火縄銃は威力だけなら現代の銃より強いって話

62fcbe77c32b89e98899049fd167a4c0
【悲報】火縄銃の威力、現代の銃より強かった
1:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:05:59.62 ID:lqNQsIXE0.net
滑腔銃身で、しかも弾丸の鉛部分を硬い金属で覆っていない場合(いわゆるソフトポイント弾)は、むしろ威力については増す。
さらに現代の小銃や散弾銃と比べると口径が大きいため、弾丸自体がかなり重い。
弾丸の初速は480m/s程度あり、拳銃よりははるかに速い。
したがって、火縄銃は小銃に比べれば弾丸の直進安定性こそ劣るものの、
近距離での破壊力は現代の散弾銃のスラッグ弾射撃にならぶ、あるいはこれを超えるかなり強力かつ危険なものである。
【ソフトポイント弾】(そふとぽいんとだん)拳銃弾や小銃弾の一種。Soft Point(SP)弾

被甲された弾丸の先端だけ鉛をむき出しにした弾丸で、ターゲットへの侵入力が高く、尚かつ先端が潰れ易いので高いマンストッピングパワーを持つ。また、このタイプの中には先端を鋭角に尖らせ、空気抵抗を落として飛翔速度・飛距離を大きくしたポインテッドソフトポイント弾(Pointed Soft Point(PSP))があり、さらに高い威力と命中精度を持つ。

基本的には狩猟用の弾丸で威力が高い為、多くの場合軍隊、司法警察では使用禁止とされている。



引用元
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1531317959

2:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:06:51.38 ID:N1Xgj+QZd.net
ほーん
3:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:06:55.94 ID:xtDjtXPe0.net
その代わり遠くまでは飛ばんのやろ
4:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:07:06.09 ID:dLEVwRycM.net
有名な話やん
5:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:07:35.31 ID:XpE8I8O6M.net
当たらなければどうということはない
6:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:07:44.93 ID:+FV9ousS0.net
なおライフリングがないので撃つたびに全然違う方向に飛ぶ模様
13:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:08:25.44 ID:bqkR0Rzda.net
>>6
しかし戦列歩兵とか生きた心地がせんやろな
8:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:07:50.23 ID:bqkR0Rzda.net
命中率
10:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:08:07.15 ID:KNvgmfZO0.net
銃の威力ってそんないる?
体に当たったら大概致命的やん
28:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:12:04.58 ID:aBwEDi9EM.net
>>10
拳銃程度じゃ人間の動き全然止まらんぞ
だから頭狙うんやが
11:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:08:17.73 ID:hjNiIPZNM.net
最近はむしろ火力下げてるからな
貫通しないほうが人体にダメージ与えられるとかで
12:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:08:18.06 ID:HTrPg2n70.net
対物ライフルよりも凄いのかやべえな
14:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:08:34.89 ID:AZIIBkiea.net
ソフトポイント弾は非人道的って理由で禁止されてるだけやぞ
16:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:09:16.20 ID:uRbmVZVL0.net
銃って当たればみんな死ぬから変わらんやろ
19:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:09:47.73 ID:a7pH0rUJ0.net
引き付けて打てって子供の頃から言うやん
20:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:10:06.56 ID:Mi6guRaha.net
最初は火薬の臭いや爆音で戦意喪失させる効果があって有効やったんよ
26:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:12:03.73 ID:nV21bXPH0.net
>>20
それもあるし弓ほど訓練がいらんのや
58:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:17:35.11 ID:/W1pcT4Xd.net
>>20
>>26
わいはこれをドリフターズで習った
21:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:10:31.05 ID:bqkR0Rzda.net
総力戦では、その場で殺害するより、負傷させて治療やら後送やらで敵のリソースを割かせる方が、敵の戦力を削るにはより効率的だったりする
24:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:11:39.21 ID:Mi6guRaha.net
>>21
一人助けるには二人分の手が必要ってやつやな
33:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:12:50.27 ID:UJ7CgagzH.net
>>21
地雷なんかもそれ狙いやな
25:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:11:47.77 ID:m8joc3ZS0.net
最近は5.56mmから7.62mmに回帰してるらしいやん
41:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:14:31.35 ID:QLqTds9CM.net
>>25
5.56弾だと仕留めきれなくて反撃されるらしいな
36:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:13:18.67 ID:Xzu9F6qDa.net
>>25
どっちもかすったら戦闘不能になるのになんでなんやろ
27:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:12:04.37 ID:i0FrJsOI0.net
そんなんで狩してたのか
29:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:12:11.73 ID:tP31dGCq0.net
ジブリ映画で強さは把握してる
30:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:12:12.64 ID:GLK0bXh60.net
DPS低いし命中率もゴミやん
31:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:12:20.39 ID:pdluo79Qr.net
精度がね
35:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:12:59.61 ID:1e7ywJTt0.net
小口径の自動小銃使っても相手が麻薬打ってたりすると弾が貫通するだけで止められないんやっけ
50:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:16:27.43 ID:CTRwCN+A0.net
>>35
アニメの見過ぎや
42:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:14:48.32 ID:bqkR0Rzda.net
>>35
小銃なら止められるやろ
マシンピストルじゃ厳しいかもしれんけど
49:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:16:14.65 ID:1e7ywJTt0.net
>>42
そうやっけ
ベトナム戦?では大口径の銃で吹き飛ばさないと敵を止められなかったみたいな話聞いたんやが
53:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:16:43.38 ID:HTrPg2n70.net
>>49
ベトナム土人なんかゾンビみたいなもんだからな
68:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:19:15.29 ID:yNrZjOpRp.net
>>53
結局正規兵みたいに怪我したら戦うのやめるって常識が無い連中は一発で殺さなこっちが危ないってことがわかったんやな
60:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:17:56.87 ID:nV21bXPH0.net
>>49
それが実は単に当たってなかっただけちゃうかと言われてるんやなかったか?
67:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:19:14.95 ID:1e7ywJTt0.net
>>60
それはわざと外してたってこと?それとも狙った上で外れてたってこと?
83:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:21:17.50 ID:nV21bXPH0.net
>>67
撃った方は当然当てたつもりだから当たっても倒れない!威力不足だとなるけど実際は単に当たってなかったという事やで
44:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:15:19.77 ID:nV21bXPH0.net
>>35
それは拳銃弾の話やないか?
ガバメント採用した理由やろ

小口径ライフル弾の威力がーとか言ってたのは単に当たってなかっただけという噂
M1911は、ジョン・ブローニングの設計に基づき、アメリカ合衆国のコルト・ファイヤーアームズ(コルト)社が開発した軍用自動拳銃である。1911年の正式採用から1985年までの間、アメリカ軍の制式拳銃として第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、そして、ベトナム戦争で用いられた。

日本で使われる通称である「コルト・ガバメント(Colt Government)」は、民間向けモデルの1つ「ガバメント・モデル(官給型)」に由来する。日本以外では単に1911(ナインティーン・イレブン)と呼ばれる。兵士の間では「ハンド・キャノン」の愛称で呼ばれたこともある[1]。

19世紀当時、アメリカ軍では.38口径の回転式拳銃を使用していた。しかし、1898年の米西戦争中にフィリピンで起きた先住民モロ族との衝突の折、蛮刀を振るって突進し森林戦をしかけてくる先住民に対し、.38ロングコルト弾ではストッピングパワーの不足が指摘されるようになった。アメリカ軍はこの戦訓から、拳銃弾でも一発で相手を行動不能にできる威力の高い弾丸として、より大型の.45口径弾を採用することを考え、これと同時にリボルバーより素早い連射が可能となる自動拳銃が求められるようになった。

同じ頃、アメリカ人銃器設計者のジョン・ブローニングが自動拳銃の開発に成功する。この銃は、コルト社により.38口径の「コルトM1900」として市販化され、いくつかの派生型が生産された。可動バレルとバレル全長を覆う重いスライドで反動に対処するブローニング式のショートリコイル機構は完成度の高いシステムであり、以後自動拳銃の決定的なシステムとして枚挙に暇のないほどの追従モデルを生んだ。また、リボルバー用.45口径弾を短縮・リムレス化した設計の.45ACP弾が開発されたことで、大口径の自動拳銃が現実のものとなった。

1905年、M1900シリーズをベースとし.45ACP弾を用いる大型拳銃「M1905」が開発された。そして、これに改良を加えた「M1911」が1911年にアメリカ軍で制式採用された。

38:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:13:52.99 ID:fclZ0FzO0.net
数発で持てんくらい熱くなるんだろ
43:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:15:12.40 ID:eoxmp5250.net
だから鎧粉砕するんやで
46:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:16:04.17 ID:2wScDtVA0.net
なろう小説で「ライフリングを導入!」「雷管を開発!」とかやりだす作品は
知識が無いくせに調べようともしないから基本エタる
47:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:16:12.12 ID:MXwJZ0JS0.net
柔らかい鉛玉やから体の中で変形してぐちゃぐちゃになるんやで
48:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:16:13.07 ID:UB5y819x0.net
しかも鉛球だからダムダム弾みたいに大穴が開く
54:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:17:09.50 ID:Hynsxg2B0.net
射程50メートルやぞ
55:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:17:26.77 ID:eoxmp5250.net
ライフル弾が掠っただけで手足ぐちゃぐちゃになるという事実
こわすぎィ!
56:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:17:27.16 ID:p1N11Jx7d.net
黒色火薬で打ち出してほんまに現代の火薬より速く飛んだってのが正直信じられん
火薬に不純物混じりまくりやろ
59:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:17:47.47 ID:qXleP13kH.net
civとかでもライフリングが大発明みたいな扱いやけど
あんな簡単な仕組みを長いこと誰も思いつかんかったんか
65:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:19:09.15 ID:NAJrqWAD0.net
>>59
作るのが難しい
ライフルが発明されてたナポレオン戦争でもライフル銃兵は精鋭だけがなれた
量産されたのは南北戦争くらいから
73:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:19:50.03 ID:KNvgmfZO0.net
威力より命中力のほうが重要な気がするわ
74:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:20:10.15 ID:p1N11Jx7d.net
ワイのじいちゃんは戦争で膝撃たれたけど普通に農家やってたで
言うほど四肢がもげるなんて無いやろ
86:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:21:33.81 ID:bqkR0Rzda.net
>>74
拳銃弾だったか、遠距離だったか、何かを貫通したあとだったか、色々あるで
76:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:20:32.37 ID:LnUSQSGUd.net
1発当ててダウンさせたら追い撃ちでいいじゃん(ガンダムオンライン脳)
79:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:20:40.14 ID:IXl660ejx.net
直進安定性が重要だと思った
84:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:21:30.58 ID:w/G8R82N0.net
威力は強くても実際はライフルの方が有利
ソースは戊辰戦争
88:過去ログ ★:[過去ログ]
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

関連記事
戦国時代の火縄銃とかいう無能武器wwwwwwwwwww
火縄銃のエアガン作ったった
カテゴリ:雑談 ラベル:武具 Comment (30)

関連する記事

リツイートランキング

コメントランキング

この記事へのコメント

  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月29日 22:54

    数の密度で撃つもんだし致命傷確実ならあの音はそりゃ怖いよな
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月29日 22:56

    そもそも出来た当時から数百年経過してる上に用途も変わってるんですが?
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月29日 23:03

    威力があるというよりはストッピングパワーの問題なのでは?
    ガンパウダーも黒色から無煙になってるし、弾薬の形状も洗練されて初速もあがっている
    威力を単純に計算するだけなら現代の方が強いとおもうけれど
    もちろん、何と比べるかにもよるけれどね、拳銃と比べるのだと、火縄銃の方が口径が大きい分威力もあるだろうけれど
    同じくらいの大きさの小銃と比べるのであれば、ライフルの方が威力はあるとおもう
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月29日 23:24

    いやこれって、甲冑のような硬いものにぶつかった時に粉々に砕けるから(そのまま貫通していくタイプの)弾丸よりも効果的にダメージを与えられる・・・っていう話でしょ。「威力」自体を問題にするなら現代の軍用銃とは比べ物にならんほど弱い

    中世においては世界トップレベルの威力を誇っていた和弓でさえ、平安鎌倉期はもちろん戦国時代になっても、わずか10メートルちょいくらいの有効射程しかなかった。軽い矢じりを選んで遠矢で放てば距離は稼げたかもしれないが、それは中世日本の戦場では効果が無かった。騎馬や駆け足で突っ込んでくる重武装の武士に対して足止めをし、あわよくばそこで致命傷を与えるには、一般に考えられているよりずっと近距離で弓が使われていた。
    その代用品としての鉄砲であるから、低威力かつ巨大な鉛玉を用いる火縄銃は有効射程なんてタカが知れてる、けどそれで当時は十分だった。近江で信長が狙撃された時、狙撃手の杉谷善住坊は十二、三間(22~24メートル)で鉄砲を使ったが、この時も「二つ玉」にして散弾銃のようなカタチで放っている。では一般の合戦でひとつ玉で用いるとして、兜首を狙うならもっと近づかなければならんわけで、城砦の防衛線みたいに寄ってたかって押し寄せてくる敵をとにかく追い払うという場面じゃないと20メートル以上の有効射程は見込めなかったに違いない。当時の射撃兵器ってそういう距離感で用いられていた。ただ弓と違って、丸一日戦っても筋肉への負担は遥かに小さかっただろうから、そういう点でこそ重宝された武器だ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月29日 23:28

    火縄銃は殺傷力だけなら弓より弱かった、殺傷より威嚇のための武器だったって言ってる奴たまにいるけど
    火槍レベルなら分かるが戦国時代の火縄銃だとどう考えても弓より圧倒的に殺傷しやすいのがコストが高いにも関わらず爆発的に広がった理由だよな
    威嚇メインならそれこそ火槍程度の単純な構造でいいわ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月30日 00:40

    鉄砲の音でびびるのはわかるけど匂いってそんなに強烈なの?
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月30日 02:10

    火縄銃は元々城や砦の防衛に使ってた、山城から平城へ転換した理由の一つでもある
    野戦、攻城戦に使われたのはその後で段々威力があがっていった

    輸入時 2匁弾 現代の空気銃と同程度の小鳥狩猟用
    爆発的に広がったのが4匁弾 スレにあるスラッグ弾と同程度(精度の関係で100mまでの鎧、人体貫通力なら)、仰角45度の最大射程は同じ700m

    張力30kgのロングボウと10mmの火縄銃(サーペンタイン)を使って、
    50ヤードでプレートメイル着せた人形に対して比較した実験があるんだが
    結果
    ロングボウは当たらない。当たっても鎧の隙間に当たればラッキー
    火縄銃は当たるが貫通しない、代わりに鎧貫通

    日本の火縄銃は狩猟用がそのまま進化して狙撃用になったので特によく当たる
    また、戦国時代の和弓は張力70〜120、最大でも150程度と言われてるので、射程、威力は近くても
    シンプルに命中性を求めたんじゃないだろうか?と思ってるが詳しい人いませんかね
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月30日 02:12

    ×火縄銃は当たるが貫通しない、代わりに鎧貫通
    ◯火縄銃は当たるが、凹む、もしくは貫通

    訂正
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月30日 03:38

    ※4
    どこからネットde真実を拾ってきたのかは知らんが
    有効射程10メートル台は言い過ぎ。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月30日 04:55

    有効射程内で直撃した場合人体をどれだけ破壊するかって意味の「威力」だと火縄銃はだいぶ破壊力が大きい方
    理由は書いてある通り口径が大きく弾が重く柔らかい、単純に一発の弾が物理エネルギーを沢山持って銃口を飛び出すから
    現代のライフル(と言ってもピンキリだけども)はその射程を長くしたり取り回しをよくする方向の進化は比べ物にならないけど破壊力という点では数百年分強力ってモノでもない(自動車が最高速を毎年更新するより燃費をよくしたりぶつからないように性能向上してるようなものかな)
    一丁の銃で何人の敵を無力化できる能力があるかって意味の「威力」であれば現代の銃は遠くまで飛び、よく当たり、短時間に沢山弾が撃てて、あたれば死ぬ程度には壊すので火縄銃などと比較するととても強い

    ※6
    黒色火薬の燃えた匂いってのはだいたい花火の匂いとか硫黄の匂い(教科書的に言えば孵卵臭)目にも染みる臭さ
    ちなみに硫化水素が混じってる有毒ガスで沢山吸うと病気になるから撃つのは健康によくない
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月30日 04:56

    孵卵臭→腐卵臭でしたすんません
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月30日 05:40

    西洋のマスケットが命中率悪いってのは
    前装サイドハンマー式鉄砲は、着火用火薬に引火して発射用火薬が爆発して弾丸が発射されるまでの間にほんの少しタイムタグがあるのに加えて
    フリントロックの場合は火打ち石が火蓋を強く叩くから、そのタイムラグの間にその衝撃でちょっとだけ照準がずれるから

    マッチロックの場合は火蓋を叩く衝撃が少ないから少しマシ、ただし火縄の管理を使い手に強いるから、兵士の負担という面では使い勝手が悪い。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月30日 14:22

    鉄砲が伝わって以来、独自に日々改良・進化を続けた日本の鍛冶職人
    なお、江戸時代になって銃が売れなくなると作製技術は失われた模様
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月30日 14:47

    ストッピングパワー、被覆、貫通力は別に議論する必要があるだろうが
    近距離の威力云々するなら銃口エネルギーちゃんと調べて言ってるのか
    そもそも火縄銃の口径も様々だろうに
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月30日 19:27

    スリング(パチンコ)のファルコンですら鉛玉使えば20m以内は殺傷能力があるんだぞ
    火薬で鉛玉を撃ち出す火縄銃の威力はそれ以上に決まってるだろ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月30日 20:49

    ※5
    確かに威嚇でなく、殺傷力だね。音だけなら馬じゃないけど、慣れてしまう。
    火縄銃で撃たれたら鎧を貫通するので、死と直結しているので、怖い。

    鎧に火縄銃で撃って貫通しない試し撃ちの場合も、火薬減らしているおかげで、貫通してないだけ。あくまでも遠距離の流れ弾に耐えられるだけ。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月30日 20:54

    黒色火薬と現代の無煙火薬では、性能威力が違い過ぎる
    そもそも、スラッグ弾の威力の元は、一粒弾ってことよりも弾自体にライフリング加工をしてることに依存してる部分が大きい
    戦国時代の小筒(いわゆる火縄銃)で口径12mm弱、使用する弾丸の重量は2匁半(約9.5g)
    拳銃弾で一般的な9mmパラベラム弾で、弾頭重量は8~9.5g
    パラベラム弾でもフォローポイント形状のものならばマッシュルーミングするので、フルソフトポイント弾以上の体腔内破裂効果が生まれる
    銃身が長い分、貫通力については火縄銃に分があるけど、それ以外では拳銃はもとより、大ゲージの散弾銃とは比べ物にはならんないよ

    武器は武器であって、第一次大戦の複葉機ですら、陸軍しかない軍隊には脅威になるけど、それをジェット戦闘機と比較することはナンセンス
    ヒャッハーな世界となって、火縄銃(小筒ね)しかないなら仕方ないけど、現代の拳銃と比較して選べとなれば、迷うことなく拳銃一択
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月31日 00:53

    ※16
    火槍の話でたんで一応追記で。
    50ヤードでプレートメイル着せた人形に対して比較した実験の中に
    20ヤードでも比較した実験があって、それにタッチロック(フス戦争時代の)もテストしたんだけど
    サーペンタインと共に命中はしたが、タッチロックは凹むだけだった。
    参考までに印字では10m以内だと人体貫通するし、元寇で使われた火槍も至近距離でだが人体貫通した
    タッチロックに比べると無骨で大量の黒色火薬使う火槍は侮れないと思う
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月31日 01:16

    本文25
    アフガンとかイラクなんかで、300m以遠に対する射撃機会が増大したため。
    とは言え、5.56mmでもスコープ付けて命中精度高めたら対応可能って説を唱える者もいれば、ボディアーマーの普及を考えたらやはり7.62mmが必要って者もいて、まだまとまりきってない印象。
    状況に応じて両者を使い分けるなんて贅沢が出来る国は限られているし(アメリカは現状使い分けで対応)自衛隊の次期小銃は大は小を兼ねるで7.62mmの可能性もあるのではと言われている。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月31日 09:12

    ※19
    小口径ダウンサイジングで大量数を携行し、威力は弾頭特化や高速化で補うっていう流れは変わらない
    面制圧が主眼の歩兵主力兵器にとっては、いかに力を大量に継続して供給できるかが肝
    ボクシングで言うとジャブだから、いかに手数を打てるかが勝負
    中距離での精密射撃や一発での破壊力を求めるストレートは必要だけど、それを小隊全員が戦力として保持する必要性は全くない
    一人で全部を賄うようなランボー方式なんかあり得なくて、貧乏な国でも小隊単位での戦闘しかせんからね
    貧乏な国だからこそ、大量に必要な通常装備は安く上げる必要性があるから、30口径を主力にすることはない
    まあ、AK47(のデッドコピー)が未だに主力の最貧国は、戦争なんか考えない方がいいわけで
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月31日 11:21

    上の人の説明見てると、やっぱ銃って今でも別名にある通り槍なんだなって

    一人で槍襖組めるようになりましたって感じ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月31日 12:33

    逆に言えば狙撃銃のように長銃身で火薬量も拳銃弾の6~8倍使って
    ようやく携帯性重視の拳銃と互角に競える性能になるのが火縄銃という事になる。
    拳銃のロングバレルには抜かれる程度。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年08月31日 12:36

    ここで言う拳銃ってのは1が例に挙げてる一匁五分筒(9mm)と同じ口径の9mmパラベラム弾使用拳銃のことね。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年09月01日 12:10

    ごん、お前だったのか・・・ (とても見せられません)
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年09月02日 16:44

    え?ミートチョッパー水平撃ちしていいんですか!?
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年09月03日 00:23

    当たらなきゃなんの意味もない
    爺が戦艦の機関砲で戦闘機撃ったらしいが
    届きも掠りもせんかったって言ってたわ
    当たる距離まできた時にはミサイルでお陀仏っていうね
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年09月03日 01:46

    引き付けて打てって子供の頃から言うやん

    いったいどこの子供なんですかね…?
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年09月09日 20:55

    作ろうと思わんだけで火縄銃以上の威力の銃くらい作れるだろ
    頭トランクスかよ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年09月16日 01:34

    28:風吹けば名無し:2018/07/11(水) 23:12:04.58 ID:aBwEDi9EM.net
    >>10
    拳銃程度じゃ人間の動き全然止まらんぞ
    だから頭狙うんやが


    ゲーム脳
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月10日 22:06

    火縄銃がスラッグ弾より優れてるとは思えない