されていたようです。実際には、信繁は九度山の隠遁生活を嘆いており、武家社会復帰を待ち望んでいました。ただ、彼が家族の身を案じていたことは、長女すへの夫石合十蔵宛の返書などからも窺えますから、間違いない事実です。

なおこの石合十蔵(すへの夫)への返書の写は、所在不明で拙著にも間に合いませんでしたが、ようやく所在が再確認でき、現在上田市立博物館に展示されているとのことです。是非お立ち寄りください。

大名間外交の取次役を理由もなく処刑・追放することが開戦のきっかけになる戦国期の慣習。現代風にたとえていえば、派遣していた大使を引き上げて後任も任命せずに大使を空席にし、召し返した大使をスパイ容疑で銃殺するような感じでしょうか。

補足。且元の交渉が上手くいかなかった理由のひとつは秀頼で、家康は開眼供養と大仏殿の堂供養を同じ日にするのはスケジュール的に無理があるので、堂供養は十七回忌なのだから秀吉命日に移せといったところ、秀頼が秀吉命日は「臨時之祭」があるからできないと拒絶してしまっている。

他にも家康の修正提案をことごとく秀頼が蹴っでおり、そのなかで「国家安康」が出てくる。家康は五山の禅僧に諮問をしているが、実はあまり批判するような回答は得られていない。同時に、文英清韓が本当に高僧なのかという履歴調査も指示する等、家康はかなり真剣に取り組んでいる。

ようするに家康は難癖をつけたというよりは、主観的には真面目な疑問をぶつけたわけで、秀頼が事態を理解できなかったといえる。且元の苦労もここにあるわけで。ただ「国家安康」の件は、西国発の新興儀礼に東国の家康が古典復興の観点からノーを突きつけた感じで、豊臣方の混乱も致し方ないかも。

―三河一帯に流布していた村正の刀で家康の祖父清康と父広忠が死んで、さらに家康も村正で指を切ったことがあり、家康が村正を気味悪がっていたので、真田『幸村』が村正を持ち歩いていたという俗説を聞いたことがあります。それと関係ないかなと思っていたのですが。

完全に俗説です。冒頭で書かれているように、村正は三河で流通していた刀ですので、そもそも「家康が気味悪く思う」わけがないのです。

―幸綱の父を海野棟綱でなく頼昌とする系図もあるようですが、この昌という字も何か縁のある字なのでしょうか。昌輝・昌幸の他、望月氏の諱でもしばしば見かけるように思いまして…

幸綱の父は海野棟綱ではなく(彼は舅か外祖父)、真田頼昌ですが、矢沢家の菩提寺の系図にでてくるだけなので、正しい実名かわかりません。昌輝・昌幸をはじめとする「昌」は、武田信玄から与えられたもので、当時の武田家臣・従属国衆にいっぱいいます。

―淀殿と北政所の関係はどうなっていたのでしょうか。淀殿が跡継ぎを生んでも、北政所が正室ですよね。そのあたりのパワーバランスはどうなっていたのでしょうか。

近年の研究では関係は良好で、関ヶ原後も、北政所は豊臣のために淀殿と協力して尽力していたことが明らかになっています。ただ、隠居生活の立場から、という形ですが。

―片桐が徳川方との交渉内容について嘘を言っていたから、というのは処断の理由にならないんでしょうか? 片桐は徳川方にも不信を持たれてしかるべきかと思うのですが。

史実では「嘘をいった」わけではないのです。「幕府サイドから秀頼に異心のないことを形で示せと言われたので、自分で考えた私案を提示したところ、秀頼サイドが激高した」という流れです。

丸島和洋(@kazumaru_cf)さん | Twitterからの返信付きツイート