011
<明智光秀>反信長派への密書の原本発見 本能寺の変直後、室町幕府再興を目指していた★5
1:ばーど ★:2017/09/13(水) 00:14:51.83 ID:CAP_USER9.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000004-mai-soci

9/12(火) 3:00配信
<明智光秀>密書の原本発見 本能寺の変直後、反信長派へ

 本能寺の変で織田信長を討った重臣の明智光秀が、反信長勢力とともに室町幕府再興を目指していたことを示す手紙の原本が見つかったと、藤田達生(たつお)・三重大教授(中近世史)が発表した。変の直後、現在の和歌山市を拠点とする紀伊雑賀(さいか)衆で反信長派のリーダー格の土豪、土橋重治(つちはし・しげはる)に宛てた書状で、信長に追放された十五代将軍・足利義昭と光秀が通じているとの内容の密書としている。【松本宣良】

 藤田教授によると、書状は岐阜県の美濃加茂市民ミュージアムの所蔵。和歌山県内で伝えられ京都府の古書店に渡ったものを美濃加茂市の篤志家が入手して寄贈したという。

 鳥居和之・名古屋市蓬左(ほうさ)文庫長らとの共同調査で、形状や紙質などから手紙の原本と断定し、筆致や署名、花押から光秀自筆の可能性が高いと結論づけた。本能寺の変に関する光秀自筆の書状は極めて珍しい。

 書状は天正10(1582)年6月2日の本能寺の変から10日後の12日付で、返信とみられる。「上意(将軍)への奔走を命じられたことをお示しいただき、ありがたく存じます。しかしながら(将軍の)ご入洛(にゅうらく)の件につきましては既に承諾しています」とあった。

 京を追放された義昭は当時、中国地方を支配する毛利輝元(てるもと)の勢力下にある鞆(とも)の浦(広島県福山市)にいた。義昭が京に戻る際は協力することになっていると重治から示され、光秀自身も義昭と既に協力を約束していることを伝える内容という。

 書状の手書きの写しは東京大史料編纂(へんさん)所に残っていたが、原本は縦11.4センチ、横56.8センチで、細かな折り目がついていた。畳んで書状を入れる包み紙も一緒にあったことから、使者が極秘に運んだ密書とみられる。

 本能寺の変の動機では、2014年に岡山県で見つかった石谷(いしがい)家文書などから、光秀と懇意で信長と敵対関係になった四国の戦国大名、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)の窮地を救うために起こした「四国説」も浮上している。

 光秀は京に上る前の信長と義昭を取り持ち当初は双方の家臣だったとされる。藤田教授は「義昭との関係を復活させた光秀が、まず信長を倒し、長宗我部や毛利ら反信長勢力に奉じられた義昭の帰洛を待って幕府を再興させる政権構想を持っていたのでは」と話す。

 光秀は書状の日付の翌日、備中高松城(岡山市)から引き返した羽柴(豊臣)秀吉に山崎の戦いで敗れ、逃げる際に命を落とした。

 ◇発見された書状の現代語訳

 ◆本文

 仰せのように今まで音信がありませんでしたが<初信であることの慣用表現>、上意(将軍)への奔走を命じられたことをお示しいただき、ありがたく存じます。しかしながら(将軍の)ご入洛の件につきましては既に承諾しています。そのようにご理解されて、ご奔走されることが肝要です。

 一、雑賀衆が当方に味方されることについては、ありがたく存じます。ますますそのように心得られて、相談するべきこと。

 一、高野衆・根来衆・雑賀衆が相談され、和泉・河内(ともに大阪府)方面まで出陣されることはもっともなことです。恩賞については当家の家老とそちらが話し合い、後々まで互いに良好な関係が続くように、相談するべきこと。

 一、近江(滋賀県)・美濃(岐阜県南部)までことごとく平定することを命じ、それがかないました。ご心配されることはありません。なお使者が口上で申すでしょう。

 ◆追伸=書状では冒頭にあり

 なお、必ず(将軍の)ご入洛のことについては、ご奔走されることが大切です。詳細は上意(将軍)からご命じになられるということです。委細につきましては(私からは)申し上げられません。

 訳・藤田教授

 【ことば】本能寺の変

 天正10(1582)年6月2日、京都の本能寺に宿泊中の織田信長が謀反した明智光秀に襲われ自害した。信長は羽柴秀吉の毛利攻め救援で出陣する途中だった。秀吉は急きょ引き返し、京都・大阪府境で起きた山崎の戦いで光秀を破った。光秀の動機は信長の隙(すき)に乗じ天下を狙った「単独謀反説」や「怨恨(えんこん)説」など諸説ある。


1が建った時刻:2017/09/12(火) 03:23:37.93
前スレ
http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505215999/


引用元
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505229291

3:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:15:57.47 ID:aMx0OCdd0.net
筒井が動いていれば…
5:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:17:37.75 ID:IJUluCzF0.net
>>3
筒井動いても明智の負けてる。
11:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:21:19.85 ID:5gnIPtHC0.net
>>5
いや、本能寺のどさくさに家康を…
10:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:19:45.09 ID:sYvlbBt80.net
>>5
筒井なんて雑魚だよ
光秀が一番あてにしてたのは雑賀衆だね
主君の後ろ盾の毛利と長宗我部も加われば光秀の頭の中では勝算あったんだろうな
406:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 06:32:24.07 ID:oZNBhIZ+0.net
>>10
細川家じゃね、あてにしてたの
4:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:16:37.45 ID:LePR2NLH0.net
あっという間にブームが去った「本能寺の変」
6:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:17:40.56 ID:v7WcfN260.net
わははは、さらばだ明智君、また会おう
7:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:18:45.63 ID:Ccp1kI250.net
秀吉が凄すぎるんだよ
12:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:21:20.87 ID:WntrmI8d0.net
秀吉が予想外だったんだろうけど、
家康も取り逃がしてるしなあ。
何にしても誰かに倒されてたよね。
義昭来たら事態が一変すると思ってたんだろうか。
36:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:28:12.79 ID:IJUluCzF0.net
>>12
伊賀越えは予想外だったんだろ?
14:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:22:05.19 ID:/LEF7cBE0.net
結果論から言えば、確かに3日天下

柴田は北陸戦線に張り付いたままで動かず

秀吉だけが抜きんでていた

秀吉が中国戦線に張り付いたままなら、果たして3日天下だったかどうか
19:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:23:25.41 ID:b6tnZBFQ0.net
信長の遺体を発見できなかった時点で詰んでた
信長生存の可能性を怖れて誰も光秀に味方しなかった
446:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 07:39:29.99 ID:83Oh/GoQ0.net
>>19
そんなん、テキトーにそのへんの死体にこれ!ってさせればいいだろ。

やはり生真面目だったのかな?
生真面目が謀叛起こさないか
23:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:24:51.84 ID:sYvlbBt80.net
間が悪かったとしか言えないな
本能寺の変のころ雑賀衆の頭は長宗我部と会ってたらしいしこれじゃ間に合わないね
やる前に雑賀衆と蜜に連絡取れてたら間に合ったかもしれないけど
それとなんといっても秀吉に想像を絶する早さで来られたのが痛かった
685:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 14:39:55.46 ID:bexFIOLb0.net
>>23
と言うか
秀吉は光秀謀反の動向をかなり前から察してたのでは無いだろうか
出ないとこの大返しは無理
つまり、秀吉が裏で煽ってた可能性まである
706:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 15:09:38.20 ID:hIT9q50P0.net
>>685
明智が信長倒したから同盟しよう、秀吉を挟み撃ちしよう、って手紙を毛利家に送らなければ、また、使いが秀吉につかまらなければ秀吉は全く知らぬ

秀吉はラッキーだったんだよ 信長死んでるのに毛利と薄氷を踏む思いで講和

手紙が毛利に届いてたら、秀吉こそ命はやばかった
709:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 15:14:43.01 ID:b/jJI0pA0.net
>>706
大返しの成功には黒田官兵衛の知恵もあった
秀吉が官兵衛を生涯恐れたのもわかる
733:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 15:51:20.91 ID:allTFLz+0.net
>>706
上杉、北条、毛利、彫塑壁には送らんと、
織田の各方面軍が無傷で戻ってくるから、
しからないんよ。
708:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 15:13:34.06 ID:7lsYrZ7u0.net
>>706 それも創作
715:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 15:19:11.48 ID:hIT9q50P0.net
>>708
創作じゃ無いだろ。
764:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 16:45:23.76 ID:7lsYrZ7u0.net
>>715
実際その手紙が見つかってないんだから創作
『太閤記』では、光秀が毛利氏に向けて送った密使を捕縛したことを説明している。『常山紀談』では、秀吉が所々に忍びを配置しており、備中庭瀬(岡山県岡山市北区庭瀬)で怪しい飛脚を生け捕りにしたところ「信長を打ち取らば、秀吉必ず敗北すべし。秀吉を追い撃たれよ」と毛利側へ送る密書を持っていたとしている。また、京の動向を知らせるよう依頼していた信長の側近で茶人の長谷川宗仁の使者から知りえたともいわれている。なお、光秀の密使としては明智氏家臣の藤田伝八郎の名が伝わっており、岡山市北区立田には「藤田伝八郎の塚」が現在も残っている。


小瀬甫庵の太閤記
儒学者小瀬甫庵によって書かれたもので、初版は寛永3年 (1626)、全20巻。各種の『太閤記』のうち最も有名なものがこれである。作者の名をとって『甫庵太閤記』(ほあん たいこうき)ともいう。江戸時代に幾度か発禁にされたが、以降も版を重ねている。秀吉伝記の底本とされることが多いが、著者独自の史観やそれに基づく史料の解釈、改変も指摘されている。


『常山紀談』(じょうざんきだん)は、江戸時代中期に成立した逸話集。簡潔な和文で書かれており、本文25巻、拾遺4巻、それと同じ内容を持った付録というべき「雨夜燈」1巻よりなっている。著者は備前岡山藩主池田氏に仕えた徂徠学派の儒学者・湯浅常山。

24:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:24:56.65 ID:7tVbXJuAO.net
墨の炭素年代測定したほうがよい
25:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:25:03.29 ID:Q8zXKAlV0.net
>和歌山県内で伝えられ京都府の古書店に渡ったものを美濃加茂市の篤志家が入手して寄贈したという。

すごいなこんな国宝級?の密書が古書店で売っていたのか?
633:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 12:23:31.02 ID:lA9+rn3/0.net
>>25
韓国は朝鮮王室儀軌を初めとして、さまざまな国書を神田の古本屋に売った
そこから散逸してしまい殆ど無い

日本が併合していた時代に、写本が宮内庁で保管してあるので、韓国が調べたい場合は宮内庁に閲覧を依頼するということらしい
26:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:25:12.16 ID:YD+v7zcD0.net
光秀「細川が痛かった
28:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:25:42.79 ID:2ZH/TjuY0.net
斎藤家→朝倉家→足利家→織田家だっけ?
30:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:26:02.25 ID:Cto+/Lhq0.net
信長は光秀にやられなくてもいずれ殺されていたと思う。

松永久秀とか野心強くても全然警戒しないほどの人間だったみたいだし。
秀吉や家康はそこらへん半面教師になっているのか極度に恐れているイメージがある。
36:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:28:12.79 ID:IJUluCzF0.net
>>30
その前に脳梗塞か糖尿病で死んでる。
塩分とりすぎな上、糖分とりすぎの
生活してるからな
37:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:28:26.61 ID:2ZH/TjuY0.net
>>30
松永久秀だっけ?ハウツーSEX描いてたの
449:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 07:47:33.69 ID:83Oh/GoQ0.net
>>30
野心はあっても能力がないから
実際無理だと互いにわかってた。

秀吉なんかのほうが警戒されてたし嫌ってたかも
31:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:26:52.30 ID:d5xwZoLf0.net
信長は本能寺で何してたの?
42:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:29:55.19 ID:Fai6a7G+0.net
>>31
毛利攻めの秀吉を手伝いに行く筈だったんじゃね
その途中
44:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:30:48.43 ID:xWjg0LEA0.net
>>31
秀吉の援軍要請を受けて自ら軍を率いて毛利を討ちにいく途中
信長は少人数で先行してあとから大軍が急いで追い付いてくるという進軍スタイルを好んでいたので
それが裏目に出た
38:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:28:41.05 ID:/LEF7cBE0.net
>>31
秀吉からの救援要請を受け、毛利攻めに赴く途中
光秀軍を待っていたという話
48:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:31:47.12 ID:3ceWy8Gn0.net
>>38
しかも秀吉のその救援支援は、信長様へのゴマすりだったってのも皮肉なもんだ
「サルめ、待っておれよ。総大将のワシが直々に乗り込むぞ~ww」ってウキウキな所を突かれたんだよなぁ
60:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:34:35.71 ID:/LEF7cBE0.net
>>48
備中高松を完全に水攻めにした後、、、お願いします だった気がするw
45:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:31:07.05 ID:R29a/kcE0.net
>>31
人間50年~♪って歌ってた
53:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:32:44.97 ID:3ceWy8Gn0.net
>>45
熱盛り!
43:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:29:57.53 ID:OhyqzW0L0.net
毛利家を期待していたんだったら、何故事前に伝えて、秀吉を討たなかったの?
そしたら、中国からの返し前に追撃すれば良かったのに
55:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:33:03.21 ID:IJUluCzF0.net
>>43
すぐ帰ってこれないと思った
知らせる前に秀吉が使者を捕らえた
76:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:40:17.29 ID:9iU5bFeo0.net
『光秀の定理』読んだばっかりだからそそられるわ、このニュース
80:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:41:02.19 ID:lHoMengX0.net
黒幕は義昭で秀吉はそれを知ってた。
それで秀吉は内緒で義昭と内通し義昭の後押しもあって毛利と講和し中国大返しをした。
その見返りに(将軍の権威を利用したい思惑もあったろうけど)命を取らず1万石の領地を与え生活の保障をしたのだろう。
180:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:26:44.45 ID:GM3b8z4+0.net
>>80
将軍を殺すわけないだろwwバカ
85:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:42:37.22 ID:k7Eh63cx0.net
>>80
義昭謙虚過ぎだろ
112:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:56:12.55 ID:lHoMengX0.net
>>85
戦国時代の政権闘争が嫌だったんじゃないかな
その後、出家して身を引いてるし
88:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:44:01.03 ID:jmt8/WqM0.net
本能寺の変は明智光秀の部下が義昭あたりと組んで起こした事件であり、
本能寺の変が起きた時は、実はまだ明智光秀自身は信長を殺したことに気づいてなかったって言う可能性ある?
90:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:44:35.21 ID:2JpFTlvH0.net
これは信長と信忠が主力引き連れて中国へ行く寸前だったってことを忘れたらだめだ
信長と信忠の本軍が近江に居たんだぜ
信長と信忠がほんの数百人で京都に居たのは偶然なんだよ
そしてその瞬間に光秀が丹波で大軍勢を動員していたのも
全部そろわないと実行不可能なことを神以外予測するのは不可能
104:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 00:52:17.36 ID:sYvlbBt80.net
どうころんでも光秀が天下取ることはないよ
光秀はあくまで義昭の家臣のつもりだったし光秀の構想では足利幕府を毛利、長宗我部、光秀などで支えるつもりだったんだろ
131:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:03:27.15 ID:n9M/GKVO0.net
光秀は「仏の嘘は方便、武士の嘘は知略」ってのたまった人だから、
室町幕府再興も彼の方便か知略だったりして。
146:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:09:43.17 ID:OGrrV6mc0.net
>>131
こういうのは1つだけじゃなくて同じ状況で他の人にも送った全部の書状を読み比べないと真意は見えないよねえ
157:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:16:36.57 ID:4LIMnLwM0.net
>>131
光秀の誤算は、秀吉だよ。当時の序列は秀吉光秀、以下平家臣だった。秀吉さえ居なければ
京都でグズグズできたはずなんだ。実際に変後の滝川や丹羽なんかボロボロで、敵討ちどころ
じゃなかったわけで。
実際は、秀吉と家康の知略の方が光秀よりも優れていたんだな。中国大返しも伊勢越えもその
実現準備が万端だったんだから。信長を呼び込むための兵站が、大返しのための兵站だとは
誰も気づかなかった。
132:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:03:31.56 ID:LLB+rHGG0.net
結局、
明智が将軍を後ろ盾にして謀反。
秀吉はプランを知ってたけど、信長には黙っていたという事なのかな。これ。
136:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:04:34.13 ID:jmt8/WqM0.net
全然話変わるんだが
荒木村重って何で寝返ったの?(´・ω・`)
193:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:31:44.74 ID:GZyxZuq40.net
>>136
本願寺に米を売った理由は知らん
その事を詫びに安土城に行く途中に
中川清秀と高山右近に殺されるから行くなって言われて
あとはご存知の通り官兵衛監禁の狼藉ですわ

まあ中川清秀と高山右近の方がカスと俺は思ってるw
332:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 03:29:17.06 ID:cWtQwmhE0.net
>>136
不明とされてる。
村重は後年秀吉のお伽衆になってるので「なんでお前あの時反乱起こしたんや」「あーあれはなー」
とかネタばらしがあってもよさそうなのに。
「反乱したかったから反乱した」ぐらい当時の認識としては普通過ぎてあえて語るようなことでは
なかったのではないだろうか。

以下個人的な想像:
元々村重は摂津の池田氏の譜代家臣だったのだけど、次第に頭角を現して
最終的に主家を乗っ取り、今の池田市や豊中市、尼崎市、伊丹市の当たりを勢力下に置いた。

将軍を奉じて上洛した信長の勢力を恐れて臣従はしたけど、自前で軍と物資をそろえて
自力で摂津を平定し、その間信長の近畿での軍事行動のヘルプもやってる。

当人や家臣たちは信長とは協力関係で自分たちは独立した勢力という意識があり、
信長のことは陰で田舎者とバカにしてた。
ところが信長は近畿支配を完成させる過程で中央集権的な発想で摂津に対しても
ガンガン軍を通過させて、村重もほぼ自分の家来と同様バシバシこき使ったので
不満がたまっていき、このまま従ってたら摂津は奪われ、完全な子分にされると危惧するようになった。
で、本願寺と毛利が健在な今ならまだ彼らと組めば、信長の勢力を東に追い返し自立が保てると判断して
反乱に踏み切ったのではないだろうか。
335:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 03:33:48.53 ID:jmt8/WqM0.net
>>332
播磨の別所の寝返りと同じで、丹波の波多野が関係してる気がしなくもない
398:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 05:56:34.89 ID:9HoJRS0c0.net
>>332
禿げるほど同意です
そもそもこの時期、部下といえども、名門出身だったり(光秀)、
ひとかどの自立した土豪勢力だったり(荒木、佐久間)
それぞれ通常とは異なるプライドや意地がある

だから武田など各部下の背景と性格を踏まえ適材適所に腐心した
しかし信長は全員ロボットと決め付け、全く人間味のない過激な奉公を強いる
荒木でなくともキレますわな
199:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:33:40.33 ID:FNs89MLTO.net
秀吉は黒幕ではないだろうし、事前にハッキリと知ってもいなかったと思うが、
処世術の天才で人の心の機微を読みとったり
顔色伺う才に長けていたから光秀がやらかしそうな雰囲気は
けっこう前から感じていた可能性はあるわな。
201:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:34:54.24 ID:2JpFTlvH0.net
信長公記読めばわかるけど信長はわがままな独裁者でその行動は予告はほぼなくいつも突然なんだぞ
信長以外に予測は無理
必ず少人数ってのなら京都に来る日がわかってりゃ狙えるけど
大軍で来ることもあれば少人数で来ることもあるし全部信長次第
こんなの予測は不可能
216:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:40:52.85 ID:Cto+/Lhq0.net
日本の船はつぎはぎの板で作った船に家を建てたような構造だから骨がない。
だから大波が来たら壊れるでしょ。

人力で漕ぐのが主で帆の構造も簡素。
233:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:49:47.74 ID:oCk/hEzfO.net
元々本能寺を襲った明智光秀の軍勢は、堺だかで行楽していた徳川家康を殺害するために信長が密かに命令した説があるね
実際明智の元に集められ兵士や家来たちもはじめは徳川家康を討ち取るための集合だと認識していたみたいだ
237:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:52:06.85 ID:k7Eh63cx0.net
>>233
前提に無理がある。
殺すのが目的なら堺見物などさせる必要はない
240:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:52:55.73 ID:00FdPqEN0.net
織田家のその後を見ると秀吉が信長を嫌ってたんだなと思う(大恩人なのに)
242:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:54:15.14 ID:e3h4fn/X0.net
>>240
実力の世界だからね
248:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 01:57:31.06 ID:BSDck4BR0.net
大陸に陸沿いに攻め込んでる時点で海軍力が皆無

>>240
指導力が大きければ自分だったらこうするってのが押さえきれないくらい大きくなるだろうね
257:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 02:00:11.89 ID:xWjg0LEA0.net
>>240
信長の後継者として担いだ三法師に岐阜13万石しか与えなかったけど
関ケ原で西軍についたぐらいだから、彼もこの処置をあまり不満にも思ってなかったのだろうし
ほかの大名たちもこの件で秀吉が冷酷だとは思わなかったんじゃないかな
信長があと何年か生きて天下を平定していればまた別な話だけど
実際に天下を統一したのは秀吉だしね
261:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 02:01:25.31 ID:wAMno0Ep0.net
>>240
余計な野心を持たなきゃ安泰だったろ

三法師は秀吉死ぬまで信長ゆかりの岐阜城主
279:名無しさん@1周年:2017/09/13(水) 02:11:26.07 ID:NEF0nz4L0.net
信長の死に方はかっこよすぎる。これが逃げて捕まって斬首
とかだったらここまで人気出なかったと思う。
そういう選択をしなかったあたりも潔くて好き。

関連記事
織田信長の最大の誤算wwwwwwww
明智光秀「信長を討ったよ!みんなで頑張ろう!」
本能寺の変をwikiで調べたら謀反の理由が54の説もあるんだが