001_size6
【大河ドラマ視聴率】「真田丸」第44回は視聴率15.3% 真田丸ついに登場!
1:三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:17:55.46 ID:CAP_USER9.net
まんたんウェブ 11/7(月) 10:12配信

 俳優の堺雅人さんが主演のNHK大河ドラマ「真田丸」の第44回「築城」が6日、
放送され、平均視聴率は15.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 「真田丸」の平均視聴率は、初回が19.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ・以下同)で、
第2回が「八重の桜」以来、3年ぶり大台乗せの20.1%を記録。その後も高視聴率を
記録している。

 「真田丸」は、戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた真田幸村が、
家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿を描いている。三谷幸喜さんが
2004年放送の「新選組!」以来、12年ぶりに大河ドラマの脚本を手がけ、
長澤まさみさんや大泉洋さんらが出演している。

 第44回は、真田幸村(堺さん)が、大坂城の最大の弱点となる南側に出城・真田丸を
作る……という展開で、“真田丸”がついに登場した。「真田丸」はNHK総合で
毎週日曜午後8時ほかで放送。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161107-00000003-mantan-ent
3:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:20:39.03 ID:roCz8FNo0.net
44話総括

井上順死ね


引用元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1478481475

8:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:25:13.69 ID:ItrmA9ya0.net
残った見所は来週の完封、又兵衛壮絶死、夏の凸撃ぐらいだな
60:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:55:02.99 ID:8h+Aw+CQ0.net
>>8
番組ラストの史跡紹介?で脱出口みたいの紹介してたから、
秀頼連れて鹿児島逃亡説でやるんじゃない?だからそこも見所かも
455:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 15:40:35.90 ID:EZmVnq4P0.net
>>60
ラストは秀頼逃亡あるよな
真田信繁が秀吉と初対面の時に城外へ遊びに行った抜け道みたいな所を通って脱出すると予想
三谷はこういう長い前フリ好きだからな
471:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 15:52:18.89 ID:tgoVVS1D0.net
>>455
今更史実どうこう言っても仕方ないしドラマだしそれくらい冒険してもいい
473:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 15:54:01.62 ID:rVnysbwD0.net
>>471
いや、それなら秀頼大助逃亡エンドで
信繁には家康打ち取り以後影武者説をやって欲しい。
9:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:28:12.23 ID:WQpDHIas0.net
特殊火縄銃が波動砲の様に使用され熱い展開に
10:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:29:01.10 ID:26nhtCdr0.net
秀頼がもっと早く自立すべきだったのか
11:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:29:24.51 ID:jAvThQss0.net
真田丸は台形?玉子型?
96:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:06:46.92 ID:4oH5LhuC0.net
>>11
台形やで
ヒストリアでやってた最新研究による
真田丸をロケ地に作った本気モード
15:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:31:43.67 ID:6S1LmNxq0.net
まさか大御所の「仕寄せ」講釈エピソードを入れてくるとは思わんかった
16:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:31:56.21 ID:WQpDHIas0.net
なお、真田十勇士はフィクションなのでOPの城同様出ません
20:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:32:53.69 ID:06Sy5Qwp0.net
手紙で籠城って知らせたのって有楽なん?
26:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:34:52.18 ID:6AaZHVGR0.net
>>20
多分そう
241:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 12:16:29.26 ID:P38T6u5Z0.net
>>20
だから真田に冷たいのか
349:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 13:41:19.21 ID:twudeTaD0.net
>>20
史実だと南条元忠てのが内通してて、直前にバレて逆に大阪方はそれを利用したって話しがあるけど
真田丸で出てくるかは知らん。

来週のあらすじに平野さんがいるな。秀頼の味方しようとする最後の出番?
41:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:40:15.81 ID:FoYwiWOz0.net
>>20
あの料理頭も、調べたらあやしい人みたいだね。
46:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:44:34.66 ID:/zBKAlmE0.net
>>41
真田太平記で
台所から出火って

言う場面があるから
243:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 12:16:56.54 ID:P38T6u5Z0.net
>>41
まあスパイはたくさんいるわな
21:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:33:20.90 ID:GSToWOEu0.net
めずらしくカッコイイ展開だった でも毎回ヽ(・ω・)/ズコー っていうオチだからな 期待はしないw
23:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:33:56.00 ID:cvGTSmsi0.net
エンケン景勝の嫌そうな顔がw
29:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:35:27.94 ID:IWJ8RMTX0.net
大野さんの株が乱高下
30:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:36:18.46 ID:SMaT0/lm0.net
秀頼「負ける気せーへん、地元やし」
31:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:37:24.89 ID:L1WGOyjJ0.net
秀頼が優秀なんて馬鹿がいるが、ただのマザコンだろこいつ。
淀に全く頭が上がらないで自滅する淀に付き合って死ぬ馬鹿。
32:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:37:26.80 ID:IWJ8RMTX0.net
松方弘樹がやった真田幸村ものは家康討ち取ってたぞ
132:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:24:59.32 ID:rtDNtH920.net
>>32
討ち取ってないし、余計な茶々との恋愛パートが入ってたはず
33:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:37:59.76 ID:VzByWmvX0.net
今度のブラタモリは大阪城&真田丸だったな
35:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:38:12.24 ID:6S1LmNxq0.net
大野さんの立場に血涙する中間管理職は多いと思う
36:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:38:57.21 ID:/zBKAlmE0.net
>>35
見事に片桐さんの
後継者やってる
50:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:49:34.47 ID:m/XJoMHC0.net
>>35
家康の仕寄せ講釈にオーナー社長を思い出すサラリーマンも多そう。
トップにあんなことされると中間管理職はオロオロw
66:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:57:37.61 ID:6S1LmNxq0.net
>>50
大御所と正信が「若え連中は仕方ねえな任せろ」って感じで嬉々としてキャッキャした後の
後ろの秀忠のイヤ気な表情が
社長を任されてそこそこ経営に自身がついてきたものの、まだまだ嘴の青い2代目が、
要所でしゃしゃり出て来る父親の先代会長に対して「また俺の立場も考えず余計なことして…」
って感じで良かった
37:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:39:21.15 ID:BW63At8x0.net
大河って長すぎて後半飽きてくるけど真田丸はめずらしく盛り上がってきたな
282:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 12:48:21.05 ID:7BC2riOq0.net
>>37
幸村の人生って最終盤になるまでは
かなりうだつが上がらないからな
38:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:39:33.04 ID:sVBZW+hx0.net
抜けようぜと誘った毛利と哀川、秀頼に聴かれて気まずくなかったのかな?
49:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:47:11.24 ID:VzByWmvX0.net
>>38
秀吉だったらそんな二人にも大げさなアクションで手を握りに行くんだろうな
40:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:39:48.39 ID:qq5gie3L0.net
「中間管理職・ハルナガ」で2時間もののドラマ作れそうな気がする
43:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:44:04.17 ID:+UKLEjfG0.net
治長のイメージが180度変わったわ
今までは大蔵卿や淀と一緒に偉そうにふんぞり返ってるイメージだった
45:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:44:29.27 ID:bYXiwR510.net
籠城策を知った家康が
勝ったと言ったけど
野戦策でも
しめしめ罠に掛かったと
言ってそう
482:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 16:10:21.29 ID:ViaruFbk0.net
>>45
家康は関ヶ原では小早川の裏切りで勝ったんだから
野戦だと裏切りが怖いわけよ
籠城戦だったら寄せ手に裏切り者が出る可能性はゼロにできる
52:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:50:27.93 ID:HmyLSj5W0.net
そもそも生理的に嫌いなタイプだった井上順が、さらに嫌いになった
53:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:51:30.38 ID:o2Y9bzDB0.net






262:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 12:30:23.37 ID:hy5+3hhP0.net
>>53
本町橋の夜襲やるんかな
55:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:52:45.00 ID:HmyLSj5W0.net
古くからの側近だった片桐に裏切られてるので、

豊臣家の人間不信は理解できる
94:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:06:25.09 ID:A3vYWz200.net
>>55
関ヶ原で徳川に尻尾ふった奴より
徳川と戦った奴を信用できないとかw
バカな乳母使って片桐を追い出す策略が効いたんだろう
59:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:55:00.34 ID:Jy1XtUid0.net
内野聖陽のセリフ回しが怖すぎるw
61:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:55:31.25 ID:0V5RLBhv0.net
嫁もきりも出なかったな
つまんねえ
62:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:56:16.93 ID:C2oolnu50.net
家康だけ突出して老けすぎている
あのバランスの悪さは異常
68:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:58:17.82 ID:AgtAveiB0.net
茶々ってなんなん?
最悪やわ
76:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:00:18.68 ID:0pAoUvyh0.net
>>68
まだまだこんなもんじゃないぞ
70:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:58:52.33 ID:BYYcsTYL0.net
女が戦い方や政治に口出すとろくな事にならない
乳母ごときが生意気な
77:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:00:35.21 ID:JW4h+16x0.net
>>70
春日局「なお」
73:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 10:59:36.47 ID:KIlQAvPT0.net
草刈が死んでから話運びが退屈な印象
本来盛り上がるはずだから、幸村の周りに光を当てる脚本作りが逆にアダになってそう
ここまで見たからには最後まで見るけど
74:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:00:11.49 ID:ShCTKvlP0.net
ようやく信繁が主役の真田丸が始まったという感じ
来週からの合戦はちゃんと城作ってロケしてるようだから期待
75:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:00:13.43 ID:a21vtC/j0.net
弟が城を築き家康の首を獲ろうと目を輝かせてる頃、信之は人生を振り返り黄昏ながらお通とまったりしててワロタw
229:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 12:10:53.64 ID:fx2UIo8g0.net
>>75
ここがまだ人生の折り返し地点程度だとは夢にも思ってないんだろうな
80:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:00:51.51 ID:Vus2jmsoO.net
前回も今回も最後に鶴の一声で決まるので何のためにダラダラ会議やらやり取りやらをやっていたのかわからん
こんなんでムダに回数を使うなら関ヶ原やら上田合戦をもうちょっとしっかり描けばよかったのに
83:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:02:07.70 ID:KIlQAvPT0.net
>>80
そこら辺のぐだぐだしてるのをわざと脚本と演出でやってるんだろうけど、見てて退屈なんだよね
104:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:09:35.41 ID:aKkDIq0c0.net
>>80 最後に鶴の一声で決まるので何のためにダラダラ会議やらやり取りやらをやっていた

この描写が重要だっていうのがわからないんだな
87:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:04:05.00 ID:4oH5LhuC0.net
次回が楽しみですわ
92:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:05:07.80 ID:bYXiwR510.net
女が口出しするというか
豊臣直臣の数が少ないね。
徳川もだけど
116:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:15:14.03 ID:e7EhqQJV0.net
大野修理がここまで格好いい時代劇がかつてあったろうか?
今回はちょっとへたれたが
405:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 14:38:09.69 ID:uooqlX/c0.net
>>116
しかしだいたい三成が死ぬと突然重臣として現れるんだよなあ
356:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 13:47:53.79 ID:6zUVV8vC0.net
>>116
滝田栄の『徳川家康』で谷隼人が演じた大野はそんな悪くは書かれてなかった印象
150:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:32:45.18 ID:opwQA2wa0.net
誰も有楽斎疑わないのが不自然すぎ
179:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:49:37.25 ID:gBo8hA510.net
>>150
織田信長の弟で淀の叔父だぞ。どうにかできる存在ですか?
152:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:33:15.00 ID:p9nOlWOx0.net
大野治長ってあの乳母の子供だったのか
そりゃ逆らえないわなあ
154:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/11/07(月) 11:35:42.14 ID:A3vYWz200.net
>>152
だから秀頼も母に逆らえない
父子は似てくるものだな、微笑ましい

時代考証の丸島和洋さんのTweet
ぴんぽんぱんぽ~ん。「真田丸」最終章に突入しています。これまで以上に、ネタバレ注意回が続きます。地上波視聴組の皆様におかれましては、BS放映開始後の6時以降、ツイッターにご注意下さい。

盛り上がりましたね。ネタバレ注意も、出すと皆さん身構えちゃうので、「今日は」ではなくて「ネタバレ注意回が続く」と多少表現をいじったのですが(まあ今後もそうなんですが)、身構えていても吹き飛ぶようなTLだったようです。

僕は雑談で「OP、いろいろ検討してます」と聞いていたので、どの回でどうやるんだろうと思っていたのですが、実際最終チェック版を拝見して、「すげ-」となりました。他の考証陣は、手違いでOPを入れ忘れたのかと勘違いしたそうです(苦笑)。

大坂冬の陣、徳川方。ウィキペディアでは20万となっていますが、慶長19年11月28日付け吉川広家書状(「吉川家文書」1305号)に「今迄ニ着候人数三十万ほと可有之様ニ取沙汰候」とあると考証会議で指摘がなされ、30万となりました。

最終的な数字で、かつ吉川広家も「可有之様ニ取沙汰」(30万くらいになっているんじゃないかと囁かれている)と正確に把握できていないのですが。

最終的な数字で、かつ吉川広家も「可有之様ニ取沙汰」(30万くらいになっているんじゃないかと囁かれている)と正確に把握できていないのですが。

出雲阿国。二代目というか、こっちが一般に知られている出雲阿国という感じの設定です。というのも、秀吉の時代だと、彼女は子供の踊り手として知られた存在なので。

なお、今回考証側としてお話ししたのは、「もう開戦状態なので、通行止めになっていますから、何かしら理由付けをしないと女性は通れません」というものでした。阿国一座なら、「慰問」という形で通れるというわけですね。

信之。文通相手の小野於通との逢瀬(?)です。稲様の眼光がきらめいていました。実は、信之の「(江戸)城から帰った」というのも言い訳としては苦しいところでして、「登城命令」がないと江戸城にはいけません。ううっ。

真田丸のところに後藤又兵衛が築城を計画していて・・・という話は軍記に出てくるものです。まあ、実際には大坂城の周囲には砦が複数作られており(木津川口砦とか)、真田丸もそのひとつで、当初からの計画を信繁が仕上げたという形だと思うのですが。結構入城からの日数がないんですよね。

なお、「真田丸」という名前は、当初からついていたものではありませんでした(当初の呼び名は不明です)。後藤又兵衛遺臣の回想録『長沢聞書』によると、信繁と長宗我部盛親が入ったが、真田の活躍があまりに派手であったため、長宗我部の存在は忘れられてしまった(号泣)と。

実際、「真田丸の戦い」における長宗我部隊の動きをみると、真田丸に入っていた可能性はかなり高いです。なお、じゃあいつから、誰が「真田丸」と呼んだのかというと、徳川方のようです。夏の陣の時には、真田丸跡地が「真田丸」という地名になって登場してきます。

仕寄せはあまり合戦図屏風にも描かれないのですが、今回戦国軍事考証として西股先生に入っていただいたので、映像化ができました(完全再現はちょっと無理なのですが)。大河でやったことはあるのかな。

仕寄。「しよせ」とも、「しより」とも読みます。鉄砲よけの竹束・楯から、土塁・塹壕までを含んだ攻城器具・設備の総称です。すこしずつ土塁・塹壕を作って進んでいくわけです。で、家康の仕寄せ講座。これは『翁物語』に出てくるシーンのアレンジです。徳川方は大名どころか家老クラスも初陣の家が結構あり、仕寄せの構築が遅々として進みませんでした。それで怒った家康が、若い大名を集めて仕寄せの作り方を教えさせた(自分でやったわけではないですが)という話。

『翁物語』の作者は、小早川能久という甲州流軍学者。能久の父は小早川秀包、祖父は毛利元就です。1652年の奥書が入った写本があるので、成立はそれ以前。小早川能久は小幡景憲の弟子で、小幡景憲はこの時スパイとして大坂城内にいました。なので、聞いていてもおかしくないかな。

それによると、仕寄せ講座をやっていたら、井伊直孝が熱心に聞いていて、家康が「お前のところには山県昌景(武田の勇将)の部下を配下につけているだろうが、そいつから聞け!何でここにくる必要があるんだ」と激怒したということ。

赤備え。実は文禄の役の時に信幸が出した書状に、「いつものように朱一色で統一せよ」とあるので、真田家自体が、武田滅亡後に赤備えを受け継いでいたようです。

信繁の馬印。やはりここは六文銭(正確に言うと六連銭=むつれんせん)がはためかなくては様になりませんね。実際には、旗印は赤一色で、馬印は黒い正方形の旗でした。これは『甲陽軍鑑』で真田信綱の馬印とあるもので、永青文庫の冬の陣図によると昌幸も使っていたとのこと。

おそらく信繁は、「われこそは真田安房守の家督継承者」というアピールと(何しろ彼自身には武名がない)、真田本家への配慮を両立させたのでしょう。

家康のもとに届いた怪しげな大坂城の絵図。あれは、真田信吉が冬の陣の時に作って、信之のもとに送った絵図をベースに作ってもらいました。たぶん描いたのは、真田丸の戦いの後だと思います。勇戦した叔父への誇りからか、真田丸が非常に大きく描かれているのが特徴的です。

次回、ついに真田丸の戦いです。また1週間、お待ちしましょう

一点先週のツイートを訂正。矢沢頼幸について、武田時代に剣術の免許皆伝を受けていたとツイートしましたが、「軍法」(合戦時の作法全般)の伝授を受けたの誤りでした。お詫びして訂正します。まさかあんなに盛り上がるとは・・・。

この正規の大名が率いているけど実戦経験に乏しい人があちこちにいる幕府方(なにしろ野戦用トイレの作り方マニュアルまで作られている)と、経験は豊富だけどまとまりがない大坂方、というのが、大坂の陣の対比になります。

補足。信繁が実際に用いた黒い正方形の馬印は、第1話から第13話まで、昌幸が馬印として使っています。上田城本城(本丸)から出陣するシーンなどを見返していただければと思います。

あと政宗の「愚か者ですなぁ」という台詞。すごい彼の大坂の陣感を捉えたものだと思います。夏の陣後、息子の乳母に宛てた消息で「御ふくろ(御袋、淀殿のこと)もかねての御くちほとなく(口ほど無く)候て、むさと御はて候」と書き送っているので。政宗からすると、実権はまだ淀殿にあるという認識。

―にわか知識で申しわけありませんが甲陽軍鑑はかなり信用度の低い文献だという話を聞いたことがあるのですが…
その中でも馬印については信用たりうる証拠などが他の文献などであるのでしょうか?

馬印について記された部分(巻八)は、同時代史料とのすり合わせから、史料的裏付けのある部分だということが、1965年発表の論文で指摘され、その後も継承されています。『甲陽軍鑑』についても、国語学的見地から再検証され、見直しが進んでいます。そもそも史料とは、白か黒かではないのです。
丸島和洋(@kazumaru_cf)さん | Twitterからの返信付きツイート