直虎
あらすじ
駿府から無事帰還した 直虎(柴咲コウ)。瀬戸方久(ムロツヨシ)は井伊家の財政を立て直すための新たな産業として「木綿」作りを持ちかけ、綿の実の栽培を勧める。乗り気になった直虎は瀬戸村の百姓・甚兵衛(山本學)に相談するが、井伊領内は深刻な人手不足であり、木綿作りを担う人材がいないことがわかる。人手を探して村々をまわる直虎だったが、ある日水浴びをする若い男(柳楽優弥)と運命的な出会いを果たす。

Twtter
人材派遣“百姓”で検索

タダで人を貸せとか…w普通断るよねww

但馬の手が借りたくない直虎www

ハブられる但馬

奥山六左衛門から但馬に頼んでみたらと言われるも、おとわの但馬アレルギーがそれを許さん。

メンヘラ困るな

しのは何様なん。。。

しのさん辛辣

政次としのの会話が陰謀ルームと化している…

メンヘラしのさん、ついに政次くんに愛想つかれる

こういう時こそ、なつ殿を介して但馬に頼んだらどうなんだろう。甥っ子は素直で可愛いものだ。母のなつ殿の教育が良いんだろうな。

しの殿となつ殿、そりゃ政次と玄蕃とでも違ったよな。

似ておらぬ姉妹じゃの。

しの殿となつ殿、そりゃ政次と玄蕃とでも違ったよな。

政次くん「似ておらぬ姉妹じゃの…」 私「ほんとそれな」

直虎さま拗ねてる

基本中の基本ですよ

無理と気づいてなかったのか直虎…

お之より基礎知識が低い直虎さん...

でた「嫌なものは嫌?」

直虎、基本的な百姓を貸す側のリターンを全く考えていなかったことを奥山六左衛門や中野直之との話で理解した。しかし、それでも政次アレルギーが未だ勝ってる。

直虎ちゃんは良くも悪くも世間知らずね。 そして好き嫌いが表に出るって女のダメなところが全面に出ている。

嫌なものは嫌じゃ。この点、しのとあまり変わりがない

ふんどしキマシタ

赤ふんキター

なんだなんだ…

また変なのが増えた

借りられないならば買えばいい、とな…?

お、奴隷の話?

人買いのすすめ

お、奴隷売買くるか!?

えっ、人を買ってもいいのか!?

六佐ww気まずそうww

オレと物見遊山しろ 但馬心の声

こんな笑顔の高橋一生に尋問されたら全て白状しちゃうわwww

人身売買する気満々の領主様

「人の売り買いがでやすいのは戦場でしてなー。」平然と答えてくださる。

すごい人権意識だ…これが時代か…

あれかwww>美濃で戦になるのではないかと。の人

吉田城陥落

但馬アドバイスしてくれてる優しい…ツンデレ…

三河は落ち着いて、美濃で戦が起きそう。金の話に敏感な人達の集まりか

中野の押しw

みんなして直虎の上手い操縦の仕方を心得てる

中野直之と方久が臭い芝居を始めた。

お前ら下手くそかw

領民のためにしがらみを捨てた!領主様や

突然の寿桂尼www

寿桂尼さまが倒れた…

井伊家へ鉄砲伝来

しかし一瞬直虎が人身売買ビジネスに手を染めるのかと思ったがw

待ちきれず早虎見てしまった。今日もまたすばらしい展開であった。直虎、方久、直之が醸し出すグルーヴ感が最高。って何言ってるんだwと思う方はぜひ本虎ご覧ください。

うか、蛇のシーンで政次を抑えた傑山って、政次の本意を分かっていて直虎の前に飛び出すのを逆に止めたのか… しのといい和尚といい政次の本意は周囲に駄々漏れか… 知らずは直虎ばかりなり‥不憫…

今日の但馬さんは最高だった……

今回のお話、すごい好きです。中世の有り様を、現代的価値観で判断せずに提示し、その上でコメディに仕立ててあり、見事だと思いました。お話も進んでいないようで裏で様々なことが進行しており、来週は又不穏な様相に…。

寿桂尼が死んだら、今川の真のカオスが到来するのであろうか?

検地、徳政、木綿ときて次は鉄砲。中世社会の勉強という意味でEテレに出しても通用しそうな良作ですね。