sanadamaru269
戦国時代とか見てるとさ 日本人は忠義が厚い的な考えはなくなるよな
1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:19:00.515 ID:EJKvYV2A0.net
忠義に厚い?わからんけど・・・とりあえず裏切りの連鎖
西洋のほうは知らんけど相対的に見てどちらのほうがマシなんでしょうかね


引用元
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1458983940

2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:19:42.456 ID:k3dSgk8wa.net
どうした真田丸(再)でも見たのか
3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:20:02.927 ID:RPgbswC2p.net
たぶん建前的なやつだろ
4:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:20:14.224 ID:WAVAtiIC0.net
お前戦国時代見てきたの?
6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:21:18.656 ID:Kj/4jmpu0.net
乱世ともなると君が君として機能しなかったから臣も臣として機能しなかったのかね
7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:21:43.554 ID:dWBMxR1F0.net
日本人の考える戦国武将のイメージというのは、実際のところは江戸時代の武士なんじゃねえ?
8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:22:26.733 ID:Kj/4jmpu0.net
戦国期に限らず源平藤橘なんて内輪もめばっかりやぞ
9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:23:14.585 ID:Ok3j2zqi0.net
真田丸見たんだろうな
10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:23:51.346 ID:g4wfvpDS0.net
あいつらすぐ寝返るし降るよな
そんですぐ先鋒にすえられて一族同士で同士討ちさせられる
11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:25:19.231 ID:vvhURK7Ud.net
足軽何か最たる例
14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:27:09.846 ID:c1z2MAd5d.net
お家は企業と似たようなものでしかないんじゃないか
16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:27:47.791 ID:TTpnU0cU0.net
そのへんに住んでるってだけで年貢取られて徴兵される農民
45:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:50:09.816 ID:vAsVoqN2d.net
>>16
たしかにな、中国みたいに国を城で囲むならまだしも、周辺に住んでるだけやもんな
18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:28:07.019 ID:ktWDGOrs0.net
武士は七度主君を変えて一人前 だっけ?
24:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:31:42.305 ID:Kj/4jmpu0.net
>>18
なお、それを言った藤堂高虎はさほど不義理な人間というわけでもなかった模様
19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:29:06.382 ID:kMyV97bp0.net
真田丸はまあまあいい出来だと思うけどな
もっと酷い番組大量にあるし
21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:30:01.905 ID:F+2/AsCE0.net
チェスは奪った駒は使えない
将棋は奪った駒を使える

つまりそういう事
23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:31:08.611 ID:RPgbswC2p.net
忠義は江戸時代の新渡戸稲造の武士道に書かれていた考えでそれ以前もあったかというと微妙かしら
25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:32:23.517 ID:/aLw4/Vv0.net
戦国時代は国衆をしっかり説明しないとわかりにくい
28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:34:18.613 ID:Kj/4jmpu0.net
武者は犬ともいへ、畜生ともいへ、勝つことが本にて候

現代人が武士に対して抱くイメージはほぼ江戸時代につくられたものだろうね
29:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:34:25.436 ID:RPgbswC2p.net
新渡戸稲造明治じゃん間違えた
30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:34:32.351 ID:FdWI7SF40.net
家来が主人を倒した事が多そうで意外に少ないんだぜ
31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:35:08.234 ID:Fw4UL07q0.net
現代でもブラック企業にやたら忠誠心厚い奴とかいるじゃん?
32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:36:43.686 ID:Ex4cvHlr0.net
7回主君を変えた藤堂高虎は、今でいうと勤め先がつくづくブラックだったり倒産したり、
恩義ある社長が死んだりと、変えざるをえなかったという印象のほうが強い。
33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:37:25.083 ID:EJKvYV2A0.net
今の10代は知らないだろうけど一昔前まで織田信長は暴君なんていうメディアでのイメージ強かったよな
34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:38:23.398 ID:g4wfvpDS0.net
あの時代知れば知るほどカスばかりだからな
忠義に厚いどころかまともなやつすら稀だぞ
36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:38:43.202 ID:62m/P0qZd.net
戦国時代なんてあれだけ人殺しといて裏切られないわけない
47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 19:07:16.900 ID:arqo6xbyM.net
>>36
だから婿になったり嫁にやったり血縁関係結ぶのが大事なんだろうね
それでも立ち位置分かれるくらいだし
37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:38:52.787 ID:ti5R4nVO0.net
だって武士道とか言い出したのmr.イチマンエンやし
43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:43:41.908 ID:BC89TEyJ0.net
>>37
5千円ちゃうんか
39:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 18:39:37.334 ID:EJKvYV2A0.net
西洋の王様で敗戦するや自ら前線に突っ込んで俺の首はここだぞと行方不明になったやついなかったっけ?
46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 19:01:30.278 ID:AD1bXzlO0.net
戦国時代の農民はしょっちゅう武装するし
境界なんて曖昧ぞ
国衆とか豪族とかの立ち位置分かってねー
48:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 19:18:09.365 ID:BC89TEyJ0.net
高橋紹運や鳥居元忠みたいな主君に尽くして死んだ武将もいるわけで
49:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 19:25:11.503 ID:AD1bXzlO0.net
三方ヶ原の夏目とか、尼子の七難八苦の人とかなー
夏目 吉信(なつめ よしのぶ/きちのぶ、永正15年?(1518年)? - 元亀3年12月22日(1573年1月25日))は、戦国時代の武将。三河松平氏、徳川氏の家臣。通称、次郎左衛門。夏目氏は古くから松平氏(徳川氏)に仕え、永禄5年(1562年)の三州八幡合戦のおりには、今川軍の攻撃で家康方が総崩れになったとき、後殿(しんがり)を務め、国府までの間、6度踏み止まり奮戦したという。後に家康から軍労を賞され備前長光作の脇差を賜った。ところが、永禄6年(1563年)に三河一向一揆が起こると一揆側に加担し、六栗城(野羽城との説も)に籠って松平家康(後の徳川家康)に叛いて敵対した。しかし、ともに戦っていた乙部八兵衛という者の内通により松平伊忠に捕らわれたが、伊忠の嘆願により家康に許され帰参を果たした。元亀3年(1573年)の三方ヶ原の戦いの時、家臣が止めるのも聞かず決死の突撃をしようとする家康を逃がすべく、家康の兜と馬を以って武田勢に突入。身代わりとなって戦死した。墓所は愛知県額田郡幸田町の明善寺と愛知県岡崎市本宿町の法蔵寺境内。また、静岡県浜松市中区の犀ヶ崖資料館のそばに吉信の忠節を讃える「夏目次郎左衛門吉信旌忠碑」がある(この付近で討死したと伝わる)。なお、吉信の三男・吉次は、口論となった同僚を斬り殺し出奔し、変名して徳川氏に仕えていた。関ヶ原の戦いの直後に家康にそのことが露見するが、父・吉信の忠節を考慮し許された。また、大坂夏の陣の後に家康に呼ばれ「今こうしていれるのもお前の父のおかげだ、感謝している」と礼を言われ徳川秀忠の家臣に配された。
50:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2016/03/26(土) 20:37:38.491 ID:Ex4cvHlr0.net
忠義を尽くして死ぬのだって、主君がお家の面倒を見るって信頼があるから成り立つんだよな。
その辺の信頼が得られなくなったら、主君といえど押し込められたり、裏切られたりする。
51:過去ログ ★:[過去ログ]
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

関連記事
ワイ、戦国時代が裏切りだらけと知って幻滅する
戦国時代の裏切り武将で打線組んだ(再)