加藤清正や福島正則って家康が豊臣家を守ってくれるって思ってたの?

a4debb59

加藤清正や福島正則って家康が豊臣家を守ってくれるって思ってたん?

1:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)00:21:12 a7i
三成は豊臣家を牛耳ろうとしている→まだわかる
だから家康につくで!→いや、一番権力集中させたらアカン奴やんけ

結局は家康派、三成派に続く第三派になって
秀頼が成人するまで一方への権力の集中を防ぐのが正解


引用元
加藤清正や福島正則って家康が豊臣家を守ってくれるって思ってたん?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1509290472
2:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)03:21:08 RTe
別に秀吉に恩ないし
3:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)03:22:23 r36
福島なんかはもう豊富どうでもエエやろぶっちゃけ
4:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)03:22:29 99m
秀吉だって晩年は家康を信頼してたくらいやからな
少なくともぽっと出の三成よりは信頼できると判断したんやろ
5:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)03:27:09 t22
秀吉が晩年狂ったのは三成のせいやくらいに思っとったんちゃうか
6:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)03:57:45 Pgn
三成が居る頃の家康はまだ豊臣の家臣やで
家康に強硬な態度で挑んだ福島正則の伊奈図書事件
関ヶ原の戦いの後、山城国日岡の関の守衛となる。その際に、福島正則が家老・佐久間嘉右衛門を伏見城の家康の下へ使者として派遣した。しかし昭綱の家人は嘉右衛門が通行証を所持していないことから関の通過を認めず、嘉右衛門は正則の下へ戻り、面目を失ったとして自害した。正則は嘉右衛門の首を家康に送りつけ、関の責任者である昭綱の切腹を要求した。家康は昭綱に命じて嘉右衛門を追い返した家人を処刑させてその首を届けさせたものの、正則は要求を取り下げなかったため、家康は昭綱を切腹させ、その首を差し出すことで解決をみた。この事件はその後に福島正則が改易される遠因となったともいわれる。

7:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)03:59:08 5wY
徳川家康って関ヶ原までは豊臣のガチ忠臣やろ
9:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:06:01 sTg
ワイに逆らうやつはこうや、逆らったかどうかはワイが決めるんやで
と甥っ子を殺し、ついでに一族皆殺し
出口戦略もなしに対外戦争をおっぱじめて結局のところ得るものなし
そらな、振り回された大名はたまったもんじゃないわ、しわ寄せを食う農民も
そうなると家康がいい人に見えてくるやろなとは思う
10:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:06:41 99m
>>9
秀次事件とかいう諸悪の根源
11:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:07:58 Brw
>>9
古参家臣が「殿は人が変わってしまった…」って言うとるくらいやしなお
12:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:08:27 TcR
秀次「どうあがいても絶望」
古参家臣「どうあがいても粛清」
有力大名「どうあがいても粛清候補」
13:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:09:18 Pgn
加藤清正は領民に嫌われてたらしいな
現代では観光目当てで持ち上げられてるけど
15:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:11:12 sTg
>>13
嫌われていたかどうかは知らんが
石田領と加藤領は租税が安かったのは事実や
17:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:11:49 TcR
>>13
水戸光圀「いかんのか」
今川義元「忘れ去られた揚句前座にされるのとどっちがええ」
最上義光「いつも悪役にされるよりは持ち上げてくれるだけまし」
28:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:32:20 kZ7
>>17
鮭様地元じゃ人気やぞ
32:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:38:52 Pgn
>>17
光圀と義光が悪役なの?
義元は人気アイドルの若造に負けたのが痛いわなあ
38:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:45:46 TcR
>>32
領民から嫌われてたやつと
どこぞの眼帯の所為で全部悪役にされたやつ
14:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:09:27 sTg
信長→秀吉と天才奇人の天下人が2代続いたからな
ついていくほうがヘトヘトになってまうわ
臭い狸ではあっても思考自体は凡人の家康がええって気分になったやろ
16:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:11:43 99m
日頃の行いが行いやし秀次切腹はわかる
一族郎等みな殺しはガイジが過ぎる
18:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:13:38 sTg
>>16
日頃の行いも死後の捏造っちゅう公算が高いやん
伴天連どもはキリシタンでない大名のことは全部悪く書く
22:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:17:15 99m
>>18
別に秀次の悪行について書いてるのフロイスだけやないしなぁ
20:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:16:35 Pgn
秀次は小牧・長久手で醜態さらしたからなあ
一方、家康の登場の仕方がかっこええ
23:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:17:18 sTg
>>20
負けたのあれ一回きりやで、しかも相手は家康
26:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:22:42 Pgn
>>23
関ヶ原で醜態さらした長宗我部盛親は夏の陣で評価上がったから比べてまう
21:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:16:39 TcR
そもそも切腹自体が秀吉に対する抗議説すらあるからどうしょうもない
25:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:19:53 z10
本心はどうあれあの時点では家康に付かな大名として生き延びられへんやろ
27:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:25:40 sTg
まず佐々成正を肥後に送り込み、一揆をおこさせる方向へ追い込む
一揆を鎮圧させたところで、用済み&恨みを買っている成正は切腹
大掃除が終わった後に子飼いの加藤清正を送る
秀吉が人殺しをするときはこんな調子だったんやが、唐突に変わる
オトウットとマッマが同じ年に死ぬやろ、そこからや
29:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:35:39 5wY
鮭は和歌詠めて謀略も内政も出来て武勇に優れてるんだからもっと人気出ていい
31:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:38:28 TcR
鮭様が悪役にされる理由はどこぞのやベーやつの大河ドラマの影響という根深い問題
あと断絶後の最上賞賛弾圧したどこぞの譜代
33:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:40:40 kZ7
>>31
庄内藩あたり?
35:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:43:06 TcR
>>33
最上騒動後に山形藩やってきた鳥居君…
36:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:44:11 Pgn
義光は眼帯アイドルのせいで悪役にされてるんかなあ
41:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:46:15 Wj5
ワイがあの時代に居たら三成なだめてたんやけどな
45:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:53:16 TcR
パッパが死んだ所為で窮地に追い込まれていく眼帯
46:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)04:56:23 TcR
そもそも関東周辺がアレというかなんといか
ヤバそうなやつばっかやし
50:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)05:03:04 kZ7
>>46
関東・南東北土着勢は出る杭は集団で打とうとする習性がある
そのせいでずっと大勢力にならんで押し競饅頭や
52:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)05:05:28 TcR
>>50
上杉関東出兵やら通常時やらのごたごた見てるとこいつらどうするんだろ感はかなりある
49:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)05:01:02 Brw
「冶部が死んでは生き甲斐が無くなる(意味深)」
発言の佐竹Jr.すこ
51:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)05:04:15 kZ7
>>49
パッパ「時流見えないアホ息子が家滅ぼそうとするからワイはワイで徳川と顔繋いでおくやで」
53:名無しさん@おーぷん:2017/10/30(月)05:07:24 Brw
>>51
義宣「パッパのおかげで家は残ったけど国替えや…せや!美人全部連れてったろ!」

関連記事
賤ヶ岳七本槍の最終石高wwwwwwwwww
福島正則「拙者は家康殿に味方するでござる(キリッ」
カテゴリ:人物 ラベル:石田三成 徳川家康 豊臣氏 加藤清正 福島正則 Comment (74)

関連する記事

リツイートランキング

コメントランキング

この記事へのコメント

  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 12:08

    そもそも豊臣政権下で家康の力削ぐのは難しい状態だったしな。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 12:18

    最上も伊達も好きなので、いい加減対立を煽るような書き込みをするのはやめて頂きたい
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 12:32

    最上の悪評は全てNHKの責任ですわ
    最上役の原田さんも憎々しい演技だった。
    岩下志麻も凄味のある悪女を好演。
    かなり大きな影響力あったと思う…
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 13:16

    家康は秀吉の義弟だし
    まさかその一族を根絶やしにして自分が天下取ろうとするほどの野心家とは思われてなかったんじゃない
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 14:11

    三成や小西が政権中枢にいる限り
    冷遇されるのが目に見えてるんだから
    家康に付く以外の選択肢はないんだよなあ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 15:50

    結局、どちらも改易だから地政学的にも西軍に付くべきだったな
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 15:51

    東軍に付いたことで大阪人に嫌われているし
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 16:08

    最上もそうだが大河の政宗は勝新の秀吉が一番ありえんだろ、ラスボス風味といい猿に見えんわ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 16:22

    伊奈図書事件にせよ名古屋城の逸話にせよ福島正則は本気で勘違いしてそう
    外様でも池田藤堂黒田なんかは大大名として認めてもらえてるよね
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 16:46

    三成が勝ったら五奉行が牛耳り続けるとか武断派が味方になるはずないんだよなあ
    あのままの制度なら政権の中枢に入るには五奉行か五大老になるしかないのに交代制度とか無いしなあ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 16:47

    清正は晩年は徳川側から豊臣に働きかける人間になってないか
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 16:55

    信長の家来だった連中と秀吉子飼いとでは意識はかなりちがうと思うよ。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 17:06

    最上はそう描写される素養があったから大河でそう描写されただけだろ

    別にいきなり大河で新解釈で書き出したわけじゃないわ

    坂本龍馬は司馬遼太郎が書いて初めて人気出たとか言い出すやつと同じ匂いを感じる
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 17:26

    そもそもあの時代、俺たちみたいに義務教育の場で
    外国の歴史や戦略論文見られる人なんて居ないから、有能だけど無知な人は無知のまま出世するのも普通
    家康がやってるのが乗っ取りまでの内部工作なんて気づくはずも無い

    加藤や福島にとっては徳川家康は秀吉の妹婿で、秀吉の母親や妻と縁続き
    しかも文禄慶長の役でガタガタの自分達に(勝手に)恩賞くれるいい奴
    正論吐いてもなんもくれない自分達と同じ位の石田があれこれ言っても信じる訳無い
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 17:28

    北政所の仲裁で謹慎させられてた奴が大坂城に軍勢乗り入れて
    「秀頼様の御命令や!細川は改易な!」
    とかやってるんやぞ。

    家康以上に露骨過ぎて支持する訳ない。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 17:29

    関ヶ原前までは豊臣政権は家康がナンバー2として差配する形で安定していて
    家康は豊臣を潰す力も大義名分もなかった
    だから東軍諸将は正当性のあるほうに乗っただけで西軍はチャレンジャーなんだよね
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 17:34

    まーた石田が責任押しつけられてんのか
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 17:39

    1587年(天正15年)8月8日に豊臣秀長と徳川家康に従二位叙任されてんだから
    豊臣秀長死んで秀吉死んだら三成よりも家康頼るのは常識だろ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 20:53

    池田藤堂黒田はその後の武功があるの福島加藤とは違うんですよ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 21:43

    ※5
    まあ、最終的には徳川家に改易されておめでとさん。先見の明があるねえ。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 21:46

    ※16
    まあ、他の大老達に難癖つけて潰そうとしてるのを「安定」と呼ぶ奴はいないだろ。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 21:47

    ※15
    大坂に兵入れたのは、大老の毛利輝元で、糾弾したのは三奉行。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 21:50

    まあ、褒美くれる奴に尻尾ふるのが戦国武将。忠とかそんなもんないよ。
     家康が豊臣家守ってくれるかどうかなんてそんな事どうでもいいでしょ。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 21:50

    ※22
    その前に家康がやってるだろ、私兵つれて大阪城に乗り込んで、ねねも追い出してね。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月26日 22:05

    秀吉の時は秀吉の独裁で全てそれでうまくいっていたし、誰も何も抗議もしなかったし、必要もなかった、なぜなら有能な独裁者が全て上手くやってくれたから
    秀吉の死後は大老と奉行が仲良くして秀吉の代わりを務めようとしていたが、主流派の利家派と非主流派の家康派に分裂した
    (奉行派と武断派の一部かもしれないが)奉行全員と大老の三人がみな利家派で、家康派は奉行や大老になれなかった連中や東北の田舎大名が担いでいただけなので、勢力としては弱かった。
    利家死後で状況がまた変わり、武闘派が三成を襲撃し、なぜか被害者の三成のほうが失脚させられ、宇喜多騒動で宇喜多家武闘派が家康に取り込まれ、前田家に濡れ衣が着せられ、前田と前田派の浅野や細川が失脚して家康の軍門に下った、なお宇喜多も前田とは縁戚で前田派でもある。
    唐入りをやめたことで新たな争いを欲していた武闘派と他の大老奉行を粛清する事で権限の強化を狙う家康が手を結んだというのが実情でしょう。武闘派の連中は関ケ原の褒美で、のきなみ50万石近い領地を手に入れている。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 00:45

    豊臣”家”には恩義があるけど豊臣”政権”はどうでも良かったんだろうな
    なんせ秀吉自ら関白秀次を切腹に追い込んじゃったんだもの、そりゃ奉行の三成襲撃ぐらい何て事ないわな
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 01:17

    豊臣家に恩はあるけどそれ以上に三成嫌いやねん!だから家康に味方するわ!ってだけかもしれん
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 02:19

    まぁ、関が原時点では家康も豊臣家臣だから
    でも家康が幕府開いたあとの心境はどんなもんだったんだろうなぁ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 07:46

    俺も正則嫌いだったけど、大人になってなんとなく正則の選択もわかる気がする。
    多分別に三成毛嫌いが理由ではない。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 10:37

    家康が予想以上に長生きしたからじゃない?
    二人からしてみたら秀頼の成人前で没すると思っていたとすれば関が原での行動もそれなりに納得できる
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 10:55

    ※26
    そりゃ関白になったら人斬り大好きなサイコパスの本性表すような奴には任せられんだろう
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 11:53

    江戸時代辺りからの儒教思想的なものはないだろ
    福島君は部下には慕われていたらしいし 器じゃなかったんだろうよ。
    せいぜい2000石くらいで満足してればよかったのじゃ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 13:43

    三成もそうやな。
    トップの手足として唯々諾々となって初めて光る人材で
    自らトップに立って指揮する器じゃなかった。
    佐和山20万石すら過分。
    本多正信見習え
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 13:54

    まぁ襲撃事件の時も増田や大谷から早々に切り捨てられて
    スケープゴートにされてるからな>三成。

    家康との抗争が無くても、普通に政争に負けて排除されるやろうな
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 14:04

    ※27
    別に福島は石田に個人的恨みはない。別の理由だろ。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 14:06

    ※34
    徳川との抗争自体が三奉行・毛利・宇喜多が主役で、石田は脇役に過ぎんからな。
    ずっとスケープゴートなんだよな、三成。そういうポジションなんだろう。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 14:08

    ※5
    奉行衆を排除したかったら、自分達で新奉行を結成して統治すりゃいいだろう。中央統治する能力なんて自分達にはないことだけは自覚しているわけだ。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 14:13

    ※33
    三奉行・輝元・宇喜多が主役で、石田は脇役。西軍につかないなら、真っ先に佐和山は西軍に攻められるだけ。家康に殉じる義理なんて石田にはないよ。あと縁戚の大谷の元とはいえ、大坂に家族人質にとられているしな。(この経緯からみるに、大谷が石田説得したんだろ。)そもそも石田は西軍のトップではないというのが、近年の研究。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 14:24

    三成が西軍中枢にいたことは白峰や光成や笠谷が今も論じ続けてるだろ
    三成が脇役ってのは誰達の論説?
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 14:29

    前述の研究者3人は
    三成が主体的に音頭を取っていた
    と主張してるしな

    白峰なんて西軍を「毛利石田連合政権」なんて呼称してるし
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 16:14

    ※21
    むしろそれによって豊臣-家康政権の地盤が磐石になってるからね
    徳川幕府が減封改易の嵐を行なったようにどんな政権も地固めの段階では反対勢力を一掃して安定化を図る
    もし関ヶ原が起きなかったら豊臣政権は滅びず
    室町幕府のような弱体な体制か鎌倉幕府のようにナンバー2が実質的に支配する体制として存続しただろう
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 16:28

    ※40
    白峰氏や光成氏が言ってんのは、従来は石田三成が総大将であったが、首謀者グループのひとりにすぎないし、トップでもないし、総大将でもない、って話だろ。中枢って、どこまでのことを言うんだ?普通中枢って大坂のことだぞ?そもそも白峰氏・光成氏が新説を言ってんのは、石田三成が総大将でー、関ヶ原のプランをすべて計画したのは三成でー、という従来説への反論として出してんだよ。白峰氏の「毛利石田連合政権」説(あれ、何年も前の説だぞ。今でもその説か分からん。)も、石田単独政権だと思われていた従来の通説に対する反論的な意味。趣旨読みとれてる?(笠谷氏は、この、首謀者だれだ?については、基本的には従来説から変えてないとみられるので、一緒にしても仕方なくね?)

    大谷が石田を説得して、石田が挙兵を決意したのは直前ってのは、高橋陽介氏が言っていたな。まあ、高橋氏が言っているから正しいとは限らんけど、まあ自然な流れといえる。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 16:34

    ※41

     いや、徳川は盤石にはなってんけど、豊臣は盤石でもなんでもないだろ。一緒にすんなよ。
     徳川のやっている事は、他の四大老・五奉行の排除なんだから、関ヶ原の戦いがなかったら、順番に四大老・五奉行を潰していって、反対する敵がいなくなったところで乗っ取り完了。あまりにもわかりやすぎる典型的乗っ取り劇。馬鹿じゃなきゃわかる。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 18:05

    横からだけど、豊臣ー徳川って書いてあるんだから、権力移行の際の話じゃないの
    次の行で地盤固めの話してるし
    豊臣・徳川ならそれぞれの話なんだろうけれど、こういう表記の場合は豊臣から徳川に、という風に読むのでは
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 18:39

    ※44

     まあ、そう読めない事もないけど、「関ヶ原の戦いがなかったら豊臣政権は滅びず」って書いてあるから、権力移行の話なのかね。ちょっとそうは読みにくいかな。

     徳川家が権力移行を平和的に移行して、表面上豊臣政権は滅ぼさず、鎌倉時代の北条家のような執権ポジになるって想定もあるかもしれないけど、世襲一人「大老」家とかって、やはり権力・権威基盤弱すぎるから、やはり豊臣家は滅ぼした方が徳川権力としては安心・安定だし、実際現実でも滅ぼしているしね。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 20:13

    まぁ前政権が残ってるという厄介さは信長と義昭の関係見てればわかるわな
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月27日 23:33

    ※37
    勝手に結成なんて許されるのか
    仲悪い勢力が健在なのに
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月28日 02:48

    ※43
    無理無理、家康が豊臣を滅亡させる事が出来たのは
    関ヶ原で奇跡的に大勝した事で反対勢力を一掃出来た事が大きい
    それでも関ヶ原の後15年を要した

    関ヶ原がなかったら確実に家康の寿命に間に合わないし
    東国はともかく毛利や宇喜多が大領地を構えてる状況で西国に手を出し
    他の大老・五奉行全部潰すなんて現実的じゃない
    必然的に豊臣を残したまま天下の公権を握るしかない
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月28日 04:53

    秀頼成人まであれもこれも動かすなって遺命をぶち壊さないと
    日の本はやっていけないというのが大大名の共通認識だったと思うんで
    西軍が勝ってても豊臣秀頼の天下はなかったんじゃないかな
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月28日 12:25

    福島とか秀吉に義理の有る武闘派がどっちについても
    結局関ヶ原の戦いが始まってる時点で詰んでる気がする
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月28日 13:07

    ※47

    許すも何もそれを実力で行使するのが、戦国武将というもんだろうが。家康が実践したようにな。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月28日 13:12

    ※48

    上杉と東西挟みうち・大坂城占拠という好条件でも、毛利は負けた。これが毛利単独だったらますます勝ち目ないし、大坂城で号令しているから、まだしも天下の半分の大名がついたんであって、これが広島で叫んでも誰も味方につかんよ。個別撃破されるだけ。要は上杉征伐終了後は、毛利・宇喜多も詰み。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月28日 13:27

    ※49
    西軍が勝っていたら、東軍の敗軍武将分の領国が分捕れた。これは東軍にしても同じ話。ただ、豊臣政権自体の取り分はあまり高くなく、上杉・毛利・宇喜多らの取り分が増えただろうから、ますます不安定はなるな。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年10月28日 14:32

    ※51
    戦国は終わりだ
    それに強い人間に従うのも力量をわきまえているのだろう
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月01日 00:42

    ※3 独眼竜政宗は名作だが、最上、義姫、淀どのの描き方は今ならクレーム入りそう。
    義姫の毒殺未遂説も否定的な意見が出た今となっては。側室を描くのも昨今はないし。
    最上さんの扱いに怒る方がいるのは仕方がない。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月07日 18:51

    秀次事件のせいで豊臣恩顧の武将が軒並み家康派になったからね仕方ないね
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月07日 19:30

    福島は切腹に追い込み加増されたんだが
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月07日 20:23

    豊臣恩顧で秀次事件で家康派になった奴なんていないだろ
    秀次の重臣で擁護した連中は切腹させられてるし、逆に秀次の重臣でも非難した連中はのきなみ加増されてる
    なお家康は秀次粛清に加担した人物であり、家康のもとでも一人切腹に追い込まれている

    こういう間違った認識ってどこで広まったんだろうか
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月07日 20:51

    ドラマの印象、もしくはただ言いたいだけかのどっちかだぞ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月08日 21:56

    大坂の前田と伏見の徳川で一触即発になった時は後に東軍についた大名連中はみんな大坂に集まったみたいだがねぇ
    秀吉の親戚で官位も高い徳川に集まらず前田利家に集まったのを見ると正統性は気にしてないかと
    あと幕府開いた後も秀頼が病気になった時お忍びで見舞いにきた大名もたくさんいたとか。まだまだ豊臣恩顧連中は豊臣を見捨てない
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月09日 01:25

    ※58
    徳川家康「ワシ被害者。部下切腹に追い込まれた。秀吉公の命令には逆らえんよ……生きてるうちはな」
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月10日 16:14

    ※60

     そもそも、そうした事件があったかどうか自体不明(後世の史料にしかないから)だが、「大坂の前田と伏見の徳川で一触即発になった時は後に東軍についた大名連中は」「『みんな』大坂に集まって」はいないよ。後世の史料によると、その後に東軍についたけど、大坂(前田方)に行ったのは、浅野幸長・加藤清正・細川忠興くらい。逆に後で西軍についたけど、伏見(家康)に行ったのは、大谷・真田。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月22日 12:45

    清正や正則は秀吉には恩があったし、
    最終的に自分たちがついた徳川が豊臣家滅ぼしたのをどう思ったのかな。
    家のため仕方なかったんかどうでもいいのか後悔したのか。

    淀も関ヶ原辺りでは徳川よりだったし、
    当時は家康のこと疑いもしてなくて最後に西軍についとけばよかったと思ったのかな。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月22日 12:59

    秀次事件のおかげで家康の株が上がったのがいかん。
    と、いうより自分で後継を決めておきながら我が子可愛さにトチ狂って皆殺しにして、
    今まで付き従ってきた部下まで連座させようってんだからね…
    俺たちの頑張りって何だったのって思っても仕方ないし…
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月23日 13:50

    思ってるわけないやん。
    勝ち馬に乗って褒美をもらう。
    それ以外考えとらんよ。
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月24日 01:36

    勝ち馬でも信頼できるやつを選ぶわな
    急に連座させられたら意味がない
    福島?
    あいつ酔って部下死なせて翌日後悔するようなやつだぞ
    むしろ取り潰しで喜んでるんじゃねーの部下たち
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月24日 07:04

    ※66
    後悔(遺族にガチ土下座)したり関ケ原直後家康に向かって「部下に恥かかせたおたくの家臣切腹させろ」押し通す位には家臣の名誉を大事にしてた(政治センスはあれな証左でもあるが)んで、改易言われた時城を枕に討ち死にという声を正則が帰還するなり必死に抑える程度に結束してたと言われてるぞ
    改易後も元福島家ならと引く手数多だったほど当時から評判だったそうだ
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年11月25日 03:14

    部下「やったぜ」
  • 鳥無き里の名無しさん 2018年12月16日 12:48

    行動を見るべきだったな。

    家康は淀君専横を放置し、まともな守役を秀頼につけようとしなかった。
    その時点で秀頼の滅亡は確定だった。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年01月05日 20:36

    育ててもらった恩を仇で返す朝鮮人みたいな奴ら
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年01月06日 01:05

    しかしやつは秀信洗脳して領地与えただけだがこれ恩か?
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年02月18日 08:33

    ※3 最上さんが再び大河ドラマに登場していい人に描かれたらいいのに・・・。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年02月20日 11:13

    作家の伊東潤さんが、清正は家臣領民のことを第一に考えて勝ち馬?家康についた。この時代は当たり前で、いい加減豊臣第一で愚直な清正像は本人に失礼だと呟いていた気がする。個人的にもそう思うんだけど、結局秀忠?家光?の代で領地没収、御家断絶・・・。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月04日 01:35

    戦国で一番後悔してそうな二人