【大河ドラマ視聴率】「真田丸」第43回は視聴率14.5% 軍議で五人衆が対立
1:三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:28:02.73 ID:CAP_USER9.net
まんたんウェブ 10/31(月) 10:20配信

 俳優の堺雅人さんが主演のNHK大河ドラマ「真田丸」の第43回「軍議」が30日、
放送され、平均視聴率は14.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 「真田丸」の平均視聴率は、初回が19.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ・以下同)で、
第2回が「八重の桜」以来、3年ぶり大台乗せの20.1%を記録。その後も高視聴率を
記録している。

 「真田丸」は、戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた真田幸村が、家族とともに
知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿を描いている。三谷幸喜さんが2004年放送の
「新選組!」以来、12年ぶりに大河ドラマの脚本を手がけ、長澤まさみさんや
大泉洋さんらも出演している。

 第43回は、徳川軍が大坂城に迫る中、軍議で五人衆の意見が対立する……という展開で、
意見が対立する中で、おのおのの思惑が明らかになった。また、はいだしょうこさんが演じる
浅井家三姉妹の次女・初も初登場した。「真田丸」はNHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161031-00000004-mantan-ent


引用元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1477877282

2:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:29:30.14 ID:c36g7Mtd0.net
来年がこわい
894:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 16:53:06.43 ID:FPpil+97O.net
>>2
来年はまだマシだ
本当にヤバいのは再来年の西郷隆盛
3:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:30:19.89 ID:KHB5rovV0.net
裏に日シリ第7戦があったらもっと下がってたな
4:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:30:42.85 ID:ypcKWXTg0.net








次週からいよいよロケで撮ったパートに入る
関ヶ原&第二次上田合戦で節約した分をここに集中的に投入した模様
45:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:51:59.11 ID:jfwbrDhJ0.net
>>4
なおえさん、白髪まではえて。苦労したんだな
133:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:28:27.58 ID:1U7npDnl0.net
>>4
御屋形様カッコイイ(°∀°)
5:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:30:44.91 ID:ksN5iueU0.net
有楽斎が裏臭いだった
23:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:38:28.49 ID:IvkAGQPT0.net
>>5
二重スパイだしな。
148:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:31:21.01 ID:L2qry+X/0.net
>>23
スパイといえば小幡景憲が出てこないな
1614年(慶長19年)の大坂の陣では豊臣氏に与したが、内実は徳川氏に内通しており、江戸幕府京都所司代の板倉勝重に連絡していたという。戦後は再び徳川氏に仕えて1500石を領した。景憲は甲州流軍学の創始者として名高く、幾多の武士に教授したとされる。特に北条氏長・近藤正純・富永勝由・梶定良は小幡の高弟として名高く「小幡門四哲同学」などと呼ばれている。剣術にも優れて小野忠明から皆伝を受けている。江戸時代に成立した軍学書『甲陽軍鑑』は、春日虎綱の甥・春日惣次郎が書き残した口述を小幡光盛の子孫と考えられる小幡下野守が入手し原本が成立したと考えられているが、景憲は小幡家伝来の原本を入手し成立に携わったという。

152:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:32:41.06 ID:h0MPm6+N0.net
>>148
その役目を織田有楽斎に演じさせているんだろな
165:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:35:08.00 ID:WTBtRQWP0.net
>>152
裏臭いからな。
180:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:37:22.14 ID:h0MPm6+N0.net
>>165
大坂夏の陣では織田有楽斎は豊臣から離脱したからな
206:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:42:32.26 ID:vFsZnu+x0.net
>>152
有楽斎って織田信忠、豊臣秀頼と二回も主君を土壇場で見捨てたクズだけど
豊臣滅亡後は隠居しちゃうしスパイとかじゃなく単純にヘタレで信雄に似てたんだろな
242:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:50:16.40 ID:M40bXXJn0.net
>>206
信長の姪の茶々
信長の弟の有楽斎

豊臣なんか滅んじゃえって思ってたろw
264:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:55:10.12 ID:vFsZnu+x0.net
>>242
豊臣に愛情は無かっただろうけど
織田家衰退のキッカケ作ったのは当主の信忠を切腹させて
自分だけ逃げて秀吉に付いた有楽斎だからクズ中のクズ
6:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:31:34.03 ID:zz8mcvlq0.net
軍議なげえよ
294:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:59:52.05 ID:KuZ1Dc6G0.net
>>6
今回の見応えは、組織における決定プロセスの妙を「軍議」を中心に描いてる。
現代の社会にも普遍的に通じるような風刺にもなっており、そこが面白いの思うのだが、
あんたは一体、どこを見てるのか?大河を見てどの部分に興味を持つの?
309:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 12:03:45.94 ID:GNQqD0eR0.net
>>294
上層部で既に決めたことについて、管理職以下が形式上会議をやるって、
現代でも多いし、うんざり。
8:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:32:18.09 ID:4dm4b9nM0.net
今年は豊臣が圧勝しそうな流れだったのに
9:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:32:20.01 ID:0sexWcJO0.net
1話丸ごと茶番で終わった
10:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:32:41.76 ID:LmE4PxrM0.net
やっぱりマザコン秀頼
11:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:33:54.27 ID:oALug0cC0.net
これ、結局大阪方が負ける気がするんだよなあ…
13:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:34:31.60 ID:YANpMh180.net
こんなんで一話使うとは思わなかった
26:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:40:46.37 ID:n4NJeqvj0.net
>>13
次話への布石、というよりこのドラマのタイトルの由来を説明するためだからしょうがない
571:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 12:55:57.24 ID:e7haI4cK0.net
>>13
ワンルームドラマは三谷の18番。得意中の得意なところをひとつどうしてもみせたかったんだろうね。
904:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 17:00:31.51 ID:wIdah/LM0.net
>>13
逆にもっと長くてもよかったと思ってる
大阪の陣でいきなり籠城を採択したのは最も「不思議」な部分の一つだしね

そこじゃなくて史実で語られてる通りの展開、茶々がいきなり全部ひっくり返しただけだったっていう脚本が気に食わない
信繁と茶々をあんなに「以前から仲が良い」とずっと描いてきたのに、信繁の意見を無視する対応っておかしすぎるわ
「仲が良い」と描いてきた意味が全く見当たらない
今後堀が埋めれらる事になる和平交渉も淡々と史実通りなんだろうなぁ
だったら茶々と信繁は仲悪いとした方がよっぽどすっきりしたわ
15:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:35:19.48 ID:12eQdnmu0.net
秀頼「籠城はせぬ。討って出るぞ!」

この時は今年こそ豊臣の勝利が見られるかと思ったのに…
結局ママの言うことには逆らえないのか
519:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 12:46:08.07 ID:AY4e2E1O0.net
>>15
影響力が大きいのは勿論だけど
淀の発言の裏には、大坂城にいる多くの武士たちの本音も見え隠れしている

牢人たちをどこまで信用できるものかってのは切実な問題だよね、牢人たち同士ですらそうだし
927:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 17:16:28.04 ID:PVSZSMTk0.net
>>15
熊本で、清正と過ごしてたら、良い武将になれてただろうなって思った
16:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:36:07.76 ID:Pww80hb60.net
せっかく、お主はなぜここに来た、と言い合って
三銃士結成みたいなまとまりを見せたのに
史実通りの残念な流れが当たり前なのだが悲しくなった

しかし信繁、「お主はなぜ」 「それが私にもわからんのだ」はねえだろテメーなんか言え
32:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:43:34.65 ID:Gq2VI3Pn0.net
>>16
> しかし信繁、「お主はなぜ」 「それが私にもわからんのだ」はねえだろテメーなんか言え

この答えに納得の笑みを浮かべてる他の連中もおかしいよな
普通、信用なくすところだぞ
19:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:37:42.10 ID:Zh+jKi7T0.net
結局秀頼はマザコンで茶々の言いなりだし、茶々の意向で籠城その後も信繁の案を悉く裏で却下パターンか。
21:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:38:18.21 ID:V88ls8V80.net
当初から野戦を強硬に主張したのは又兵衛なんですが…
三谷のファンタジーで歴史を曲げるおつもりですか?
冬の陣の開戦前、伏見城を奪取し、瀬田・宇治川を防衛ラインとする作戦を具申し、真田信繁らに賛同を得たが、多くの反対派に退けられ大坂城での籠城戦と決まった。
後藤基次 - Wikipedia

63:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:58:54.71 ID:tf/uMajy0.net
>>21
すでに曲げたいだけ曲げてますが。
何周したかわからんくらい。
24:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:39:24.23 ID:h0MPm6+N0.net
淀「私はどうなっても良いので秀頼の命を」

じゃ、おまえが江戸に人質に行けよ

はい、論破
25:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:40:02.19 ID:T28fySlw0.net
大坂の陣に2ヶ月かけるのか。
急にスローテンポになりそうな予感。(^^;;
28:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:41:37.97 ID:n4NJeqvj0.net
>>25
12月11日で終わるのが大河ドラマ、あと6回かな
97:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:16:30.96 ID:hQjw0qGm0.net
>>28
最終回は18日
34:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:43:56.60 ID:Q0qUXL2D0.net
大阪いい流れーからの落とし方がひどくてがっくりだな
負けるにしてももっと面白いシナリオあったろう
37:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:45:51.96 ID:M0hoCLFE0.net
久々に信長の野望ビューでの進軍を見れました
家康の顔アイコンは老けたけど表情は同じでしたね
38:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:46:43.87 ID:R/mNA0hN0.net
これで豊臣VS徳川は通算何勝何敗になったのかな。
39:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:47:39.69 ID:vFsZnu+x0.net
結局やっぱ淀がアホすぎたんだと思う
秀吉小飼がみんな徳川に付いたのも秀吉を憎んでる淀が仕切る豊臣にウンザリしてたのもあるだろ
43:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:48:56.08 ID:zYOvLGGz0.net
秀吉愛された人に勘定されてなくてかわいそw
49:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:54:02.46 ID:vFsZnu+x0.net
>>43
でも寧々は死ぬまで秀吉を愛して部屋に秀吉の遺品並べてたらしいからそれでいいだろう
72:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:07:05.27 ID:zz8mcvlq0.net
>>43
秀吉は浅井長政と柴田勝家攻撃したからな
母の市は柴田と自害
348:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 12:13:23.71 ID:qx5T1CDN0.net
>>72
しかも、嫡男も秀吉に殺されてるし
信長の命令ではあるけど…
46:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:52:28.20 ID:bGUmC5es0.net
織田有楽斉は有楽町駅を作った人。

豆な
47:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:53:00.32 ID:ZV7p/R1y0.net
今回こそ勝てそうな雰囲気だったのに淀の一声で台無し
51:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:54:49.91 ID:SANtBGWE0.net
2000 18.5% 葵徳川三代 (津川、西田、尾上)
2001 18.5% 北条時宗 (和泉元彌)
2002 22.1% 利家とまつ (唐沢、松嶋)
2003 16.6% 武蔵 (市川新之助)
2004 17.4% 新選組! (香取慎吾) ※三谷幸喜作品
2005 19.4% 義経 (滝沢)
2006 20.9% 功名が辻 (仲間由紀恵)
2007 18.7% 風林火山 (内野聖陽)
2008 24.5% 篤姫 (宮崎あおい)
2009 21.2% 天地人 (妻夫木)
2010 18.7% 龍馬伝 (福山)
2011 17.7% 江~姫たちの戦国~ (上野樹里)
2012 12.0% 平清盛 (松山ケンイチ)
2013 14.6% 八重の桜 (綾瀬はるか)
2014 15.8% 軍師官兵衛 (岡田准一)
2015 12.0% 花燃ゆ (井上真央)
2016 16.9% 真田丸 ※10/30放送分迄の平均
52:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:55:05.32 ID:x3guLa9t0.net
又兵衛(哀川翔)みたいなやつ
IT系に多い印象。結局は自分が
上に立ちたいだけの自己中心人間
57:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:57:00.73 ID:h0MPm6+N0.net
西からも徳川勢が来ているのに東ばかり

そりゃ、籠城策が正しかった
58:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:57:08.16 ID:lYxQdjJH0.net
家康と片桐且元のシーンは良かった
60:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:57:32.66 ID:RlVk9dc80.net
淀はやっぱ糞だなw
秀吉に恩を感じてる信繁の前で秀吉完全否定するとかそら信繁あんな表情になるわな
嘘でも太閤の名前にすがれよ士気上げる為にもさ
61:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 10:57:48.59 ID:8idbM7Is0.net
あんたは何のためにここに来た?
私にもわからない

ここでガッカリした
ほんと魅力のない主人公だな
65:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:01:05.52 ID:s1kC50PO0.net
しかしあんな頼り無さそうな
豊臣家臣が
よく10万人も浪人を集められたなあ
実際は家康にわざと泳がされてた
とか?
196:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:40:32.56 ID:xUVyEsR30.net
>>65
可能性はある。
家康にとって邪魔なのは、難攻不落の大坂城と反徳川の浪人たち。
まとめて、ぼんっと出来るからね。
212:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:44:14.45 ID:2PPYrAft0.net
>>65
てか、戦のない世の中になって一番困るのは武士
官僚化できない武士や、戦のために増やされた武士階級は減らさなきゃならん
秀吉も頭を抱えたのがこの問題で、唐入りもその一環と言える
明治維新後の征韓論も、そこんとこの問題が出てきたから起きた論争
401:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 12:22:49.93 ID:NEME+5VG0.net
>>65
記録によると実際はもっと頼りなーい感じの子供だったらしいからな
ドラマでそれだとあまりにも見栄えがしなくてつまらないので
68:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:03:46.81 ID:h0MPm6+N0.net
>>65
秀吉が残した莫大な金で集めたんだよ
69:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:05:16.75 ID:jfwbrDhJ0.net
茶々は不幸をまきちらすってこのドラマでもクローズアップしてるのに
なんで主人公は気が付かないのか歯がゆい
70:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:06:08.98 ID:qiDCs+LW0.net
幸村の案が通って、今年こそは大阪方が勝てると思ったのに・・・

これじゃ、今年も大阪の負けだよ?(´・ω・`)
71:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:06:53.50 ID:6R9ir3+A0.net
この大河だと大蔵卿が悪の権化みたいに描かれてるな
ホントのところは知らんけど
87:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:13:46.42 ID:vFsZnu+x0.net
>>71
豊臣は滅び徳川が都合いい歴史を作ったから本当の事はわからんが
息子の大野兄弟が豊臣の重鎮になってる時点で権力乱用した駄目な女だったんじゃないかね
秀吉の色の付いた奴らはみんな大阪から出ていったし
73:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:07:26.84 ID:h0MPm6+N0.net
淀は自分の家族を殺した豊臣に復讐したいんだよ

豊臣を滅亡を願っている
96:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:15:56.21 ID:vFsZnu+x0.net
>>73
柴田についてはわかるが浅井長政や弟を殺したのは信長だから秀吉からすりゃ八つ当りだけどなw
三谷映画の清洲会議でも秀吉がそれ愚痴ってたけどあれは愚痴りたくもなる
698:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 13:55:19.14 ID:nNcz253N0.net
>>96
これやろ
そもそも淀より北まんの方に忠義感じ取ったろうし
76:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:08:07.13 ID:5A73y+ru0.net
猿飛が家康を暗殺するのが一番らくじゃ
無理かな
107:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:19:40.81 ID:0Ch+/aM90.net
>>76
暗殺に成功したけど影武者が・・・・
82:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:10:33.70 ID:qEGTMbgL0.net
豊臣軍選手「フロントがアホやから戦がでけへん」
85:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:13:04.81 ID:2wE568On0.net
結局、この淀って豊臣家滅ぼしたくてしょうがないないんじゃないかとさえ思えるんだが・・・
珍しく大野が根性見せ、男闘呼組も良い感じだったのにグチグチ煩いゼブラーマンときたら
83:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:11:19.89 ID:pGHdwQAn0.net
昨日はここ数週のなかでは面白かった
139:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/10/31(月) 11:29:06.69 ID:kCLPswzK0.net
>>83
同じく。
時代考証の丸島和洋さんのTweet
出先なので簡略に。今日から初(はいだしょうこさん)登場です。これからは、流れるように話が展開していきます。クライマックス、楽しみましょう。

信繁の献策。軍記物に書かれた話を、当時の実情に沿ってアレンジが加えられています。ただ、大坂入城直後の信繁に発言力があるとは思えず、実際に出したとしても混乱したでしょう。

大野治長。前回で株を下げまくったようですが、今回盛り返しです。この先の読めなさが三谷さんの醍醐味。即断せずにご視聴ください。

真田兄弟の陣の先が本多忠朝というのは、彼が真田氏の寄親だからです。忠朝は、忠勝の次男ですから、その関係からの配置になります。なお、秀忠への取次は、本多正信です。彼が信繁の話をしたのは、歴史学的にいえばそうした立場に根ざしたもの。

片桐且元。家康は大坂退去後の行方を真面目に探していました。実際には、京都所司代板倉勝重がきちんとおさえているのですが。且元の苦悩が描かれていますが、彼は大坂城のすべてをほぼ差配していましたから、大野治長などよりはよほど詳しいのです。

真田丸補足追加。後藤又兵衛が黒田長政から仕官の妨害を受けていたという話。奉公構(ほうこうがまえ)という措置です。ここだけ聞くと、黒田長政が感情的になっているようにみえるのですが、家臣団統率のためには、又兵衛が他家に高禄で召し抱えられることは避けたかったと思われます。

黒田長政はこの点、非常に気を遣っており、「黒田家文書」には、家臣同士の人間関係を記した帳簿が残されています。この家臣とこの家臣は仲が良い、悪いを調べて、取りまとめている。家臣には絶対見せられない閻魔帳。長政が、家臣団統制にいかに心を砕いたかがうかがえます。

矢沢頼幸。信政との剣術稽古シーンが挿入されました。後から思い出したのですが、頼幸は武田時代に源信綱なる人物から免許皆伝を受けている人物。これ以上の適任はいませんね。

―もしお答えいただければ幸甚です。
毛利勝永は父の代、秀吉が織田の部将だった頃から豊臣に仕えているようなので、信繁よりも主従の縁が深いように思えるのですが、ドラマでは「外様」扱いされています。実際はどうだったのでしょうか?

関ヶ原で縁が切れているので、あくまで牢人扱い、よく言って返り新参です。15年前に退社した社員が突然帰ってきた時に、現在の執行部、現役社員がどのような気持ちで迎えるか、という問題なわけです。これは、信繁も盛親も同じ。明石も、厳密には豊臣直臣に近いので、同様。

―では「信繁は信用できるかが勝永はできない」という淀の方の台詞は、あくまでもドラマ上の脚色ということですね。

信頼性からすれば、どっちもどっちであったと思います。

―おはようございます!質問です。昨日の『真田丸』で大阪城での軍議の際大野治長、織田有楽斎、大蔵卿局が裏で操っていたように描かれています。大野と織田は解るのですがなぜ大蔵卿局の権力があれ程大きいのでしょう?秀頼の母の乳母は当時そんなに偉かったのですか?

戦国期までは、当主不在または幼少の場合、前当主の妻が家督の権限を代行しました。後家権と呼ばれます。豊臣も、秀吉死去段階で秀頼幼少、北政所は政界引退状態だったので、淀の方が家督を代行していました。通常、次期当主成人で権力が返上されるのですが、そう簡単にはいかない場合もある。

どんなに親子関係が良くても、権力移譲が、側近層に影響するからです。このため、秀頼成人後も、淀殿の発言力が残りました。しかし常に淀殿が出てくるわけでもないので、その意向を代弁する役回りを、大蔵卿局に担ってもらっている作劇かと思います。

で、問題の根っこは淀殿本人よりも、彼女に引退されると困る側近層にあるので、大蔵卿局が必ずしも淀殿の意向通りに動くとは限らないわけです。

こうした後家権は、江戸時代になると女性の政治介入は国の乱れといった考えのもとで忘れ去られ、大坂の陣の責任がすべて淀殿に押し付けられることになるのです。 これは同時に、秀頼の責任を曖昧にすることにもつながりました。


丸島和洋(@kazumaru_cf)さん | Twitterからの返信付きツイート