日本史「元寇では神風で撃退した」ワイ「違うぞ」日本史「北条早雲が~」ワイ「伊勢新九郎な」

日本史「元寇では神風で撃退した」ワイ「違うぞ」日本史「北条早雲が~」ワイ「伊勢新九郎な」
1:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:32:07.69 ID:UTcXwR6aa.net
嘘っぱちだらけでイライラするわ


引用元
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1554863527

2:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:33:14.31 ID:dpt920lkd.net
神風は教科書からなくなったやろ
4:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:33:55.64 ID:LNo6mykbd.net
実際元寇はどうやって追い払ったの?
7:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:35:09.82 ID:4vCNboGW0.net
>>4
鬼畜お侍さんが頑張った
後、向こうのモチベーションがクソ低かった
9:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:35:26.53 ID:BIlpfxLuM.net
>>4
動員兵ばっかなんで普通に負けて帰った
34:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:42:28.62 ID:mntqH8VQ0.net
>>4
元が従わせてる朝鮮や満州の野蛮人が主力やから元々そんなモチベない

それで鎌倉武士が夜襲で火つけまくったりして簡単に落ちんわちょっかいかけてくるわでここに力入れる意味あるか?状態にした

そんで帰路で嵐にあった
209:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:17:41.24 ID:k2mQoV08d.net
>>4
騎馬民族やから船酔いでヘロヘロやったんや
しゃーない
38:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:44:15.75 ID:sUyncE3B0.net
>>4
和弓とかいう謎の弓(何故か長射程)
略奪を予定してた博多がなぜか上陸前に壊滅
人質を肉の盾にしてるのに関係なく躊躇なく殺しに来る
大将首を掲げて威嚇したら萎縮するどころか突撃してきて大損害
62:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:48:39.14 ID:UWMNQxqc0.net
>>4
海渡ってきて補給が続かなかったんやろ
残酷行為で現地住人は非協力的やし向こうは地元やから地の利があって戦えるしそら負けるわ
73:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:50:03.38 ID:y169b2erp.net
>>4
正しくは当時の将軍北条時宗が追い払った
堤防で防ぐ策も北条時宗のおかげ
なお元寇の為だけに産まれて来たかの如く
元寇後に死亡した
214:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:18:14.90 ID:/zhGfzP3r.net
>>73
時宗のこと将軍とかいう時点で馬鹿
6:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:34:57.87 ID:faejIoLwp.net
神風って悪天候のこと指してるんちゃうの?
10:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:35:43.32 ID:O5d35D7Zd.net
戦前に歴史教育受けてそう
11:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:35:54.59 ID:SRUnhRDo0.net
民の声が聞こえる
18:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:37:44.61 ID:kefEFObm0.net
>>11
早雲乙
12:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:36:13.08 ID:V+KOYWHla.net
上杉謙信とか立花宗茂は?
13:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:36:14.13 ID:fLjIxX0p0.net
黒田官兵衛スレ
14:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:36:41.60 ID:vZ82KsAia.net
>>13
黒田官兵衛とか言っちゃうのはにわか
通は小野寺官兵衛と呼ぶ
16:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:37:28.50 ID:Hs2i4Agga.net
>>14
小寺だぞ糞ニワカ
17:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:37:28.86 ID:RHUmUjOyd.net
>>14
如水な
21:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:38:14.03 ID:I0FuGqTna.net
>>13-14
これを見に来た
19:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:37:52.41 ID:olnZrLgta.net
楠木正成アゲ

でもよー考えたら皇室に対する反逆にならん?
20:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:37:56.75 ID:f2eUlQSjp.net
日本史で早雲なんて習うか?戦国初期ってほぼ触れないやろ
22:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:38:47.44 ID:I0FuGqTna.net
>>20
応仁の乱がありました程度やね
24:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:39:27.58 ID:1NmsrWBma.net
>>20
こんな感じに名前だけ出てきた

23:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:39:22.17 ID:sUyncE3B0.net
昔「応仁の乱は将軍家の家督争い」
今「違うぞ」
25:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:40:06.22 ID:78OIwKhXa.net
「家康はうんこ漏らした」
…「漏らしてないぞ!」
26:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:40:25.05 ID:sUyncE3B0.net
昔「信長は神になろうとした」
今「違うぞ」
30:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:41:14.62 ID:sUyncE3B0.net
昔「田沼意次は賄賂政治をした悪いやつ」
今「違うぞ」
32:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:41:57.92 ID:sUyncE3B0.net
昔「八代将軍吉宗は超名君」
今「違うぞ」
33:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:42:28.40 ID:jgsgm/s9r.net
ワイ「山本勘助!天才軍師!」
歴オタ「そんな人間はいないぞ」

なお
42:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:44:56.29 ID:sUyncE3B0.net
>>33
学者「信玄付きの足軽大将におったぞ」
35:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:42:28.66 ID:cyNmLulgd.net
長篠の三段打ちとかいうデタラメまだ教科書で教えてんの?
45:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:45:27.94 ID:olnZrLgta.net
>>35
三倍の鉄砲を用いることが出来た国力の方を議論したほうが良さそう
46:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:45:28.20 ID:u5bLLEnB0.net
>>35
実際は普通の一斉射撃だったらしいね
47:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:45:35.70 ID:9PeFDpCE0.net
>>35
便利やしな
功名が辻じゃ1分もかからずに長篠終わった
柵から銃がニュッと出て撃つだけ
翌週冒頭に「長篠において武田軍を打ち破った」のナレーションとともにその場面再利用されたけどダイジェストどころかノーカットに近かった
49:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:46:07.95 ID:kefEFObm0.net
>>35
当時の火縄銃で連射なんかしたら砲身焼け爛れて破裂するもんな
36:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:43:15.72 ID:kefEFObm0.net
元寇は最初失敗した後その次は14万人も連れてきたのに結局失敗してるし
日本勝った扱いでよさそうなもんやけど
39:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:44:41.91 ID:54c2ACmad.net
>>36
風が全く吹かなくて到着する頃にはズタボロだったみたいやな
ある意味神風や
41:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:44:46.94 ID:cyNmLulgd.net
陸戦しか脳のない蒙古軍が高麗水軍に突貫工事で船作らせてそのせいで沈んだという話やろ
そもそもの作戦立てがくそすぎる
44:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:45:07.77 ID:MphTA4zs0.net
向こうが島民に鬼畜行為したのはガチ
48:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:46:06.47 ID:okgSQXnI0.net
フビライもこんな島国取ってどないするつもりやったんや

無駄に経費かかるだけやろ
63:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:48:44.57 ID:/oWfQ7F7d.net
>>48
単純に世界帝国でヨーロッパまで進出してる元が隣のちっさい島国取れんと名折れやろ
54:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:46:45.95 ID:1NmsrWBma.net
>>48
??「黄金の国、ジパング!」
フビライ「こマ?」
55:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:47:35.11 ID:OoXi5vYxr.net
>>48
今はもうないけど金銀たくさん取れてた
61:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:48:29.46 ID:okgSQXnI0.net
>>55
秀吉がとり尽くしたんかな
64:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:48:57.06 ID:sUyncE3B0.net
>>61
銀山の最盛期は江戸時代やぞ
67:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:49:18.29 ID:48cMlNID0.net
>>61
徳川政権とかいう江戸時代さんざん掘りまくってためた金をクソザコレートで海外流出させた日本史上の大戦犯のせいでは…?
52:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:46:32.13 ID:tMsvzqBq0.net
別に最初のは神風で追っ払ったのは間違いや無いやろ
2回目は時間の問題やったやろうけど
53:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:46:41.80 ID:8dPYWQwvd.net
応仁の乱の勃発理由覚えてる奴いない説
70:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:49:29.22 ID:u5bLLEnB0.net
>>53
終わった理由が日野富子にお金もらったことだったことはあまり知られてないな
56:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:47:45.33 ID:yNnIHDRE0.net
>>53
それはないやろ
本がベストセラーになったんやし
78:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:50:43.20 ID:sUyncE3B0.net
>>56
ベストセラーズなのに勃発も結末も書いてないんだよなあ
60:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:48:24.08 ID:NzUvn5Hsd.net
弥生時代から古墳時代ぐらいを語れるやつおらんのか
正直戦国時代とかより興味あるわ
65:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:49:12.06 ID:F0hoHoFMa.net
歴史に自信ニキ「桶狭間は山じゃないし天気も悪くなかったし奇襲でもないぞ」
ワイ「それじゃ義元ただのバカじゃん」
172:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:09:02.99 ID:ARkO87Yqp.net
>>65
シャーザーがぽっと出の新人に出会い頭のホームランを食らった感じやろ
それで選手生命が絶たれてしまったのが大問題なんだけど
68:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:49:26.57 ID:MphTA4zs0.net
信玄がもうちょっと早くガチってれば織田は潰れてた
謙信じゃ無理
71:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:49:31.80 ID:1NmsrWBma.net
なんJで松永いい奴説見てるからこういうのに違和感覚えるようになってもうた

76:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:50:27.64 ID:8GbVNIAj0.net
そもそも中国朝鮮の口減らしだろ
海超え含めた難しすぎる遠征だし負ける要素がない
83:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:51:42.36 ID:48cMlNID0.net
>>76
言うて数でゴリ押しされまくったらあかんやろ
重火器もないし
2回で終わったからよかったものの延々に送られてきたら内政も疲弊するし
79:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:50:54.30 ID:xdmoDl0zd.net
アンゴルモア読んで元軍が胸くそ悪すぎて吐きそうになる
82:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:51:34.73 ID:sUyncE3B0.net
>>79
もっと胸糞悪いのは壱岐対馬を見捨てた奴ら
80:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:51:27.10 ID:UWMNQxqc0.net
3段撃ちが嘘だったとしても当時はどうやって鉄砲運用してたん?
85:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:52:19.82 ID:u5bLLEnB0.net
>>80
そら合戦場で普通に撃つんじゃないの
92:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:53:33.38 ID:kefEFObm0.net
>>80
一斉射撃による威嚇
佐竹も鉄砲隊を編成してて騎馬隊の多い北条に優位に戦ってた
84:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:51:50.13 ID:I9Ltq3Rr0.net
元寇モンゴルやる気なかった説はイマイチピンと来ないんだよなあ
配下の朝鮮軍だけ送ったとかならわかるけどモンゴル軍も将校も船出して送り込んでコストかけてるのに「負けてもいいから適当でええわ」なんてなるか?
やるからにはガチで獲る気、少なくとも見返りは求めてるはずやろうが
人金出しといて負けてもいいなんてただのバカじゃん
98:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:55:03.46 ID:s0UsZ5DDa.net
>>84
せやからその士気を下げたってことやないか
最初からやる気ないわないと思うで
100:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:55:38.09 ID:y169b2erp.net
>>84
かなり本気で攻めてるぞ
本気だからこそ文永の役では日本の徹底抗戦にあいこれ以上の戦闘継続は不可と判断して夜にもかかわらず引き上げた
夜に引き上げた所為もあって気温が低くても気にせず外洋出た為嵐により大被害を被った
173:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:09:13.01 ID:vhE+iX/Va.net
>>84
負けても元本体に損害はさほど無いってのがそういう意味合いで取られてるという事なのでは
90:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:53:18.00 ID:BDBzu5hZ0.net
>>84
1回目に来たときに次はこれくらいで勝てるやろって思って
2回目行ったら日本サイドが強くなってたんちゃうの
115:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:58:18.95 ID:y169b2erp.net
>>90
学校の教科書にある大まかな概要だとそうなるが実際にはモンゴル側は連合艦隊で陸戦をするには連携も不十分でまとまってる武士達相手には力不足だった
102:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:55:52.71 ID:sUyncE3B0.net
>>84
フビライ「仲良くしようよ日本くん」
北条時宗「よくわからんから使者殺しとこ」
フビライ「まあ、なんか行き違いあったんやろ、仲良くしようよ日本くん」
北条時宗「よくわからんから使者殺しとこ」
フビライ「なんかあったんかな、ここは叱らないとあかん、最後の使者出して最後通牒や」
少弐資能「博多で皆殺ししとけって時宗さん言ってたから皆殺しな」

そらキレます
109:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:56:54.14 ID:zcIKNpHZ0.net
>>102
これまじならほんま草
149:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:04:09.81 ID:JYkGqFHWa.net
>>102
南宋の坊さん「あいつらエゲつないから相手にすんな」
197:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:15:01.04 ID:zaD/y/zp0.net
>>102
高麗「うちボコるぐらいなら更に奥にめっちゃ裕福な国あるんで一緒にボコりに行きません?」
212:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:17:50.08 ID:sUyncE3B0.net
>>197
朝鮮さん
対モンゴル→40年間も抵抗した挙げ句にボッコボコにされて全土が略奪されて国王がモンゴル人になる

対清王朝→3年で降伏して寛大な処置になったのにまた反乱起こして国王は毎年清王朝の使者に衆人環視のもと土下座させられる。
李 成桂(イ・ソンゲ、り・せいけい、???、太祖 康献大王、1335年10月27日 - 1408年6月18日)は、元(モンゴル)の武官、1357年から高麗の武官、李氏朝鮮の創始者にして初代国王。咸鏡南道の永興(金野郡)の出身[1]。『李朝太祖実録』によれば本貫は全州李氏という[2]。大韓帝国期に太祖高皇帝の称号を送られた。

李成桂の出自は公的には全州李氏とされているが、三田村泰助は「がんらい李成桂は、全羅道全州の名門の出といわれるが、疑わしく、数代まえより、北鮮の咸鏡道にいた。」と述べている[12]。

池内宏は、全州李氏という如きは決して信じるべきではないと斥けている[13]。

六反田豊(東京大学教授・専攻李氏朝鮮)は、高祖父李安社の時代に全州から東北面に移住して、元朝に入仕した後各地を転々とした。或いは父李子春は、双城などの千戸として元朝に仕えたが、1355年に高麗に内応して小府尹に任命され、翌年高麗が行った双城総管府攻撃の際に、高麗王の命令を受けてこれを攻撃して戦功を立て咸鏡道の万戸・兵馬使の任命されたというのは「伝説」として、「こうした伝説は、『高麗史』・『太祖実録』・『竜飛御天歌』等にみられるが、どこまで史実を反映したものであるかは疑問である。」と述べている[15]。生母の懿恵王后崔氏は、もと中国山東半島登州人であり、咸鏡道に移住して暮らしていた[16][17]。一方、李成桂を女真族とする説やモンゴル軍閥とする説もある。倉山満は、李成桂を「謎の人物」であり「どこの誰だかよくわからない」と評して、「韓国は当然ながら朝鮮人だと言いますし、中国人のなかには漢民族だとか、モンゴル軍閥の一人だと言う人もいます。最も信憑性が高いのは、女真人(満州人)でしょう。」と述べる[18]。

86:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:52:26.58 ID:YGlc1mhL0.net
昔「甲陽軍鑑なんて嘘松ばっか書いてて史料にならんぞ」
今「よくよく調べたらわりと本当やったわ」
96:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:54:22.40 ID:1NmsrWBma.net
>>86
高坂昌信の口頭を記したやつやろ?アテになんのか
107:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:56:44.22 ID:YGlc1mhL0.net
>>96
昔は嘘書いてると思われてたことが他の同時代史料で本当と確認されたりして信憑性が高まったりするんや
112:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:57:36.15 ID:1NmsrWBma.net
>>107
はえ~
89:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:52:45.27 ID:xdmoDl0zd.net
13万人も送り込んどいてやる気なかったはないやろ
104:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:56:25.70 ID:xdmoDl0zd.net
使者を殺すのとかスパルタと鎌倉武士くらいしか知らんわ
114:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:58:14.94 ID:9PeFDpCE0.net
>>104
真田丸見とけよー
105:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:56:28.58 ID:1NmsrWBma.net
ちょっと教えてほしいんやがこれ④も間違ってない?
解答見たら①なんやけど
景虎が譲られたのって関東管領の上杉氏やろ?越後守護やないやろ?

126:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:00:52.12 ID:xdmoDl0zd.net
>>105
上杉憲政って別に越後守護ちゃうよな
134:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:02:26.14 ID:1NmsrWBma.net
>>126
だよね?
教科書の間違い見つけるとなんかイキった気分になれるわ
サンガツ
186:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:11:48.66 ID:SZgP/wit0.net
>>105
いうほど陶って大内滅ぼしてるか
202:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:16:14.29 ID:tMsvzqBq0.net
>>186
余所の大名から血筋を引っ張ってこないといけないって大概やろ
ホモにかまけてた義隆が悪いけど
113:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:57:43.34 ID:3Jx05CZc0.net
甲陽軍鑑なんて小幡景憲が高坂昌信の名を借りた間違いだらけの偽書だぞ
 ↓
高坂昌信がガチで口述筆記した本物だぞ
118:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 11:59:56.57 ID:kefEFObm0.net
>>113
信長公記も正しい可能性が…?
128:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:01:21.40 ID:sUyncE3B0.net
>>118
信長公記は信長の右筆やってた太田牛一かわ著した
第一級の一次資料やぞ
131:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:01:34.24 ID:oRgjgkzD0.net
>>118
信長公記は概ね変な顕彰も入ってないし首巻以外は第一級の史料には違いないやろな
121:風吹けば名無し:2019/04/10(水) 12:00:16.72 ID:wUFuGTP10.net
今やってる、るろ剣続編の敵が元寇から国を護った末裔という現実…
来るべき戦争のために北海道を戦場して実戦経験積むとかなんなんですかね…

関連記事
【歴史教科書】 武田信玄ら削除しないで 山梨知事が要望へ[03/06]
長篠の戦いって教科書に載せるほど重要か?
カテゴリ:日本史 ラベル:鎌倉時代 元寇 Comment (53)

関連する記事

リツイートランキング

コメントランキング

この記事へのコメント

  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月13日 20:53

    弘安の役は、5月末に対馬侵攻、6月頭に博多侵攻で
    7月末に長崎沖に停泊中の船が台風に遭って乗ってた主力が大損害。

    丸2ヶ月かけて橋頭堡確保どころか長崎まで後退してる時点で戦況は明らか。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月13日 21:04

    >>105は3も間違ってるな
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月13日 21:22

    上杉謙信も有名なわりに研究家が少なくまだまだ未開拓な感じだな。江戸時代の神格化に伴い生涯不凡だとか自身を毘沙門天の化身と信じてたと言うような俗説が作られまくったせいだろうけど、アルコール中毒とか略奪や人拐いしたりして飢えた越後の民を食わせてたみたいな矮小化された像もまた所詮俗説だし
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月13日 21:32

    元軍やる気なかった系の説は
    ・記録によれば蒙古人もそれなりの数来てる
    ・征服地の軍を次の遠征に使うのはいつものことだし対日本に関しては船の扱いに慣れてる旧南宋や高麗を使うのは当然
    ・どうでもいい遠征(日本遠征の軍役への不満で治安悪化したほど有数の動員)
    ・日本も一地方の軍しか戦ってなくてまだ余力がある
    とかで見苦しい言い訳にもほどがあるんだよなあ
    フビライや元軍を擁護するつもりが逆にバカにしてるレベル
    あとなぜか遠征直前の指揮官の病気交代とか遠征中の疫病発生とかきちんと記録がある不利になってた要素を挙げる奴はほとんどいないよね
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月13日 21:55

    2はどう?
    城下に家来を集めてたのは戦国大名の基本ってことで良いのかな?
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月13日 22:14

    ※5
    基本ではないね。信長ですらそういうことはやってない。拠点に住まわせたのは旗本とかで、大名クラスの重臣を集住させようとした意図はないし、むしろ忙しいときは正月挨拶すら無しにして領国や前線で頑張れって指令だしてる。参勤交代の元になるような、家来の方から大名の元に挨拶に来る風習は当然あったから、殿様の拠点近くに屋敷構えてた人はたくさんいただろうけど。そういうのを集住と言っていいのかっつったらノーだと思う

    近世大名の場合、命令したか自発的にかはともかく、たしかに家臣たちは大名拠点に集住していた。この変化は間違いなく豊臣政権期に本格的に始まり、徳川幕府の時代に入ってから加速している。つまり戦国時代の定義には当てはまらないと考えてとくに問題ない
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月13日 22:16

    >>105全部間違ってて草
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月13日 22:19

    歴史の本当の事、なんて実際にタイムスリップか何かしないと真に本当のところはわからないんだから
    嘘っぱちというのは少し違うかな

    昔はこういう説が主流だったけれど、今はこういう説が主流っていうだけでしかないでしょ
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 02:01

    間違った認識は糺されるべきだとは思うけど、ネットで最近ポチポチして仕入れた知識で過剰にカリカリするのもあんまり感心出来ないな
    本質的にはカルト宗教に洗脳されて高圧的に他者に御高説を垂れる奴と同種の精神構造に見える
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 06:15

    ※9
    ネットでマウント取ったところでお互い素人だもんな。
    本気で自説を世に問いたいなら出版社に企画書持ち込んで本でも出版してくれと思うこともある。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 09:00

    歴史に関わらずスポーツスレやら何やらの全ジャンルでマウント合戦見かけるけど我々は素人ということを忘れてはいけない(戒め)
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 09:23

    上杉氏は関東管領以外にも越後とかの守護なのはあってるだろ
    自分は関東にいるから越後の守護代として長尾を置いていただけだし
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 09:44

    山内上杉家は上野と越後の守護だからあってる
    >105の答えは②だと思う、指出検地はどこでもやってたけど家臣を城下に定住させるのが一般的になりだしたのが豊臣時代からだから
    でも③もちょっと怪しい気がするのよね、文章のアヤなのか
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 09:50

    長尾景虎は越後上杉氏の家督は継いでない。関東官領・山内上杉氏の養子として上杉姓を名乗った。ついでにおそらく「上杉謙信」とは名乗っていない
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 10:16

    当時の越後守護は山内上杉家じゃなくて越後上杉家の方だろ。上杉定実。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 10:21

    元寇の真実
    文永の役編
    1.元軍の副司令官・劉復亨が博多でたった1日の瀕死の重傷を負う
    2.元軍の高級将校の万戸長が武士に捕らえられ投降。
    3.総司令官のクドゥンがたった1日の戦いで自軍は少数なのでこのまま戦うと捕虜になりかねないと孫子の兵法を持ち出して撤退。撤退中に暴風雨で壊滅。

    どうみても元軍の大敗です。

    弘安の役
    1.東路軍の総司令官・洪茶丘が武士に追い回され、戦死寸前まで追い詰められる。
    2.高級将校のモンゴル系・クドゥハス将軍が武士に斬り殺される。
    3.元軍の戦線が志賀島→壱岐島→鷹島と後退。全く良いところなし。
    4.5月に対馬、6月に志賀島に攻め込むも武士に海上に叩きだされ、2ヶ月間も海上に浮遊。2ヶ月も海上にいたら、台風に遭うのは当たり前。

    どうみても元軍の大敗です。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 10:22

    訂正
    文永の役で、劉たった1日の戦いで
    でした。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 12:12

    戦前の教科書は秀吉の朝鮮出兵についてけっこう詳しく書かれてたから
    立花宗茂とかも肖像画付きで載ってたらしいな
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 12:59

    山内上杉家と越後上杉家は一応別の家のはず
    養子のやりとりなんかはしてるけど
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 14:43

    長尾景虎は越後上杉氏の仲介で兄貴の養子になって越後守護代を継承して、
    越後上杉定実が亡くなった後に越後守護を幕府に認められて、
    山内上杉の養子になるのはだいぶ後だわな。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 18:33

    名字同じでも系統が多すぎて「お前どの家の人間よ?」ってなる三大武家

    上杉、細川、あとひとつは?
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 18:56

    ※21
    武田、宇都宮、吉良、相馬、安田
    どれかハズレでございま
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 20:53

    ※21
    源と平と藤原(ボソ
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 21:40

    102のコピペはデマだよ
    使者が殺されたのって文永の役の後なのに、時系列入れ替えて何故か戦前からいきなり使者を殺したことになってる
    それまでは4回も来た使者を全員ちゃんと帰してる
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 22:10

    北条早雲がダメとかいいだしたら、御醍醐天皇とかああいう天皇も全部禁止なのか?
    生前そう呼ばれた天皇なんていないんだから
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月14日 23:26

    大体は竹崎季長の恩賞求めてのの苦戦アピールがビジュアル込みで大々的に後世に残ったせい。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月15日 00:05

    実は蒙古襲来絵詞は
    ①文永の役の一騎駆け
    ②①の恩賞が貰えなかったので鎌倉に行って安達泰盛に直談判
    ③出世して弘安の役に参戦
    ④大活躍して安達盛宗に報告

    というストーリーを、お爺ちゃんになった竹崎季長が
    「あの時褒美をくれた安達さんも粛正されちゃったなぁ悲しいなぁ」
    と昔を偲んで絵に書き下ろしたものだったりする
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月15日 04:15

    冷静に考えれば自分の活躍を絵にしてアピールって意味わからんしな。それでいいなら首はいらんな
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月15日 07:44

    絵詞の中に恩賞支給を訴える場面が思いっ切り過去の出来事として描かれてるのに恩賞のための宣伝って時系列がおかしいからな
    あと一騎討ちうんぬんは蒙古襲来絵詞と別の書物がソースなのに無茶な例外と自覚して描写されてる季長主従の少人数突撃の場面(それでも一騎討ちを挑んでる訳では無い)が日本軍全体がアホな戦い方してた根拠みたいに扱われたりとか
    一昔前までの蒙古襲来絵詞はむしろ不当な評価受けてた史料の好例 本文をガン無視は流石に酷すぎる
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月15日 10:11

    ※24
    矢沢の叔父御「まったく手ぬるいな。だから北条はダメなんだ」
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月15日 11:35

    いきなり使者殺害したって誤解は最近は日本叩きや
    侵略の責任転嫁(日本が先に使者殺したから報復、侵略じゃないとか)
    に使われてるからいい加減に晴れてほしいわ
    侵略の後の話なのに
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月15日 11:41

    神風は武士の活躍を認めたくない公家が言い出したと聞いたことがあるが
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月15日 11:47

    >>32
    公家ってか朝廷じゃなかった?
    確か怨敵退散の秘術を行ってて、
    だから神風吹いて敵は逃げただろう報酬だせやみたいな…
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月15日 12:40

    >>32
    言い出したのは自分たちの祈祷も功績と認めるよう主張した当時の寺社や公家
    その主張に近代以降になってから神国思想の右翼・武士を雑魚だったことにしたい左翼の両方が乗っかって
    戦前戦後を通じて長期間無批判に教育や歴史研究の場に採用され続け定説になってしまったって感じじゃね
    まあ戦前の教科書は武士の奮戦もちゃんと書いてたらしいが
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月15日 17:14

    たまたまだろ日本人がそんな強いわけねーじゃん
    常識で考えろよ
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月15日 18:48

    ※35
    日本人が強いというより元の遠征軍に普通に勝てる要素があんま無いんだよなぁ
    国力で脅せば屈服するやろの精神でとりあえず派兵したようにしか思えない
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月15日 18:58

    4万程度の文永の役はともかく14万+それ分の船動員した弘安ですらああも悲惨に敗北するとは思ってなかっただろうな
    モンゴル側史料準拠でこれより明確に動員多いのって南宋遠征くらいだろ?
    まあ旧南宋軍の出航遅れたせいで台風の直前まで文永と同程度の数しか戦えてないから遅れなければもっと熾烈な勝負になってたかもね
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月15日 19:54

    まぁ後年、明のハゲ皇帝が日本遠征を躊躇するくらいには
    トラウマになってたっぽいけどな
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月16日 08:05

    実際スレタイみたいな奴けっこういるよなぁ
    特に司馬以前からあるメジャーな俗説でも何でもかんでも司馬遼太郎のせいにしてディスっとけば自分は「わかってる側」に立てると思ってる奴ら
    史学は〜厳密な史料批判が〜言うてる同じ口で思い込みで雑な決めつけでマウント取ってるのはアカンわ
    まあどんなジャンルでも半可通が一番イキっちゃうからね、しょうがないね
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月16日 12:43

    まぁ真実の歴史なんてわかるはずもないし。
    見てきたんならともかく。
    これを前提として、楽しく想像して語り合いたいものですな。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月17日 19:25

    台風で身動き取れない所で鬼畜お侍さんの容赦無い殺戮が有ったからだよ
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月17日 19:35

    ※41
    当時から半島の連中は殲滅すべきウジ虫と認識されてたからね
    証拠にコロされずに祖国に帰されたのはモンゴル人と中国人しか居なかったからな
    第1次で一般庶民を虐殺された事を相当根に持ったんだろうな
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月18日 03:57

    >>42
    捕虜は高麗人だけじゃなくモンゴル人も殺されてるよ
    助命されたのは南宋人だけ
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月20日 04:47

    じゃあ神風云々は何だったの?
    それが創作だってならスレ主が主張するやつも創作かもわからんね
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月20日 07:57

    >>44
    台風で元軍が最終的に壊滅したのは普通に本当やで。
    3回目の元寇を躊躇させる大きな理由の一つだったとしたら神風(海と毎年の台風)が日本を救ったってのもあながちまったくなくはないと思うわ。
    3回目、4回目と元寇があったら国内の武士の不満がヤバいことになってそうだから
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月20日 08:54

    文永の役では勝敗に風は関係ない上に
    2回目の弘安の役では、2ヶ月も上陸阻止された
    上で台風に遭い、逃げ込んだ鷹島にも武士に
    攻められ壊滅した。

    そもそも3回目の元寇に踏み切れなかったのは
    上陸した後に勝算が無かったことがモンゴル側の
    史料に書いてある。

    『元史』
    「たとえ風に遇わず、彼の国の岸に至っても、倭国は地広く、徒衆が多い。彼の兵は四集し、我が軍に後援はない。 万が一戦闘が不利となり、救兵を発しようと思っても、ただちに海を飛んで渡ることはできない」

    それに元寇で武士の不満が溜まったなんていう根拠は
    何もない。

    よく元寇で武士が不満を抱いたため、鎌倉幕府の滅亡の
    遠因になったというトンデモ説があるが、鎌倉幕府の滅亡は元寇から50年もたっている上に鎌倉幕府に反旗を翻した主要な武士の中に元寇で戦った武将は皆無。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月20日 12:29

    弘安での台風は全軍の3分の2を占めてるのに遅れてた(要するに元軍は弘安の役でも大半の期間は文永とそう変わらない戦力だった)
    江南軍がやっと到着した直後だから日本側に有利な現象だったのは確かなんだけど、
    台風が来るまでのわずかな間にあった日本軍の襲撃で江南軍込みでも進撃を躊躇ったような気配を見せてるんだよな
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月20日 17:26

    江南軍の先遣隊が6月末に到着して台風が7月30日だから、江南軍も到着したものの打開策がないまま無駄に1ヵ月過ごしてしまった。

    さらに時間が経てば経つほど兵糧や士気の観点からモンゴルは不利となる。

    元軍が壊滅頃には京の六波羅から大軍が山口県まで来ていた。
    元軍は台風が無くてもかなり詰んでいた。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年04月26日 09:51

    夜襲を仕掛けまくったのが効いたとか
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年05月03日 13:38

    ※46
    それ直接攻め込まなくてもわかるだろうに元寇の前に気付けなかったのかw
    日本情報が元寇の前に皆無だったならともかく、何度も使者送ってて日本の地形とか日本人の気質の情報も持ち帰って報告してただろうにww
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年05月03日 13:41

    つうか名前もその家で代々つける字があるから似てて紛らわしいんよ…
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年05月12日 01:04

    >今はもうないけど金銀たくさん取れてた
    金は今でも世界産出量の0.5%程度は取れてるで
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年07月01日 15:57

    >>32
    武士の活躍を認めたくないというのは半分正しいが、中世に公家社会が衰退していく中で神国思想を宣伝というか拠り所、思想闘争に利用しようとした。
    神皇正統記なんかもその流れの一つで中世の公家の思想を知る上で役立つと思う。
    江戸時代以降、政治厨が乗っかったってのは上のコメが正しい。