毛利元就ってなんで天下を取ろうとしなかったの

nigaoe_mouri_motonari
毛利元就ってなんで天下を取ろうとしなかったの
1:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 10:09:16.07 ID:k+wP5Pmt.net
その力は十分にあったよね?
京都とも近いし


引用元
http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/ogame/1569028156

3:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 10:16:48.02 ID:DpSAgJkp.net
京都が近い?
5:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 10:41:23.56 ID:Gse9N0pz.net
単にタイムアップでしょ
元春と隆景は優秀だったけど自分よりは下、天下取れる器じゃない
かといって天下狙う実力付けた頃には自分はもう歳だし
6:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 10:43:10.16 ID:k+wP5Pmt.net
息子達に天下を狙わないようにって遺言みたいに元就が残したのは、息子達では天下狙うと毛利家が滅びると思ったからって話もあるけどどうなんだろうな。
7:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 10:48:04.70 ID:Gse9N0pz.net
実力無かったと判断した以上に、狙えば子供たちで相争う事になると判断したのかもね
9:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 12:03:05.18 ID:IZum3qhG.net
天下取りを考える次元まで行けなかったな
尼子に手こずりすぎて時間切れ
10:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 12:04:11.67 ID:M1T75lqW.net
あの時代に日本全土を支配しようと思う方がどうかしてる
11:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 12:05:57.09 ID:ej+7rkeI.net
そうでもない、前例二つあるんだし
13:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 12:12:08.95 ID:+eOAwr5F.net
キターエイプの毛利元就は最高や
15:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 12:37:02.44 ID:1GYNwyvW.net
全然京都近くないだろ
16:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 12:39:05.74 ID:KG0vcKws.net
広島の山奥の方だっけ
17:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 12:39:41.34 ID:+hbp6BsP.net
自分一人で出来たことをわざわざ三本の矢に例えて三人に委ねたってことはそういうことやろ
18:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 13:12:11.91 ID:k+wP5Pmt.net
まぁでも元就は正しかったわけではある
秀吉や家康との全面戦争は避けて生き残ったおかげで数百年後に戊辰戦争で天下取ったわけだし
19:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 13:14:07.71 ID:ktC008/B.net
長男の隆元が死んじゃって、輝元じゃ天下を狙えるほどの徳と才が備わってるとは思えなかったからだな
隆元は元春隆景に比べて才能は劣るみたいなイメージ多いけど、隆元が居たから潤滑に事を運べたって事もあったしな
20:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 13:31:45.86 ID:uHFYiFdh.net
まぁ毛利も関ヶ原ではやらかしてるけどなw
21:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 13:40:52.52 ID:CebfPiny.net
>>20
毛利の大戦犯、吉川広家
60:既にその名前は使われています:2019/09/23(月) 05:36:23.58 ID:frdhaeXb.net
>>21
真逆やで
そいつが弁当食ってなかったら切腹で毛利家滅亡してた
22:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 14:00:30.85 ID:D8OTsJm1.net
同じ時代で三強見てたら無理だって感じちゃうのかも
25:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 14:36:26.25 ID:4Ibrq07b.net
隆元はなんか良い人のイメージがあるが大河の俳優も上川隆也で良い人のイメージだったw
27:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 14:42:12.68 ID:v8atDJAl.net
鶴太郎は北条高時と小寺の印象強いけどここでも怪演してたイメージ
28:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 18:12:14.16 ID:YK/t695w.net
元就は取れなかったけど維新以降の長州閥は現在でも天下やで
29:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 18:29:07.18 ID:75wciSU3.net
歴史のifは考え出すと楽しいよな
例えばあのまま信長が生きてて秀吉による中国討伐が済んでたら毛利家はどうなっただろうかとか
安芸、備後、周防、長門、石見、出雲、伯耆、隠岐 を毛利は支配してたけど信長は下った大名には結構慈悲深い?ところもあった気がするし
半分ぐらいは認めてくれただろうか
30:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 18:30:29.96 ID:75wciSU3.net
いや、元就はあと伊予も支配下に置いてたっけ・・・・ちょっと忘れたな
32:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 18:44:39.67 ID:wCBwRrYP.net
多分毛利はいずれ信長に恭順したと思うよ
36:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 20:17:59.10 ID:yqqSXo3y.net
移動が面倒だったからだろ
37:既にその名前は使われています:2019/09/21(土) 23:47:20.77 ID:mPRWQI35.net
毛利は広島より山口のイメージ
40:既にその名前は使われています:2019/09/22(日) 01:39:08.65 ID:DxVDRQQA.net
風林火山の緒形拳の宇佐美定満は声がもう全然出てなくて痛々しかったな
43:既にその名前は使われています:2019/09/22(日) 02:13:57.80 ID:rP5kcacV.net
今川や武田みたいに源氏に遡れるわけじゃないし
武士として日本をとる大義名分もないしな
土着の豪族が中国とったところで引き際を
弁えてたので家を残せたじゃん
58:既にその名前は使われています:2019/09/23(月) 02:43:00.58 ID:t//TBvt7.net
>>43
頼朝の片腕だった政所別当大江広元の子孫だろ
59:既にその名前は使われています:2019/09/23(月) 05:30:33.92 ID:xZDC9fzu.net
>>58
つまりは大江氏であって源氏じゃないからね
61:既にその名前は使われています:2019/09/23(月) 09:40:25.95 ID:7iwbLAxu.net
>>58
自分で答え出してるじゃん
武家の棟梁になるには源平の血筋であることを求められた時代でしょ
45:既にその名前は使われています:2019/09/22(日) 02:43:19.37 ID:x9QdZdLH.net
結局は毛利と島津が日本を救ったっての面白いよね
土佐は…まぁ置いといて
46:既にその名前は使われています:2019/09/22(日) 04:40:09.62 ID:+60fyCFt.net
救ったのは寧ろ幕府方トップとして内戦回避を決断した徳川やな
西郷は実はその公算が有ったはず
土佐の乾だけマヌケにも功をはやる猪突猛進、だから板垣家に苗字使われるの嫌がられる
47:既にその名前は使われています:2019/09/22(日) 23:56:17.43 ID:QGFPnKbW.net
無理やり領地を広げて細川の血筋含めてgdgdになった三好家
領地を広げた末に謀反が起きた大内家とそれに巻き込まれて身内をとことんまで粛清した大友家
もう家名に力が無いのに他家を巻き込んで争いを起こす足利家
尼子とか赤松も似たような事やってるしある程度の大領持てれば良いと思ったんじゃ

関連記事
毛利元就は松永久秀や斎藤道三と同じくくりだったのに大河ドラマの影響って凄いよな
毛利隆元、吉川元春、小早川隆景←こいつらが兄弟という事実
カテゴリ:中国四国地方 ラベル:毛利氏 毛利元就 Comment (36)

関連する記事

リツイートランキング

コメントランキング

この記事へのコメント

  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月23日 19:29

    あの時代に天下統一なんて本気で狙った人いるの?最近では信長ですらそんなことなかったとか聞くけど
    みんな少しでも自分の領土の拡大と権力UPを狙ってるけど自分がピラミッドの頂点になんて考えてないだろ
    少なくとも証明できるろくな史料がなさそう
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月23日 19:30

    毛利だけじゃなく、北条も関東で支配的勢力になってから拡大から現状維持に路線を変えてるからね。大名家という国家体制では中央の権威無しでは一地方に覇を唱えるのが精一杯やったんやない?特に毛利家なんか豪族の力が強いし。って考えたら豊かな濃尾と勢力拡大先に中央があった織田信長がどれだけ恵まれてたのか分かる。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月23日 20:12

    東進して中央に迫り、畿内や東国統一勢力とガチバトルやる。
    西進して九州北部を制圧し、島津やキリシタン勢力とガチバトルやる。
    どっちも大変そうだよな。
    緩衝国家を置いといた方が無難。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月23日 20:26

    元就の興味は明確に九州北部>畿内だったろ。
    というか全盛期大内を夢見たけど届かなかっただけとも言える。

    もし寿命が延びても大友にリベンジしようとするだけだな。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月23日 21:08

    元就には2人の先人がいた。
    天下人・大内義興と彼と覇を争った尼子経久である。

    若き日、天下人であった大内義興と、それによって軍役を強要された国人衆達。
    その間隙を縫って反乱を起こした尼子経久と、その後、長く続いた中国地方の動乱。
    それによって幼少の元就は乞食若殿と呼ばれる窮地に追いやられ、
    青年期では尼子方の安芸国主・武田元繁が安芸統一の軍を起こした為、絶望的な戦いに身を投じる事となった。
    結果は初陣、有田・中井手の合戦で九死に一生を得る勝利。
    この戦いで毛利家はかろうじて命脈を保つ事ができた。
    彼はその後も大内家と尼子家の狭間で、ギリギリのきわどい選択と舵取りを強いられ続ける事となる。

    このように大国の当主が天下を狙った事によって生じた諸々の事件を、薄氷を踏む如く生き延びてきたのが若き日の元就。
    元就には天下を求める弊害こそハッキリと見えても、天下人になろう願望など持てるはずもなかっただろう。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月24日 02:04

    そりゃ大内って失敗例を間近で見てるからねぇ。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月24日 09:38

    瀬戸内海を抑えていたいれば充分だったのでは?
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月24日 12:07

    ※28の維新で出来た長州閥はとっくに滅んでる件
    岸の系譜はどっちかってーと革新官僚系
  • 毛利うまのかみ 2019年10月24日 12:34

    てかそもそも
    安芸の山奥600貫の所領しかない家の次男坊が一代で大内、尼子を打ち破り西国一の大名になった事だけでも十二分に凄いと思うのだが?
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月24日 12:44

    >>9
    それ以上となると秀吉くらいだもんな
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月24日 15:11

    何の本だったか
    秀吉→大企業にバイトで入って社長にのし上がった
    元就→倒産寸前の個人商店を一代で大企業に育て上げた
    みたいに例えていてなるほどなって思った
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月24日 15:44

    大友に負けたから。
    西からの脅威を取り除けず、三好と備前播磨で交戦。
    山陰は不安定。
    むしろ、武田徳川浅井と同盟を結んで遠征を可能にした信長が稀有な存在。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月24日 19:18

    中国地方を足掛かりに全国に乗り出そうってのがそもそもムリゲーでは
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月24日 19:20

    ※11
    なら
    長慶→倒産寸前の子会社の社長が辣腕発揮して一部上場企業の本社を買収した
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月24日 20:28

    >>11
    まぁ実際は個人商店を切り盛りしたと言うよりは
    大内財閥の完全子会社として看板借りながら成長して
    親会社の破綻を機に独立した感じだけどね
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月25日 00:56

    当時の人間にとっての天下って室町将軍のイメージだろうから旨味を感じないだろう
    そんなことより自分の分国で君主として君臨する方が魅力的
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月25日 07:32

    ※11
    秀吉の就職時は大企業じゃないし社長の直轄なのでバイトって言い方もどうかな?
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月25日 10:10

    ※17
    老舗の子会社の正社員て感じかな
    のちに子会社の社長が親会社を乗っ取って、大企業になったけど社長が不慮の事故で亡くなって自身が代表取締り役になった的な
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月25日 11:57

    隆元生きてれば、拡張路線続けたとはよく言われるけども、実際隆元の器量ってのはどんなもんだったのかね
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月25日 12:30

    >>19
    居なくなってようやく価値を認められたらしく
    存命中は弟二人に軽んじられてたらしいが
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月25日 12:33

    大内家から学んだ領国経営法で、国人衆家の毛利家を大名家に改め大国化せしめた隆元だが、
    現実には調停に疲れ果て、メンタルを病む寸前だった(すでに病んでた?)のかもね。
    諸々の泣き言や愚痴の書付が残っている点からの推測に過ぎないけれども。

    謹厳実直な彼は何でも自分で抱え込み過ぎる傾向があり。
    大名家のシステム構築自体、自分担当の仕事の比重が多すぎる未完成形だったのだろう。
    彼の死は、毒殺とも暗殺ともとれるような突然死だった訳だが、ひょっとして過労死の類だったのかもしれないね。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月25日 12:46

    商業に理解があったっていうか当時の武士では珍しい商業極めた家で教育受けた隆元
    仕事割り振れる商業理解のある家臣もロクに居ないんじゃ一人でやるしか
    商人などからしたら隆元死んだら窓口と信用保証のなくなった家でしかない
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月25日 18:12

    基本的に毛利家の人間が動かないと何も動かないイメージの家だなあ
    それだけ国人衆の扱いが難しいのかもしれないけど
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月25日 19:07

    97年大河ドラマ「毛利元就」がなつかすい・・・秀吉のすぐ後だったからびびった覚えがあるw
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月25日 20:28

    小さな豪族から大大名になり、晩年に病気押しての遠征で尼子を滅ぼすも体調崩している。その5年後に亡くなっている。すぐに織田と大友が侵攻してきている。天下を狙うとか無理なような。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月26日 03:08

    そもそも博多すら取れんのに天下取るとかムリムリカタツムリやろw
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月26日 04:09

    後20年生きてたら九州ぐらい征服出来たかも
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月26日 09:46

    晩年は発病と快方を繰り返してたしその状態で20年長らえても何も出来んやろ。
    寧ろ発病の度に急遽帰国してた隆景がより拘束されて史実よりも苦労する。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月26日 11:55

    >>19
    毛利家の縁の下の力持ち。実際隆元が亡くなった後、貴方達は信用出来ないと言われ商人達の半数位が取引中止したらしい
    そこでようやく価値を認められたけど時すでに遅かった。
    で、領土を守るのに手一杯だったから天下を望むなって言ったんじゃないかな?。もし隆元が生きてたら織田もやり合わない(包囲網発生前に婚姻入れた同盟を結ぶ)と思うし、仮にやり合ってる最中に本能寺起きたら歴史が大幅に変わる可能性大だと思う
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月26日 17:48

    京に上がったら本拠地が疎かになって尼子の勢力拡大を許した大内を見てきたのがあるんだろうな
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月27日 00:51

    毛利自体が国衆連合で、ある方向へ行こうとしても離合集散して崩壊するような脆弱な連合だったから。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月29日 13:43

    >>16
    ボロボロの総理大臣より地方の有力知事ってことだね
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年10月29日 21:16

    何の根拠もない想像だけど、天下を采配するビジョンが掴めなかったからなのかなと思う。
    失敗例は身近にあるから分かるけど、じゃあ成功するためにはってのが見えなかったのかな、と。
    もし仮に天下までのビジョンが見えていれば、いかに器量に劣るとは言え「天下を望むな」だけにはならないような気がする。
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年11月02日 19:34

    天下ということばが独り歩きしてる感
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年11月24日 11:57

    >>29
    隆元死んで財政破くなって一時期破産寸前だったらしいね
    晩年は大内や尼子の残党狩りで手一杯で結局九州進出諦めてるしね
  • 鳥無き里の名無しさん 2019年12月08日 00:33

    海渡る時点で難易度は博多>畿内だろ。