20161205-00000004-mantan-000-1-view
【大河ドラマ】<真田丸>第48回は視聴率16.1% 幸村と家康が頭脳戦 佐助がきりに告白も…
1:三毛猫 φ ★@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:24:45.94 ID:CAP_USER9.net
まんたんウェブ 12/5(月) 10:19配信

 俳優の堺雅人さんが主演のNHK大河ドラマ「真田丸」の第48回「引鉄」が4日、
放送され、平均視聴率は16.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 「真田丸」の平均視聴率は、初回が19.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ・以下同)で、
第2回が「八重の桜」以来、3年ぶり大台乗せの20.1%を記録。その後も高視聴率を記録している。

 「真田丸」は、戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた真田幸村が、家族とともに知恵と勇気と
努力で乱世を生き抜く姿を描いている。三谷幸喜さんが2004年放送の「新選組!」以来、12年ぶりに
大河ドラマの脚本を手がけ、長澤まさみさんや大泉洋さんらが出演している。

 第48回は、豊臣と徳川の和睦の後、真田幸村(堺さん)が起死回生を狙い、徳川家康(内野聖陽さん)と
頭脳戦を繰り広げる……という展開だった。佐助(藤井隆さん)が、きり(長澤さん)に、家康暗殺に
成功したら夫婦になってほしいと告げる場面も話題になった。「真田丸」はNHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000004-mantan-ent


引用元
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1480901085

3:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:25:37.84 ID:3WTmrL+I0.net
佐助の高速振られに草生える
4:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:26:53.08 ID:mQSDfV0F0.net
脳筋大野弟の配役がぴったりだった
5:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:27:45.78 ID:iVXomvv+0.net
きりのごめんなさいが被り気味で笑った
7:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:28:22.04 ID:yMUMinyt0.net
影武者でござる
9:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:29:50.52 ID:E1DmaChY0.net
きりって真田十勇士でいう霧隠才蔵ってほんと?
242:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 12:47:20.90 ID:uYQ5o3UJ0.net
>>9
北政所→細川ガラシャ→淀殿とキャリアを重ね、
大阪城内に詳しく情報収集力があり野良仕事もできる
素っぱの佐助にプロポーズされるぐらい優秀な忍
247:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 12:49:37.48 ID:M1S5Twha0.net
>>242
確かに有能な間者だ
最後に家康を葬るのはキリしかいないな
12:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:31:32.62 ID:YDMUZqZ00.net
来週もきりちゃん主役だな
13:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:31:56.92 ID:Odv7Nxwx0.net
幸村って人身掌握があまり上手くないように描いてるよね?
37:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:41:57.59 ID:lIDmHWOe0.net
>>13
配下でも無い、土地柄も考え方も其々違う胡散臭い浪人の寄せ集め連中を、完全に掌握出来る奴がいたら凄いな
46:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:46:32.40 ID:7u4vdjYL0.net
>>37
それもあったうえでわざと三谷が敢えてそう描いてるのでは?って意味でしょ
幸村の発案で「金銀を分け与えるしかないですね…」って言った後に武具購入して火種になったり弟説得したすぐ後に兄貴襲われた(説得が意味をなさなかった)り
48:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:46:59.63 ID:rKzgfX4o0.net
>>37
お父ちゃんでさえ同じ土地柄の国衆を纏め上げるのに苦労してたのに大した繋がりもない浪人達を経験が浅い信繁が纏めるのはちと無理ゲーだな
54:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:48:29.36 ID:pOBOPTar0.net
>>48
描き方はカブトムシとジャニーズが浪人を抑えきれないという描きかただったな
14:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:32:26.19 ID:qQ10cPfy0.net
有楽斎を追い出すのに
小刀向けるところが、良かった
15:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:32:39.66 ID:9MayIFRt0.net
ローキックを打ち込まなかった弟の優しさ
17:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:33:05.34 ID:rCS6luoF0.net
また佐助泣いてた
18:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:33:42.24 ID:08M8t4FB0.net
岡本健一が復活してきてちょっと嬉しい
19:たま (*'-'*) ちゃん ◆c4mDvi.Hm6 @\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:33:52.24 ID:BNOoMgXA0.net
実際の真田幸村は、人身掌握にもっと苦労してるだろ
そもそも浪人の寄せ集めを、そんなにうまくまとめられるわけが無い
24:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:36:09.70 ID:li5fUONV0.net
来週はきりちゃんでマジ泣きしそうな気がする
25:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:36:19.53 ID:iVXomvv+0.net
茶々や殿様と四国の話してて
勝った時に取っておく事になったのは泣けたな
28:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:37:55.65 ID:sFriZCra0.net
結局この信繁って人は大将として戦に勝ったこと無しで終わるんかな
29:たま (*'-'*) ちゃん ◆c4mDvi.Hm6 @\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:38:28.25 ID:BNOoMgXA0.net
まあ今で言えば、無職のホームレスをまとめ上げて
大企業に匹敵する組織を作ろうってんだから
そんなにうまく行くわけない
まあ良くやったと思うよ
401:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 15:39:27.32 ID:lNyp19zs0.net
>>29
シャープをリストラされた元エリートたちがかつての栄光をもう一度とハロワで募集した工員達でAQUOSを作るみたいなもんだろ
34:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:40:48.37 ID:ywy8aOMs0.net
もうキリもサスケも40歳くらいじゃないのか?
49:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 10:47:10.90 ID:k2x/Hi+40.net
>>34
第1次上田合戦から30年以上経ってるから40どころか最低でも50近くないとおかしい
258:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 12:59:28.15 ID:CJKwYSXS0.net
>>49
きりちゃんなどとちゃん付けでよんでたが
アラフィフと聞いて目が覚めもうした
74:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 11:00:09.68 ID:XIPrzp7K0.net
有「この有楽斎、織田信長の弟ぞ。命など惜しくはないわ!」
幸 スッ(小刀を向ける)
有「ちょっと待った」

有「豊臣と徳川の懸け橋になれるのは儂だけじゃ。さぁ、殺せるなら殺してみよ!」
幸 スッ(小刀を向ける)
有「ちょっと待って」
115:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 11:25:52.32 ID:1TghwVvx0.net
>>74
あれ好き
井上順いいよね
75:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 11:00:17.96 ID:iLoKDd8n0.net
台所のおっさんがもう1人のスパイと示唆する描写があったな
77:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 11:00:56.31 ID:LGwDwWAn0.net
人は記憶型と思考型に大別できる

後藤、長宗我部、毛利の大将連中で小戦闘させるのは興ざめだぞ
せいぜい1人に小部隊を率いさせてやれよ
91:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 11:09:41.41 ID:LGwDwWAn0.net
>>77の続き
この大河は真田丸というタイトルがいけない
だって本編はどうみても昌幸編の方だぞ
286:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 13:28:49.98 ID:LGwDwWAn0.net
>>91の続き
この辺は良かったんだよ









それが今や何だかな~
322:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 14:03:56.65 ID:x7MFvECn0.net
>>286
北条ほんと好き
288:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 13:30:27.78 ID:7hSW1fOQ0.net
>>91
武田時代の昌幸見たいよな
83:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 11:04:34.52 ID:Q9L8t+VZ0.net
最後にきりが報われそうで良かった
86:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 11:06:33.37 ID:wy7vWmGD0.net
>>83
何十年も待ってハグだけ
その方がいいかもな
高齢処女の貫通式はちょっと
95:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 11:12:13.89 ID:l8lizKtQ0.net
ところで真田兄の長男と次男はどっちが松代を継ぐんだ?
やっぱり馬鹿な次男が沼田なんか?
241:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2016/12/05(月) 12:46:17.60 ID:TdOawJnw0.net
>>95
長男が世継ぎで予め先に沼田城主3万石になったが弟より先に亡くなり
次男が2代藩主となるんだが兄の隠し子・信利と相続で揉めた。
時代考証の丸島和洋さんのTweet
「真田丸」も今日も含めて残り3話。冬の陣の和睦から、怒濤のように夏の陣開戦への流れを描いた回でした。

織田有楽斎。大坂の陣開戦前に退去した織田信雄(信長次男)同様、彼ら織田一族が、淀殿派閥を形成していた観があります。淀殿から秀頼への権力委譲がなかなかなされないのも、彼らが自分の発言力を担保したいという思惑があり、淀殿も引くに引けない形だったようです。

有楽斎は、冬の陣の段階で、家康の指示を受け、秀頼に和睦を受け容れさせようと説得にあたりましたが、秀頼はなかなかうんといいませんでした。これも、有楽斎の立場が淀殿に比して、秀頼とは多少距離があったためと思われます。

冬の陣後の情勢はかなり混沌としています。淀殿は江戸下向も辞さないという姿勢で、かなり軟化していました。秀頼も、家康との和睦を遵守する意向を崩していません。そのため、牢人に退去を命ずる立て札をだしていました。

しかしながら、京都所司代板倉勝重が3月にしたためた報告書によると、牢人の数はかえって増えており、兵糧や武具も買い付けているとあります。いっぽう、紀州藩主浅野長晟は、そうした話は噂話にすぎないと退けており、報告の内容が分かれています。

宣教師ら外国人の史料をみると、冬の陣は「大坂方の勝利」とこぞって記録しており、これは上方の風聞を反映したものでしょう。したがって、「豊臣方に勝機あり」という認識が広まっていたものと思われます。牢人衆が秀頼の意向に反し、退去するどころか増えていったのは、このせいでしょう。

浅野長晟が「大坂方には不穏な動きはない」と述べているのは、上層部、つまり秀頼サイドの動き(牢人退去の立て札など)を伝えている可能性があります。

そうしたところ、大野治房が勝手に大坂城の蔵をあけ、配下の牢人に扶持を与えるという暴挙に出てしまいます。これに大野治長は不快感を示しますが、最早こうした流れはどうすることもできませんでした。秀頼・治長といった首脳部は、牢人を統制する能力を失ってしまったわけです。

そこで秀頼は、牢人を召し抱えるほか対処のしようがないというふうに考えを改めます。というよりも、そうせざるをえなかったのでしょう。そこで家康に、牢人を召し抱えたいが、摂津・河内は戦争で荒廃してしまったので、一ヶ国加増して貰いたいと要請します。

しかし家康からすれば、牢人は「処罰しないが」「退去させる」が和睦の条件でしたので、「牢人を召し抱えるための加増」などという要求は論外でした。

一件訂正。織田信雄の大坂退去は、冬の陣後でした。有楽斎退去の直前ですね。

大坂城内ですが、大野治長・後藤又兵衛は牢人退去もやむなし、大野治房・毛利勝永・長宗我部盛親は再戦、真田信繁・木村重成・明石全登は中間派(再戦は望まないが、牢人は召し抱えて欲しい)という派閥であったようです。

こうしたなかで、大野治長が襲撃され、治房が首謀者という噂が流布します。完全に当事者能力を失っているとしか思えません。信繁は、1月に姉村松殿に送った書状で「明日はどうなるかわからない」と述べており、早々に覚悟を固めたようです。

続く2月に娘婿石合十蔵宛の返書で、「私と大助は籠城したからには、死ぬともう決まっている。たとえ気にいらないことがあっても、娘の「すへ」を御見捨てなく」とあり、3月の小山田茂誠・之知父子宛てになると、「私のことはこの世にいる者とは思わないで下さい」とまで、本音を吐露していきます。

ちょうど最後の書状を送ったのは、板倉勝重が家康に「牢人増加・兵糧買い集め」を報告した時期ですから、信繁自身ももうコントロールは不可能と腹をくくったのでしょう。もっとも、この人はやたらと厭世的な文章を書く癖があるのですが。

さて、今日の家康は「豊臣滅亡」を目指して動いていましたが、実際の目標は、どうもそうではなかったようです。この点は、来週お話しした方が良いと思いますのでここまでにしますが、いずれにせよ、牢人問題に尽きるわけです。

これはようするに、片桐且元の「三案」を冷静に判断し、どれかを受け容れていれば、生じなかった問題であるのですが(最終的に淀殿・秀頼・大野治長の辿り着いた答えは同じだったので)、人間というのは常に合理的な行動を取れるというわけではないことを、よく教えてくれるものでしょう。

信繁と矢沢頼幸との対面。実際にはこの場には小山田茂誠はおらず、出陣してきたのは息子の之知でした。なお、小山田父子は昌幸から「真田」を名乗ることを許されているので、一門待遇。矢沢頼幸は実は一門ではなく家老待遇です。

ここで信繁は、信吉・信政兄弟と対面しています。信吉と最後に会ったのは、彼が4歳の時でした。

信繁→信之の書状は、三谷さんの当初案をベースに時代考証会議で議論しました。小山田茂誠宛の書状から「殿様(秀頼)からは御懇ろにしていただいているが、よろず気遣いが多い」という部分と、石合十蔵宛の書状から「すへのこと、御見捨て無きよう」という部分を付け足して時代劇語にした記憶が。

実際に信之が読んでいる書状は、それをさらに当時の和様漢文に直していますから、堺さんが読まれている言葉とは違います。署名と花押が映ったんでしたっけ?記憶が錯綜していますが、あれが信繁の最後の花押です。

板倉勝重。京都所司代で、大坂の陣以前は片桐且元に協力して豊臣蔵入り地の管理もしていました。台詞で名前だけ出ていますが、実は家康が読んでいる書状は、織田有楽斎の「あれ」以外は、板倉勝重からの書状を文面含めて作っています。

なお、真田丸ですが、取り壊された後も、元あった場所が「真田丸」と呼ばれ続けています。夏の陣の軍功報告書などをみると「真田丸を通って大坂城内に突入し」みたいな感じで地名となっている感じです。それだけ、印象深かったんですね。攻め手としては。

後藤又兵衛。実際には身内はいるのですが、まあ強がっているような感じでしょうか。幕府は後藤又兵衛を仕官させてやろうといろいろ世話をやいた経緯がありますから、幕府に一番近い立場です。牢人衆の中でもっとも穏健派だったのは、そのため。

さて、残り2話。ついに大坂夏の陣です。信繁たちは、どのような「前夜」を迎えるのでしょうか。

―小説やドラマでよく見る狂信的に強硬な淀殿や淀に従う秀頼、というわけではなかったのですね。

たぶん、秀頼のほうが強硬だったと思います。

―秀頼の実像は従来のイメージとかなり離れてますね

淀殿に全責任が押し付けられてきたからです。中世では、未亡人が幼少の息子に代わって家督を代行するのは当たり前でしたが、近世では女性の政治介入が忌避されたので、淀殿の介入で滅びたという形になったわけです。もっとも、淀殿の発言力はまだ大きいのですが。

丸島和洋(@kazumaru_cf)さん | Twitterからの返信付きツイート