6th-others-01d

柴田勝家とかいう一回の合戦で親戚以外の武将に裏切られた武将wwwww

1:名無しさん@おーぷん:2017/02/12(日)02:36:11 TXW
おいおい嘗められすぎw


引用元
柴田勝家とかいう一回の合戦で親戚以外の武将に裏切られた武将wwwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1486834571
2:名無しさん@おーぷん:2017/02/12(日)02:37:52 RqO
突出したバカ一人押さえきれないから仕方ないね
3:名無しさん@おーぷん:2017/02/12(日)02:38:20 TXW
>>2
まぁ…残当だよな。
4:名無しさん@おーぷん:2017/02/12(日)02:40:53 TXW
実際さどんな心境なのかガチ気になるわw
5:名無しさん@おーぷん:2017/02/12(日)02:43:38 TXW
だって昔から一緒の前田利家に敵前逃亡され、どんな心境なのか気にならないか?
6:名無しさん@おーぷん:2017/02/12(日)02:45:40 Gjj
謀反人やししゃーない
8:名無しさん@おーぷん:2017/02/12(日)02:53:52 yeC
悪いが最後の飲み水が入った瓶を
叩き割るのはNG
10:名無しさん@おーぷん:2017/02/12(日)18:43:45 jEv
>>8
死活問題だよなw
16:名無しさん@おーぷん:2017/02/13(月)19:17:29 Msl
>>8
あれは成功してるんだよなあ
野洲河原の戦いに先立ち、柴田勝家の守る長光寺城で戦いがあったともいい、このときのエピソードが「瓶割り柴田」の名の由来となっている。しかし、この話は『武家事紀』が初出であり、事実ではないと見られている。『武家事紀』によると、元亀元年(1570年)6月に六角義賢父子は長光寺城を囲んだ。義賢は郷民から長光寺城内は水が出ず後ろの谷から掛け樋で引いていると聞き、平井甚助に水源を止めさせた。勝家は残った水を入れた瓶を三つ並べ、このままでは渇して死ぬのは疑いなく、力のあるうちに必死の戦いをしようと言うと、皆が賛成した。そこで三つの瓶を打ち割り捨て、翌16日に城外へ打って出て六角の旗本を切り崩し、野洲河原で三雲・高野瀬・水原の六角勢を討ち取ったという。ここでは、これより勝家を俗に「ツボワリ柴田」、「鬼柴田」と呼ぶようになったとする。

9:名無しさん@おーぷん:2017/02/12(日)02:57:07 0nt
酒飲むと毎度自身の武勇伝メッチャ語ってそうなメンドくさい上司なイメージ
11:名無しさん@おーぷん:2017/02/12(日)18:44:03 jEv
>>9
勝家って寡黙なイメージ
12:名無しさん@おーぷん:2017/02/13(月)00:11:57 iTZ
前田利家は信長の小姓出身だから出世が約束されていたとは言わないまでも
かなり有望視されていて周りからチヤホヤされてた

ただ信長のお気に入りの茶坊主を斬り殺したせいで追い出されて何年も無職生活を送ってた
本来は茶坊主を斬り殺した時点で信長は利家を殺す気だったんだが
柴田勝家や森可成がなんとか助けようと信長に懇願したお陰で追放処分で済んだ

追放されたら当然無職になるわけでそうするとチヤホヤしてた連中もみんな利家から離れていった

それでも利家を心配して訪ねてくれたのが前述した柴田や森で
この時に利家は自分が苦しい時でも手を差し伸べてくれるのが真の友人なんだなと思ったそうで
晩年もよくこの時の話をしたそうな
15:名無しさん@おーぷん:2017/02/13(月)19:16:53 7AE
>>12
なお、子作りはする模様
13:名無しさん@おーぷん:2017/02/13(月)06:52:17 LV7
>>12
前田利家は罪悪感を抱かない性格か…ヒェ
18:名無しさん@おーぷん:2017/02/13(月)19:19:00 7AE
>>13
一々罪悪感抱いてたら戦国大名やってられんやろ
14:名無しさん@おーぷん:2017/02/13(月)19:03:57 iTZ
この話だけ聞くといい話なんだけど
柴田の末路を知ってると別の話になる不思議

関連記事
柴田勝家←時勢を読めない脳筋バカ、石田三成←豊臣に尽くした忠義の臣
織田信長の部下で一番有能なのは柴田だろ?
柴田勝家が無能だとかいう事実無根の中傷やめろ